Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

The Hare and the Tortoise

c0062603_229945.jpg

タイトルの「The Hare and the Tortoise」は「ウサギとカメ」である。
とは言ってもかけっこをするウサギとカメの話ではない。
我が家の庭を我が物のように駆け回り、這い回るウサギとカメの話である。

c0062603_2271925.jpgc0062603_2273761.jpg
昨年、この家に引っ越してきて、長い冬が開けた5月末、時折庭をのそのそ歩き回るカメを見かけることがあった。
ちょっと離れた所に池があるので、そこからやってくるのかなあと思ったものの、さほど気にも留めなかった。
そして短い夏が訪れようとするある日、このカメが一生懸命地面に穴を掘っている。
一体何をするのかと家の中からしばらく見ていたら、何と産卵!
我が家の庭のど真ん中での産卵風景に、感動しながら眺めていた。
しかし、その後赤ちゃんガメが誕生する様子はなく、ちょっとがっかりした去年の夏だった。
でも、今年もそれに懲りず、またまたやってきた親ガメ。
今度は庭の真ん中ではなく、桜桃の木の下に穴を掘って産卵した。
どうして我が家の庭を選ぶのかはわからないけど、きっと毎年ここが産卵場所になっているのだろう。
「カメカメ産院」なんだ、多分…

c0062603_228771.jpgc0062603_2282026.jpg
まあ、カメはお産場所にするだけだからいいとして、何とも姑息なのがウサギである。
見ている分には野うさぎは可愛い。
サイズもそれほど大きくはないし、ぴょこぴょこ跳ねるように走る様子は愛らしくもある。
ただし、何もしないなら…
夫がせっせと耕し、種を蒔き、苗を植えた畑は、ウサギたちにとっては贅を尽くした晩餐のテーブルのように見えるのだろう。
芽が出たばかりの柔らかな葉は見事にウサギの餌食となり、ようやく葉がつき始めたスイトピーなどの花の芽もあっという間に茎だけになってしまった。
一度はゆきに活躍の場を与えようと畑荒らしをするウサギのそばに連れて行ったものの、家の中からはいきり立っているのに、「早く家の中へ入れてよ~」とバルコニーにつながる柱に飛びつく始末。
気を良くしたウサギは今日もまたやってきては、我が物顔で畑の中を跳ね回っている。

c0062603_2283655.jpgそれでも負けじと、新たな芽を出したスイトピー、無事に花が咲いてくれるといいのだけれど…
百合の球根からも芽が出、来月には花を咲かせてくれそうだ。
アメリカで18番目の都市のすぐ近くで、これだけ自然豊かな暮らしができるのはありがたいこと。
その恩恵はウサギやカメとも共有しなくてはいけないのかもしれない…


*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : https://lanova.exblog.jp/tb/18211538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mikanpalu at 2012-08-12 01:05
おひさしぶりです

凄いですね
お庭にカメが産卵にくるなんて。。。

ウサギは可愛いけど困りものなんですね
家の中で飼っていると凄く臭いって聞いた事があります

綺麗なお花が沢山咲いてすてきなお庭ですね~
羨ましいです
Commented by lanova at 2012-08-12 11:16
★mikanpaluさん_お久しぶりです。
すっかり放置しっぱなしのブログにコメントありがとうございます。
昨日も仕掛けていたわなにウサギがかかったので、公園まで放しにいきました。
最近ではこれに加えてゴーファーにやられ、だめになった野菜もいくつかあり、がっかりしています。
by lanova | 2012-07-10 12:56 | Garden | Trackback | Comments(2)