Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:日本 ( 22 ) タグの人気記事

Japan trip in winter time 2017

c0062603_09515862.jpg

c0062603_09520876.jpg今年、年明け早々に高校の還暦同窓会が開かれるという情報が入ったのは昨年の夏のことだった。
高校を卒業して42年、おそらくこの先同窓生が一堂に会するチャンスはそうないかもしれない、そう思い、繁忙期、天候不順のリスクがありながらも昨年12月29日のフライトで帰国した。
日本に着いたのは30日。
急ピッチで新年の準備をするも、おせちを作る余裕はなく、友人の料亭「魚一」でおせちを注文し、父と二人で無事に新年を迎えることができた。
分厚い新聞をながめ、実業団駅伝を見て、おせちをつつき、久しぶりに日本ならではののんびりとした元旦を過ごした。
翌日はその還暦同窓会。
卒業生400人余りのうち約150人が出席。
かなり出席率は高い方じゃないかと思う。
しかし…40年の月日を経て会う旧友たちは思わず「はじめまして」とあいさつしそうになるほど、その面影を感じられない人もいた。
それでも話しているうちに「ああ、あの!」と思い出すことも多く、何のしがらみもない、気の置けない同級生たちとの時間は瞬く間に過ぎていき、1次会、2次会、3次会、4次会と参加し、家に戻ったのは12時間後だった。

c0062603_09522117.jpgc0062603_09523191.jpgc0062603_09524345.jpgc0062603_09525205.jpg
今回の帰国は10日後に夫も来日し、これまで出かけたことのない場所に連れて行ったり、人と会う約束もいくつかあり、3週間余りの滞在はあっという間に過ぎていった。
三が日が過ぎて会ったのはこのブログへの訪問がきっかけで知り合ったKさん。
オハイオ州で同業の日本語教師路をしている人だが、何と出身が隣の鳥取県米子市。
同じ時期の帰国で、「お会いしましょう!」ということになった。
思いのほか暖かな日だったので松江城周辺をぶらぶらと歩きながらご案内。
学年も同じということもあり、話せば話すほど芋づる式に知っている人がどんどん登場。
彼女と過ごした丸一日もあっという間に過ぎていった。
写真は小泉八雲もたびたび訪れたという城山稲荷。

c0062603_09530128.jpgc0062603_09531100.jpgc0062603_09531840.jpgc0062603_09532960.jpg
夫がやってきたのは1月10日過ぎで、同じ時にスイスのチューリッヒから生徒もやってきた。
彼は何度か日本へは来ているが、松江は初めてだというので、これもお決まりのコースで案内。
できれば石見銀山へ連れて行ってほしいとのことだったけれど、その日は午後から雪になる予報で予定を変更して島根ワイナリー、出雲大社と案内し、帰りにはフォーゲルパークで過ごした。
翌日は一日中雪だったのにも関わらず、彼は松江城周辺を歩いて回ったそうだ。
雪が降る中、堀川遊覧にも乗船したそうで、「良かったですよ~!」と言っていた。

c0062603_09534019.jpgc0062603_09534754.jpg
その数日後は、夫を足立美術館へと案内した。
その日は朝から冷たい雨が降っていたけれど、観光バスは次から次へとやってくる。
私もここを訪れるのは20年ぶりくらい。
しかも雪の季節は初めてだったので、久しぶりに楽しむことができた。
c0062603_09535966.jpgc0062603_09540522.jpg
滞在中に雪を楽しんでいるうちは良かった。
さあ、明日はアメリカに向けてフライトだという日。
どうやら雪になりそうだという。
それでもまあ、飛行機が飛ばないほどの大雪にはならないだろうと高を括っていたのが大間違い。
朝起きてみると一面真っ白。
40㎝くらいは積もっていただろうか。
朝からバス会社やタクシー会社に電話するも、どこも「今日は動きませんねえ」という。
でも、航空会社に電話すると飛行機は飛ぶかもしれないという。
しかし、空港まで行けないんじゃその飛行機に乗ることもできない。
結局、空港までの足がなく、翌日のフライトに変更。
変更料金が1人28,000円というのは痛かったけど、背に腹は代えられない。
あれやこれやの新年帰国だったけれど、夫も今回の来日を楽しんだようだし、旧知を温めることもできたし、何といっても一人暮らしの父と一緒に新年を迎え、3週間ほどだったけど毎日一緒に晩酌をし、食事をして過ごすことができた。
でも冬場はやっぱり天候のリスクは大きいということがよくわかった帰国でもあった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-04-24 00:15 | Trip | Trackback | Comments(8)

