Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

タグ:カリフォルニア ( 52 ) タグの人気記事

Across the USA 1/California to Arizona

昨年4月に5年間暮らしたLAからミシシッピまで約3,000kmの道のりを移動した。
こんな距離を車で移動することは、そうたびたびあるとは思えず、
あやふやな記憶だけだと忘れてしまいそうなので、写真とともに記録に残しておくことにする。

4月25日
Montebello(California)→Kingman(Arizona) 320mile(約512km) 6時間
60(東進)→I-605(北進)→I-210(東進)→I-15(北進)→I-40(東進)

c0062603_1318475.jpg午前8時、引越し業者の到着。
予定時間の8時にきっかりやってくるのは、さすがに日本の企業。
おなじみのクロネコヤマトの引越し便である。

c0062603_1327567.jpgc0062603_1328287.jpgc0062603_1329569.jpg
ほとんどの荷物は既に箱詰めをしていたので、大きな家具の梱包のみをしてもらう。
こうして日本の企業、作業をしている人も日本人で、会話も日本語となると、
思わず日本国内で引越しをしているような錯覚になる。
しかし、その手際よさは見ていても惚れ惚れするほどだ。

c0062603_13341842.jpgc0062603_13345664.jpgc0062603_13352845.jpg

息子は既に家を出て一人暮らしをしていたし、
家具の多くもアパートの住人に譲ったりしたため、たいした量ではないと思っていたが、
これが予想以上に多く、それに加えてガラージにある夫の荷物が、
トラック1台に収まりきらない原因となった。
結局2台のトラックに積み込み作業が終了したのは、夕刻5時になろうとする頃だった。
LA最後の日をもう少し、名残惜しんでいたい気持ちもあったが、
限られた時間の中での移動となるため、今日は行けるところまで行こうと、
引越しを最後まで手伝ってくれた息子に見送られてアパートを後にした。
渡米してから5年間、親子といえども運命共同体みたいな関係でもあった息子。
その彼に手を振られて新たな地へと向かう。
5年前は、長男に手を振られてアメリカという新たな地へ向かった。
なぜかいつも、私は子どもに見送られる。
そうやって最期も子どもに見送られるんだろうなあ。

c0062603_1347399.jpgc0062603_13481682.jpgそうして車は、家の建て込んだLAの町並みを抜け、夕日を背に受けながら東へ東へと向かった。

c0062603_1350208.jpgc0062603_13504811.jpgc0062603_13513850.jpg
5時にMontebello市を出発し、途中1,2度休憩をしながら6時間、
「そろそろ今夜はこの辺で休もう」とストップしたのが
アリゾナ州のKingmanというところだった。
途中のスーパーで簡単なデリを買い、モーテルでササッとすませ、
倒れこむように眠ったのである。

*写真はクリックで拡大
[PR]
by lanova | 2008-01-14 23:00 | Trip | Trackback | Comments(24)

Apr. 23/See You Later

c0062603_14252598.jpg

随分がらんとした部屋の中を見渡して、この5年間を思い返している。
2002年3月、次男の卒業式の翌日に日本を発ち、このLAにやって来た時、
それから始まる生活に対する不安よりは、新しいことへの期待感に胸を膨らませていた。
まるで幼子が小学校に入学するときのように…
ところが実際に暮らしてみると、思いがけないトラブルや戸惑いにうろたえることも少なくなかった。
小学校って楽しいことばかりでないと、通い始めてから初めて気づく1年生のように…
それでも日本語で相談したり、教えてもらったりすることが容易にできたし、
日本の商品も不自由なく、ほとんど何でも手に入れることができた。
5年の間に、日本語で話のできる友人たちも増えてきた。
アメリカにいながら、半分は日本の暮らしをそのまま持ち込んだかのような日々だった。
そんな快適とも安易ともいえる暮らしもにも、ピリオドを打つときがやって来た。
明朝、夫がミシシッピから迎えに帰ってくる。
水曜朝には、運送業者によって荷物が運び出され、その後夫と私はミシシピに向けてLAを発つ。
今回、夫は4日間の休暇を取り、二人で車をゆっくり走らせながらミシシッピに向かうことにした。
まさしく大陸横断3,000kmの旅である。
またとないこのチャンス、大いに楽しもうと思っている。
新しい街、新しい環境、新しい隣人たち、そして新しい家での暮らしが待っている。
今度は息子という志を同じくした同胞がいない分、少々心細く不安ではあるけれど、
人生いつだってStarting Overだから…

