Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:擬宝珠 ( 2 ) タグの人気記事

Front yard of our house

c0062603_07133286.jpg
手間いらずのホスタ(擬宝珠)がこの夏もたくさん花を咲かせた。
水さえきちんとやれば(それもいたっていい加減に雨任せでも)、その時期になれば律儀に花を咲かせる。
冬の寒さに強いので、このミネソタでも人気の花。
この辺りを散歩すると2軒に1軒は玄関先や窓下、フェンス沿いに植えられている。
日本でもごく普通にどこでも見られる。
c0062603_07134865.jpgc0062603_07140615.jpg
c0062603_07142473.jpgc0062603_07143365.jpg
擬宝珠の花の色も涼しげだけど、白のサルビアも涼し気。
サルビアというとどうしても赤を想い浮かべるけど、今年は白を選んで前には大木アッシュの根元周りの花壇に植えた。
途中、枯れそうかなと思わないでもなかったけど、ぐんぐん元気になって8月半ばの今も盛んに花を咲かせている。
白い色ではあるけれどブルーサルビアの一種だそうだ。
擬宝珠の花言葉は「静かな人」「沈静」「心の落ち着き」「変わらない思い」。
白のサルビアは「永遠にあなたのもの」「尊重」「情熱」「貞節」。
ふむふむ、これって世界中で同じ花言葉なんだろうかねえ…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-08-12 17:38 | Garden | Trackback | Comments(0)

Blooming in summer

c0062603_14375573.jpg

毎年、朝顔の種を蒔き、夏が終わるまで花を楽しんでいるのだけれど、今年はふと夕顔を見たいと思い、春先に種ではなく苗を求める。
もうすっかり春になったと思い、苗を植えた数日後に霜が降りるほどの寒の戻りがあり、夕顔の苗はあまり成長しなかった。
今年は花を見ることはできないかなと思っていたところに、この一輪の大きな白い花が咲いた。
本当にこれ一輪きり。
でも、一輪だけでもとてもゴージャス。
いや、一輪だけだから余計にゴージャスなのかもしれない。
夕顔って、こんなに凜とした花だったのだと改めて思う。
夕顔と一緒に求めたキャンディーコーン。
これもあまり大きくはならなかったけれど、可愛らしいキャンディーコーンをたくさんつけた。
思わず、一つ摘んで口に入れてみたくなる。
c0062603_14381062.jpgc0062603_14383246.jpgc0062603_14384946.jpg
c0062603_14390438.jpgc0062603_14590833.jpgc0062603_14592153.jpg
c0062603_14594872.jpgホスタ(擬宝珠)は、手間要らずの重宝する夏の花。
この辺りでは2軒に1軒は玄関先にこのホスタが植えられている。
冬の厳しいこの地域でも越冬が楽にできる植物の一つなのだろう。
日本でもよく見かけるので世界共通の育てやすい植物なのかもしれない。
花が完全に開いた姿も可憐だけれど、咲く前の蕾が目一杯に膨らんでいるのもなかなかいい。
ハスの花のように開花する時にポンッと花開くのは珍しく、ほとんどの花が気がつかないほどにゆっくりゆっくりと蕾を膨らませていく。
このホスタの花は一つの茎にその開花の様子がコマ送りで再現されているように並んでいる。
まるでパラパラマンガみたいで面白い。
種から蒔いた勿忘草も小さな花をたくさんつけた。
この花壇にはデルフィニュウムの種も蒔いたのだが、芽が出る前にユキとトラの遊び場と化し、すっかり掘り返されてしまった。
勿忘草のこぼれ種が来年も花を運んできてくれるといいのだけれど…
c0062603_15000826.jpgc0062603_15003092.jpg
c0062603_15001904.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-08-14 23:30 | Garden | Trackback | Comments(2)