Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:季節 ( 6 ) タグの人気記事

Winter has completely over, I think

c0062603_11310132.jpg

3月の下旬、「ミネソタの冬もそろそろ終わりを告げ、春の訪れがそこまで来ている」という記事を書こうと思っていた。
この冬は例年になく雪も少なく、このような雪景色は数えるほどしかなかった。
いつもより春の訪れが早そうで、浮かれてもいたのだけれど…
その3月下旬、夫が職場からひどいひどい、それはひどい風邪をもらってきた。
ほとんど仕事を休むことのない夫も数日間ベッドの中で過ごした。
これは間違いなく移るだろうなあと思っていたら、案の定、最大級の風邪をもらうことになった。
頭痛発熱悪寒関節痛腹痛下痢咳鼻水(風邪の症状って全部漢字で表現できるのだね)、まるで風邪の総合デパート、フルコースを味わう羽目になった。
アメリカで暮らしてこんなにひどい状態になったのは初めてのことで、ほぼ1週間、ベッドの中で過ごした。
当然食欲もなく、1週間で4㎏も体重が落ちるという嬉しいおまけはあったものの、やっぱり辛かった。
ほぼ回復したものの、完全に復調するまでには2週間。
やっとやっといつもと変わらない日常生活が送れるようになったのは今週になってからだった。
いやあ、健康って本当にありがたい。
で、ミネソタの春はどうかというと、この写真のような雪はもうないけれども、今週前半には少しだけ白いものが舞った。
最後の霜は4月末ごろだろうか。
それでも庭の花壇ではあちこちから新芽が顔をのぞかせ始めた。
週末は気温も19℃まで上がるという。
イースターサンデーとともに、ここにもやっと春が訪れそうだ。
ユキとトラの自家暖房(ネコアンカ)もそろそろおしまいになる。
c0062603_11355195.jpgc0062603_11303643.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-04-13 21:50 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Paper Craft

c0062603_11091375.jpg

c0062603_11092445.jpgc0062603_11093949.jpg
先週はまだレッスンスケジュールがフルには埋まらず、ゆっくりと1週間が過ぎていった。
それでも久しく離れていたキルトをするほどのまとまった時間は取れず、ちょこっとした空き時間に久々にペーパークラフトで手慰み。
日本から戻る時にお土産にいただいた秋の季節菓子、落雁を乗せてみたり、松江の銘菓を乗せてみたり…
こういうのはこちらのプレートではどうも似つかわしくなく、それよりも紙皿のほうがしっくりする。
そういえば茶席での菓子も懐紙に乗せる。
まだ気持ちを日本に残しているようだ。
落雁を口にした夫「こりゃあ、甘いなあ、砂糖のかたまりじゃないか!」と言いつつも、立て続けにいくつかを口に放り込む。
確かにそうだけど、チョコレートファッジほど甘くないと思うのは私だけだろうか。
c0062603_11095268.jpgc0062603_11100494.jpg
c0062603_11101566.jpgc0062603_11103036.jpg
ゲストがいるわけではないけれど、庭にあった小さな赤い実の小枝を添えてちょっとしたWelcome cardとメニューを作って夫の前に置く。
たったこれだけのことだけど、いつもの食卓がちょっと華やいだような気がする。
日本に帰っている間に私の背丈ほどになったコスモスの花もテーブルに添えて…
しばらくは夏の名残のあったミネソタも今朝から急に冷え込んだ。
今週末はきっとそこらじゅうの木々が秋の装いへと彩を変えることだろう。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-09-29 21:30 | House | Trackback | Comments(0)

It's not spring yet, but feels like ... Daylight Saving Time

c0062603_11404491.jpg

今週前半までのミネアポリスは本当に寒かった。
最低気温がマイナス20℃、体感温度は当然もっと低く、風が強い日にはマイナス35℃ということもある。
まだまだ当分、この寒さが続くのかと半ば諦めにも似た気持ちで構えていたら、今週後半から気温が上昇するという。
そして珍しくその天気予報が大当たり!
予報では来週も、その先も「-」記号が見あたらない。
それどころか16日の予想気温は21℃!
とは言っても、最低気温はしばらく氷点下が続くけど…
人間はいたって単純なもので、気温が上がっただけで何となく春になった気分がする。
でもガーデニングをするにはまだ時期尚早、気持ちだけでもと思い、デコレーションフラワーを春の花に変える。

c0062603_11410316.jpgc0062603_11411900.jpg
さて今日は冬時間最後の日。
早くも明日はDaylight Saving Time、夏時間に変わる。
1時間、時計が早く進むわけだけが、3月7日日曜日の午前1時59分59秒の後、いきなり午前3時00分00秒になる。
その間の1時間がすっかりなくなってしまうわけだ。
一体どこに行ってしまうかというと、11月1日にそっくり1時間戻ってくる。
8か月も大事な1時間を預けるわけだが、残念なことに利子はつかないようで、きっちり1時間の返却だ。
明日の朝は何となく1時間、損をした気分になる。
でも春の訪れだから、ま、いいかな…

