Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:家庭菜園 ( 4 ) タグの人気記事

New Vegetables

c0062603_15392539.jpg
今年の野菜畑の記録簿。
今年、夫が初めて挑戦したのがハタケ菜とブロッコリー。
ハタケ菜の種を蒔いたのは8月も後半だったので、無事に成長するかどうかちょっと心配だったけど、例年よりも夏が長く、立派に成長。
収穫した菜は一度はベーコンを入れて洋風に、もう一回は油揚げとともに和風に仕上げた。
当然のように夫の箸(フォーク)が進んだのは前者で、私の箸が進んだのは後者。
ブロッコリーもすくすくと育ち、収穫のタイミングを逃すと食べる部分の蕾が開いて花になってしまう。
一気に収穫し、さっとゆで、小分けにして冷凍庫へ。
おかげで12月まで楽しむことができた。
ペッパー類やネギも11月前半まで収穫できた。
さすがにトマトは10月後半には終わり、雨や霜にやられて黒くなった部分もあったけど、家庭で食べる分には十分。
ミネソタに越してきて、6回目の野菜作りはこれまでで最も収穫のあった年となった。
来年、夫は新しい野菜、何に挑戦するのだろうか。
c0062603_15401026.jpgc0062603_15401993.jpg
c0062603_15402950.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-12-26 10:15 | Garden | Trackback | Comments(4)

Vegetables and Garden in summer 2016

c0062603_13235824.jpg
今年の夏のわが家の庭は早い段階でJapanese Beetles(マメコガネ)の襲撃を受け、ワインの材料のブドウやビールの材料のホップ、バラやクレマチスなどが大打撃を受けた。
出来る限りのJapanese Beetles退治を行ったのが功を奏したのか、夏の後半には野菜や花々が勢いを取り戻し、思いのほか夏野菜は大収穫となった。
トマトはこの通りつやつやとジューシーで香りのしっかりあるトマトが毎日鈴なりに成った。
とても二人では食べ切れないので保存食にするほかは毎日のように近所に配って歩いた。
何と今年は10月末までこのトマトが収穫できたのである。
c0062603_13255004.jpgc0062603_13260461.jpg
c0062603_13263882.jpgc0062603_13264803.jpg
c0062603_13270105.jpgc0062603_13271288.jpgc0062603_13272599.jpg
c0062603_13275613.jpgこのほかにもミックスレタス、キュウリ、ズッキーニ、ブロッコリー、シシトウ、ハラペーニョ、セラノチリ、カラードグリーン、ハタケナ、青ネギ、アスパラガス、イチゴなどが収穫できた。
唯一種を蒔いたけれど収穫できなかったのがピーマン。
周囲の雑草が多すぎてその勢いに負けてしまったようだ。
それに比べてペッパー類の勢いの良さといったら!
刺激の強い野菜だけに小動物や昆虫なども手を出せなかったのかもしれない。
これから冬になるまでに芽キャベツが大きくなってくれるといいのだが…
Japanese Beetlesにやられて、一度は完全に根元近くから刈り取ったクレマチスも、このひと夏の間にもう一度成長して見事なはなを咲かせ、10月半ばまでビビッドなピンク色の花を楽しませてくれた。
植物の力強さに励まされた夏だった。
c0062603_13280902.jpgc0062603_13282450.jpgc0062603_13283651.jpg
c0062603_13284851.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-14 22:55 | Garden | Trackback | Comments(2)

Zucchini Relish

c0062603_08114301.jpg

今年の我が家の庭はJapanese Beetle(マメコガネ)に手ひどくやられてしまったが、そんな攻撃を屁とも思わず、我が家の畑で雑草とともにジャングルのようにたくましく成長した野菜もあった。
中でもそのチャンピオンはやっぱりズッキーニ。
どこでもだれでも野菜作りの天才と思わせてくれるほど簡単に作れるといわれるズッキーニ。
これでもかこれでもかというほどに実り、毎日のように畑から採って来ては隣近所におすそ分けをして配って歩いた。
ちょっと収穫を逃すととてつもなく大きくなる。
大きくても採れたては軟らかくてジューシーだ。
ズッキーニを使った料理はごまんとあるが、今年はレリッシュを作ってみた。
市販のものよりはちょっと甘めになったけど、ホットドッグに入れたり肉料理に添えたり、サラダに入れたりと八面六臂の活躍。
c0062603_08121135.jpgc0062603_08122528.jpg
c0062603_08130674.jpgc0062603_08131540.jpg
c0062603_08132472.jpgズッキーニのほかにも、この夏たくましく育ったのはキュウリ、赤シソ、青シソ、イチゴにトマトなどなど。
トマトは青いうちに収穫し、これも保存食としてグリーントマト・レリッシュを作った。
9月が終わろうとする今も、この夏、我が家の家計を大いにサポートしてくれた新鮮野菜たちは最後の力を振り絞って(?)、畑に実りもたらしている。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-09-28 18:30 | Garden | Trackback | Comments(2)

It's soon harvest time

c0062603_03071893.jpg

7月になってからぐんぐん、ぐんぐん野菜たちが育っている。
強い繁殖力のあるディルはそこらじゅうに芽を出し、すくすくと伸びたかと思うとたちまち黄色の花を咲かせた。
売るほどに収穫できるディルは魚料理に重宝するハーブ。
c0062603_03073106.jpgc0062603_03074371.jpgc0062603_03075723.jpg
ブドウも今のところ着実に実をつけている。
でも、日本から入ってきたジャパニーズビートルという天敵に葉を食べられ始めているのでちょっと心配。
アメリカではこのジャパニーズビートルに農作物を荒らされる被害が多くなっている。
c0062603_03081299.jpgc0062603_03083067.jpgc0062603_03084202.jpg
トマトも順調なんだけど、笑ってしまうのは手前の2苗はトマトではなく単なる雑草。
今年は夫は種からトマトを育て、芽が出るまでは室内で管理していた。
その後、外気に当てて、苗がしっかりしてから地植えにしたのだが、どうもそのときにトマトの苗ではなく、そのそばにあった雑草の苗を丁寧に植え替えたみたい。
その上、ここまで丁寧に管理して…
笑っちゃうけど、これが素人栽培の面白いところなんだろう。
中の写真はメロンとその向こうがカボチャの畑。
このまま成長すると本当に売るほどメロンとカボチャができそうだ。
黄色い花はカボチャの花。
c0062603_03100686.jpgc0062603_03101865.jpgc0062603_03103356.jpg
ミックスレタスも順調。
トウモロコシは思いのほか発芽しなかったようで、夫はがっかり。
ホップは、これもジャパニーズビートルの餌食になりかけていて、あわてて駆除をしたのだけれど、この先どれくらい実が出来るだろうか。
夏の帰国まで後3週間。
それまでにどれだけ野菜が収穫できるか、楽しみなところだ。
c0062603_03104625.jpgc0062603_03105826.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-07-20 22:13 | Garden | Trackback | Comments(2)