Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:ミネソタ ( 76 ) タグの人気記事

Garden June 2014

c0062603_10381754.jpg

6月のわが家の花たち。
花の中で一番好きなのがこのデルフィニューム。
花の中でも最も種類が多く、200~300種類もあると言われている。
このデルフィニュームだけを集めた「デルフィニュームの園」を作りたいというのが夢。
でも、このミネソタでは花の時期がとても短くて、この写真の状態は数日間だけ。
もっとも育て方によるのだろうけど…
実は2年前も挑戦したのだけれどうまく咲かなかったのだが、今年は何とか花をつけてくれた。
来年は「園」とはいかないけれど「コーナー」くらいは作りたい。
c0062603_10383423.jpgc0062603_10384938.jpgc0062603_10390399.jpg
c0062603_10392141.jpgc0062603_10393301.jpg
c0062603_10394726.jpgc0062603_10400392.jpg
c0062603_10402442.jpgオダマキ(コロンバイン)は、今年も盛大に咲いてくれたし、毎年種を採っている風船かずらもゆっくりだけど育っている。
バラは写真を撮った6月の時点では、たくさん花をつけていたのだが、日本からやってきたJapanese Beatle(マメコガネ)によって、無残な姿に。
だれだよ~!マメコガネを連れて来たのは!!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-07-29 21:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

Garden May 2014

7月も中旬を過ぎ、昨日は初めて90F(約30℃)を超える真夏日となったミネアポリス。
家の中で過ごす分にはそれほど暑さは感じないけど、ちょっと外へ出るともや~ッと蒸し暑さが襲ってくる。
庭の花や野菜たちも「のどが渇いたよ~!」と言わんばかりに給水を待っている。
もっとこまめに更新すればいいんだろうけど、5月の花壇の様子。
やっと花が咲き始めたというところで、日本の5月とは大違い。
それでも厳しい冬を乗り越えて、春になると芽を出す花たちに励まされる。
6月、7月の庭の様子はまた別の機会に…
c0062603_03382418.jpgc0062603_03384658.jpg
c0062603_03385945.jpgc0062603_03391087.jpg
c0062603_03393967.jpgc0062603_03395579.jpgc0062603_03400643.jpg
c0062603_03402236.jpgc0062603_03413136.jpgc0062603_03414478.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-07-22 14:00 | Garden | Trackback | Comments(0)

Minehaha Falls

c0062603_12230190.jpg

母の一周忌で日本に帰国し、5月のゴールデンウィークの最中にミネソタに戻ってきた。
日本はすっかり初夏を思わせる陽気だったのに、ミネソタの5月はようやく初春という感じで、木々の緑もまだまだ淡い色しか見せてはいなかった。
ところが2週間もするとヒーターも必要がなくなり、ぐんぐんと緑が鮮やかになっていった。
こんなとき家の中に入るのはもったいないとばかりに、以前から行きたいと思っていたMinehaha Falls(ミネハハ滝)に出かけた。
c0062603_12054069.jpg
c0062603_12060595.jpg
この滝は人工的に作られた滝で、ミシシッピ川の途中にある。
アメリカで最も長いミシシッピ川の源流はこのミネソタ州のlake Itasca(イタスカ湖)にあり、我が家からは車で4時間、北東方面に行ったところにある。
そこに端を発し、延長5,971kmという長さを持つ。
「ミネハハ」というのはNative Indianの言葉で「流れ落ちる水」という意味だという。
5月になって最初の行楽日和ということもあり、大勢の人が繰り出していた。
滝つぼから上がる水しぶきはまさに涼をとるには最高だ。
この滝も氷点下20度の冬になると、このまま凍るという。
早速ぐるりと周囲を巡る遊歩道を歩いてみることにした。
c0062603_12062468.jpgc0062603_12064057.jpgc0062603_12065650.jpg
c0062603_12071298.jpgc0062603_12073008.jpg
c0062603_12074354.jpgc0062603_12075727.jpg
c0062603_12090732.jpgc0062603_12085821.jpg
c0062603_12084637.jpgc0062603_12092113.jpg
c0062603_12094511.jpg滝つぼから流れ落ちた水は、このときは思いのほかきれいに澄んでいた。
当然、大雨の後などは濁り、轟々と音を立てて流れ、6月の豪雨ではこの遊歩道は完全に水に浸かったという。
水浴びをする野鳥もいれば、魚釣りに興じる人たちもいる。
途中のクリークでは老若男女、犬までも水遊びに歓声を上げていた。
植栽なのか自然林なのかわからないが、花を咲かせる樹木もある。
でも、一番驚いたのは遊歩道の折り返し地点にある橋の上から見た風景。
北側を見れば滝つぼから流れてきた水が細い流れとなってつながっている。
そして一転、目を南側に向けると…
そこには広大なミシシッピ川が広がっている。
頭を左右に振るだけで、こんなにも光景が大きく異なる様子を見たのは初めてのことで、感動的でさえあった。
c0062603_12100124.jpgc0062603_12101608.jpg
c0062603_12082932.jpgc0062603_12102807.jpgこの遊歩道、たっぷり1時間はかかった。
「歩く前にビールを飲むかい?」という夫の提案を断固阻止し、汗をかいた後のビールの美味しいことと言ったら!
歩く前に飲んでたら、きっと15分くらい歩いて引き返していたと思う、多分。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!
こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-07-20 22:50 | Trip | Trackback | Comments(0)

