Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Road trip day 3-Part 1/Wyoming

ロードトリップ、やっと3日目。
7月18日火曜日午前7時30分、ミネソタの自宅を出てから776マイル(約1,241㎞)地点、ワイオミング州Buffaloのキャビンを後にする。
この日もよく晴れて良い天気。
いよいよ今回の目的地イエローストーン国立公園に向かう。
今日はどんな光景が行く手に広がるのだろう。
と思いながらキャビンの前の坂道を上がっていくと眼前に飛び込んできたのが頂上に雪をかぶったグランドティトンの山々。
ここから320マイル(約512㎞)も先なのにその山が見えるというのはどうだろう!
その空間の広大さを思わずにはいられない。
何やらワクワクした高揚感で始まった3日目。
c0062603_15084307.jpg
c0062603_15085710.jpg
c0062603_15090810.jpg
c0062603_15091859.jpg

少しばかり小高い丘の上から眺めたグランドティトンの雪をいただいた山々は、谷を下るにつれその姿を消していった。
そして道の両側に現れてきたのは硬質な岩肌とその隙間に生えている緑の木々。
この木たちの根っこはどうなっているんだろうか、固い固い岩の中で根を張っているのだろうか。
そんなことを思いながら山肌を眺めていたら…
急に車の進行を止められた。
交通整理のようなおっちゃんがストップサインを持って立っている。
「ナニナニ、こんなところで道路工事?それとも交通事故?」と前方を見てみると…
黒い塊が集団でうごめているではないか。
よくよく見ると馬に乗った男たちの姿も…
何と!本物のカウボーイの登場だ。
決して映画ではない。
このワイオミング州は言わずと知れた西部劇のロケ地。
そして生粋のカウボーイ・カウガールの本拠地。
牛たちが山から山へと移動していたのはこの道がここにできる前からのこと。
それならば優先権は牛さんたちとそれを引導するカウボーイにあるわけで、「そこのけそこのけお牛が通る」ということなのだ。
c0062603_15093165.jpg
c0062603_15094212.jpg
c0062603_15095337.jpg
c0062603_15100234.jpg
c0062603_15101267.jpg
c0062603_15102145.jpg
c0062603_15103230.jpg
c0062603_15104384.jpg
c0062603_15105234.jpg
c0062603_15110137.jpg
c0062603_15112203.jpg
c0062603_15113638.jpg
夏休み中ということでもあり、止められた車のほとんどは旅行中の人。
州外のナンバープレートが多く、みな車から降りてカメラやスマホを掲げる。
もちろん負けてならじとシャッターを押しまくる。
でもねえ、こういうときは写真じゃなくてビデオにするべきなんだな。
でも、哀しいかな、習性でカメラを構えてしまう。
というよりビデオに録るという発想さえ、このときにはなかった。
何しろ映画やアトラクションではなく、実生活としてのカウボーイとその活動を目前に、それだけで大いに興奮してしまったのだから。
c0062603_15115037.jpg
c0062603_15120041.jpg
c0062603_15121199.jpg
c0062603_15122290.jpg
交通規制が解かれたあとは、両側に広がる奇岩や岸壁を眺めながら、いつまでも「本物のカウボーイ、本物のカウボーイ」とまくしたてる私なのであった。
ま、だからといって俄かに西部劇ファンになるわけではないのだけれど…

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-10-22 01:20 | Trip | Trackback | Comments(4)

Road trip day 2-Part 3/South Dakota, Wyoming

ロードトリップ2日目の午後、Wall Drug Storeから向かったのは今回の旅の目的地の一つMount Rushmore National Memorial Park(ラシュモア山国立記念公園)。
公園に入る前に山のふもとのKeystoneでランチをすることに。
いかにも観光地らしいレストランが軒を並べる中でバッフェ(食べ放題)好きの夫が選んだレストランは大外れ。
ま、観光地だから仕方がないかと潔く諦めてさっさとすませてラシュモア山に向かうことに。
c0062603_12221016.jpg
山道を登っていくと見えてきた、見えてきた!
古き良き時代の大統領たちの顔。
「大統領」という言葉の意味がこの頃の大統領と今とでは雲泥の差。
もちろん言葉の意味だけじゃないけど…
カーブを曲がって4人の顔が前面に登場するとやはり「わぁ~、すごいなあ!」と自然に嘆息が漏れる。
c0062603_12224076.jpg
c0062603_12225273.jpg
c0062603_12230254.jpg
c0062603_12231303.jpg
c0062603_12232578.jpg
c0062603_12233723.jpg
このラシュモア山の大統領の胸像についての解説はWikipediaに詳しい。

アメリカ政府から委託されたガットスン・ボーグラムが400人の作業員とともに標高1745メートルのラシュモア山の白い花崗岩の露頭に、1927年から1941年10月31日まで14年間をかけて、高さ60フィート (18m) にも及ぶ巨大な胸像を彫った。彫られているのは、アメリカ合衆国建国から150年間の歴史に名を残す4人の大統領(ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーン)である。ラシュモア山の花崗岩は16億年前にでき、非常に硬質で、彫刻作業は困難を極めたためダイナマイトで砕きながらの作業となった。硬質な岩盤が選ばれた理由は、アメリカの象徴ともいえるこのモニュメントが長期にわたって風化しないようにという配慮からである。

