Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mediterranean Restaurant "Ansari's"

以前住んでいたミシシッピは典型的な南部の町で、食事といえばこれまたフライドチキン、マッシュポテト、グレービー、またはキャットフィッシュ(なまず)、オクラ、ポテトのフライという典型的な南部料理がほとんどだった。
そういう料理はたま~に食べる分にはいいが、そうたびたびだと、その「たま~に」でも敬遠したくなる。
特に最近、脂っこいものは受け付けなくなった年齢のせいか、ますます遠のいてしまった。
ところがここは多国籍な地域で、世界各国の人たちが住んでいることもあり、レストランの種類も実に豊富。
我が家から10分圏内に、アメリカは当然ながら、フランス、イタリア、メキシコ、中国、タイ、モンゴル、日本、地中海etc.のレストランがある。

c0062603_5482556.jpgc0062603_5484385.jpg
この日、出かけたのは、その中の一つ、地中海料理のレストラン、Ansari's
タイミングがよければベリーダンスも見られるようだが、あいにくこのときはステージ時間外だった。
わらかくて美味しい焼きたてのピタを食べていると、グリークサラダが運ばれてきた。
さすがに地中海料理と銘打っているだけあって、ドレッシングも美味しかったし、何と言ってもオリーブが美味しかった。
このサラダはメインディッシュのサイドなのだが、このサラダでほぼ満腹状態。

c0062603_5485652.jpgc0062603_549989.jpg
そうこうするうちにウエイトレスのおねえさんがテーブルに近付いてきた。
彼女の手には大きな大きな皿が乗っている。
夫の頼んだステーキだ。
と、おねえさん、いきなり皿に火をつけるではないか!
いやいや、何があったか知らないが、こんなところで自棄を起こして、火なんぞをつけたら、あなたの人生台無しよと、忠告した方がいいかなあと思いながら、彼女を見上げると…
「ご注文のステーキです!」とにこやかな笑顔。
地中海料理って、食べる直前に焼くの?
なんてことはなく、これは単なる演出に過ぎなかったみたい。
それにしてもこの草履のようなステーキ、ぺろりと平らげるアメリカ人ってのは恐ろしいと思う。

c0062603_5492316.jpgc0062603_5493635.jpg
せっかく地中海料理なんだからと、私が注文したのはTaste of Greece。
ギリシャ料理のアラカルトといいったところだろうか。
でも、これが本場のギリシャの料理かどうかはわからない。
何しろ「日本料理」にしたって、すっかりアメリカ人向けにアレンジされた日本料理だし、中国料理などもアメリカ人向けに味付けも調理方法も変えられている。
実際にギリシャでギリシャの食事をしたことがないわけで、これがギリシャの料理と言われれば、「へえ、そうなんだ」と思って食べるしかない。
それでも油こってりのアメリカ料理よりは、ずっと美味しかった。
それにしてもボリュームはやっぱりアメリカン。
夫のステーキのサイドのフライドポテトもポテトチップスを厚めに切ったようなもので、スティック上のフレンチフライとは異なっていて面白い。

c0062603_5494819.jpg
おなかがいっぱいと言いながらも、放火犯に間違えられそうになったウエイトレスのおねえさんお薦めのケーキに思わず手を出した。
しかし、これは夫と1つのケーキをシェア。
「衣食足りて礼節を知る」という。
生活にゆとりができて、はじめて人は礼儀正しさや節度ある行動をわきまえるようになるということだが、最近、改めてそれをしみじみと感じている。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-11-27 16:23 | Logbook