Amish Community Harmony MN

c0062603_10215685.jpg
このミネソタをはじめ、中西部には数多くのAmish(アーミッシュ)コミュニティが存在している。
移民当時の生活様式をそのまま維持し、農業や牧畜などで自給自足の生活を送っている。
アーミッシュの人たちが作る家具やキルトはすべて手仕事によるもので、「美しい」という形容詞以外の言葉が思いつかないほど見とれてしまうほどに美しい。

c0062603_1022228.jpgc0062603_10223251.jpg
c0062603_10224920.jpgc0062603_10225973.jpg
機会があればアーミッシュコミュニティを訪れていたが、ミネソタでも比較的大きなコミュニティがこのHarmony
しっかり観光客相手のショップもあり、そこではアーミッシュの人たちの手による「美しい」作品が数多く扱われているが、値段もかなりなもので、一般庶民の私にはなかなか手が出ない。
そこでじっくりその作品を眺めるにとどまるわけだが、多くの人たちも同様で嘆息をもらしてはショップを後にする。
しかし、あちらこちらではアーミッシュの人たちが馬車で自家栽培の野菜や果物、パンなどを販売している。
こちらは手ごろな値段なので即、購入。
ただし、アーミッシュの人の撮影は禁止されているため、馬車売りの写真は撮ることはできない。
ふと子供の頃にやってきた「ロバのパン屋さん」を思い出した。

c0062603_10231161.jpgc0062603_1023234.jpgc0062603_10233926.jpg
このHarmonyという町はかなり古い町で、建物にもどこかしら中世のヨーロッパの装飾を思わせるものもある。
そして古いといえばアンティックショップ。
一説にはアメリカでも指折りの大きなアンティックショップに数えられるとか…
その名もGenerations of Harmony Antique Mallという。
確かに厩舎をそのまま店舗にしたような大きな構えで、ぐるりと中を見て歩くだけでも優に1時間以上はかかる。

c0062603_10243651.jpgc0062603_10242143.jpgc0062603_1024383.jpg
c0062603_10245567.jpgc0062603_1025529.jpg
c0062603_10251457.jpgなぜかプレスリーの等身大の人形まであって、並べられているものは系統だっているようで意外と節操がない。
でも、Old Pyrexはセットで揃っているものも多く、何度か手にしては棚に戻すを繰り返した。
この缶詰(未開封)が40ドル近い。
賞味期限を過ぎたからといって捨てないで取っておくといいことがあるかも…


Amish shopping
[PR]
by lanova | 2014-05-24 21:00 | Trip | Trackback | Comments(0)

