Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:建築中 ( 15 ) タグの人気記事

Status Report of Our House

c0062603_14501749.jpgc0062603_1450412.jpg
ミシシッピの家は玄関のドアが収まり、ファイアープレイス(暖炉)も出来上がった。
冬場の寒い中での作業で、早速この暖炉は作業をする人たちの役に立ったようだ。
さて、夫の転勤が決定し、今週は日程の連絡があった。
3月12日よりメンフィスのオフィスでの勤務がスタートする。
こちらでの仕事は7日まで。
翌日に夫は身の回りの荷物と、オートバイをピックアップトラックに載せ、
トレーラーに乗せたボートを引っ張って、陸路ミシシッピへと向かう。
その距離1,850マイル、約3,000kmの旅である。
はっきり言って全く想像がつかない。
このLAから空路で成田までの距離のほぼ3分の1。
日本の南北の距離が約2,500kmだからそれ以上なのである。
しかし、私はまだしばらくこのLAに残留。
というのも家が完全に仕上がっていないため、完了を待ち、
検査が終わってからの引越しになるからだ。

現在の家の建築状況はどうかというと…
[PR]
by lanova | 2007-02-23 22:46 | House | Trackback | Comments(48)

Transfer to Memphis

c0062603_16541816.jpgc0062603_16552791.jpg
しばらく鳴りを潜めていたミシシッピ移住計画のその後だが、
ここに来て大きな進展があった。
もちろん家の建築状況も移住に関しては大きいが、
何はともあれ移住先での就業状況の確保が一番のポイントであった。
夫が勤務する企業の本社はメンフィスにあり、
夫は、現在の勤務先ロサンゼルスからメンフィスへの移動を希望していた。
とはいってもポジションがオープンにならないことには、転勤希望も出せないわけで、
昨年秋頃から、オープン状況を欠かさずチェックしていた。
そして今年になってからオープンポジションに申請していたのだが、
本日、採用との連絡がメンフィスのオフィスから入った。
これでホッと安堵したのは、私はもちろん夫自身だっただろう。
実際、家はできたわ、仕事はこちらだわでは、
アパート代と家のローン2軒分を支払い、
その家に住めないなんてことになるわけで、たまったものではない。
とはいえ、数時間前のほやほやの情報であり、詳細は今のところまだわからない。
これから両オフィスでのやり取りが始まって、具体的なことが決まっていくのだろう。
早くも荷造りのことやら、引越し準備やら、頭の中で算段が始まった。
我が家ではも一つ、大きな動きがあったが、それはまたの機会に…

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by lanova | 2007-02-06 00:17 | House | Trackback | Comments(54)

After Thanksgiving Day

c0062603_14315120.jpgc0062603_1432966.jpg
当初の予定では、ミシシッピの新居への引越しは、
Thanksgving Day(感謝祭)とChristmasの間頃という話だった。
しかし、そこはやはりアメリカである。
聞くところによると、建築予定が半年くらいずれ込むのは、日常茶飯事だという。
何でもきとんと工期通りに進む日本とは大違いだし、
すぐに訴訟を起こすアメリカで、これは契約違反になるのではないかと思いきや、
契約書には工期が明記されてなかった。
これが当たり前なのか、我が家の場合が特別なのか、
他の事例を知らないので何とも言えない。
いずれにしても夫の転勤辞令もまだないし、
これからはホリディーシーズンの上に天候も悪くなるため、
のんびりと出来上がるのを待つ方が、精神衛生上良さそうだ。

ポーチやら外壁やら…
[PR]
by lanova | 2006-12-16 20:06 | House | Trackback | Comments(18)

Windows of New House

c0062603_15434925.jpgc0062603_15441784.jpg
ミシシッピに建築中の家の状況を夫とチェックしに行ったのは、
10月19日から22日までのことで、もうそれから1ヶ月以上も過ぎてしまった。
再びLAに戻って2週間ばかり経ったころ、
Dayneから進捗状況を知らせるメールと写真が届いた。
我々が行ったときに、地下室に保管してあった窓がそれぞれの場所にはめ込まれている。
窓がつくだけで、随分家らしくなるものだ。

家の周りをぐるりと回ると…
[PR]
by lanova | 2006-12-01 23:00 | House | Trackback | Comments(42)

Checking the house 3

c0062603_13332554.jpgc0062603_13314030.jpg
これでもか、これでもかと組み上げられた鉄骨フレームの家は、
外から眺めるとどんな風になっているかというと、
遠目にはごく普通のアメリカンホームの形をしていた。
地下室への入り口もしっかり出来上がり、
この3泊4日の滞在中に夫はせっせと地下室の壁を特殊な塗料で塗っていた。
それでも約50坪の地下室の全壁を塗り終えることはできず、
後はDayneとその仲間たちに「お願いねえ~」ということになったのである。

