Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Monterey 2

c0062603_1044556.jpgc0062603_1045555.jpg


古くは漁港として栄えたMontereyには、"Monterey Bay Aquarium"(水族館)や
Fisherman's Wharfがあり、ここからWhale Watchingの船も出ている。
また、MontereyとCarmel間の海岸線は、
美しい景観が次々に現れる絶好のドライブコースだ。
自然の美しさでも有名なMontereyだが、音楽でも名を馳せている。
1967年のMonterey Pop Festivalは今も語り継がれる壮大なイベントであり、
毎年行われるMonterey Jazz Festivalには
日本から参加するアーティストもいる。
カリフォルニアの爽やかな風に吹かれながら、身も心もゆだねてみたくなる。

The Modern Jazz Quartet with The Swingle Singers
"Air for G String"

[PR]
# by lanova | 2005-03-20 21:37 | Trip | Trackback(1) | Comments(2)

Mar. 19

3年前の今日、ロサンゼルス空港に降り立った私は、
Starting Overの第一歩を踏み出した。
それからの3年は瞬く間に過ぎていった。
時々、本当に3年も経ったのだろうかと思ってしまう。
当初、3年もすればいっぱしのカリフォルニア人になっているだろうと踏んでいた。
ところがどうだ。
いっぱしどころか、これっきしもカリフォルニア人にはなっていない私がここにいる。
テレビの日本語放送の時間には、何があってもチャンネルを合わせ、
日本からせっせと日本語の本を送ってもらい、こうして日本語でブログを書き、
英語での会話中に思わず日本語で返事をしたりしている。
これではいけない、何とかしなくては!と焦った時期もあった。
でも、すっかりしみ込んだ日本人としての私が、
3年やそこらでそう簡単にカリフォルニア人になどなれるわけがない。
まあ、それでもいいかって最近は思う。
少なくともこの3年間で経験したさまざまことは、
決して無駄なことにはなってないのだから。
そして無理にカリフォルニア人になることもないし、
必要以上に日本人を固持していくこともないんじゃないかって思っている。
[PR]
# by lanova | 2005-03-19 23:58 | Logbook | Trackback | Comments(4)

遭難者の夢(家族狩り第二部)

c0062603_17361185.jpg「家族狩り」5部作中の第2部。
ここではさまざまな家族が登場し、それぞれが問題を抱えていることが表出してくる。
この作品はあくまでもフィクションなのだが、家族の問題一つ一つが、現実に起こった問題とシンクロしているため、まるで実際の事件を追っているかのような錯覚に陥ってしまう。
我々が目にするそれらの多くの事件は、報道を通じてのものにしか過ぎない。
しかし報道されない真実も必ずあるはずだ。
そして問題をはらんだ家族は、何も特別な家族ではなく、どんな家族にだって潜在的にあるのだと、改めて思わされる。

遭難者の夢(家族狩り第二部)/天童荒太(新潮文庫)
[PR]
# by lanova | 2005-03-19 23:50 | Book | Trackback | Comments(0)