Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Epilogue

2005年2月、Starting Overというタイトルでこのブログは始まった。

 「運命に負けてちゃつまんないでしょ!」という友人のママの言葉に後押しされて、
 アメリカという大海での航海を始めたのが2002年3月19日。
 決して順風満帆とは行かないだろうけど、綴っていこう航海日誌。


それからほぼ13年経った11月末に、15年8か月の航海を終えて日本に帰航した。
やはり順風満帆ではなかったが、難破したわけでもなく、無人島に漂着したわけでもなかった。
ただ、帰航先が日本になるとは出帆の時には、思ってもいなかった。
でも、このまま航海を続けるには、この帆船は、少々傷み過ぎてしまった。

日本にいる家族や友人たちにアメリカでの暮らしを伝え、元気でいることを知らせようと始めたこの航海日誌。
もうその必要もなくなった今、今日を最後の記録とすることにした。

今まで読んでくださった方々、駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
違う形で、ブログを書く日が来るかもしれません。
その時、再び、お目に留まることがあれば、嬉しく思います。
いい航海でした。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-31 02:19 | Logbook | Trackback | Comments(16)

Road trip day 7- part 2/North Dakota

7月16日(日)午前7時40分に我が家をスタートしたこのロードトリップ、最終日の訪問地、Fargo(ファーゴ)から我が家まで253マイル(約405㎞)になった。
Fargoは休憩のついでにちょっと停まるにはもったいな場所で、ここだけでも2~3日は過ごせそうだ。
翌日の予定があるわけではなく、何度となく夫にこの街での追加宿泊を提案するも、簡単にいなされてしまった。
このトリップの間、ずっと運転手に徹していた夫は、おそらく一刻も早く自宅に戻って、夫にとっての長旅の疲れを癒したかったのだろう。
Fargoで訪れたHistorical and Cultural Society of Clay County、この時の展示はアメリカンキルト。
この国に移住し、何か、この国にしかないものを身に付けたいと思った。
それがアメリカンキルトだった。
習いに行くわけでもなく、雑誌や書籍を頼りに始めたアメリカンキルトは、予想通り面白くて、仕事の合間に小物をちまちまと作っていた。
いつかはベッドカバーのような大物に挑戦しようと思ってはいた。
でも、結局は膝の上で作れるようなものしかできなかった。
そんなアメリカンキルトの展示。
食い入るように一つ一つの作品を見て歩く。
中に第二次世界大戦時の日系人収容所の日系人たちをモチーフにしたキルトがあった。
ロサンゼルスに住んでいたころ、マンザナー日系収容所の記念館へ行き、寒風吹きすさぶマンザナーに立ち、涙が込み上げてきたことを思い出す。
今、また、アメリカという国は同じ過ちを犯そうとしているのではないかと…
あの時の日系人はその境遇と対峙して乗り越えてきた。
私はといえば…その強さを持ち合わせていない。
c0062603_22582743.jpg
c0062603_22584479.jpg
c0062603_22590081.jpg
c0062603_22592162.jpg
c0062603_22593625.jpg
c0062603_22595096.jpg
c0062603_23000552.jpg
c0062603_23002623.jpg
c0062603_23005592.jpg
c0062603_23010984.jpg

アメリカンキルトの他にも古き良き時代のアメリカの様子を示す展示物も並ぶ。
ヨーロッパから東部に移住してきた人たちは、より国を広げようと西へ西へと開拓していく。
フロンティア精神が旺盛だったころのアメリカだ。
Wild Wild Westなどと言われた。
それは開拓だったのか征服だったのか…
歴史はいつしか「作られる」ということをこの国に暮らして知った。
c0062603_23023250.jpg
c0062603_23025014.jpg
c0062603_23030306.jpg
c0062603_23031270.jpg

