Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:花 ( 38 ) タグの人気記事

Before Japanese Beetles attacking

c0062603_12460975.jpg

Japanese Beetle(マメコガネ)に襲撃される前の庭の様子。
今年は調子がいいなあと思っていたのはこの頃(6月末)まで。
ミネソタはこれまで例がないほどジャパニーズビートルの被害が出ているそうで、「こんなひどいのは見たことがない!」と方々で声が上がり、ガーデンセンターなどでは「ジャパニーズビートル対策セミナー」が開かれるほど。
それでも香りの強いハーブなどは大きな被害には合わないため、ディルやチャイブ、シソは繁殖し続けている。
ディルの花は畑の中の花火。
黄色一色だけどそれはそれでシンプルでいい。
c0062603_12464876.jpgc0062603_12465791.jpgc0062603_12471288.jpg
左と中はトマトの苗。
右は日本キュウリ。
このトマトとキュウリは野菜特有の強いにおいがあるためか、ジャパニーズビートルはどうやらお好きではないよう。
こちらはすくすくと育ち、今朝も5本のキュウリを収穫。
トマトの実はまだ青く、来週辺りには収穫できそう。
c0062603_12472394.jpgc0062603_12475372.jpgc0062603_12480175.jpg
左はズッキーニ。
これも地面に近いためか襲撃を免れている。
でも周囲には雑草がまるでジャングルのごとくはびこり、気が付くと直径10cmくらいにまでなったズッキーニが地面の上でドカッと横たわっている。
中と右はワイン用のブドウだが、これが完全にアウト!
葉はすっかり食い荒らされ、実も大きくなる前に水分がなくなり枯れ始めている。
毎年毎年同じ状況になり、ブドウを植えて4年、未だにこのブドウのワインを味わうことができないでいる。
c0062603_12474348.jpgc0062603_12481737.jpgc0062603_12482740.jpg
イチゴは粒は小さいけれど香りの強いイチゴの実をつけ始めた。
でも、これも収穫しようとするとなくなっている。
リスかウサギが食べているのかもしれない。
ストロベリーパイがテーブルに乗る可能性はなさそうだ。
玄関ポーチ脇のホスタ(擬宝珠)は、今年も花をたくさんつけた。
この手間いらずのホスタは、暑い夏に涼しげな様子で花を咲かせてくれる。
これからは夏野菜の収穫で忙しくなりそうだ。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-07-27 23:10 | Garden | Trackback | Comments(2)

Short time flower show

c0062603_13193353.jpg
今年は例年になく、きれいに花が咲いたと思っていたら、6月の中旬からぐんぐん気温が上がり、早くも夏枯れのようになる花も出始め、芝も茶色くなり始める。
このミネアポリスで6月に30℃を越えることはそう多くはないが、今年は6月にこの「真夏日」というのが続いた。
だからクレマチスなどもいつもよりも早く枯れ始めた。
これは気温のせいだとばかり思っていた。
ところが夏に青々と葉を茂らせるホップまでも枯れ始めているではないか!
バラの様子もおかしい。
ああっ!
今年もまたジャパニーズビートル(マメコガネ)の来襲だ!
たった一晩で見るも無残な姿になる。
ここの写真はすべて6月上旬のもの。
それが2週間後には…
これまでは7月末から8月にかけて発生していたのに、今年は早く暑くなったからだろうか。
ジャパニーズビートルの餌食になってしまった花木の写真はいずれまた。
それにしても今年もホップの収穫ができなくなり、夫ガッカリ。
c0062603_13195007.jpgc0062603_13481894.jpg
c0062603_13200214.jpgc0062603_13201774.jpg
c0062603_13575697.jpg
c0062603_13210769.jpgc0062603_13545832.jpgc0062603_13565883.jpg
c0062603_13552555.jpgc0062603_13211924.jpgc0062603_13490341.jpg
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-07-01 23:30 | Garden | Trackback | Comments(0)

