Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Road trip day 3-Part 1/Wyoming

ロードトリップ、やっと3日目。
7月18日火曜日午前7時30分、ミネソタの自宅を出てから776マイル(約1,241㎞)地点、ワイオミング州Buffaloのキャビンを後にする。
この日もよく晴れて良い天気。
いよいよ今回の目的地イエローストーン国立公園に向かう。
今日はどんな光景が行く手に広がるのだろう。
と思いながらキャビンの前の坂道を上がっていくと眼前に飛び込んできたのが頂上に雪をかぶったグランドティトンの山々。
ここから320マイル(約512㎞)も先なのにその山が見えるというのはどうだろう!
その空間の広大さを思わずにはいられない。
何やらワクワクした高揚感で始まった3日目。
c0062603_15084307.jpg
c0062603_15085710.jpg
c0062603_15090810.jpg
c0062603_15091859.jpg

少しばかり小高い丘の上から眺めたグランドティトンの雪をいただいた山々は、谷を下るにつれその姿を消していった。
そして道の両側に現れてきたのは硬質な岩肌とその隙間に生えている緑の木々。
この木たちの根っこはどうなっているんだろうか、固い固い岩の中で根を張っているのだろうか。
そんなことを思いながら山肌を眺めていたら…
急に車の進行を止められた。
交通整理のようなおっちゃんがストップサインを持って立っている。
「ナニナニ、こんなところで道路工事?それとも交通事故?」と前方を見てみると…
黒い塊が集団でうごめているではないか。
よくよく見ると馬に乗った男たちの姿も…
何と!本物のカウボーイの登場だ。
決して映画ではない。
このワイオミング州は言わずと知れた西部劇のロケ地。
そして生粋のカウボーイ・カウガールの本拠地。
牛たちが山から山へと移動していたのはこの道がここにできる前からのこと。
それならば優先権は牛さんたちとそれを引導するカウボーイにあるわけで、「そこのけそこのけお牛が通る」ということなのだ。
c0062603_15093165.jpg
c0062603_15094212.jpg
c0062603_15095337.jpg
c0062603_15100234.jpg
c0062603_15101267.jpg
c0062603_15102145.jpg
c0062603_15103230.jpg
c0062603_15104384.jpg
c0062603_15105234.jpg
c0062603_15110137.jpg
c0062603_15112203.jpg
c0062603_15113638.jpg
夏休み中ということでもあり、止められた車のほとんどは旅行中の人。
州外のナンバープレートが多く、みな車から降りてカメラやスマホを掲げる。
もちろん負けてならじとシャッターを押しまくる。
でもねえ、こういうときは写真じゃなくてビデオにするべきなんだな。
でも、哀しいかな、習性でカメラを構えてしまう。
というよりビデオに録るという発想さえ、このときにはなかった。
何しろ映画やアトラクションではなく、実生活としてのカウボーイとその活動を目前に、それだけで大いに興奮してしまったのだから。
c0062603_15115037.jpg
c0062603_15120041.jpg
c0062603_15121199.jpg
c0062603_15122290.jpg
交通規制が解かれたあとは、両側に広がる奇岩や岸壁を眺めながら、いつまでも「本物のカウボーイ、本物のカウボーイ」とまくしたてる私なのであった。
ま、だからといって俄かに西部劇ファンになるわけではないのだけれど…

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-10-22 01:20 | Trip