このFargoがあるノースダコタやミネソタはカナダとの国境に位置し、その緯度は北海道の稚内よりも高い。
したがってヨーロッパから移住してきた人たちもスカンジナビアからが最も多かったという。
スウェーデン、フィンランド、ノルウェーなどの国から船に乗ってこの地にやってきた。
彼らのことをバイキングという。
そのバイキングの子孫がこのFargoから、当時のバイキングと同じ船を建造し、ノルウェーまで行こうという大冒険を試みる。
私財を投じて再建したのがこの船。
そしてこの船でスペリオル湖を横断し、ハドソン川を下り、大西洋に出て、ノルウェーまで本当に行ってしまったのである。
その計画を練るところからノルウェーに行くまでが撮影され、ここではそれを上映している。
まさかこんな大冒険の様子を再現フィルムではなく、当時の状況のまま残されたフィルムを見ることができるとは思わなかった。
金持ちの道楽という見方もあるだろうけど、純粋に心に響いた。
人はだれしも「帰る」ところを持つのだろう。
「帰る」ところがあるから、人は「行く」のだろう。
c0062603_23033024.jpg
c0062603_23034323.jpg
c0062603_23040238.jpg
c0062603_23041476.jpg
c0062603_23043080.jpg
c0062603_23044708.jpg

7月16日から始まった6泊7日のロードトリップ。
私にとってはアメリカでの最初で最後のロードトリップとなった。
帰路に入って、何度となく家とは反対の方向に向かいたくなった。
それは「帰る」のでもなく、「行く」でもなく、「ここではないどこか」だったのかもしれない。
今回の旅でずっとリフレインしていたのは「自然は裏切らない」。
それがこの旅のテーマだったのだろうと、この夏を振り返って、そう思う。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-29 20:26 | Trip | Trackback | Comments(4)

Road trip day 7- part 1/North Dakota

いよいよロードトリップ最終日7月22日(土)は、最後の宿泊地Bismarck(ビスマルク)を8時半に出発し、ミネソタの我が家へと向かった。
その距離445マイル(712㎞)。
到底直行はできないわけで、何度か休憩しながらの行程となる。
c0062603_21032315.jpg
c0062603_21034462.jpg

この日最初の休憩地はWoodbury。
ノースダコタ州もどの州名からもわかるようにインディアン居住区が数多くある。
先住民族であった人たちは自分たちが住んでいた土地から追い出され、体よく「保護区」と呼ばれるところに追いやられた。
実際はこんな1行で書き表せるような歴史ではないのだけれど…
今回のロードトリップで、先住民の人たちの暮らしを見たいと思った。
この目で見て知りたいと思った。
日本人とネイティブインディアンは遠い昔につながっていたはずだから、それを感じたいと思った。
でも、そのためには通りすがりにちょっと寄るだけでは何も得られないだろうと、このルートから外した。
それだけが残念でならなかった。
このレストエリアの建物はそんなインディアンがモチーフとなっていた。
空はどこまでも青く、その空を遮るものもなく、そんな空の色に映える鮮やかな夏の花が咲いていた。
c0062603_21035586.jpg
c0062603_21040475.jpg
c0062603_21042147.jpg

この最終日に訪れる先として選んでいたのがFargo(ファーゴ)。
Fargoはノースダコタ州最大の都市で、経済的にも潤っていて、今回訪れた街の中で唯一「都市」を感じさせる所。
コーエン兄弟が監督をし、アカデミー賞を受賞した映画『ファーゴ』の舞台となった街。
まず訪れたのはビジターセンター。
なぜF・M Visitors Centerになっているかというと、このノースダコタ州Fargoとミネソタ州Moorheadとがツインシティになっているからだ。
このFargoの街を抜けるとそこはもうミネソタ。
州境を超えたくないという思いが強くなる。
州境のこちら側で足踏みをしていたい気分だ。
ここで見どころを紹介してもらい、ダウンタウンのマップを手に入れる。
c0062603_21043562.jpg
c0062603_21044798.jpg

