Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

May 5

子どもの日、息子たちが小さい頃はベランダ用の鯉のぼりを飾っていた。
あの鯉のぼりはどこに行ってしまったのだろか…
昨年、日本から友人が遊びに来たときに、日本の季節行事を忘れないようにと、
何枚かのタペストリーをお土産にくれた。
その1枚が「端午の節句」タペストリー。
5月の声を聞いて、早速壁に掛けた。
凛々しく兜を被った少年が馬に乗り、ひな壇の上段に、
そして両脇には鯉のぼりと吹流し。
鏡や刀などと並んで柏餅もひな壇には並んでいる。
これだけでも随分気分が違う。
夫はウェブで「こいのぼり」の歌を知ったようなので、このタペストリーを見ながら、
「こいのぼり」を歌ってみた。
彼が一緒に歌えるようになるまでは、まだもう少し時間がかかりそう。
以前は季節ごとのお菓子も手作りをしていた。
桜の葉の塩漬け、柏の葉も簡単に手に入っていたので、
桜餅、柏餅も不細工ながら作ったものだ。
材料の入手が困難に状況にある今、無性に季節のお菓子が食べたくなる。
[PR]
by lanova | 2005-05-05 22:40 | Logbook