c0062603_14255431.jpg

これまでLAでの生活を応援してくださった方、励ましてくださった方、
一緒に楽しんでくださった方、そして見守ってくださった方、
本当にありがとうございました。
LAでの5年間、アメリカでのStarting Overにふさわしい地での本当にいい日々でした。
ミシシッピからの第一報、お届けできる日までしばらくの間、お休みします。
それまでお元気で!
I'll catch you later.
[PR]
by lanova | 2007-04-23 23:32 | Logbook | Trackback | Comments(80)

Apr. 20/Tha Last Working Day

2003年の2月にボランティアとしてスタートした高校図書館での勤務も今日が最終日。
今週1週間は引継ぎ作業に追われ、無事に全業務の引継ぎを終えてホッとした。
その引継ぎをしながら、何と多くの仕事をここでやってきたのだろうかと、
我ながら驚くとともに、こういう経験ができたことを嬉しく思った。
特に最後の2年間は
Accelerated Reading Program(読書推進プログラム)を一手に任せられ、
仕事としてはかなり大変だったが、
この経験はミシシッピでの就職活動に大きな利点になることと思う。
昨日は親しくさせてもらっていた2人の先生から、
Farewell Tea Partyをランチタイムに開いてもらった。
二人からいただいた「Dear Miss Breed」は嬉しいギフトだった。
この本は第2次大戦中に収容所に入れられた日系の子どもたちと
San Diegoの図書館に勤務する図書館司書Miss Breedとの
手紙による交流をベースにしたドキュメンタリーである。
ウチの(この言い方ももうできなくなるが)図書館にも置いてあり、
ぜひ個人的にも求めようと思っていた1冊だった。
このブログでレビューを書けるのは、当分先になりそうだが、
「あなたにぴったりの本だから」とこの本を選んで贈ってくださった気持ちが嬉しかった。
朝から雨が降り続く日、4年2ヶ月の高校図書館勤務は幕を下ろした。

c0062603_1605189.jpgc0062603_1611517.jpg
c0062603_1615196.jpgc0062603_162173.jpg

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2007-04-20 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(24)

Apr. 18/Take a break

c0062603_13281358.jpg

いつも買い物に行く、近所の東西マーケット、前回のめっけものは道明寺(桜餅)だった。
そして今回のめっけものはこの柏餅。
これも道明寺と同じく4個で$4.50と、日本円にすれば500円前後と贅沢品ではあるが、
この柏餅は実に美味しかった。
中の餡は粒餡で、餅もとてもやわらかく、柏の葉の香りに包まれて、
息子とともにペロリと4個を平らげた。
前回の桜餅のときも、西日本と東日本では、その正体に違いがあったが、柏餅も同様である。
こちらは餅を包む葉が異なる。
東日本では柏の葉を使うことが多く、西日本ではサルトリイバラの葉を用いることが多い。
松江育ちの私にとっては、柏餅はこのサルトリイバラの葉で包まれてこそ柏餅だと思っていた。
しかし、こうして日本を離れれば、葉の違いはどうであれ、
柏餅を口にすることができるだけで幸せである。

この日、ここでもう一つ見つけたのは…
[PR]
by lanova | 2007-04-18 21:52 | Logbook | Trackback | Comments(30)

