Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:野菜 ( 22 ) タグの人気記事

What's this?

c0062603_11155115.jpgc0062603_11163789.jpg
この奇妙な花の蕾は何でしょう。
何だかちょっと不気味な感じがしないでもない。
実はこれはルバーブの花の蕾。
ここで暮らして7回目の春なのに、ルバーブの花を見たのは初めて。
きっとこれまでも毎年咲いていたんだろうけど、気が付かなっただけなんだろうなあ…
何で気が付かなかったのだろうか。
見ているようで見ていないのは現実生活でも一緒だね。

c0062603_11172194.jpgc0062603_11183651.jpgc0062603_11180784.jpg
5月の初めは例年を10℃も上回る暖かさで、たった1日で植物はぐ~んと成長する。
左はめきめき葉が大きくなったイチゴ。
中は前日に収穫したアスパラガス畑。
すでに新しい芽がニョッキニョッキ。
右はシャロットとスィートオニオン。
玉ねぎの消費量は半端じゃない我が家では収穫が待ち遠しい。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-25 21:37 | Garden | Trackback | Comments(0)

Before Japanese Beetles attacking

c0062603_12460975.jpg

Japanese Beetle(マメコガネ)に襲撃される前の庭の様子。
今年は調子がいいなあと思っていたのはこの頃(6月末)まで。
ミネソタはこれまで例がないほどジャパニーズビートルの被害が出ているそうで、「こんなひどいのは見たことがない!」と方々で声が上がり、ガーデンセンターなどでは「ジャパニーズビートル対策セミナー」が開かれるほど。
それでも香りの強いハーブなどは大きな被害には合わないため、ディルやチャイブ、シソは繁殖し続けている。
ディルの花は畑の中の花火。
黄色一色だけどそれはそれでシンプルでいい。
c0062603_12464876.jpgc0062603_12465791.jpgc0062603_12471288.jpg
左と中はトマトの苗。
右は日本キュウリ。
このトマトとキュウリは野菜特有の強いにおいがあるためか、ジャパニーズビートルはどうやらお好きではないよう。
こちらはすくすくと育ち、今朝も5本のキュウリを収穫。
トマトの実はまだ青く、来週辺りには収穫できそう。
c0062603_12472394.jpgc0062603_12475372.jpgc0062603_12480175.jpg
左はズッキーニ。
これも地面に近いためか襲撃を免れている。
でも周囲には雑草がまるでジャングルのごとくはびこり、気が付くと直径10cmくらいにまでなったズッキーニが地面の上でドカッと横たわっている。
中と右はワイン用のブドウだが、これが完全にアウト!
葉はすっかり食い荒らされ、実も大きくなる前に水分がなくなり枯れ始めている。
毎年毎年同じ状況になり、ブドウを植えて4年、未だにこのブドウのワインを味わうことができないでいる。
c0062603_12474348.jpgc0062603_12481737.jpgc0062603_12482740.jpg
イチゴは粒は小さいけれど香りの強いイチゴの実をつけ始めた。
でも、これも収穫しようとするとなくなっている。
リスかウサギが食べているのかもしれない。
ストロベリーパイがテーブルに乗る可能性はなさそうだ。
玄関ポーチ脇のホスタ(擬宝珠)は、今年も花をたくさんつけた。
この手間いらずのホスタは、暑い夏に涼しげな様子で花を咲かせてくれる。
これからは夏野菜の収穫で忙しくなりそうだ。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-07-27 23:10 | Garden | Trackback | Comments(2)