Our garden in early summer

c0062603_11425457.jpg
昨年、春に種を蒔いたワイルドフラワーの花壇、寒くなりそのままにしていたら、春になってどんどん芽吹いてきた。
昨年は見なかった花も咲き始め、土の中で春の訪れを待っていた小さな種の生命力に驚く。
ワイルドフラワーの多くは一年草だと思っていたので、種の袋ももう手元にはなく、咲く花の名前もすべてはわからない。
この紫の小さな花は朝のうちに花びらを広げ、日中にはその姿をしぼませる。
何とも可憐で可愛らしい。
黄色の花は花びらや葉から菜種のような気がするのだが、これも確かではない。
c0062603_11431621.jpgc0062603_11432693.jpgc0062603_11433679.jpg
c0062603_11434963.jpgc0062603_11435901.jpg今年もホップとホースラディッシュは元気に育っている。
毎年、ホップは摘みとりを前にジャパニーズビートルにやられてしまい、なかなか夫の醸造ビールの原料にならない。
今年こそはこのホップでビールを作るゾと、夫は勇み、今年こそはジャングルになる前に草取りをこまめにするゾと、私も意気込みだけは十分なのだが…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-06-20 22:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

Japan Trip 2016 No.8

c0062603_03481297.jpg

今回は1年のうちで最も花の美しい季節ということもあり、花づくしの帰国となった。
帰国中は概ね天気の良い日が続いたが、何日かは雨模様の日もあり、この日は珍しく朝から土砂降りとなった。
最初は新緑の美しい大山へと向かっていたが、雨脚は強くなるばかり。
途中で目に入った看板は「とっとり花回廊」。
ちょうど渡米する前後にここは完成したはずで、これまで訪れたことはない。
屋外だけでなく屋内でも花が楽しめるというので、急遽行き先変更。
思っていた以上に施設は広大な土地に建てられている。
屋外の花畑や樹木の間は、さすがに雨が降っていると散策できないが、東西南北テーマごとの4つの棟は屋根つきの回廊でぐるりと巡ることができる。
とりわけ蘭が美しかった。
これでもかこれでもかというほど多種多様な蘭が咲き誇っている様は圧巻だ。
高価な花なので、自分の家でこれだけの種類を育てることはできない。
それらを一度に目にできるとは予想もしていなかっただけに嬉しかった。
この時期、天気が良ければ屋外のチューリップやパンジーなどもさぞかし美しかろう。
c0062603_03483071.jpgc0062603_03484649.jpgc0062603_03491420.jpg
c0062603_03492683.jpgc0062603_03493844.jpgc0062603_03494717.jpg
c0062603_03490078.jpgc0062603_03523570.jpg
c0062603_03500376.jpgc0062603_03501405.jpg
c0062603_03503334.jpgc0062603_03504240.jpg
c0062603_03505749.jpgc0062603_03510694.jpg
c0062603_03512058.jpgc0062603_03513026.jpg
c0062603_03514523.jpgc0062603_03515566.jpg
c0062603_03520940.jpgc0062603_03522327.jpg
決して一種類ではない微妙に異なる新緑とまだ花を残す桜の花との淡い色合いが何ともやさしい。
自然の描くパステル画の中に身を置いているようだった。
遠くには雲の切れ間から雨にかすむ大山が姿を現した。
花回廊の帰路、雨に洗われより一層鮮やかな緑色に染まる山の風景を見ながら、一つの「章」が終わり新たな「章」へと移っていくような、そんな思いにかられていた。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-05-11 14:30 | Trip | Trackback | Comments(2)

Summer flower 2015

c0062603_23023903.jpg

c0062603_23025234.jpgc0062603_23030303.jpgc0062603_23031395.jpg
c0062603_23032363.jpgc0062603_23033592.jpg
c0062603_23034762.jpgc0062603_23035621.jpg
c0062603_23041142.jpg先週、暑い暑い日本へ里帰り帰国をした。
ミネソタでは朝晩は16℃程度に気温が下がり、そろそろ秋の気配を感じ始めていたところに灼熱の日本の夏。
成田空港で表に出た途端、まるでサウナに入ったかのような蒸し暑さに襲われた。
帰国直前の我が家の庭では夏の花がそろそろ終わろうとしていた。
今年の夏の花をまとめて…
ホスタ、矢車草、スイトピー、コスモス、ポピー、朝顔。
柔らかな色合いの花壇を愛でる楽しみを味わえた2015年夏。


