Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:ミネソタ ( 80 ) タグの人気記事

I miss normal winter

c0062603_1312443.jpgc0062603_131404.jpg
先週末から今週前半にかけて20年ぶりの大寒波がアメリカ中西部から南部を襲ったというニュースは日本でも大々的にニュースになったいうので、「ミネソタがニュースに出たよ」というメールが届いたりした。
【アメリカの冷蔵庫】といわれるミネソタゆえに、その寒さは覚悟していたし、さすがに3度目の冬ともなると連日、最高気温が氷点下という気象にも、気持ちに反して身体は順応していった。
ところが、今回の度肝を抜くような寒さにはだんだん反応が鈍くなったこの身体も、敏感な反応を見せた。
体験気温がマイナス50℃近かった日、わが家のヒーターも一生懸命働こうとするのだが、ガスそのものが凍っているのか、気体が凍るかどうかはいささか疑問だが、パイロットランプは作動するものの、どうも働きが鈍い。
それでも暖炉と両方を使うことで、家の中ではそれほど寒さを感じることはなかった。
ところが取り置きの薪がなくなったため、庭の薪置き場まで薪を取りに出かけなければならない羽目になった。
いざ出陣!
マフラーを巻き、厚手のコートを2枚着、防寒ブーツを履いて、手袋をしてドアを開けた。
そして一歩外へ出た瞬間、外気にさらされているわずかな顔面の中で水分を持っている鼻の中が一瞬にして凍ってしまったのである。
当然、身につけているコートは板状にバリンバリンになった。
ああ、これだな、ニュースで「5分以上外気に触れると凍傷になる恐れがあります」と言っていたのは、と実体験をする。
それでも5分以上外気に触れることは泣く、凍傷にかかることもなく、無事生還。
それにしても「寒い」ということはこういうことなのだ。
これまで口にしていた「ああ、寒い」というのは撤回しなくちゃいけないな。
この寒さは20年ぶりとのことで、北極よりも寒いそうだ。

c0062603_1315239.jpgc0062603_132192.jpg
こんな身も凍るような話には、寒々しい写真は使いたくない。
早く、早く、春に、夏になるようにと、昨年6月に楽しませてくれたローズヒップとオダマキの写真で春を待つ。
でも、まだまだ遠いなあ…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-01-11 22:30 | Garden | Trackback | Comments(6)

Como Park & Lake Calhoun

c0062603_74551.jpg
c0062603_742289.jpgc0062603_743112.jpgc0062603_743964.jpgc0062603_744816.jpg
Como ZooのあるComo Parkには植物園も併設されている。
花のシーズンには鮮やかに咲き誇る花々を楽しむことができる。
また、温室には熱帯性植物もあり、【アメリカの冷蔵庫】といわれるミネソタの地で、温室の中とはいえ、パームツリーを目にしたのはちょっとした感動モノだった。
最近では何と日本庭園も造られ、庭園内には茶室もある。
やはり日本庭園の計算された美しさはどこでも人気が高い。

c0062603_755784.jpg
c0062603_751790.jpgc0062603_752544.jpg
Como Parkの後、向かったのは市街地のほぼ中心に近いところにあるLake Calhoun
湖の上にはヨットやボートが浮かび、ビーチでは泳いだり肌を焼いたりする人がいる。
そしてその湖の周りではジョギングやサイクリングを楽しむ人たち。
夏がうんと短いからなのだろう。
その短さを100%楽しもうという人たちでにぎわっている。
もっとも冬になればなったで氷上の魚釣りも、これまた楽しさに一つのようだ。

c0062603_764015.jpg
c0062603_764973.jpgc0062603_765819.jpg
このLake CalhounがあるのがUptown
かつては湖畔のリゾート地として栄えたところだけあって瀟洒な別荘風の家々が立ち並ぶ。
市街地も小粋な雰囲気のレストランやショップが目に付き、歩いている人たちもどことなくおしゃれ。
小腹をすかせた私たちが入ったレストランも、やっぱり小粋。
とはいえ、夫の注文はやっぱりハンバーガーと、決して小粋ではなく、私もカラマリを注文。
小腹を満たすどころか、すっかり大腹を満たしたのであった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-11-11 16:30 | Trip | Trackback | Comments(0)