Super gift, sugarless candies

c0062603_06490491.jpg

母は生前、私の好きなお菓子や日用品、100円ショップの小物などを買い貯めておき、年に数回、ダンボールに詰めて送ってくれた。
こちらでも買えないわけではないけど、やっぱり母の手によって詰められた荷物が海を渡って届くのは嬉しい。
しかい、母が亡くなってからは母の荷物が届くことはなくなった。
でも、その母に代わって日本から「何かいるものな~い?」と連絡してくれ、箱に詰めて送ってくれる人がいる。
大学時代からの友人美和子さんだ。
今回、彼女から届いたのはいつものようにおかき類とシュガーレスキャンディー。
今春、帰国した時に買いだめしておいたシュガーレスキャンディーが底をつき、彼女にいくつか見繕って送ってもらうように頼んだ。
いやあ~、日本にはシュガーレスキャンディーってこんなにいっぱい種類があるのね!
箱を開けてちょっとした感動を覚えた。
こちらでもないわけではないが、キャンディー売り場にあるのはごく限られた種類だけ。
あとは薬売り場に置いてあり、何だか口休めにするという感じではない。
これで次の帰国までは大丈夫。
ありがとう、美和子さん!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-17 16:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Japan Trip in March 2012

c0062603_23543546.jpgc0062603_23544923.jpg
今年3月、少しばかりの仕事も兼ねて半年振りに帰国した。
この時期の帰国は初めてで、次男と共にアメリカでの生活に向けて日本を離れたのが10年前の3月だった。
まさに10年ぶりの日本の3月。
日本到着後、東京で数日過ごし、10年前にはなかったスカイマークで福岡へ。
最近では日本でもこのLCCの航空会社が増えているようで、極力サービスを抑えての低料金のフライトは悪くないと思う。
1時間程度のフライトでは過剰なサービスはほとんど必要ないし、安全性と臨機応変な対応さえあれば十分だし、ほとんどサービスを期待できないアメリカの国内線よりはずっとまともな「サービス」だった。

c0062603_23551648.jpgc0062603_23553085.jpg
教育関係の仕事に携わっていて福岡まで来て太宰府天満宮に行かない手はないだろうというので、現在所属しているスクールのボスたちや同僚、生徒も一緒に大宰府参り。
3月も半ばだったので、そろそろ梅は終わっているかとおもいきや、今年はいつまでも寒さが続いたそうで、このときの梅は五部咲きだった。
そういえば10年前、日本を離れたときは、満開の桜の中だった。

c0062603_2356093.jpgc0062603_23561643.jpg
c0062603_23563825.jpgc0062603_23564818.jpg
c0062603_235795.jpgc0062603_23572260.jpg
福岡で1泊した後はふるさと松江へ。
久しぶりに新幹線に乗り、伯備線経由で松江に到着。
この列車の旅も10年以上なかったことだ。
途中、中国山地の高所では村々がすっぽり雪に埋もれ、車窓からは吹雪く様子が見え、とても3月の旅とは思えない。
到着した松江駅でもこれまた雪のお出迎え。
今回、松江は訪れたことがないというボスたちも連れ立っての帰省で、数日間の松江案内も雪の中だと辛いなあと案じたのだが…
翌日は信じられないほどの快晴!
山陰観光のお決まりのコースだけれど、宍道湖を眺めて湖北線を走り、ワイナリーでワインの試飲、サンプルの試食を楽しみ(なんとボスたちはこれが大のお気に入りとなり、試食のために3回も店内を回遊)、出雲大社参拝、出雲そばを味わった。
あまりの天気の良さにそのまま石積みの灯台としては東洋一の高さを誇る日御碕灯台へと車を走らせた。
ここは灯台にのぼることもできる。
息を切らせながら43.65mの灯台の上まで登り、日本海を一望。
本当に美しい…
晴れた日には遠く隠岐諸島を望むこともできる。