Our garden in early summer

c0062603_11425457.jpg
昨年、春に種を蒔いたワイルドフラワーの花壇、寒くなりそのままにしていたら、春になってどんどん芽吹いてきた。
昨年は見なかった花も咲き始め、土の中で春の訪れを待っていた小さな種の生命力に驚く。
ワイルドフラワーの多くは一年草だと思っていたので、種の袋ももう手元にはなく、咲く花の名前もすべてはわからない。
この紫の小さな花は朝のうちに花びらを広げ、日中にはその姿をしぼませる。
何とも可憐で可愛らしい。
黄色の花は花びらや葉から菜種のような気がするのだが、これも確かではない。
c0062603_11431621.jpgc0062603_11432693.jpgc0062603_11433679.jpg
c0062603_11434963.jpgc0062603_11435901.jpg今年もホップとホースラディッシュは元気に育っている。
毎年、ホップは摘みとりを前にジャパニーズビートルにやられてしまい、なかなか夫の醸造ビールの原料にならない。
今年こそはこのホップでビールを作るゾと、夫は勇み、今年こそはジャングルになる前に草取りをこまめにするゾと、私も意気込みだけは十分なのだが…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-06-20 22:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

It's soon harvest time

c0062603_03071893.jpg

7月になってからぐんぐん、ぐんぐん野菜たちが育っている。
強い繁殖力のあるディルはそこらじゅうに芽を出し、すくすくと伸びたかと思うとたちまち黄色の花を咲かせた。
売るほどに収穫できるディルは魚料理に重宝するハーブ。
c0062603_03073106.jpgc0062603_03074371.jpgc0062603_03075723.jpg
ブドウも今のところ着実に実をつけている。
でも、日本から入ってきたジャパニーズビートルという天敵に葉を食べられ始めているのでちょっと心配。
アメリカではこのジャパニーズビートルに農作物を荒らされる被害が多くなっている。
c0062603_03081299.jpgc0062603_03083067.jpgc0062603_03084202.jpg
トマトも順調なんだけど、笑ってしまうのは手前の2苗はトマトではなく単なる雑草。
今年は夫は種からトマトを育て、芽が出るまでは室内で管理していた。
その後、外気に当てて、苗がしっかりしてから地植えにしたのだが、どうもそのときにトマトの苗ではなく、そのそばにあった雑草の苗を丁寧に植え替えたみたい。
その上、ここまで丁寧に管理して…
笑っちゃうけど、これが素人栽培の面白いところなんだろう。
中の写真はメロンとその向こうがカボチャの畑。
このまま成長すると本当に売るほどメロンとカボチャができそうだ。
黄色い花はカボチャの花。
c0062603_03100686.jpgc0062603_03101865.jpgc0062603_03103356.jpg
ミックスレタスも順調。
トウモロコシは思いのほか発芽しなかったようで、夫はがっかり。
ホップは、これもジャパニーズビートルの餌食になりかけていて、あわてて駆除をしたのだけれど、この先どれくらい実が出来るだろうか。
夏の帰国まで後3週間。
それまでにどれだけ野菜が収穫できるか、楽しみなところだ。
c0062603_03104625.jpgc0062603_03105826.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-07-20 22:13 | Garden | Trackback | Comments(2)

Here comes the mid summer in our garden

c0062603_13093121.jpg

c0062603_13095837.jpgc0062603_13101114.jpg
c0062603_13094552.jpg7月になって我が家の庭は一気に夏模様となった。
春に種を蒔いたワイルドフラワーもカスミソウ、ポピー、キンポウゲ、矢車草と次々に花を咲かせている。
ここ数日ではケシ、コスモスが花をつけ始めている。
スミレは昨年の花のこぼれ種から自然に芽が出て花が咲いた。
我が家の庭は一気にすべての花が満開になるのではなく、少しずつ時期をずらして何かしらの花が咲いている。
バラやクレマチスはすっかり花盛りを過ぎた。
春に種を蒔いた朝顔やスイトピーの開花が待ち遠しい。
c0062603_13102801.jpgc0062603_13104178.jpg野菜も順調に成長している。
ワイン用のブドウはJapanese Beatleに攻撃されながらも、着実に実を結んでいる。
このまま収穫できるようになるまで、虫や鳥の「ゴチソウ」になってしまわないことを願うのみ。
黄色の花はすべて同じように見えるけど、ブドウの右隣はカボチャ、下の左はキャンタロープメロン、右は日本キュウリ。
カボチャとメロンの種は、昨年食べた後の種を保存しておいたもの。
今年もたくさん実りそうで嬉しい。
キュウリはLAに住む息子が種を送ってくれた。
ミネソタにいて日本のキュウリが食べられることのありがたさ。

c0062603_13105648.jpgc0062603_13110856.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-07-15 23:30 | Garden | Trackback | Comments(0)

