Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

One more month

c0062603_12214345.jpg

7月もあと1日で終わろうとしている。
日本では夏真っ盛りで、夏休みの子供たちを中心に「夏模様」が繰り広げられているのだろう。
ここミネアポリスでも8月になって真夏を謳歌!と言いたいのだが…
先日、隣家のhumhumさん(いまだにエチオピア人の彼女の名前が覚えられない)に恐ろしい話を聞いた。
humhum「本当にいいお天気ねえ!」
私「爽やかで気持ちいいわねえ」
humhum「でも、これも1か月で終わりねえ…」
いやいや、ちょっと待ってよ。
LAでは9月が一番暑かったし、ミシシッピは12月までTシャツ1枚だったし…
それにここで雪が降るのは10月になってからって聞いていた。
9月は秋の涼やかな気候を味わえるんじゃ…
私「9月もまだいいお天気が続くんでしょ?」
humhum「まっさか~!9月になったら雪降るわよ。積もりはしないけどね」
って、そんなあ~。
ということは滅茶苦茶寒いってことじゃない!
今年は5月まで雪が降っていたわけで、やっと6月になって春らしくなった。
ああ、このミネアポリスってところは、季節めぐりがカレンダーめくりと同じわけだ!
6月春、7月夏、8月秋、9~5月冬!

c0062603_1212389.jpg

それならそうと、後1か月の間に庭の野菜たちの成長を日ごとに祈るしかない。
キュウリやズッキーニは驚くほど巨大に成長を続けている。
でも、キュウリは種なしのEnglish Cucumberのはずだったのに、堂々たる皮厚、種ありのキュウリ。
ま、自前のキュウリだということで良しとしよう。
ナスは日本で見慣れた形のものが実った。
でも背丈は伸びず、周囲の雑草の中に埋もれるようにして実をつけている。
日々、雑草と格闘するものの、抜いたかと思うと雨が降り、より力強く茂らせる。
耕運機もいいけど、この雑草抜き取り作業っていうのは一気に私にかかってくるのが、何とも不公平。
それでも食卓にナスが載るのは嬉しい。
問題なのがキャンタロープメロン(マスクメロン)。
おびただしいほどに花をつけたメロンは、この1か月の間に甘い果実になるのだろうか。
ここ数日間で畑の半分を覆うほどに成長しているけど、メロンそのものはまだほとんど見かけない。
う~ん、頑張れ!
何とか寒くなる前に実をつけてほしい。
いやいや、野菜ばかりではない。
長い冬眠生活に入る前にこの美しい季節を存分に楽しまなくちゃ!

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-07-30 22:19 | Garden