Fargoのダウンタウンは古き良き時代のアメリカの香りがする。
経済的にも安定しているからなのだろう、街の雰囲気もゆったりと、それでいてある種の活気も感じる。
たまたま夏のバケーションシーズンだったこともあるかもしれない。
冬に来れば、また異なった印象を持つだろう。
夫がその街で一番最初にするのはVFW(Veterans Foreign War)のクラブを探すこと。
その嗅覚は驚くほどだ。
なかなか行きたい場所を見つけられないのに、VFWだけは即見つける。
というわけでこの町でもまずは1杯。
c0062603_21050606.jpg
c0062603_21051804.jpg
c0062603_21053431.jpg
c0062603_21054540.jpg

ビジターセンターで、「もし一つしか行けないんだったら、ここに絶対行ってほしい」と勧められたのがHistorical and Cultural Society of Clay County
歴史的建造物、展示物、バイキングの帆船が主な構成。
まずは歴史的建造物としての教会。
この教会は釘を1本も使うことなく建てられているそうだ。
もっとも今では補強用の釘は使われているのだろうけど…
スカンジナビアでノルウェーの教会が建てられたのは1100年代と1200年代。
その様式をそのままここで再現したのがこの教会。
建築に興味のある人にはとても見ごたえのある建物だ。
私はといえば、ふとふるさとの神社建築、出雲大社を思い出したりもしていた。
c0062603_21061320.jpg
c0062603_21062468.jpg
c0062603_21064602.jpg
c0062603_21065423.jpg
c0062603_21070447.jpg
c0062603_21071228.jpg
c0062603_21072153.jpg
c0062603_21073123.jpg
c0062603_21075101.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-27 22:59 | Trip | Trackback | Comments(2)

Road trip day 6-Part 2/North Dakota

6日目のパート2はセオドア・ルーズベルト国立公園の続き。
この旅で訪れたグランドティトンやイエローストーン国立公園とは打って変わって、閑散とした国立公園で、どうかするとすれ違う車もいない。
それでもこの広大な敷地は国立公園としての位置付け。
もちろん野生動植物の宝庫であることは間違いないが、高台から360℃に展開する景色も実に見事。
こんな風に大地が広がっているのかと、思わず「ホーッ」と嘆息する。
この絶景を夫と共有しようとしたのだが、「足が痛いから歩きたくない」と言う夫は運転手に徹底する。
ま、いっか、それならそれで…
ここまで来てこの風景を見ないなんてもったいないことこの上ない。
ここでは相当数の写真を撮影するも、自分の目で見た奥行き感や壮大さを残すことができない。
単に撮影が下手ということなのだろうけど…
c0062603_13580163.jpg
c0062603_13581212.jpg
c0062603_13582076.jpg
c0062603_13582915.jpg
c0062603_13583961.jpg
c0062603_13585181.jpg
c0062603_13590194.jpg
c0062603_13591885.jpg
c0062603_13592854.jpg
c0062603_13594194.jpg
c0062603_13595294.jpg
c0062603_14000322.jpg
c0062603_14001288.jpg
c0062603_14002585.jpg
c0062603_14003590.jpg
c0062603_14004578.jpg
c0062603_14005424.jpg
c0062603_14010324.jpg
c0062603_14011135.jpg

たっぷり数時間をかけたセオドアル・ルーズベルト国立公園を後にして向かうはこの日の宿泊地、Bismarck(ビスマルク)。
途中で見かけたオブジェ、遠目には何か虫のように思えたものも、近づくにつれて「ジャージー牛」と判明。
でも、なぜここにこんな風に立っているのかは不明。
c0062603_14012567.jpg
c0062603_14013308.jpg
c0062603_14014192.jpg