c0062603_23574164.jpgc0062603_2357544.jpg
灯台からはウミネコの生息地、経島(ふみしま)を眺めながら散策して日御碕神社へ。
この神社の祭神はスサノオノミコトとアマテラスオオミカミ。
朱塗りの社殿は国の重要指定文化財。
日ごろの行いが良いせいか(?)、昨日までの荒れた天気とは打って変わって、最高の観光日和となった。

c0062603_23581597.jpgc0062603_23582656.jpg写真は3枚とも小泉八雲旧居で撮影。
c0062603_23583967.jpg翌日は、これまた山陰観光ではおなじみの松江市内遊覧。
松江城の周りを取り囲むようにして掘られた堀川をめぐり、川の上から城下町松江を眺める堀川遊覧を楽しみ、松江城の天守閣に登頂し、地ビール館で松江の地ビールを楽しみ、小泉八雲記念館・旧居、武家屋敷を回って、最後は物産館でお土産を買うという判で押したようなコースだったけれど、ボスたちは大感激。
もう一度訪れたいと言ってくれた。
これでボスを含め、スクールの生徒たちを5組、松江、出雲へと誘った。
みんな松江のファンになってくれ、「必ずもう一度行く!」という言葉を聞くことができたのは何よりも嬉しかった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2012-06-05 10:45 | Trip | Trackback | Comments(0)

September in Japan

8月の終わり、松江の実家に帰らなければならない出来事があり、急遽、3週間ほど日本に帰国した。
ミネアポリスではそろそろ秋風が吹く頃だったが、日本はまだまだ真夏。
9月になってもエアコンなしでは寝られない日が続いた。
そんな蒸し暑ささえ、懐かしさの中に包まれてしまう。
「暑い、暑い!」と言いながらも、ふるさとの夏は優しい。

c0062603_8494137.jpg
帰国中は忙しさに取り紛れて、懐かしさの感傷に浸っている時間はなかったけれど、ある日、2階の窓から外を見たら、燃えるような夕陽が目に飛び込んできた。
40年近く前に通った高校の体育館に夕陽が反射している。
高校生だった頃にはなかった体育館。
新しくなったのはいつごろのことだろうか。
大きなガラス窓がはめ込まれた体育館は、ちょうど宍道湖に沈む夕陽を正面から受け止める。
周りが黄昏に沈み始める頃、そこだけが消えることのない情熱の炎のように燃えている。
そう…もう40年も前なのに…
どんなに時間が経っても消えない思いがあるのだと知った日…

c0062603_8495761.jpg
満月の夜。
父と一緒に写真を撮る。
二人ともナイスショットとはいかない。
偶然にも、昨年の9月も松江で過ごした。
そのときは夫も一緒だったが、今回は私一人。
かつてこの家で、両親、祖母、弟と5人で暮らした。
その後、私が進学で家を出、弟も離れ、両親と祖母の3人暮らしになった。
しかし、祖母も亡くなり、両親二人暮しになったのに、私と二人の息子たちが一緒に住むようになり、再びにぎやかな暮らしになった。
けれども両親にしてみれば、やっと夫婦二人で静かにのんびり暮らせるとはずだったのに、とんでもない邪魔が入ったと思ったことだろう。
仕事に明け暮れる私に代わって、両親は息子たちの親代わりになって育ててくれた。
そしてやがて私たち親子も家を離れた。
今、両親は静かに二人で暮らしている。
でも、いつ帰っても、この家に本当の「居場所」を感じる。
再び、ミネアポリスへ帰るための荷造りをしているとき、「ここにいれば?」という声が家のあちこちから聞こえてきた。

c0062603_851344.jpg
ミネアポリスに戻る1日前に上京し、孫に会う。
3歳を迎える前の彼は悪戯盛りだけど、真っ直ぐな目をしていた。
この子の父親である息子も真っ直ぐな目をしていたことを思い出す。
お土産の飛行機に夢中になり、「ボク、飛行機を写す!」とカメラを取る。
彼の目線の飛行機は、おもちゃにも関らず、なかなか飛行機らしく撮影されていた。

c0062603_8514559.jpg
今度は「ボク、ばあばを写す!」
よしっ!思いっきり美人に撮ってくれ!
彼のファインダーで捉えたばあばはこれだ。
そっか、彼の目に映るばあばはこれなんだ…
わずか2時間足らずの再会。
後ろ髪を引かれる思いで、バイバイと手を振った。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-12-04 18:25 | Trip | Trackback | Comments(6)

