Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

2017年 06月 24日 ( 1 )

Canada Goose

c0062603_13520154.jpg
先月の終わりのことだった。
5月にしては珍しく霧の立ち込める朝、夫の「庭にゲストが来てるぞ~」の声に促されて窓の外を覗いてみるとCanada Goose(カナダガン)が2羽、散歩でもしているのだろうか、淡い朝の光の中でそのシルエットが浮かび上がっている。
このカナダガンは北アメリカではごくごく馴染みのある渡り鳥で、特にこの北部アメリカとカナダに多く見られるという。
この鳥の姿を見ると「暖かな季節になったのだね」と確信できる。
毎年9月~11月になると南下し、ここがすっかり暖かくなるころに戻ってくる。
最近は寒冷地でも越冬するのもいるという。
c0062603_13552072.jpg
季節を知らせる渡り鳥ではあるけれど、日本ではずいぶん敵対視されていたようで、2015年には「危険な外来種を根絶できた」とニュースにもなったという。
1985年に日本に持ち込まれたこのカナダガンは、日本固有種のシジュウカラガンととてもよく似ているそうで、一時はその数が増え、シジュウカラガンの絶滅が危惧されたこともあったそうだ。
c0062603_13554760.jpg
大空を矢じりのように三角形の線形を作って飛ぶ姿は美しい。
ギイギイと無く声は時折うるさくはあるけれど…
このカナダガンは一夫一妻制で、ほとんどその生涯はつがいで過ごすという。
稀につがいの片方が死ぬと後添えを取ることもあるそうだが、ほとんどが死ぬまで一つのつがいとして過ごす。
人間よりも情が深いのだね、カナダガンって…
c0062603_13560730.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-06-24 00:15 | Garden