このロードトリップ最後の宿泊先はWingate by Wyndham Bismarck
そして最後のディナーは、ホテルの案内にあった日本食レストラン。
アメリカで美味しい寿司を食べるのはLAやニューヨークならいざ知らず、小さな地方都市ではまず不可能。
それでも1週間の旅で、私はいい加減アメリカの食事に辟易しているだろうと、ここを選んでくれた夫に感謝して「おいしいね」と。
お値段の方もなかなかのものだった。
c0062603_14015254.jpg
c0062603_14020560.jpg
c0062603_14021378.jpg
c0062603_14022116.jpg

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-24 14:26 | Trip | Trackback | Comments(6)

Road trip day 6-Part 1/Montana, North Dakota

ロードトリップ6日目7月21日(金)、残すところこの旅も2日となった。
この日はモンタナ州からノースダコタ州へと移動。
往路は目に入る一つ一つの風景に感動して、ワクワクしながら写真を撮ったものだが、帰路になるとどうも気合が入らない。
とはいえ、ここも初めて訪れる州。
ここにはここにしかないパノラマ風景が展開する。
c0062603_21461417.jpg
c0062603_21464436.jpg
c0062603_21471448.jpg
c0062603_21472384.jpg
c0062603_21473342.jpg
モンタナ州とノースダコタ州の境界を越えて、すぐに飛び込んできたサインが「Be Polite」。
これはドライバーに向けてのものだとは思うけれども、今のアメリカ全体に言えるような気がする。
「自分が!」「私が!」「俺が!」と国を挙げて叫んでいるアメリカにこのBe Politeが伝わるといいな。
Be Polite=相手のことを考えて。
ここでは地層の変遷がくっきりと描き出された風景が続く。
North Dakota Badlandsと呼ばれるところで、しばらくは広大な大平原が続く。
c0062603_21474780.jpg
c0062603_21480247.jpg
c0062603_21481285.jpg

この日の最初の目的地に到着。
Theodore Roosevelt National Park(セオドア・ルーズベルト国立公園)。
あのテディベアと呼ばれたルーズベルトの名前に因んだ国立公園だ。

セオドア・ルーズベルト国立公園(Theodore Roosevelt National Park)は、1978年11月10日に設立されたアメリカ合衆国の国立公園で、地理的に3つに分かれたノースダコタ州西部の悪地で構成されている。公園は、公園内で現在保護されている牧場を数年間所有してそこで働いたセオドア・ルーズベルト大統領にちなんで名付けられた。公園の面積は、3つの地区を合わせて285 km2(110平方マイル)である。
ルーズベルトは1884年、妻と母が(同じ日に)亡くなった後、人生をやり直し、悲劇から立ち直るためノースダコタの牧場に旅した。数度東部へ帰ったが、2年間のほとんどを牧場で働いて過ごし、東部の新聞や雑誌に自分の経験をこまごまと書き留め発表した。東部に帰り、政治の世界に戻っても、永遠に消えゆくフロンティアと西部のカウボーイと牧場主の生活を支持していたであろう。<Wikipediaより>


c0062603_21482892.jpg
c0062603_21483850.jpg
c0062603_21484736.jpg
c0062603_21490174.jpg
c0062603_21492550.jpg

ここは野生動物の保護区となっており、アメリカバイソン、アメリカアカシカ、プロングホーン、プレーリードッグ、コヨーテ、ウマ、ビッグホーン、シチメンチョウ、ガラガラヘビなどが生息しているという。
この日は珍しく気温は30℃を超え、残念ながら動物たちは涼を求めて森や林の奥に潜んでいたようだが、乾燥した気候が大好きなプレーリードッグだけは至る所で姿を見せていた。
c0062603_21494824.jpg
c0062603_21500318.jpg
c0062603_21501245.jpg
c0062603_21502556.jpg
c0062603_21503631.jpg
c0062603_21504896.jpg
c0062603_21505943.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-21 23:18 | Trip | Trackback | Comments(6)