Como Zoo

c0062603_12151788.jpg
なぜか動物園の近くに居を構えるという偶然がたびたび起こる。
長男が誕生した当時、もう30年以上も前のことだが、井の頭動物園のすぐ近くに住んでいた。
時々象の鳴く声が聞こえてくることもあった。
その後は動物園ではなく鹿や七面鳥、タヌキにポッサムなどが庭を駆け回るという野生動物と共存していたこともある。
このミネソタの家にも動物たちはたびたびやってくる。
決して招待しているわけではない。
常連客は、野うさぎ、ゴーファー、ポッサム、そして数々の渡り鳥たち。
先週は鷹が庭にいた常連客めがけて急下降。
あっという間に鷹のご馳走にと姿を変えさせられていた。
こんな野性味あふれる(?)環境なのに、動物園がある。
それも二つも。
一つはミネソタ動物園。
Minnesota Zoo Part 1
Minnesota Zoo Part 2
Minnesota Zoo Part 3
Minnesota Zoo Part 4

c0062603_1215364.jpgc0062603_12154761.jpgc0062603_121621.jpgc0062603_12161663.jpgc0062603_1217842.jpg
c0062603_12163686.jpgc0062603_12172845.jpgc0062603_12174120.jpgc0062603_12175510.jpgc0062603_1218827.jpg
そしてもう一つがComo Zoo
ここは入園料は無料。
でも、無料だからといって決してチャチな動物園ではない。
ゴリラもいればキリンだってシマウマだって、ライオンだって、トラだっている。
北極グマだっているんだから!
でも、訪れたときが良くなかった。
まだ6月だというのに真夏のような暑い日だったため、すっかりだらけてしまって、愛嬌をふりまくどころではなかった。
もっとも動物園で過ごす動物たちは果たして幸せかどうかというと、意見が分かれるところだ。
本来暮らすべき生態にあった自然の中で生き生きと過ごすのが一番じゃないかと、私は思う。
「う~ん、でも、そうだろうか」と夫は言う。
動物園にいる動物の多くは、傷ついたり法外に捕獲されたりして、連れてこられる動物が多いのだという。
怪我や病気が治っても、一旦自然界から出た動物は、元の生活に戻るのは難しいという。
以前、白頭鷲のセンターに行った時も、そこの飼育員は同じことを言っていた。
そうすると、ここで不自由な生活であっても守られている方が、彼らにとっては幸せなことだろうか…
「ねえ、本当のところはどうよ?」と聞いてみたら、きっと胡散臭そうに「はあ~」って言うだけだろうな…
c0062603_12181719.jpgc0062603_12182725.jpg
この時キリンのお母さんのおなかには赤ちゃんがいた。
暑さもものともせず、食欲旺盛だったのはおなかの赤ちゃんのためなのか。
この1ヵ月後、無事に元気な赤ちゃんを出産したという。
このキリン、本当に背が高い。
キリンの横に書いてある数字はフィート。
あのシャックが7.1フィート(216cm)。
まさしくキリンの足元にも及ばない。
いやはや背高のっぽのキリンさんだった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-10-04 23:00 | Trip | Trackback | Comments(2)