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-03-07 21:00 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Wishing

c0062603_05535698.jpg

寒いときには-30℃近くにまでなる厳冬期に、春の訪れをただ手をこまねいて待っているだけでは辛いものがある。
そんな風に思っていたとき、いつも行くスーパーのレジの近くに水耕栽培のヒヤシンスがあった。
「水栽培」でヒヤシンスを育てたのはもう半世紀も前の小学生の頃。
教室の後ろのロッカーの上にずらりと並んだヒヤシンスのガラス瓶。
あのヒヤシンスが咲いたのか、咲いた後どうしたのか、まったく覚えていないけれど、遠い記憶の中に凛と咲くヒヤシンスの姿がある。
庭仕事を開始するまで、まだ3ヵ月近くは待たなくてはいけないけれど、家の中で一足先に春を感じるのも悪くないと、ヒヤシンスを求める。
うまく咲かせることができるかどうか、少々心配ではあったけど、それから3週間、ヒーターを入れない部屋の窓際に置いていたら見事に花を咲かせた。
部屋のドアを開けると、何ともいえない芳しい匂いがする。
ほんの少しだけ、春を感じ、慎ましやかに春の訪れを待つ。

c0062603_06035736.jpgc0062603_06041874.jpgc0062603_06042828.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-02-08 15:10 | Logbook | Trackback | Comments(0)

One more month

c0062603_12214345.jpg

7月もあと1日で終わろうとしている。
日本では夏真っ盛りで、夏休みの子供たちを中心に「夏模様」が繰り広げられているのだろう。
ここミネアポリスでも8月になって真夏を謳歌!と言いたいのだが…
先日、隣家のhumhumさん(いまだにエチオピア人の彼女の名前が覚えられない)に恐ろしい話を聞いた。
humhum「本当にいいお天気ねえ!」
私「爽やかで気持ちいいわねえ」
humhum「でも、これも1か月で終わりねえ…」
いやいや、ちょっと待ってよ。
LAでは9月が一番暑かったし、ミシシッピは12月までTシャツ1枚だったし…
それにここで雪が降るのは10月になってからって聞いていた。
9月は秋の涼やかな気候を味わえるんじゃ…
私「9月もまだいいお天気が続くんでしょ?」
humhum「まっさか~!9月になったら雪降るわよ。積もりはしないけどね」
って、そんなあ~。
ということは滅茶苦茶寒いってことじゃない!
今年は5月まで雪が降っていたわけで、やっと6月になって春らしくなった。
ああ、このミネアポリスってところは、季節めぐりがカレンダーめくりと同じわけだ!
6月春、7月夏、8月秋、9~5月冬!

c0062603_1212389.jpg

それならそうと、後1か月の間に庭の野菜たちの成長を日ごとに祈るしかない。
キュウリやズッキーニは驚くほど巨大に成長を続けている。
でも、キュウリは種なしのEnglish Cucumberのはずだったのに、堂々たる皮厚、種ありのキュウリ。
ま、自前のキュウリだということで良しとしよう。
ナスは日本で見慣れた形のものが実った。
でも背丈は伸びず、周囲の雑草の中に埋もれるようにして実をつけている。
日々、雑草と格闘するものの、抜いたかと思うと雨が降り、より力強く茂らせる。
耕運機もいいけど、この雑草抜き取り作業っていうのは一気に私にかかってくるのが、何とも不公平。
それでも食卓にナスが載るのは嬉しい。
問題なのがキャンタロープメロン(マスクメロン)。
おびただしいほどに花をつけたメロンは、この1か月の間に甘い果実になるのだろうか。
ここ数日間で畑の半分を覆うほどに成長しているけど、メロンそのものはまだほとんど見かけない。
う~ん、頑張れ!
何とか寒くなる前に実をつけてほしい。
いやいや、野菜ばかりではない。
長い冬眠生活に入る前にこの美しい季節を存分に楽しまなくちゃ!

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-07-30 22:19 | Garden | Trackback | Comments(24)

The first and last snow

c0062603_11101344.jpg

いやあ、驚いた。
昨日の天気予報では、今日から明日にかけて雪になる模様とは言っていたが、
まあ降ってもチラチラぐらいだろうと思っていた。
どこの国でも天気予報は当たらないものだというのを、身を持って知っていた。
ところが…
今回は大当たり!
昼過ぎから音もなく降り始めた雪は、時間の経過とともに色を取り去っていく。
天然色映画が次第に白黒映画に変わっていくようだった。
このミシシッピでは、雪は年に1度降るかどうかで、しかもまず積もることはないと聞いていた。
この冬何度か雪を見たものの、地面に到着する前にその姿は消えていった。
しかし、今回はしっかりとその形跡を残していく。
ようやく緑に色づき始めていた庭も真っ白な世界へと姿を変える。
明日の朝までには4インチから6インチ(10cm~15cm)の積雪になるという。
ぬくぬくとした家の中で過ごす贅沢を味わいながら、明朝の目覚めが楽しみである。
c0062603_11193147.jpg

*写真はクリックで拡大


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
by lanova | 2008-03-07 20:20 | House | Trackback | Comments(30)