Road trip day 5-Part 3/Montana

5日目、いよいよワイオミング州からモンタナ州へと入る。
山間の道を抜けると、突然、開けた風景へと変わり、これもまた広大な大地が広がる。
かつてはここには道はなかったのだろう。
山を、森を、切り開いて道ができていく。
アメリカに高速鉄道ができないのはなぜか、この果てしなく広がる大地を見ていると自ずと答えが見えてくる。
ここでは「道」があれば十分なのだ。
日本のような狭隘な場所であれば新幹線建設もできるだろうけど、この広大な土地にその建設費を落とすのは決して容易ではないし、この風景に新幹線のような高速鉄道は似合わない。
c0062603_22511793.jpg
c0062603_22520268.jpg
c0062603_22521112.jpg
c0062603_22522342.jpg
c0062603_22565605.jpg
いよいよモンタナ州。
これまで無味乾燥な大地が続いていたが、州が変わると風景もコロッと変わる。
緑が多くなり、中西部とよく似た風景になってきた。
人々の暮らしをうかがわせる農地や農場なども点在する。
何分にもそのスケールは大きく、一農場がどこからどこまでなのかも車窓からはわからない。
c0062603_22570638.jpg
c0062603_22571668.jpg
c0062603_22572480.jpg
この日のランチはBelfryにあるBlue Rooster Cafe。
車を走らせながらやっと見つけたレストラン。
この地で家族経営でやってきたであろう小さなレストランの料理はおいしくないはずがない。
しかし、どこへ行ってもハンバーガー一辺倒の夫。
私は朝からコトコト煮込まれたであろうチリスープ。
普段はあまり食べないチリスープだけれど、この日は完食。
それだけ美味しかったということ。
c0062603_22573462.jpg
c0062603_22574481.jpg
c0062603_22575108.jpg
c0062603_22580050.jpg
c0062603_22580717.jpg
腹ごしらえを済ませ、どこを見ても同じ風景が繰り返されるような94号線、車を走らせること200マイル(320㎞)。
この日の宿泊地Miles Cityに到着。
5日目の宿泊先はMiles City Hotel & Suites
この5日間の中では最も居心地のいいホテルだった。
特に翌朝の朝食はメニューも豊富で味もなかなか。
典型的なアメリカンブレイクファストだったけど、これはこれで旅の料理なのだろう。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-15 23:50 | Trip | Trackback | Comments(8)

Road trip day 5-Part 2/Wyoming, Montana

5日目はイエローストーン国立公園の出口へと向かう。
遥か向こうに雪を戴いたグランドティトンが見える。
この山は近くからでも遠くからでも美しい。
そこに山があるだけで、こんなにも美しいと思わせる山があることをこの時まで知らなかった。
アメリカという国がこの大自然のように包容力のある国だったらどんなにか良かったのにと、心底思った。
c0062603_14520983.jpg
c0062603_14522005.jpg
でも、自然は穏やかで優しいばかりではない。
ゲートへと向かう道すがら無残に枯れて倒れている木々も多い。
ここでは伐採はしないという。
倒木もそのままにしておくのだそうだ。
自然に返すために…
c0062603_14522955.jpg
c0062603_14523835.jpg
c0062603_14524764.jpg
c0062603_14525995.jpg
標高が高いので7月といっても残雪を見る。
いよいよゲートに近づいた。
ゲートを出たところCodyでブレイクタイム。
観光地にはどこにでもある土産物店。
今回の旅の記念にお土産の一つでも買おうかとも思ったけれど、何もかもがあまりにも鮮明な光景として脳裡に焼き付いたので、あえて「物」は買わないことにした。
心に残っていればいいから。
c0062603_14531380.jpg
c0062603_14532099.jpg
c0062603_14533097.jpg
いつもなら振り返って写真を撮ることはほとんどない。
それなのに、ここでは今降りてきた道を振り返って、もう一度グランドティトンをカメラに収めた。
これまでここで過ごした時をしっかりと心に留めておきたくて。
c0062603_14534036.jpg
c0062603_14534748.jpg
ここからモンタナ州に入るまではBeartooth All American Roadを行く。
右手に川の流れを、左手に岩石のつながりを見る。
この岩壁がいかに高いかは前の車のサイズから容易にわかるだろう。
次々と展開する様々な形の岩壁を縫って走ると、山間へと車は入って行く。
その時、前方からバケットを吊り下げたヘリコプターが近づいてきた。
川の方に高度を下げてくるので、夫は訓練でもしているのだろうという。
それにしては周りにだれもいないし、急を要しているようにも見える。
そのまま川面に近づき、バケットに水を汲んでいるようだ。
ふと前方を見上げると、煙が出ている。
山火事だ!
何と消防活動中のヘリコプターだったのだ。
今回の旅、山火事とその消防活動まで目にするという予期せぬ経験もすることになったのである。
c0062603_14535455.jpg
c0062603_14540173.jpg
c0062603_14541179.jpg
c0062603_14541902.jpg
c0062603_14542668.jpg
c0062603_14543509.jpg
c0062603_14544298.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-14 00:07 | Trip | Trackback | Comments(4)