Farewell Week

c0062603_15105877.jpg

荷造り週間になるはずだった1週間の春休みが終わろうとしている。
春休み開始当時は、荷造りの段取りを組み、それなりの予定を立てていた。
しかし、やはり予定は予定であって、いつものごとく予定通りとはいかない1週間となった。
LAで過ごす残りの時間に、やはり会っておきたい人たちはいるわけで、
同じ国内とは言っても、簡単に行き来はできないだろうと、
この春休みはFarewell Eventの1週間ともなったのである。
ちょっとシニアチックのさむさんには、
彼の思い出深き日本食レストランでランチをごちそうになり、尽きぬ話に花が咲いた。
また別の日には、青年の友人であり、
私にとっても若い友人の一人であるミュージシャンのMiwaには、
リトル東京のイタリアンレストランでおしゃれなディナーのご招待を受けた。
その後、音楽の話や写真の話で、これまた夜遅くまで盛り上がった。


そしてこの週末は…
[PR]
by lanova | 2007-04-15 23:58 | Trip | Trackback | Comments(18)

Who is behind bars?

c0062603_1495475.jpg
今週1週間はSpring Break(春休み)である。
普段は3,500人の生徒たちで賑やかな職場の高校も、
この一週間はひっそりとしていることだろう。
春休み前のある日、校内中のコンピュータがシステムダウンし、
まったく仕事にならない日があった。
これはチャンスと授業中の校内をぶらりと歩いてみた。
何しろ休憩時間、ランチタイムともなると、大勢の生徒たちが屋外に繰り出してくるため、
まともに歩くのも困難なほどなのだ。
My California LifeのConnieちゃんが、
危険覚悟の自動販売機についてエントリーしていた。
彼女のエントリーに登場する自動販売機は、
もしかしたら人に危険をもたらすかもしれない存在だったが、
わが職場にある販売機は、危険をもたらされるかもしれない存在なのである。


危ない目に遭う自動販売機?
[PR]
by lanova | 2007-04-09 22:37 | Trip | Trackback(1) | Comments(34)

Apr. 6/Blueberry Corn Muffin

てっきりEaster Lunchだとばかり思っていた私は、
4日にはブルーベリー・コーン・マフィンを焼いて持って行った。
これはやはりまだ冷凍庫にどっさり残っているブルーベリーを使いたかったのもあるが、
少し前にやはりブルーベリー・コーン・マフィンを焼いて失敗したリベンジでもあった。
c0062603_1619348.jpg

我が家で誰よりもコーンマフィンが好きなのは夫。
このコーン・マフィン・ミックスは常に彼がまとめて買ってきては、パントリーに常備している。
別にこれはいたむものではないし、そのままミシシピに持っていってもいいのだが、
そのほかの食材を使い切るためにこのミックスの登場と相成った。
前回はこのミックスに、クレープを作ったときに作ったブルーベリーソースが残っていたので、
そのソースを混ぜて焼くことにしたのである。
しかし、ソースの水分を計算していなかったからか、焼きが浅かったのか、
出来上がったマフィンはふんわりせずに、べチャッとした感じに出来上がってしまった。
そこで今回はソースではなく、冷凍のブルーベリーをそのままミックスに混ぜ込んで焼いた。
しかも個別にマフィン型に入れて焼いたので、熱が均一に回り、いい感じに焼き上がった。
しかもブルーベリーの酸味が程よく甘さを調節してくれ、程よい味加減でもあった。
この写真はその成功品ではなく、前回の失敗品。
うまくいったときに限って証拠写真は残っていないものである。
c0062603_163144100.jpgc0062603_16335560.jpg

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2007-04-06 23:59 | Cooking | Trackback | Comments(28)