Japan Trip in 2010

昨年9月には4年ぶりで日本へと帰国した。
前回は一人での帰国だったが、今回は5年ぶりの訪問となる夫とともに帰国。
国際空港のメンフィスまではここから2時間半、しかも早朝のフライトでシカゴまで行き、
そこから成田へ向けて飛ぶという長丁場。
朝2時半に家を出て、メンフィスから飛び立った飛行機の中で朝日を眺めた。
眼下には蛇行するミシシッピ川が朝日に浮かび上がろうとしていた。

c0062603_105491.jpgc0062603_1054212.jpg

c0062603_10543151.jpg日本に到着した翌日は、おりしも台風が実家のある山陰に上陸。
たまたまアメリカから隠岐でダイビングをするために来日していた日本語の生徒がフェリー乗り場で足止めアをくらっていた。
急遽、彼の予定を変更して雨の中出雲路観光をすることになった。
やはりここははずせないと、雨風吹き荒れる中、出雲大社へ。
雨で訪れる人もいない参道はひっそり閑としたたたずまいを見せていた。
今まで敢えて雨の日に訪れることはなかった出雲大社だが、こういう風景も悪くない。


c0062603_10545586.jpg夫の趣味は自家製ビール。
暇があればせっせとビール作りに余念がない。
今回の帰国で、夫からのリクエストは「ワイナリー」と「地ビール館」。
まだ訪れたことがないという母も一緒に行き、父と夫はあれこれ講釈をたれながら3種類のビールを楽しんでいた。

c0062603_10551464.jpgc0062603_10552881.jpgc0062603_10554311.jpg


c0062603_10555828.jpg今回の帰国でもう1箇所訪れたかったのが広島で、原爆ドームと原爆資料館へはどうしても夫と一緒に行きたかった。
私は何度か訪れたことがあるものの、記憶は薄れていたし、もう一度見ておきたかった。
長い時間をかけて資料館の中を隅から隅まで見学した夫は、しばし無言だった。
数日後、彼の「原爆投下」に対する考え方が変わったということを聞かされる。
その原爆ドームを見上げながら、大田川を下って宮島へ。

c0062603_1056853.jpgc0062603_10561871.jpg
宮島ではまるでペットのようなおとなしい鹿に出会う。
高速道路で車に向かって走ってくるミシシッピの野生の鹿とは大違いだ。
宮島を訪れたこの日、暑さにへとへとになった根性なしの中年夫婦は、厳島神社を見ただけで終了。

今回の帰国は2週間だったが、往復の時間に日数をとられ、実際に松江に滞在できたのは10日間。
会いたい人や行きたいところも数々あれど、そのすべてを果たすことはできなかった。
でも元気な両親に会い、ともに過ごし、息子や孫たちとも過ごす時間を持つことができた。
家族、あたたかくて、ありがたい。
家族っていいな…当たり前のことに幸せを思った帰国だった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
by lanova | 2011-01-11 20:20 | Trip | Trackback | Comments(20)

「非会社人」のすすめ/佐高信

c0062603_413834.jpg職業欄に「会社員」と記入していたのは、1992年から2002年までの10年間だった。
それまでは「フリー」というと聞こえは良さそうだが、常に「不安定収入」と格闘しながらの日々を送っていた。
端からフリーランスでやっていこうと思っていたのではなく、大学卒業前に受験した北は北海道から南は九州までの十数社の放送局に、ことごとくそっぽを向かれたからであり、「それならしゃあないなあ」というので、無所属のままで仕事を続けていた。
なので1992年に「会社員」になったときは、かなりとうの立った新入社員ではあったけれども「会社員」という肩書きが妙に嬉しかったことを覚えている。
そんな会社員になったころ、この佐高信は辛口の物言いで、かなり話題になっており、各地で開かれる講演会なども満員だと聞いていた。
地元でも講演会が開かれたが、生憎都合がつかず聴くことができなかった。
この『「非会社人間」のすすめ』は、そのころに出版されたものであり、当時の「会社員」だったころのことを思い出しながらページを繰ったが、ここで取り上げられている「会社」は従業員数が3桁、4桁の大企業に限るのではないかしらと思った。
何しろ従業員数がやっと2桁という零細企業においては、会社はもう一つの「家族」であると言っても過言ではないように思うし、またそうでなければ小さな会社はうまくやっていけないのではないだろうか。
すっかり会社のいいなりになってまさに会社と心中するかのごとく「会社のため」に働く姿を彼は「社畜」と言い表しているが、少なくともあの当時、わが身を「社畜」と思ったことは一度もなかった。
「寄らば大樹の陰」ではなかったのが、幸いしたのかもしれない。

