Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Bread in April

c0062603_05421328.jpg

c0062603_05424315.jpgc0062603_05431325.jpg
c0062603_05432942.jpgPittas
4月に焼いたパンはこの1種類だけ。
でも、完全な失敗作。
焼こうと思ったのはPittas。
こねるところまでブレッドマシンにお任せ、その後形成して焼いたのだが、どうも形成の仕方が悪かったようで、薄く平らにするはずだったのが膨らんでしまった。
でも味は一応ピタだし、食べる分にはいいんじゃない、ということで冷めてからカットし、ビニール袋に入れて冷凍。
ちなみにこんな感じに焼きたかったんだけどね。
Wikipediaより。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-18 16:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)

One week later

c0062603_13553418.jpg

前回、記載したタイツリソウ(別名ケマンソウ)Bleeding HeartとムスカリMuscariの1週間後。
4月29日の撮影。
今年のタイツリソウは今までで一番きれいに形よく咲いた。
小さなハートがいくつも並んでいてカワイイのだが、Bleeding Heart(血を流すハート)という呼称はちょっとドキッとする。
この花は次々と新しい花が咲き、6月頃まで楽しむことができる。
紫色のムスカリはこの時がピーク。
この後だんだん花がしぼみ、今はほとんど花を落としている。
こぼれ種から来年も花を咲かせるのだろう。
マイナス30℃にもなる極寒の冬を超えて自ら花を咲かせるムスカリの健気なこと。
この撮影から3日後の5月1日、雪が降るのだが、それもものともせず花を咲かせ続けてくれた。
c0062603_13555221.jpgc0062603_13560825.jpg

c0062603_13562046.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-17 00:07 | Garden | Trackback | Comments(0)

Skipping spring, it's hot summer day

5月1日は雪が降ったというのに、2週間後の今日は最高気温が29℃!
「信じられな~い!」というのはこういうことを言うのだね。
でも、この降り注ぐ太陽光の下に出ない手はないと朝から丸1日ガーデニングというと聞こえはいいけど、実際はあれこれ片付けたり、土を運んだりの庭仕事。
でも、新しく花の苗も植えたし、大汗をかくのもこれまた気持ちがいい。
こういう肉体労働は休み休みやった方がいいというタイプ(まさしく夫がこれ)と、一気にやっつけたいタイプがあって、私は後者。
勢いで最後までやってしまいたい方。
というわけで本日の予定はすべて終了し、汗をかいた後で飲んだビールの美味しかったことと言ったら!
c0062603_14241124.jpgc0062603_14232631.jpg
さて我が家の春はまずは花よりも野菜から始まる。
ここの写真はすべて4月21日のもの。
アスパラガスは苗を植え付けて6年目。
今年も春の訪れをじっと土の中で待ち、固い土の中からひょこっと頭を出した。
去年飢えたイチゴも越冬!
イチゴって一年草だと思っていたので、ちょっと驚きだった。
しかもとても元気な葉をつけている。
もしかしたら冬の間、ユキとトラがせっせと施肥をしていたせいかも…
c0062603_14250197.jpgc0062603_14251308.jpg
花が咲く順番は、まずはタンポポ。
その次はスノードロップなのだけど、今回撮影チャンスを逃してしまった。
その後がこのムスカリ。
これは本当に強い花で、どんどん増えていく。
元々が野草だそうで、繁殖力は強いのだろう。
c0062603_14252524.jpgc0062603_14253618.jpgc0062603_14260657.jpg
そして次に咲くのがこのケマンソウ(タイツリソウ)、英語名はBleeding Heart。
この花は日本人が見ると寺院の装飾品、華鬘や鯛を釣っている姿に見え、西欧人が見るとハートから血を流しているように見える。
面白いね、このような視覚的な印象の違いは文化的違いもあるのだろうね。
この花が咲き始めると、やっと花壇にも色味が付き始める。
アイリスやホスタ(ギボウシ)など、このポーチ横の花壇に飢えているのはすべて越冬する花たち。
どんなに冬が厳しくてもちゃんと次の春には新しい芽を出し、葉を伸ばし、花をつける。
何んともいじらしく健気だ。
昨年はジャパニーズビートルにやられたバラも、この時期は新芽を付けている。
今年はあの邪悪な虫たちにやられませんように!
c0062603_14261733.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-15 00:50 | Garden | Trackback | Comments(2)