Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Road trip day 7- part 2/North Dakota

7月16日(日)午前7時40分に我が家をスタートしたこのロードトリップ、最終日の訪問地、Fargo(ファーゴ)から我が家まで253マイル(約405㎞)になった。
Fargoは休憩のついでにちょっと停まるにはもったいな場所で、ここだけでも2~3日は過ごせそうだ。
翌日の予定があるわけではなく、何度となく夫にこの街での追加宿泊を提案するも、簡単にいなされてしまった。
このトリップの間、ずっと運転手に徹していた夫は、おそらく一刻も早く自宅に戻って、夫にとっての長旅の疲れを癒したかったのだろう。
Fargoで訪れたHistorical and Cultural Society of Clay County、この時の展示はアメリカンキルト。
この国に移住し、何か、この国にしかないものを身に付けたいと思った。
それがアメリカンキルトだった。
習いに行くわけでもなく、雑誌や書籍を頼りに始めたアメリカンキルトは、予想通り面白くて、仕事の合間に小物をちまちまと作っていた。
いつかはベッドカバーのような大物に挑戦しようと思ってはいた。
でも、結局は膝の上で作れるようなものしかできなかった。
そんなアメリカンキルトの展示。
食い入るように一つ一つの作品を見て歩く。
中に第二次世界大戦時の日系人収容所の日系人たちをモチーフにしたキルトがあった。
ロサンゼルスに住んでいたころ、マンザナー日系収容所の記念館へ行き、寒風吹きすさぶマンザナーに立ち、涙が込み上げてきたことを思い出す。
今、また、アメリカという国は同じ過ちを犯そうとしているのではないかと…
あの時の日系人はその境遇と対峙して乗り越えてきた。
私はといえば…その強さを持ち合わせていない。
c0062603_22582743.jpg
c0062603_22584479.jpg
c0062603_22590081.jpg
c0062603_22592162.jpg
c0062603_22593625.jpg
c0062603_22595096.jpg
c0062603_23000552.jpg
c0062603_23002623.jpg
c0062603_23005592.jpg
c0062603_23010984.jpg

アメリカンキルトの他にも古き良き時代のアメリカの様子を示す展示物も並ぶ。
ヨーロッパから東部に移住してきた人たちは、より国を広げようと西へ西へと開拓していく。
フロンティア精神が旺盛だったころのアメリカだ。
Wild Wild Westなどと言われた。
それは開拓だったのか征服だったのか…
歴史はいつしか「作られる」ということをこの国に暮らして知った。
c0062603_23023250.jpg
c0062603_23025014.jpg
c0062603_23030306.jpg
c0062603_23031270.jpg

このFargoがあるノースダコタやミネソタはカナダとの国境に位置し、その緯度は北海道の稚内よりも高い。
したがってヨーロッパから移住してきた人たちもスカンジナビアからが最も多かったという。
スウェーデン、フィンランド、ノルウェーなどの国から船に乗ってこの地にやってきた。
彼らのことをバイキングという。
そのバイキングの子孫がこのFargoから、当時のバイキングと同じ船を建造し、ノルウェーまで行こうという大冒険を試みる。
私財を投じて再建したのがこの船。
そしてこの船でスペリオル湖を横断し、ハドソン川を下り、大西洋に出て、ノルウェーまで本当に行ってしまったのである。
その計画を練るところからノルウェーに行くまでが撮影され、ここではそれを上映している。
まさかこんな大冒険の様子を再現フィルムではなく、当時の状況のまま残されたフィルムを見ることができるとは思わなかった。
金持ちの道楽という見方もあるだろうけど、純粋に心に響いた。
人はだれしも「帰る」ところを持つのだろう。
「帰る」ところがあるから、人は「行く」のだろう。
c0062603_23033024.jpg
c0062603_23034323.jpg
c0062603_23040238.jpg
c0062603_23041476.jpg
c0062603_23043080.jpg
c0062603_23044708.jpg

7月16日から始まった6泊7日のロードトリップ。
私にとってはアメリカでの最初で最後のロードトリップとなった。
帰路に入って、何度となく家とは反対の方向に向かいたくなった。
それは「帰る」のでもなく、「行く」でもなく、「ここではないどこか」だったのかもしれない。
今回の旅でずっとリフレインしていたのは「自然は裏切らない」。
それがこの旅のテーマだったのだろうと、この夏を振り返って、そう思う。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://lanova.exblog.jp/tb/28821776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior61 at 2017-12-30 00:53
Novaさん、おはようございます。
今回の旅で一番心に響いた今日のブログでした。
キルトと一言で括ることができない多様さですね。
読書中につい居眠りの女性のキルトが気に入りました。庭の植栽もすっきりして素敵ですね。どんな花たちなのか思わず拡大して見ました。
若気の至りで日本を飛び出し今日に至りますが父母なき今は日本に帰ると言うより行くになりました。
ファーゴに行って見たくなりました。
Commented by あつを at 2017-12-30 01:22 x
NOVAさん住んでいたミネソタが大変なことになっていますよ。
93年振りに最低気温更新、氷点下38度寒いところに住んでいたのですね。

19世紀末にアイルランドからアメリカへの移民が多いと思っていました。
スカンジナビアとは知りませんでした。
アメリカは移民により成り立っている国。
19世紀、20世紀にかけて海を渡ってきた欧州から移民を凌駕している多国籍の移民。
移民によって作り上げた国が舵取りを間違えたら大変なことになります。
Commented by lanova at 2017-12-30 20:16
> お転婆シニアさん
旅行記、全部読んでくださったんですね!
ありがとうございます。
きっと真意が伝わったことと思います。
Fargoは魅力的な所だと思いますよ。
もう一度訪れるには、私にとっては切なすぎる所になりそうですが…

Commented by lanova at 2017-12-30 20:21
> あつをさん
いつもコメントありがとうございます。
そうですか⁈
マイナス38℃はミネソタのインターナショナルフォールの方でしょうかね。
私が経験した最低気温はマイナス32℃でした。
アメリカは国土が広いですから、やはりヨーロッパからの移民は自国の気候と似たところに落ち着くようです。
ミネソタはスカンジナビア、ドイツ、スイスなどからの移民が多かったようです。
あ、今話題のモンゴルからもとても多くて、春にはモンゴルフェスティバルも開かれますよ。
by lanova | 2017-12-29 20:26 | Trip | Trackback | Comments(4)