Road trip day 5-Part 1/Wyoming

ロードトリップ5日目、7月20日木曜日。
この日はグランドティトン、イエローストーン国立公園の東側のルートを走り、公園を抜けてこの日の宿泊地であるモンタナ州へと向かう。
最後にこのグランドティトン、イエローストーンをしっかり目に焼き付けようと車窓に乗り出すようにしてカメラを構える。
c0062603_21313187.jpg
c0062603_21334033.jpg
c0062603_21325553.jpg
ロッジを後にして、しばらく走ると見えてくるグランドティトンの高峰。
もう一度ここをゆっくり回りたいと思うけど、それはできない。
夏の青い空にキリリとそびえる冠雪を抱いたグランドティトンは、「またおいで、ずっとここにいるから」と声をかけてくれているかのようだった。
ところどころのビューポイントには駐車帯もあり、そこでは車を停めて何枚も何枚もシャッターを押す。
グランドティトンは本当に美しい。
本来はあまり山に興味のある方ではないし、仕事での山歩き以外は山に入ったこともなければ登山の経験もない。
それでもこの山は無条件に美しいと思った。
そう思うことに理由は、多分、要らない。
c0062603_21342797.jpg
c0062603_21340488.jpg
c0062603_21343863.jpg
c0062603_21345733.jpg

人は心から感動したとき、言葉を発することはできないのかもしれない。
何を言っても陳腐な形容詞しか浮かんでこない。
それならば黙ってその気持ちを受け容れればいい。
そんな思いで近くから遠くから神聖なグランドティトンを眺めていたその時…
昨日同様、またしても樹木の根っこでうごめく野生動物バッファロー。
実に気持ちよさそうに日向ぼっこをしている様子。
首をぐるりを回しはするものの、動く様子はない。
すると!
前方からやってくるではないか、正真正銘野生バッファロー。
悠々と、堂々と、私たちの乗るトラックの横10㎝を通り過ぎる!
無我夢中でカメラのシャッターを切る。
こういう時はビデオだってば!
と後で自分を叱咤するも、時間を遡ることはできない。
その慌てぶりをそのまま連写写真で。
最後の1枚はまさに車そば10㎝、どでかいバッファローの接写⁉
c0062603_21345109.jpg
c0062603_21364119.jpg
c0062603_21365325.jpg
c0062603_21370045.jpg
c0062603_21372856.jpg
c0062603_21373646.jpg
c0062603_21374876.jpg
c0062603_21375839.jpg
c0062603_21380500.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-12 20:37 | Trip | Trackback | Comments(4)