「非会社人間」のすすめ/佐高信(講談社文庫)
[PR]
by lanova | 2008-02-02 13:00 | Book | Trackback | Comments(20)

Jun. 5/Mom's Birthday

日本時間の今日、1月6日は母の75歳の誕生日である。
午前中に長男一家もやってきて、次男とともに母への誕生日プレゼントを渡したそうだ。
母からの電話でそれを知り、嬉しかった。
長男を残して渡米してからというもの、
長男のことをあれこれ心配し、世話をしてくれたのは、他でもない私の両親だった。
特に母は、母親代わりに、いや母親以上に長男の面倒をみてくれた。
父とともに穏やかな老後を過ごそうと思っていた母に、かなりの重荷を背負わせてしまい、
親孝行どころかいつまでも親の世話になった。
世話になり続けている。
そんな長男も今では2児の父親。
二人のひ孫も一緒にやってきて、実家は大騒ぎの様子だ。
そうして家族が当たり前のように集まって、家族の記念日をともに過ごす。
そんな当たり前のことが、こんなにも大切な時間だったなんて、
若い頃にはこれっぽっちも思わなかった。
自分のことでいっぱいいっぱいで、家族を見やる余裕などなかった。
いや、余裕ではなく、思いやる気持ちがなかったのだと、今ならわかる。
母の誕生日に加われない寂しさを飲み込んで、にぎやかな実家の様子を思い浮かべる。
花の大好きな母に贈った花束は、もう届いたのだろうか。
きっと母にとっては孫やひ孫たちの屈託のない笑顔が何よりものバースディプレゼントだろう。
母の誕生日を祝えることに感謝して…
誕生日おめでとう、おかあさん!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2007-01-05 22:40 | Logbook | Trackback | Comments(20)

Dec. 13/Dad's Birthday

日本時間では12月14日である。
12月14日と言えば、「雪をかきわけ、さく、さく、さくさくさくさく、先生!おおっ蕎麦屋か!」
三波春夫の「俵星玄蕃」でおなじみの赤穂浪士の討ち入りが行われた日である。
厳密には12月15日の午前4時頃だったらしいが、
当時は夜が明けないうちは前日の日付のままだったとか…
「雪をかきわけ…」というくらいだから、12月の半ばはもう積雪があったのだろう。
私が子供時分にも12月は結構雪が降っていたし、
ホワイトクリスマスもたびたび経験している。
しかし、地球温暖化の影響か、最近は12月に雪を見ることは滅法少なくなった。
今から75年前はどうだったのだろうか?
戦前のことである。
今のように何もかもが満たされていた時代ではなかったことと思う。
75年前の12月14日、父が生まれた日。
誕生日のお祝い電話を入れるも、
グランドゴルフの仲間と「誕生日祝賀カラオケ」に出かけたとのこと。
まだまだ、遊ぶことも忘れちゃいない元気いっぱいの父の様子が嬉しかった。
実は、これまで誕生日というと、あれこれプレゼント選びに頭を悩ましていた。
ここには気の利いたプレゼントにふさわしいものが意外とない。
やっと見つけても、送料も思いのほか高額である。
ところが、先日ネットサーフィンをしていて、はたと気づいた。
「な~んだ、ネットで日本のショップに注文すればいいじゃない!」
これまで散々ネットを使っていて、なぜこんな初歩的なことに気づかなかったんだろう。
そこで日本酒の大好きな父に、地元の地酒をプレゼント。
もちろん、地元のものだから簡単に手に入るものではあるけれど、
アメリカからプレゼントってのが、ちょいとサプライズになるかも…
カラオケから帰った父が喜んでくれるといいのだけれど。
いついつまでも元気でいてほしい。
今度帰国したら、そのときは一緒にカラオケ歌おう、お父さん!
お誕生日おめでとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2006-12-13 22:10 | Logbook | Trackback | Comments(32)