Apr. 5/Surprise Party

現在、勤務している高校は明日6日から1週間の春休みに入る。
そこで春休み前に図書館のスタッフでEaster Lunchを開くことになった。
最終日の5日は何かとバタバタ忙しくなるから
4日にポトラック(持ち寄り)パーティを開くという。
それぞれが持ち寄ってくるもののリストが手渡された。
私の分担はデザートとなっている。
パントリーの整理もできるしちょうどいいタイミングだ。
まだ冷凍庫にしっかり残っているブルーベリーを入れたコーンマフィンを焼くことにした。
わが職場では、この類のランチパーティはカレンダー行事に合わせてたびたび開かれる。
そんなときの定番は、最年長で料理上手のGloriaのメキシカンフード。
今回も女性5人でこんなに食べれるのというほど、テーブルの上にどっさりと並んだ。
c0062603_15174573.jpg

そして食事も大方終わり、デザートの出番になる頃、
マフィンに手を伸ばして私に「待った!」がかかった。
「いや、だって、そろそろ、甘いものが…」
とブツブツつぶやく私になおかつ「待った!待った!」がかかる。

待った、待ったで登場したのは…
[PR]
by lanova | 2007-04-05 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(40)

Apr. 1/Moving Date

夫がミシシッピに一足先に引っ越したのは3月8日のことだった。
それからあっという間に3週間余りが過ぎた。
そしてついに私の引越しの日が決定。
4月25日、5年間暮らしたこのアパート、LAを後にすることになる。
次男の中学校の卒業式の翌日、
両親や長男、親戚、友人、仕事仲間、近所の人たちに見送られて出雲空港を飛び立ち、
ここで新たな生活をスタートさせたのが2002年3月19日のことだった。
それからの5年間、楽しいことも辛いことも、愕然とするようなことも、
そして望郷の念に駆られたことも何度もあった。
それでもこのアパートは本当に住み心地が良く、
心温かき隣人たちに囲まれての5年間だった。
アパートの人たちに顔を合わせるたびに、「寂しくなるわ…」と言われると、切なくなってくる。
ここを去る日のことを考えると、今から早くも鼻の奥がツーンとする。
でもセンチメンタルな気分に浸っているわけにはいかない。
今回、引越しは業者に依頼したものの、梱包はこちらでしなければいけないわけで、
さっさ、さっさと詰めていかないと3週間なんてあっという間だ。
それでもパッキング途中に、ふと目についたものを眺めては手の止まる私である。

で、心配なのが…
[PR]
by lanova | 2007-04-01 23:10 | Logbook | Trackback | Comments(44)

Mar. 31/Verry Berry Jello

引越しに向けての荷造りは一向にはかどらないが、
パントリー(保存庫)の整理は着々と進んでいる。
といってもどうしても作るものは、メインのおかずではなく、デザート系ばかりになってしまう。
残り物の処理となれば必然的にそうなるかもしれない。
今回は冷凍庫に残っていた冷凍果物を利用して何かできないかとパントリーをのぞいたら…
あった、あった!3箱99セントで買ったインスタントゼリーのミックス。
このストロベリー味のゼリーミックスとブルーベリー、ラズベリーの冷凍フルーツを合わせて、
クッキング時間はわずかに5分。
こういうのは料理とは言わないだろうなあ…
c0062603_17173214.jpgc0062603_17175837.jpg

冷蔵庫に入れて冷やし固めること3時間。
ぷるんぷるんと固まったゼリーを取り出してスプーンで一口。
これがスッパイ!!
こんなにすっぱいんじゃせっかくのデザートも
このまま冷蔵庫の中で水分がなくなるまで再保存されてしまいそう…
そこで再び残り物利用はできないものかと探してみると、
冷凍庫にはキャラメル味のアイス、DULCE de LECHEが。
これはこのままで食べると甘すぎて、なかなかなくならなかったアイスだった。
キャラメル味とベリー類、うまく合うかちょっと心配だったのだが、
これが思いのほかマッチング。
この際、カロリーの高さには目を瞑って春らしいデザートを楽しむことに↓。
それでもまだ残っている冷凍フルーツ、スムージーにでもしようか…
ちなみにこちらではゼリーは「ジェロ」なのである。
c0062603_17261120.jpgc0062603_17263092.jpg

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by lanova | 2007-03-31 01:30 | Cooking | Trackback | Comments(16)