Mickey's Diner in St. Paul

c0062603_359382.jpgc0062603_4033.jpg
アメリカの最もアメリカらしいレストランといえばDiner(ダイナー)。
1872年に馬車をレストランに改造して登場したのがその始まりだという。
その後はトレーラーをレストランに改造したスタイルがアメリカ全土に広がった。
今ではその多くがファーストフードレストランに姿を変えたが、それでもいくつかは当時のままのスタイルで残っている。
その一つがSt. PaulにあるMickey's Diner
St. Paulの街の中にあるこのDinerには多くの人が訪れ、休日のブランチタイムともなれば、店(車)の前には長蛇の列ができる。

c0062603_402573.jpgc0062603_403677.jpg
で、肝心の料理はどうかというと、これまた典型的なアメリカの料理。
ごく普通の家庭の朝ごはんだ。
わざわざ外で食べなくても、家で食べられるような料理だけど、それでも「ダイナーで食べる」ということで、古き良き時代のアメリカの雰囲気を味わうことはできるかもしれない。
ただし、ゆっくり食事をするというのは難しい。
カウンターで食べたらさっさと次の人に席を明け渡す。
何となく立ち喰いそばの感覚だ。
でも70年代は、もう少し異なった雰囲気だったのではないかと思う。
きっと当時の流行の音楽が流れ、客とダイナーで働く人とは軽口を交わしながら、和やかな時間を過ごしたのではないだろうか、いや、そうであってほしい。

c0062603_404966.jpgc0062603_41183.jpgc0062603_411079.jpg
このダイナー向い側には二塔を擁した教会があり、犬を連れた青年がキャンバスに向かっていた。
プロなのか、趣味で描いているのかわからなかったけど、ダイナーに訪れる観光客たちと言葉を交わしながら彼の日曜日を楽しんでいる。

c0062603_412057.jpgc0062603_413037.jpg
ダイナーでブランチをした後、訪れたScience Museumの屋上から眺めたミシシッピ川の河川公園と川下りが楽しめる船。
この川を延々と下って行けば、かつて暮らしたミシシッピデルタに行く。
トム・ソーヤが下ったように…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-05-23 14:30 | Trip | Trackback | Comments(0)

Old Brewery in New Ulm, MN

c0062603_324309.jpgc0062603_3245078.jpg
c0062603_325216.jpgc0062603_3251112.jpgc0062603_3252162.jpg
c0062603_3253119.jpgc0062603_3254088.jpgc0062603_3254984.jpg
c0062603_3255939.jpgc0062603_3261916.jpg
c0062603_3261022.jpgミネソタ州ニューアーム(New Ulm)には古いビール醸造場がある。
それもドイツビールの醸造場Schelle's Breweryだ。
このミネソタでは個人での酒造りは合法化されているため、多くの人たちがオリジナルのビールやワイン作り楽しむ。
当然の如く、夫も本格的にビール醸造を始めたいと言うほどで、当然、この醸造場は見に行かなくてはということになった。
ここで迎えてくれるのはなぜか孔雀。
そしてこの醸造場の由来や歴史などの説明を聞きながらのツアー、最後はここで作られているビールをあれこれ試飲するというコースだ。
創設者の家屋などもそのまま残っていて、閑静な木立の中にビール醸造場があったというのは何とも不思議な感じがする。
また、中世のヨーロッパの雰囲気をそこかしこに残してもいる。
c0062603_3262922.jpgc0062603_3265478.jpg

c0062603_3264080.jpgそして何よりも不思議だったのが、この醸造場見学に来ている人たちの車の多くがアンティックカーだったということ。
古き良き時代への憧憬なのだろうか…
c0062603_327555.jpgc0062603_3271777.jpg

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-05-22 02:00 | Trip | Trackback | Comments(0)