Korean BBQ

c0062603_8541771.jpg
c0062603_855432.jpgc0062603_8551545.jpg
c0062603_8552512.jpg最近の我が家のお気に入りレストランは日本食でもなければイタリアンでもなく、ここコリアンレストランのHoban
アメリカは食費が安いと思われているけれども、外食は意外と高い。
外で食事をするのは、圧倒的に日本の方が安いし、美味しい。
特に15~20%のチップを上乗せすると、「ちょっと外めし」が「特別な日のお外ごはん」になってしまう。
それでもたまには外食もしたい我が家では、飽くなき美味しくて安くて満足できるレストラン探しを続けている。
そんな我が家の捜査網にひっかかったのが、このレストラン。
元々焼肉(Korean BBQ)は大好きな料理で、LA時代は私の誕生日といえば、焼肉だった。
でもミシシッピに引っ越してからはコリアンレストランにめぐり合うこともなく、しばらく遠ざかっていたのだが、このミネソタで発見。
最初は「どうだろうか」という疑心暗鬼な部分もないわけではなかったけれど、注文した料理が運ばれてきて、思わず五重花丸を進呈したくなったほど。
夕飯時はほとんどのテーブルが満席になる。
先週もSFからやってきたJamesとミネアポリスに住むWillと一緒にここで、それは美味しい美味しいKorean BBQに舌鼓を打ったのだが、満腹になったおなかをさすりながら外へ出てみると、テーブルを待つ長蛇の列ができていた。
「月に1回は、ここで食事をしたいもんだ」は、当然、肉食を自負する夫の弁である。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-09-14 19:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Spam Museum in Austin

c0062603_7552723.jpg

我が家にもやっと導入されたGPS。
「地図があればどこだって大丈夫!」そう豪語していた夫も、このミネソタの雪道ではサインが見えなくなることもしばしばで、とうとう観念して購入。
気忙しさやさまざまな問題を抱えて、出かけるチャンスがあまりない我が家。
それでもやっと手にしたGPSにも活躍の場を与えようとミネソタ南部のAustinへ出かけたのは今年の2月のことだった。

c0062603_7554624.jpgc0062603_755592.jpg
c0062603_7561036.jpgc0062603_7561918.jpg
途中、空軍基地や風車の並ぶ風景を眺めながら到着した先はSpam Museum(スパム博物館)。
最も健康に悪い食べ物の一つに挙げられているスパムだけど、そりゃあ毎日食べれば塩分も多いし、脂肪も多いし、体にいいわけはないけど、たま~に食べる分には悪くはないと、私は思う。
特に炊き立てのごはんと一緒にした「スパムむすび」は美味しい。
最近ではこのスパムを使ったレシピも随分たくさんあるようだ。

c0062603_7565556.jpg

c0062603_757562.jpgc0062603_7573052.jpgc0062603_7574277.jpg
c0062603_7575343.jpgc0062603_758551.jpg
c0062603_758166.jpgc0062603_7583619.jpg
c0062603_7585738.jpgc0062603_7594858.jpg
c0062603_758264.jpgc0062603_7584745.jpgc0062603_80165.jpg

日本でも沖縄を中心にかなり人気があったようだが、最近の健康食ブームの中では、きっと肩身がせまいことだと思う。
味はともかく、このミュージアムでアメリカの食文化の一端を見たり、50年代~60年代の広告やテレビ番組で懐かしさに浸るのも悪くない。
ここも入場無料で、冬場に家族連れで出かける場所の一つとして賑わいを見せていた。
このSpamのサイトも楽しめる。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-06-18 18:31 | Trip | Trackback | Comments(4)

Buck Hill

何か月も前から写真だけアップして放置していたこのブログ。
もうこのまま自然消滅してしまおうかとも思ったけど、気を取り直して記していこうと思う。
放置していた間のことも…
c0062603_825547.jpg
c0062603_8261818.jpgc0062603_8263177.jpgc0062603_8264177.jpgc0062603_82651100.jpg

この写真の記事を書こうと思ったのは今年の2月のこと。
我が家から車で10分ほどで行ける高速道路沿いのスキー場、Buck Hill
今ではすっかりガーデンセンターに衣替えしているけど、冬の間は存分にスキーやスノーボードが楽しめる。
もう滑らなくなって30年近くになる。
せっかく今までの人生の中で、スキー場まで一番近いところに住んでいるんだから、今年の冬はインストラクター付きのスキー教室にでも行くかな。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-06-17 20:26 | Logbook | Trackback | Comments(0)