外観をぐるりと見て回ると…
[PR]
by lanova | 2006-11-20 21:03 | House | Trackback | Comments(18)

Checking the house 2

c0062603_160067.jpgc0062603_1603690.jpg
家の建築も着々と進んでいたが、敷地内の木々の紅葉も着々と進んでいた。
前回5月に訪れたとき、Dayneと夫がせっせと池の周りに芝を敷いたが、
それも芝というよりは雑草状態になって伸び放題だった。
引越しした際には、たっぷり庭仕事が待っていそうだ。
そして敷地ないの木々も色づき始めており、
ここLAではお目にかかれない光景に嬉しくなった。
オークやメイプルくらいは、何とかわかったものの、ほかの木々は名前すらわからない。
植物図鑑とくびっききで、木々の名前を覚えていくのも楽しみの一つになることだろう。

赤や黄色に彩っていたのは…
[PR]
by lanova | 2006-11-17 23:54 | House | Trackback | Comments(28)

Checking the house 1

c0062603_15183818.jpgc0062603_14504919.jpg
何とあれから、ほぼひと月が経とうとしている。
ミシシッピへ家の建築状況のチェックに出かけたのは10月半ばのことだった。
いつもながらにリアルタイムでエントリーすることもなく、
グズグズしていたら、今度はコンピュータの故障で、結局1ヶ月遅れのエントリーとなった。
このひと月で進捗状況はかなり進んだようだけど、
まあ、それはそれとして、この目で見てきた我が家の姿である。

c0062603_14514358.jpgc0062603_14523981.jpg
左は玄関から奥のグレイトルーム、サンルームを臨んだところ。
右は逆にサンルームから玄関方向へ。

他にもこんなアングルで…
[PR]
by lanova | 2006-11-16 10:26 | House | Trackback | Comments(20)

Progress of Southern House 3

c0062603_8311586.jpgc0062603_8314064.jpg
c0062603_8321092.jpgc0062603_8322745.jpg
c0062603_8325867.jpg

屋根の鉄骨はどんな風にして組み立てるのだろうかと思っていた。
そう思っていたところに、Dayneからの定期便で写真が届いた。
なるほど、こういう重機を使って組み立てていくのだ。
もし、建築現場の近くに住んでいたら、朝から晩まで工事の様子を眺めているだろう。
こういうダイナミックは工事は、子どもでなくとも見ていてワクワクするものだ。
この写真の状況が先々週のことである。

そして先週の状況は…
[PR]
by lanova | 2006-10-18 16:50 | House | Trackback | Comments(40)

Progress of Southern House 2

c0062603_861884.jpgc0062603_87092.jpg
c0062603_873368.jpgc0062603_875083.jpg
c0062603_881324.jpgc0062603_883923.jpg
c0062603_89049.jpg

明日からの「ミシシッピ現況調査」を控えて、
この際なので、出かける前にこれまでの建築状況を整理しておくことにした。
Dayneがマメにせっせと写真を送ってくれるおかげで、
3,000km離れていても、状況がよくわかるのが嬉しい。
鉄骨がすべて到着し、いよいよフレームの組み立てが始まったのが、9月半ばのことだった。
この写真の状況は9月19日の作業風景である。
随分たくさんフレームがたっているので、何だか小さなスペースのように感じてしまう。
これだけ多くのフレームが入れば、さぞかし頑丈ではあろう。

10日後には
[PR]
by lanova | 2006-10-18 16:29 | House | Trackback | Comments(4)

Progress of Southern House 1

このLAからミシシッピまでは、直行の飛行機でも4時間かかり、
そう頻繁に家の進捗状況を確認しに出かけることはできない。
そこでコントラクターのDayneがたびたび写真を送ってくれるのである。
これは2週間前に送られてきたもの。


c0062603_13464698.jpgc0062603_1347514.jpg
床板が貼られ、玄関先のポーチもコンクリートが入れられた。
このポーチへは進入路からはステップで上がるようになる。


c0062603_13473575.jpgc0062603_13475366.jpg
左のコンクリートが流してあるところは、
夫のワークショップ(作業部屋)になるところのはずである。
もしかしてガラージだったかも…
そしてBaby Dayneもすっかり大きくなった。
ミュウよりも2ヶ月お兄ちゃんである。


c0062603_13482528.jpgc0062603_13484799.jpg
現在は、敷地の土が流失しないように庭の周りは囲いがしてあるが、
工事が終わればこのフェンスは撤去されるという。

何分にも写真だけで、全体を把握するのは至難の業である。
設計図とつき合わせても「あれ?」ということが多い。
予定よりは遅れているが、確実に進行はしているわけで、
今週末は夫とともに「ミシシッピ現況調査」に出かけることになった。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]
by lanova | 2006-10-17 22:12 | House | Trackback | Comments(8)