LA Convention Hall

c0062603_14203514.jpgc0062603_14205253.jpg

ちょっと前のことになるが、11月19日の日曜日、
夫とLos Angeles Covention Centerへ出かけてきた。
このConvention Center総面積が720,000スクェアフィートだというから、
およそ20,000坪の広さである。
ただ建物の広さよりも、鉄骨がむき出しになった建築様式に興味津々。
いかにも世界各国から人々が集まってくるボーダレスな、
無国籍LAにふさわしい建物のような気がした。
ここを訪れるのは2度目だが、今回の目的も初回同様「Japan Expo」
日本から、もしくはアメリカで事業展開している日本の企業が一同に会し、
日本をLAに広報宣伝する目的で1980年から行われており、今回は27回目。
もちろん営利目的だけではなく、日本の文化や地域を紹介しようということもあり、
都道府県単位の自治体で参加しているところもあった。
日本を知らない、アメリカ人にとってはそれなりに興味を惹かれるイベントなのだろう。
日系人の姿だけでなく、白人の姿も多く見られた。
前回訪れたのは、4年前だったのだが、
そのときよりも出展数がかなり減っているような気がした。
と同時に、そのときにはほとんど見かけなかった(気がつかなかった)、
中国と韓国の出展者が今回は随分目立っていた。
う~ん、こういうJapan Expoと名打ったイベントでも、
中国と韓国の席巻ぶりがうかがえるのだった。
そして、今回は予期せぬ嬉しい出来事が…
ブログ上でのお付き合いだった「ちょっとシニアチック」のさむさんも
ご自分の絵画をひっさげて出展。
そのことは全く知らなかったのだか、
ブースを歩いていて、ブログ上で何度も目にしていたタッチの絵があり、
そのブースに立っている方を人目でさむさんと判断。
声をかけたら、やはり本人だった。
こういうとき、「絵」というのは、もってこいのサインになるのだなあと確信した。
その絵の売れ行きも上々だったようだ。
こういうときに「これと、あれと、あ、それもね」なんて
豪快な買い方をしてみたいものだ。

"Just In Time" The Doobie Brothers


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2006-12-05 10:06 | Trip | Trackback | Comments(12)

子供を喰う教師たち

c0062603_1358282.jpg何ともドキリとするタイトルである。
そしてサブタイトルが「Do you trust teachers?」。
「教師を信用できるかい?」と、これまた扇情的なサブタイトルである。
これは横浜の桐蔭学園校長、鵜川昇氏による教育論である。
これが書かれたのが1999年ということだから、それから7年の年月が流れており、昨今の教育現場は、当時とは様相を変えている部分も多いだろう。
つい先だっても、「教師との馴れ合いから荒れる教室」などという記事をネットニュースで見たばかりである。
子どもとうまくやっていこうとするあまり、「友だち先生」にシフトして、逆に教師としての信頼感を欠き、教室の中で統制が取れなくなっていくというのだ。
この著書の中にも、同様のことは書かれており、当時からその兆しはあったのだろう。
この中に書かれていることには、賛同できることもあれば、「ちょっとそれは違うんじゃないかなあ」と思うこともあるが、次の件には大きく頷いた。

日本の教育はこれまで子供たちに当事者能力を求める教育を怠ってきた。別の見方をすれば、教育を放棄し、甘やかしてきた。ある年齢になれば、やっていい事と悪い事、つまり事の善悪を判断しなければならないし、自分の行為が悪ければ、その結果に対して責任を問われるということを子供たちに教えてこなかった。
どんなことでも学校で起きたことには、学校が責任を取ってきたからである、子供が将来、社会に出て生きていくうえで最も重要な「自立」と「自己責任」を曖昧にして当事者能力を養う教育をしてこなかったという点で、日本の教育は罪深い。


アメリカの教育現場で働いていて、日本の学校と最も異なる点がここなのである。
今、アメリカの教育現場も外側からの脅威にさらされている。
日本やアメリカに限らず、「学校」という場が大きく変わってきているのは確かである。

子供を喰う教師たち/鵜川昇
(プレジデント社)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
[PR]
by lanova | 2006-10-13 22:19 | Book | Trackback | Comments(14)