The 10th Valentine's Day

c0062603_1456616.jpg

渡米してから10年が過ぎ、今年のバレンタインはちょうど10回目となった。
しかし、10回目ともなると「ロマンチックなひととき」というニュアンスはほとんどなくなり、「おいしいものが食べられる」スペシャルデーへとその存在意義が変わりつつある。
その「おいしいものが食べられる」場所として、今年夫が選んだのは近所のレストランの中では一番のお気に入りのDoolittlers
勤務時間が早朝からの夫は、帰宅時間は午後3時過ぎと早い。
バレンタインの日はどこのレストランも混雑することが予想されていたので、夫の帰宅を待って早々と4時ごろから出かけた。
幸い、まだ満席ではなく、ゆったりと食事を楽しむことができたが、その時間は年配者のカップルの多いこと!
70代前後のカップルの姿がとても多く、ゆったりと、本当にゆったりとワイングラスを片手にスペシャルなディナーを楽しんでいる。
ま、もっとも我々も70代ではないにしても、年配者カップルの一組には間違いないんだけど…
この日、夫が選んでくれたワインはFetzer Gewurztraminer。
とてもフルーティーなドイツワインで、最初の一口で大ファンになってしまった。
最近はMascotoを飲むことが多かったけど、次からはこれだな。
ただ…悔しいことにこのワインの名前を言うことができない…

c0062603_14562130.jpgc0062603_14563130.jpg
c0062603_1456403.jpgc0062603_1456508.jpg
c0062603_1457395.jpg

ここ数年、夫婦ともに異常ともいえる体重増加に、とうとう意を決して夫婦でダイエット生活を始めた。
つい、1週間前からだけど…
常日頃は炭水化物は取らず、野菜を中心にした食事に切り替えているけれど、やっぱり、何といっても「おいしいものが食べられる」スペシャルデーだから!
夫はやっぱりリブアイステーキ、私が選んだのはホタテのカレーソース。
真ん中にあるのはカレーコロッケとその上にはパクチョイ乗り、タイ料理風のソースが何ともおいしかった。
でも、ポテトコロッケがスペシャルデーの料理というのも、何となく笑ってしまうけど…
締めくくりのデザートはアップルブレッドプティング。
ほのかな甘みとりんごの香りがカスタードソースとあいまって絶妙!
おいしいものは人を幸福にする。
確かにそのおいしさは人を豊かな気持ちにさせてくれるけど、おいしいものを食べられる、そのことが人を幸福な気持ちにさせるのだろう。
素直に幸せだと思った10回目のバレンタインデーだった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-02-17 00:28 | Event | Trackback | Comments(6)

It's the coldest day!

c0062603_15415290.jpgこの冬一番の冷え込みとなった今日の現在の気温は-21℃。
-26℃まで下がるという予報が出ている。
この寒さは4年ぶりだそうで、どんなに恐ろしい寒さかと怯えてはいたものの、一日中家の中で過ごす分にはそれほど厳しさを感じることはなかった。
それでも家の中の温度を一定に保つためにはセントラルヒーティングだけではガス代が馬鹿にならない。
やっぱりこんなに冷え込む日には暖炉に火を入れるのが一番。
暖炉にくべる薪を外に取りに行くのが唯一寒さを感じる瞬間だけど、それとて数分のことだし、新鮮な空気を吸うにはいいタイミングだ。
暖炉の中で燃える火を眺めていると何だか気持ちが落ち着いてくる。
何を考えるでもなく赤々と燃える火をボーっと見ているうちにうとうとしてくるその気持ち良さといったら…

c0062603_1542848.jpgc0062603_15431789.jpgc0062603_15422916.jpgc0062603_1543250.jpg
でもその気持ち良さは何も人間だけのものではないようだ。
何とも言えない幸せそうな寝顔のユキがくてっと寝そべっているのは、夫の膝の上。
火の番をしているはずの夫は揺れる椅子の上で舟をこぎ、ユキと一緒に夢の中。
この冬の厳しい寒さは決して嬉しいものではないけれど、こんな風に過ごせるひとときも案外捨てたもんじゃないかもしれない。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-01-22 01:15 | Logbook | Trackback | Comments(4)

