Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Before Japanese Beetles attacking

c0062603_12460975.jpg

Japanese Beetle(マメコガネ)に襲撃される前の庭の様子。
今年は調子がいいなあと思っていたのはこの頃(6月末)まで。
ミネソタはこれまで例がないほどジャパニーズビートルの被害が出ているそうで、「こんなひどいのは見たことがない!」と方々で声が上がり、ガーデンセンターなどでは「ジャパニーズビートル対策セミナー」が開かれるほど。
それでも香りの強いハーブなどは大きな被害には合わないため、ディルやチャイブ、シソは繁殖し続けている。
ディルの花は畑の中の花火。
黄色一色だけどそれはそれでシンプルでいい。
c0062603_12464876.jpgc0062603_12465791.jpgc0062603_12471288.jpg
左と中はトマトの苗。
右は日本キュウリ。
このトマトとキュウリは野菜特有の強いにおいがあるためか、ジャパニーズビートルはどうやらお好きではないよう。
こちらはすくすくと育ち、今朝も5本のキュウリを収穫。
トマトの実はまだ青く、来週辺りには収穫できそう。
c0062603_12472394.jpgc0062603_12475372.jpgc0062603_12480175.jpg
左はズッキーニ。
これも地面に近いためか襲撃を免れている。
でも周囲には雑草がまるでジャングルのごとくはびこり、気が付くと直径10cmくらいにまでなったズッキーニが地面の上でドカッと横たわっている。
中と右はワイン用のブドウだが、これが完全にアウト!
葉はすっかり食い荒らされ、実も大きくなる前に水分がなくなり枯れ始めている。
毎年毎年同じ状況になり、ブドウを植えて4年、未だにこのブドウのワインを味わうことができないでいる。
c0062603_12474348.jpgc0062603_12481737.jpgc0062603_12482740.jpg
イチゴは粒は小さいけれど香りの強いイチゴの実をつけ始めた。
でも、これも収穫しようとするとなくなっている。
リスかウサギが食べているのかもしれない。
ストロベリーパイがテーブルに乗る可能性はなさそうだ。
玄関ポーチ脇のホスタ(擬宝珠)は、今年も花をたくさんつけた。
この手間いらずのホスタは、暑い夏に涼しげな様子で花を咲かせてくれる。
これからは夏野菜の収穫で忙しくなりそうだ。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://lanova.exblog.jp/tb/25850418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimozacottage at 2016-07-30 13:31
Novaさん、

初めまして。イイネをありがとうございました。
とても嬉しかったです。
ミネソタにお住まいなんですね。
キュウリやトマトは野生動物の被害に遭いにくいけれど、
そのほかは育てにくいというのはアメリカ中どこでも同じなのですね。
イチゴは、うちにはリスもウサギも集団でやって来てたので、
金網でフェンスを作りました。
そうしないと絶対に人間の口には入りませんもの^^

私は2006年にアメリカへ移住しました。
アメリカのことはまだまだ勉強中です。
これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by lanova at 2016-07-31 06:42
> mimozacottageさん
ミモザさん、コメントありがとうございました。
何度かブログを拝見し、「ああ、なんて素敵な語り口…」とうっとりしながら読ませていただいていました。
後ほど、コメントさせてくださいね。

渡米したのは2002年、ミモザさんより少しだけ前ですね。
LA、ミシシッピ、ミネソタと西、南、北と回ってきました。
アメリカって一つの国にくくってしまうのは少々無謀かもしれませんね。
by lanova | 2016-07-27 23:10 | Garden | Trackback | Comments(2)