Vegetable Garden in May 2

c0062603_13394972.jpg

珍しく2日連続のブログ更新。
これは野菜というより夫の趣味であるビール作りの素材、ホップ。
なかなかビール作りに利用するほどの収穫にはならないけれど、育てる楽しみを味わっているようだ。
これも越冬して命を吹き返す。
ほとんど枯れ枝のようになっていても5月になるとぐんぐん、ぐんぐん蔓を伸ばしていく。
c0062603_13383608.jpgc0062603_13391770.jpg
左は5月の半ば、右は5月末の様子だけど、周りがどんどん緑を濃くしていくので写真では成長振りが少々わかりにくい。
c0062603_13363376.jpgc0062603_13370037.jpg
c0062603_13371489.jpgc0062603_13372923.jpg
これも夫の趣味の一環、ワイン作りのブドウ。
昨年は実が成ったものの、収穫前に野鳥のごちそうになってしまったり、熟す前に枯れてしまったり思うように収穫できなかった。
今年はもっとゆったりとした育つようにと夫は移植をした。
早くも小さな実がつき始めている。
野鳥がつつくのが早いか、熟して収穫するのが早いか、これまた楽しみだ。
c0062603_13404090.jpgc0062603_13405983.jpg
日本ではあまりお目にかからないルバーブ。
イチゴと一緒にジャムにしたり、パイのフィリングにしたり、これだけでソースにしたりと使い勝手のいい野菜。
独特の酸味が初夏らしい味わい。
c0062603_13413479.jpgc0062603_13415077.jpg
こちらはホースラディッシュ。
あのごっつい根に比べて花は思いのほか可憐。
ちょっと大根の花に似ていなくもない。
根野菜は同じようなタイプの花がつくのかもしれない。
花の時期は1~2週間で、5月末には花も散り始め、土の中で根が成長を始める。
収穫は冬になる前か、冬を越してから。
c0062603_13420779.jpgc0062603_13422124.jpg
昨年植えて、そのままにしていたネギが自生して大きくなっていた。
これは早速収穫。
左はディル。
これも繁殖力がとても強く、あちらこちらに種を飛ばし、5月になったとたんにそこかしこに芽吹いていた。
これは冷凍、もしくは乾燥して保存。
c0062603_13424474.jpgc0062603_13425855.jpg
さて、今年の夫のガーデンプロジェクトその1はWalkway(通路)の設置。
数年前に友人宅の改造で不要になった木材をもらってきて、庭に積み上げること4年。
まるで廃材置き場のようになっていた庭がいつになったら片付くのだろうと思っていたが、やっとそれらが日の目を見ることとなった。
夫の手にかかると、もう燃やす以外は手がないような廃材も立派な小道に仕上がっていく。
野菜畑に行くのにも、とても楽だし、通路の草取りをしないだけでも大助かり。
まだまだこの小道は延びる予定だそうだ。
庭でトントン、カンカンやっている夫は何やら楽しそうだ。
羨ましいな、少し…


*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-06-08 00:10 | Garden | Trackback | Comments(0)