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-08-19 23:14 | Garden | Trackback | Comments(2)

Here comes the mid summer in our garden

c0062603_13093121.jpg

c0062603_13095837.jpgc0062603_13101114.jpg
c0062603_13094552.jpg7月になって我が家の庭は一気に夏模様となった。
春に種を蒔いたワイルドフラワーもカスミソウ、ポピー、キンポウゲ、矢車草と次々に花を咲かせている。
ここ数日ではケシ、コスモスが花をつけ始めている。
スミレは昨年の花のこぼれ種から自然に芽が出て花が咲いた。
我が家の庭は一気にすべての花が満開になるのではなく、少しずつ時期をずらして何かしらの花が咲いている。
バラやクレマチスはすっかり花盛りを過ぎた。
春に種を蒔いた朝顔やスイトピーの開花が待ち遠しい。
c0062603_13102801.jpgc0062603_13104178.jpg野菜も順調に成長している。
ワイン用のブドウはJapanese Beatleに攻撃されながらも、着実に実を結んでいる。
このまま収穫できるようになるまで、虫や鳥の「ゴチソウ」になってしまわないことを願うのみ。
黄色の花はすべて同じように見えるけど、ブドウの右隣はカボチャ、下の左はキャンタロープメロン、右は日本キュウリ。
カボチャとメロンの種は、昨年食べた後の種を保存しておいたもの。
今年もたくさん実りそうで嬉しい。
キュウリはLAに住む息子が種を送ってくれた。
ミネソタにいて日本のキュウリが食べられることのありがたさ。

c0062603_13105648.jpgc0062603_13110856.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-07-15 23:30 | Garden | Trackback | Comments(0)

Flower bed in May 2

c0062603_12150169.jpg

忙しさに取り紛れ、5月の花壇の様子を半分だけ記してそのままにしていた。
もう6月も下旬になり、すっかり庭の様子は変わってしまったけれど…
c0062603_12152057.jpgc0062603_12154409.jpg
これも宿根草なので越冬して花を咲かせるが、今年はこれ以上花が来ず、この後ですっかり葉を落とし枯れてしまった。
ちょっとこの辺りの花壇の密度が高いかもしれない。
c0062603_12160745.jpgc0062603_12163773.jpg
スイトピーの種も順調に芽吹き、その横のワイルドフラワーもその名の如く、種を蒔いて1週間もしないうちに次々と芽が出た。
一瞬、雑草と見紛うほど。
c0062603_12165691.jpgc0062603_12171298.jpg
種から蒔いた朝顔もすくすく。
バラもどんどん蕾が膨らんだ。
c0062603_12173459.jpgc0062603_12174694.jpg
松葉ボタンもなかなか広がらないけれど、毎日小さな花をつけている。
この花壇いっぱいに繁殖する予定だったけれど、それにはもう少し苗が必要だったかもしれない。
c0062603_12180277.jpgc0062603_12181650.jpg
これは猫用階段。
ある日、暖炉の薪置き場からデッキへと飛び上がろうとしたトラは跳躍に失敗し、したたかに足をぶつけてしまったらしい。
偶然にもその失態を目にしてしまった夫は、「これ以上トラの医療費がかかるようではたまらない!」と廃材利用でちゃっちゃっと階段を作ってしまった。
これでトラもユキも自由自在に降りたり上ったり。
でも、窓の外で「お~い、帰ったぞ!開けてくれ~!」と手を煩わされるのは同じなんだけど…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-06-20 22:40 | Garden | Trackback | Comments(0)