Road trip day 4-Part 4/Wyoming

バッファローの大群に遭遇した後、この日の最後の目的地、Mud Volcano
大地がボコボコと音を立てて内側から噴き出している。
地殻変動の一つだと言われてしまえばそれまでだが、何か地球の叫び声のような気がしてならなかった。
叫び声というよりは警告。
警告というよりは怒り。
決して今に始まったことではないけれど、そこにいる私にとっては地の底から何かを訴えられているような思いにかられた。
鼻を衝く凄まじい硫黄の匂い。
それでもしばし、そこから離れることができなかった。
決して美しい景色ではないのに、いつまでも瞼の裏に焼き付いて離れなかった。
c0062603_20483846.jpg
c0062603_20485037.jpg
c0062603_20485972.jpg
c0062603_20490833.jpg
c0062603_20491757.jpg
c0062603_20492666.jpg

夏の日差しは強く、いつまでも明るいが、時計は既に午後7時を回ろうとしていた。
夫のリクエストのアイスクリームは、やはり甘くてデカい。
夕食までの空腹を満たすには十分だ。
この日の宿泊先も前日同様Togwotee Mountain Lodge。
少しだけ柔らかくなった日差しを受けて公園内の森の中を通り抜ける。
静かな湖面の湖が登場したかと思うと、流木を巻き込んで激しく流れる滝に出会う。
これが自然なのだと、裏切らない自然なのだ。
ロッジに着いた私たちを迎えてくれたのは生まれて間もないバンビ、小鹿だった。
c0062603_20493714.jpg
c0062603_20494736.jpg
c0062603_20495510.jpg
c0062603_20500466.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-10 21:21 | Trip | Trackback | Comments(4)

Road trip day 4-Part 3/Wyoming

随分、本当に随分、間が空いてしまった。
でも旅行記はまだ4日目のパート3、イエローストーン国立公園の中にいる。
次のスポットへ向かう中、運転は夫に任せて車窓に目を向ける。
おっ、樹木の間に何やら動物の気配が…
遠目にも相当大きな動物だ。
これがかの野生のバッファロー。
でも動物園で見るバッファローと同じようにじっと木の根元にうずくまっているだけで大きな動きはない。
それならばと目を転じて、夏の日差しに湖面を光らせる湖や濃い緑、その中に咲く可憐な野草を眺める。
c0062603_23253812.jpg
c0062603_23255255.jpg
c0062603_23260126.jpg
c0062603_23261229.jpg
c0062603_23262038.jpg

順調に進んでいた車がスピードを緩める。
前方を見ればかなりの渋滞。
事故でもあったのだろうか、前の様子が見えないので、のろのろと前の車について行くだけ。
その時、右手の山の上に点々と動くものがいる。
それも多数。
ああっ!これがイエローストーン名物(?)の野生のバッファローの大群。
遠目なので、あまり大きくは見えないけれど中には親子もいる。
c0062603_23263525.jpg
c0062603_23291296.jpg
c0062603_23265367.jpg
c0062603_23270216.jpg
のんびりと草を食んでいた一頭のバッファローが突然走り出した。
その速いことといったら、サニブラウンでも負けてしまうかもしれないと思うほどの速さだ。
慌ててビデオを回すも、その速さについていけない。

そして渋滞の原因が判明。
右手の丘の上から左手の池に水を飲みに降りてきたバッファローがいるのだった。
ここは彼らの土地。
観光客よりも最優先されるのは先住者である彼らなのだ。
安全にバッファローが水を飲み終わるまで、道路を渡り切るまで車は待つ。
だれ一人文句を言わないし、クラクションを鳴らす車もいない。
「I first」「me first」と声高に叫ぶ人の多いアメリカで、ここは何と心地よいところなのだろうと、のんびりマイペースで水を飲むバッファローを見ながら思った。
そういえば「アメリカが世界に誇れるものがあるとしたら、それは国立公園」と言っていたアメリカ人がいた。
いつまでもこの光景が続きますように、せめてここでだけは。
c0062603_23310428.jpg
c0062603_23311490.jpg
c0062603_23312426.jpg
c0062603_23313380.jpg
c0062603_23314150.jpg


ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-12-09 23:54 | Trip | Trackback | Comments(6)