Vegetable Garden in May 1

c0062603_12124443.jpg

5月になって初旬は霜が下りることもあり、少々心配したけれど、その後は順調に初夏へと向かい、我が家の腰の重い夫婦が最もフットワークを軽くする季節になった。
5月の野菜畑の様子をまとめて…
これはチャイブの花。
c0062603_12122275.jpgc0062603_12125980.jpg
左は5月の半ば、右は5月末。
花が咲くとチャイブ自体はおいしくなくなるので、その前に収穫し、小口切りにして冷凍。
c0062603_12143762.jpgc0062603_12152772.jpgc0062603_12155828.jpg
アスパラガス畑。
もっとも収穫の多かった5月初旬から中旬にかけては、全部収穫せずに背丈の高くなったものはそのまま残し、来年用に種を落とさせる。
それでもその隙間からまだまだ生えてくるアスパラガス。
今年はこれまでになく収穫できた。
ほぼ毎日、1回の収穫量は500g~1kg。
でも5月末頃から、少しトウが立って来て、苦味も出始める。
食べ収めかな…
c0062603_12162864.jpgc0062603_12170874.jpg
キャンタロープ(メロン)は、昨年栽培して良くできたので、食べた後の種を残し、乾燥させて保存。
それを蒔いたところ順調に芽が出た。
左は芽吹いたばかりのときで、左は1週間後。
c0062603_12173764.jpgc0062603_12180527.jpg
こちらは日本かぼちゃ。
これも昨年、よくでき、煮付けに天ぷらに、カリカリスナックにと大活躍。
これも昨年の種を保存して蒔いたところ、元気に育っている。
キャンタロープより成長がいいようだ。
c0062603_12182970.jpgc0062603_12184792.jpg
左はトマトの苗。
毎年、苗を購入し、それを植えて育てるが、夫は今年は種から挑戦。
地下室の窓のそばの日当たりの良いところで1ヵ月以上面倒を見ていた夫。
私は一切タッチせずだったので、それが功を奏したのかもしれない。
この苗は現在、右の苗床に移植の最中。
すっかり我が家の庭の一部にとりこまれてしまった隣家の庭で今年もメロンやかぼちゃやきゅうりやトマトが鈴なりになってくれることを楽しみにしつつも、やがて始まる雑草取りの覚悟をもして…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-06-06 22:40 | Garden | Trackback | Comments(0)

It's a beautiful green ... Before and After

c0062603_10371799.jpg
昨日の日本はあちらこちらで夏日だったらしいけど、ここミネアポリスも今日の最高気温は27度。
庭仕事の合間に飲む冷えたビールのおいしいことといったら!
先週はまだ固い蕾だった庭の木(多分桜の一種じゃないかと思うけど)もすっかり蕾がふくらんだ。
この調子だともう2,3日で開花するのではないかと思う。
c0062603_10405530.jpg
先週、今年最初のアスパラガスがにょきっと顔を出し、第一弾を早速収穫。
2012年に苗を植え、その翌年から律儀に毎年、にょきっと顔を出してくれる。
思いのほか大収穫で、昨年はほとんど毎日のように食卓に上ったアスパラガス。
初物はやっぱりさっとゆでてマヨネーズ。
夫はバターだけど…
c0062603_10400756.jpgc0062603_10564719.jpgc0062603_10570168.jpg
そのアスパラガスのBefore & After。
一週間の成長振りを記録したかったのだが、早くも第2弾は夫によって収穫された後。
c0062603_10375902.jpgc0062603_10380960.jpg
前庭にある木(多分アッシュ)のBefore & After。
先週はまだ葉芽も見えなかったのに、今日はきれいな緑の葉をつけていた。
この時期の柔らかい緑が一番好きだ。
c0062603_10383231.jpgc0062603_10384498.jpg
表通りにある教会の庭のBefore & After。
木々が日に日に緑になっていく様子を見るのは、ただそれだけで心が浮き立ってくるようだ。
長い長い冬の後だから、余計にそう思うのかもしれない。
c0062603_10403275.jpgc0062603_10404384.jpg

c0062603_10392832.jpgc0062603_10394321.jpgワイン用のブドウの木も移植し、ムスカリも小さな花をつけた。
すべてがこのときを待っていたかのように、いっせいに芽吹く。
冷たく固い土の下で、どんなに寒かろうと生命を絶やすことなく春を待つ。
雑草と言われようと、けなげに黄色の花を咲かせるタンポポさえいとおしい。