Flower bed in May 1

c0062603_13320098.jpg

もう6月も半ばになったというのに、まだ5月の庭の様子をああだこうだと書き記す。
何しろ冬が10月末~4月末までと半年以上続くこの地では、5月から9月前半までにすべてが凝縮される。
特に戸外でのイベントや営みは短期集中型だ。
必然的にこのブログでも冬季はほとんど休眠状態。
というわけで5月の花壇シリーズ、その1。
c0062603_13361436.jpgc0062603_13363461.jpgc0062603_13365523.jpg
c0062603_13370681.jpg今年もオダマキが見事に咲いた。
最初に花壇を作った2011年に苗を植え、それから毎年、必ず花をつける。
元々は野草だそうで、それだけ強いということだろう。
左の写真は咲き始め、2週間後が一番右で満開になった。

c0062603_13323765.jpgc0062603_13325397.jpgc0062603_13334478.jpg
c0062603_13332478.jpgこの花はこの家の前の持ち主が花壇に植えていたもの。
日当たりのいい場所に移植し、株分けを行ったところ、より生き生きと咲き始めた。
名前はわからないが、黄色の小さな花が可愛らしい。

c0062603_13340240.jpgc0062603_13342602.jpgクレマチスもこの通り、2週間で見事なまでに葉を茂らせ、蕾をいっぱいにつけた。
以前の持ち主は3種類のクレマチスを植えていたのだけれど、移植した際にこのクレマチスのみ生き残った。

c0062603_13344810.jpgc0062603_13351575.jpg庭の入り口から奥に向かった所の花壇。
夫がマルチを敷き詰めてくれた。
これがあるとないとでは雰囲気が随分違う。
また、雑草が生えるのも防ぐのでとても助かる。

c0062603_13354184.jpgc0062603_13355541.jpgこちらはポーチにこしらえた花壇。
すべて夫の造園。
決して大きな花壇ではないけど、細やかな配慮がされている。
玄関脇に花があると、それだけで「ああ、私の家」と思ってしまう。
明日は雑草抜きをしなくては…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-06-14 00:05 | Garden | Trackback | Comments(0)

Color of flowers

c0062603_10395669.jpg

c0062603_10402941.jpgc0062603_10404381.jpgc0062603_10410059.jpg
5月3日、結婚記念日のDim sum(飲茶)の帰りに園芸店で購入した花の苗はカンパニュラとデルフィニューム。
両方ともブルー系。
意識しているわけではないのに、同系色の苗を選んでいる。
以前はオレンジや赤などの暖色を選ぶことが多かったのに、最近はもっぱらこの寒色系。
もはや「情熱」の年代ではないということだろうか。
c0062603_10411182.jpgc0062603_10412562.jpgc0062603_10414213.jpg
それでもちょっとアクセントカラーもほしいなと思い、混合色の松葉ボタンの苗を購入。
うまく増えれば、この夏は色とりどりの鮮やかな花が花壇を彩ってくれるはず。
来月になれば花が咲き始めるクレマチス(鉄線)も紫色。
おまけにこの日に購入した朝顔の種も紫色の花。
c0062603_10420052.jpgc0062603_10421129.jpg
ホップも順調に新芽を伸ばし、ホースラディッシュも冬の凍った土の下でぐっと耐えて新しい命を芽吹いている。
実はこれは4週間前。
4週間後の今、我が家の庭はすっかり姿も色もを変えている。


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-05-30 21:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

Wishing

c0062603_05535698.jpg

寒いときには-30℃近くにまでなる厳冬期に、春の訪れをただ手をこまねいて待っているだけでは辛いものがある。
そんな風に思っていたとき、いつも行くスーパーのレジの近くに水耕栽培のヒヤシンスがあった。
「水栽培」でヒヤシンスを育てたのはもう半世紀も前の小学生の頃。
教室の後ろのロッカーの上にずらりと並んだヒヤシンスのガラス瓶。
あのヒヤシンスが咲いたのか、咲いた後どうしたのか、まったく覚えていないけれど、遠い記憶の中に凛と咲くヒヤシンスの姿がある。
庭仕事を開始するまで、まだ3ヵ月近くは待たなくてはいけないけれど、家の中で一足先に春を感じるのも悪くないと、ヒヤシンスを求める。
うまく咲かせることができるかどうか、少々心配ではあったけど、それから3週間、ヒーターを入れない部屋の窓際に置いていたら見事に花を咲かせた。
部屋のドアを開けると、何ともいえない芳しい匂いがする。
ほんの少しだけ、春を感じ、慎ましやかに春の訪れを待つ。

c0062603_06035736.jpgc0062603_06041874.jpgc0062603_06042828.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-02-08 15:10 | Logbook | Trackback | Comments(0)