I miss normal winter

c0062603_1312443.jpgc0062603_131404.jpg
先週末から今週前半にかけて20年ぶりの大寒波がアメリカ中西部から南部を襲ったというニュースは日本でも大々的にニュースになったいうので、「ミネソタがニュースに出たよ」というメールが届いたりした。
【アメリカの冷蔵庫】といわれるミネソタゆえに、その寒さは覚悟していたし、さすがに3度目の冬ともなると連日、最高気温が氷点下という気象にも、気持ちに反して身体は順応していった。
ところが、今回の度肝を抜くような寒さにはだんだん反応が鈍くなったこの身体も、敏感な反応を見せた。
体験気温がマイナス50℃近かった日、わが家のヒーターも一生懸命働こうとするのだが、ガスそのものが凍っているのか、気体が凍るかどうかはいささか疑問だが、パイロットランプは作動するものの、どうも働きが鈍い。
それでも暖炉と両方を使うことで、家の中ではそれほど寒さを感じることはなかった。
ところが取り置きの薪がなくなったため、庭の薪置き場まで薪を取りに出かけなければならない羽目になった。
いざ出陣!
マフラーを巻き、厚手のコートを2枚着、防寒ブーツを履いて、手袋をしてドアを開けた。
そして一歩外へ出た瞬間、外気にさらされているわずかな顔面の中で水分を持っている鼻の中が一瞬にして凍ってしまったのである。
当然、身につけているコートは板状にバリンバリンになった。
ああ、これだな、ニュースで「5分以上外気に触れると凍傷になる恐れがあります」と言っていたのは、と実体験をする。
それでも5分以上外気に触れることは泣く、凍傷にかかることもなく、無事生還。
それにしても「寒い」ということはこういうことなのだ。
これまで口にしていた「ああ、寒い」というのは撤回しなくちゃいけないな。
この寒さは20年ぶりとのことで、北極よりも寒いそうだ。

c0062603_1315239.jpgc0062603_132192.jpg
こんな身も凍るような話には、寒々しい写真は使いたくない。
早く、早く、春に、夏になるようにと、昨年6月に楽しませてくれたローズヒップとオダマキの写真で春を待つ。
でも、まだまだ遠いなあ…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2014-01-11 22:30 | Garden | Trackback | Comments(6)

Como Park & Lake Calhoun

c0062603_74551.jpg
c0062603_742289.jpgc0062603_743112.jpgc0062603_743964.jpgc0062603_744816.jpg
Como ZooのあるComo Parkには植物園も併設されている。
花のシーズンには鮮やかに咲き誇る花々を楽しむことができる。
また、温室には熱帯性植物もあり、【アメリカの冷蔵庫】といわれるミネソタの地で、温室の中とはいえ、パームツリーを目にしたのはちょっとした感動モノだった。
最近では何と日本庭園も造られ、庭園内には茶室もある。
やはり日本庭園の計算された美しさはどこでも人気が高い。

c0062603_755784.jpg
c0062603_751790.jpgc0062603_752544.jpg
Como Parkの後、向かったのは市街地のほぼ中心に近いところにあるLake Calhoun
湖の上にはヨットやボートが浮かび、ビーチでは泳いだり肌を焼いたりする人がいる。
そしてその湖の周りではジョギングやサイクリングを楽しむ人たち。
夏がうんと短いからなのだろう。
その短さを100%楽しもうという人たちでにぎわっている。
もっとも冬になればなったで氷上の魚釣りも、これまた楽しさに一つのようだ。

c0062603_764015.jpg
c0062603_764973.jpgc0062603_765819.jpg
このLake CalhounがあるのがUptown
かつては湖畔のリゾート地として栄えたところだけあって瀟洒な別荘風の家々が立ち並ぶ。
市街地も小粋な雰囲気のレストランやショップが目に付き、歩いている人たちもどことなくおしゃれ。
小腹をすかせた私たちが入ったレストランも、やっぱり小粋。
とはいえ、夫の注文はやっぱりハンバーガーと、決して小粋ではなく、私もカラマリを注文。
小腹を満たすどころか、すっかり大腹を満たしたのであった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-11-11 16:30 | Trip | Trackback | Comments(0)