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-05-02 21:16 | Garden | Trackback | Comments(2)

Garden August 2014

c0062603_10422299.jpg

もう9月も後半に入ってしまい、あわてて8月の庭の様子を載せる。
今年は秋の訪れが早く、周囲の木々は早くも紅葉し始め、既に初霜も下りた。
短い夏だったけど、わが家の二人分の食卓を満たすには十分なほどの収穫だったのが何よりも嬉しい。
大ぶりではないけどキャンタロープ(メロン)は甘くてジューシー。
スーパーで買うものよりもずっとずっとおいしかった。
c0062603_10425034.jpgc0062603_10430701.jpg
c0062603_10432396.jpgc0062603_10434044.jpg
c0062603_10440280.jpgc0062603_10441614.jpg
c0062603_10443272.jpgカボチャも食べきれないほど実り、近所にいくつもおすそ分けをした。
トマトも3種類、でもイエロートマトは食感が好みではなかったな。
青じそは次から次へと葉を茂らせ、摘み取っては冷凍をしたので、来年の収穫時期までたっぷり保存できた。
赤じそは収穫のタイミングを逃し、摘み取ったもののちょっと葉が硬くなってしまった。
ホップは残念ながら収穫するまでには生長しなかった。
来年に期待しよう。
オクラも何度も食卓に乗ったし、芽キャベツは雪が降る前に収穫できそう。
今年の夏、これら野菜のおかげでわが家の家計は大助かりだった。
9月いっぱいはまだ少しずつでも実りがありそうだ。

c0062603_10444923.jpgc0062603_10450057.jpgc0062603_10451432.jpg
c0062603_10452844.jpgc0062603_10455029.jpgc0062603_10455928.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-09-21 21:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

Vegetable Garden July 2014-2

c0062603_01403211.jpg
この夏のわが家の野菜畑、Before & After 第二弾。
かぼちゃは見事なまでのかぼちゃ丘を形成。
大きな大きな日本かぼちゃが出来上がった。
夫婦二人暮らしに1個のかぼちゃは手を変え、品を変えて、食卓に登場するも、かなり食べ応えがある。
でも、やっぱり一番おいしいのはかぼちゃの煮物。
あのホクホク感がたまらない。
c0062603_01410096.jpgc0062603_01411649.jpg
BEFORE
c0062603_01413853.jpgc0062603_01415245.jpg
AFTER
下は白かぶ。
かぶも生長しているけれど、それにもまして周りの雑草の生長振りがすごい!
最初は草取りもしていたのだが、抜いても抜いても追いつかないし、暑い盛りの草取りは思いのほか重労働で、30分もしゃがんで作業をしていると腰が伸びなくなる。
確実に年を取っていると、こういうときに実感する。
収穫したかぶは甘みがあっておいしい。
味噌汁の具にしたり、ベーコン、たまねぎと蒸し煮にしたりと大活躍。
c0062603_01423930.jpg
BEFORE
c0062603_01430510.jpg
AFTER
ワイン用のぶどうも今年はしっかり実を付けた。
しかし、まだまだワインにするには収穫量がなくてこのまま。
昨年はちょっと実がつくとすぐに小鳥に食べられてしまったが、今年は前半にJapanese Beatleに葉を食べられてしまった。
このぶどうの葉も地中海料理には欠かせない。
料理方法の研究がこの先の課題。
c0062603_01440866.jpg
BEFORE
c0062603_01443294.jpgc0062603_01444708.jpg
AFTER
c0062603_01451019.jpgc0062603_01494638.jpg
トマトとオクラは順調に成長し、この後8月はほとんど毎日のようにわが家の食卓に登場した。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-09-01 21:30 | Garden | Trackback | Comments(0)