It's gonna be very cold!

c0062603_1444946.jpg
現在、ミネソタは1月19日午後11時半を少し回ったところ。
外の気温は-16℃だ。
今夜はまだ気温が下がり、最低気温は-20℃の予報。
明日はまだ寒くなり、最高が-13℃、最低が-24℃の予報が出ている。
何でもこの寒さは4年ぶりだそうで、今年2回目の冬を過ごしている私にとってはその「4年前」の寒さは未経験。
おまけに昨年はとても暖かな、これまた記録的な暖かな冬だったため、その脅威的な寒さを私は知らない。
何と月曜日は最高気温が-20℃だそうな。
きっと外へ出たら吐く息もそのまま凍ってしまうんだろうなあ。
まるで映画の特撮みたいなことができるんじゃないだろうか。
冬場は外に出るのは、ドライブウェイに投げ置かれた新聞を取りに行くときと、郵便物をポストに取りに行くときくらいなもので、ほとんど冬篭り状態。
でも、そろそろ冷蔵庫の中の貯蔵食品が底をつき始めた。
明日は覚悟して買い物に出かけることにしよう。
幸い雪はないので、運転は何とかなりそうだ。
上の写真はセントポールの街中の公園で見かけたリスたち。
カメラを向けようが、目の前まで行こうが、一向にお構いなしで食べ続ける。
なかなかたくましい。
冬を越すということはこういうことなのだろう。

c0062603_1452867.jpgc0062603_1454085.jpgc0062603_1454984.jpg
c0062603_146120.jpgc0062603_146118.jpg昨秋、種から育てたタチアオイが見事に成長して花を咲かせた。
庭いじりができるまでは、まだまだだけど、野菜や花の種や苗のカタログを暖炉の前で広げて春を待つ。
c0062603_1472490.jpgc0062603_147348.jpg

c0062603_1462020.jpg


*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-01-19 23:50 | Garden | Trackback | Comments(4)

Minnesota Harvest

c0062603_12514949.jpg

最近、富に記憶力が失せていく私にとって、このブログは「いつ」「どこで」「何が」「だれと」「どんな風に」起こったかを思い出すには格好のツールになる。
まあ、言ってみれば「写真付き日記帳」なわけで、今さら昨年の9月のことを載せるのはどうかという気もしないでもないけど、後日のためにやっぱり記しておくことにした。
孫息子Jの初めてのミネソタ訪問の最終日は、りんご狩りに行くことにした。
車で30分も走ればあちらこちらに観光農園があり、りんご狩りを楽しむことができる。
このとき訪れたのはMinnesota Harvest
Jは初めて乗るポニーに大はしゃぎ。
ブロンドのオネエサン2人を従えてぐるりと一回り。
乗りしなは何だかおっかなそうにして、眉間にしわを寄せていたものの、ぐるりと一周した後は誇らしげな顔に変わる。
どうやら彼は「乗る」ということに一番の興味を持っているようで、この後もヘイライドやトラクターライドに執念を燃やしていた。
ちょうどハロウィーンの1か月ほど前だったので、大きなかぼちゃも並び、生バンドの演奏もあったりして場内はにぎわっていた。
りんご狩りは思わず撮影を忘れるほど夢中になった。
4歳の誕生日を前にして急遽遊びに来たJ、彼の記憶に残るかな?
もし、忘れていたら、いつかこのブログを開いて、じいじとばあばを思い出してくれればいい、そう思う。

c0062603_1250184.jpgc0062603_12502229.jpg
c0062603_12503428.jpgc0062603_12504237.jpgc0062603_12505268.jpg
c0062603_1251022.jpgc0062603_12511053.jpg

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-01-16 22:13 | Trip | Trackback | Comments(0)