Como Zoo

c0062603_12151788.jpg
なぜか動物園の近くに居を構えるという偶然がたびたび起こる。
長男が誕生した当時、もう30年以上も前のことだが、井の頭動物園のすぐ近くに住んでいた。
時々象の鳴く声が聞こえてくることもあった。
その後は動物園ではなく鹿や七面鳥、タヌキにポッサムなどが庭を駆け回るという野生動物と共存していたこともある。
このミネソタの家にも動物たちはたびたびやってくる。
決して招待しているわけではない。
常連客は、野うさぎ、ゴーファー、ポッサム、そして数々の渡り鳥たち。
先週は鷹が庭にいた常連客めがけて急下降。
あっという間に鷹のご馳走にと姿を変えさせられていた。
こんな野性味あふれる(?)環境なのに、動物園がある。
それも二つも。
一つはミネソタ動物園。
Minnesota Zoo Part 1
Minnesota Zoo Part 2
Minnesota Zoo Part 3
Minnesota Zoo Part 4

c0062603_1215364.jpgc0062603_12154761.jpgc0062603_121621.jpgc0062603_12161663.jpgc0062603_1217842.jpg
c0062603_12163686.jpgc0062603_12172845.jpgc0062603_12174120.jpgc0062603_12175510.jpgc0062603_1218827.jpg
そしてもう一つがComo Zoo
ここは入園料は無料。
でも、無料だからといって決してチャチな動物園ではない。
ゴリラもいればキリンだってシマウマだって、ライオンだって、トラだっている。
北極グマだっているんだから!
でも、訪れたときが良くなかった。
まだ6月だというのに真夏のような暑い日だったため、すっかりだらけてしまって、愛嬌をふりまくどころではなかった。
もっとも動物園で過ごす動物たちは果たして幸せかどうかというと、意見が分かれるところだ。
本来暮らすべき生態にあった自然の中で生き生きと過ごすのが一番じゃないかと、私は思う。
「う~ん、でも、そうだろうか」と夫は言う。
動物園にいる動物の多くは、傷ついたり法外に捕獲されたりして、連れてこられる動物が多いのだという。
怪我や病気が治っても、一旦自然界から出た動物は、元の生活に戻るのは難しいという。
以前、白頭鷲のセンターに行った時も、そこの飼育員は同じことを言っていた。
そうすると、ここで不自由な生活であっても守られている方が、彼らにとっては幸せなことだろうか…
「ねえ、本当のところはどうよ?」と聞いてみたら、きっと胡散臭そうに「はあ~」って言うだけだろうな…
c0062603_12181719.jpgc0062603_12182725.jpg
この時キリンのお母さんのおなかには赤ちゃんがいた。
暑さもものともせず、食欲旺盛だったのはおなかの赤ちゃんのためなのか。
この1ヵ月後、無事に元気な赤ちゃんを出産したという。
このキリン、本当に背が高い。
キリンの横に書いてある数字はフィート。
あのシャックが7.1フィート(216cm)。
まさしくキリンの足元にも及ばない。
いやはや背高のっぽのキリンさんだった。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-10-04 23:00 | Trip | Trackback | Comments(2)

Korean BBQ

c0062603_8541771.jpg
c0062603_855432.jpgc0062603_8551545.jpg
c0062603_8552512.jpg最近の我が家のお気に入りレストランは日本食でもなければイタリアンでもなく、ここコリアンレストランのHoban
アメリカは食費が安いと思われているけれども、外食は意外と高い。
外で食事をするのは、圧倒的に日本の方が安いし、美味しい。
特に15~20%のチップを上乗せすると、「ちょっと外めし」が「特別な日のお外ごはん」になってしまう。
それでもたまには外食もしたい我が家では、飽くなき美味しくて安くて満足できるレストラン探しを続けている。
そんな我が家の捜査網にひっかかったのが、このレストラン。
元々焼肉(Korean BBQ)は大好きな料理で、LA時代は私の誕生日といえば、焼肉だった。
でもミシシッピに引っ越してからはコリアンレストランにめぐり合うこともなく、しばらく遠ざかっていたのだが、このミネソタで発見。
最初は「どうだろうか」という疑心暗鬼な部分もないわけではなかったけれど、注文した料理が運ばれてきて、思わず五重花丸を進呈したくなったほど。
夕飯時はほとんどのテーブルが満席になる。
先週もSFからやってきたJamesとミネアポリスに住むWillと一緒にここで、それは美味しい美味しいKorean BBQに舌鼓を打ったのだが、満腹になったおなかをさすりながら外へ出てみると、テーブルを待つ長蛇の列ができていた。
「月に1回は、ここで食事をしたいもんだ」は、当然、肉食を自負する夫の弁である。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2013-09-14 19:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)