夏休み中だということもあり、子供連れの多くの人でにぎわっていた。
単なる観光地としてだろうか、それとも子どもたちに尊敬すべきアメリカの歴史を築いてきた大統領たちの凛とした姿を見せるためだろうか、子どもたちにに大統領とは尊敬すべき存在して刻み付けられるのだろうか…
4人の胸像を眺めながら、15年前に渡米したときとあまりにも様相を変えてしまったアメリカという国に思いを馳せた。
c0062603_12235073.jpg
ラシュモア山を後にして、再びI-90を西へと車を走らせる。
またしても平坦な風景が前面に大きく広がり、今夜の宿泊地Buffaloまで203マイル(約325㎞)のロングドライブとなる。
c0062603_12240028.jpg
c0062603_12241077.jpg
サウスダコタ州を2日近くかけてほぼ真横に横断し、ワイオミング州に入る。
ワイオミング州に入ってすぐのレストエリアはSundance。
我が家からここまでの距離は644マイル(約1,030㎞)。
結構な距離でもあり、長時間でもあるけれど、時間に縛られない気楽なロードトリップはゆったりした気分になれる。
もっとも運転をすべて夫が引き受けてくれたことが大きいけれど…
c0062603_12252779.jpg
c0062603_12253845.jpg
c0062603_12254874.jpg
c0062603_12255978.jpg
大きく開けた前面に雨雲が見える。
はっきりと雨が降が降っている場所が目視できる。
こういう自然現象を自分の目で見ることができるのは、この広大なアメリカの大地だからこそ。
もしかしたら日本でも北海道だったらこういう光景もあるのかもしれない。
残念ながら北海道には足を踏み入れたことがない。
自然には抗えないなと、天気の移り変わりを目の前にして思う。
c0062603_12261520.jpg
c0062603_12262525.jpg
c0062603_12263567.jpg
この日の宿泊先はZ Bar Motel
こじんまりとしてキャビンタイプのホテル。
Buffaloはとても小さな町なのでレストランの数も多くはない。
そういう所でまず間違いがないのはメキシカンレストラン。
夫はブリトーを、私は2種類のサラダ付きのセビーチェのタコ。
ディープフライのアメリカ料理よりはずっと健康的かな。
食事を終えてキャビンに戻った夫はベッドに倒れ込むようにして寝息を立て始めた。
この日も安全運転で楽しませてくれた。
ありがとね。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-10-03 23:43 | Trip | Trackback | Comments(8)

Road trip day 2-Part 2/South Dakota

c0062603_12022644.jpg
またまた間が空いたけど、ロードトリップ2日目、7月17日月曜日のパート2。
小休憩をした1880 Townを後にして再びI-90を西へ西へ。
またしても変哲のない大平原が続くのかと思いきや、風景に変化が見え始めてきた。
c0062603_12024168.jpg
c0062603_12025406.jpg
左手に山肌に美しい色彩の帯を描く岩山が見えてくる。
Badlands National Park(バッドランズ国立公園)だ。
badlandsというと荒地とか不毛地帯とかを思い浮かべるが、ここはそうではない。
この景色は3500万年の歳月をかけて大地が風雨に浸食された結果だという。
国立公園の中には入れなかったが、遠くから眺めることが出来た。
そしてしばらくすると出迎えてくれたのが80フィート(約24m)の張りぼて恐竜君。
この日の目的地の一つWall Drug Storeの広告恐竜だ。
c0062603_12030434.jpg

c0062603_12031721.jpg
c0062603_12032878.jpg
Wall Drug Storeは、1軒のドラッグストアとしては世界で一番大きなドラッグストア。
ここは1931年にHusteadという人が小さなドラッグストアを開いたものの、ほとんど立ち寄る人はいなかったそうで。
でも、国立公園のバッドランズの入り口付近にあるし、ちょっと先には大統領の顔を岩山に掘ったラシュモア山があり、多くの観光客が行き来している。
何んとかこの観光客を呼び込めないものかとI-90沿いに「Free Ice Water」という看板を立てた。
当時の車にはエアコンはなく、長距離ドライブに疲れた人たちが次々に立ち寄るようになり、どんどん繁盛していったという。
今でもこの「Free Ice Water」という看板はいたる所でみることができる。
それに加えて「¢5 coffee」という看板もある。
というわけでこの世界で一番大きいドラッグストアは今回の旅の目的地の一つ。
ドラッグストアというからには薬局の超大型店かと思いきや、何でもありのスーパー観光施設。
でも、そこかしこに1880年代の西部劇で目にするようなあれやこれやがいっぱい。
c0062603_12035484.jpg
c0062603_12040508.jpg
c0062603_12041574.jpg
c0062603_12042897.jpg
c0062603_12044152.jpg
c0062603_12045178.jpg
土産品がずらりと並んだ奥の階段を上がると、動物愛護団体が目を吊り上げそうな野生動物のはく製がずらり。
この近辺の動物が主ではあろうけれど、どう考えてもポーラベアなんてのはここにはせいそくしてないだろうな、やっぱり。
なかなか野生動物を身近で見ることなんてできないので、はく製といえどもなかなか迫力がある。
c0062603_12051772.jpg
c0062603_12052926.jpg
c0062603_12054844.jpg
c0062603_12055892.jpg
c0062603_12061434.jpg
店内のあちらこちらには1800年代後半フロンティア時代を彷彿とさせるデコレーションや人形たちが置かれている。
この手のものはどこに行ってもあるけれど、それもまあ観光の一つだと思えば楽しいとマネキンと並んで写真を撮る。
でもねえ、こういうのって他の人はあまりしてないね。
日本人は好きなんだけど…
c0062603_12063120.jpg
c0062603_12064243.jpg
ウェスタンブーツはなかなかいい。
これだけ種類があると一つくらいは似合うのもあるような気がする。
結構お値段も良かったのだけれど、このブーツに合うような服もないことだし、眺めて写真を撮るだけ。
でも、夫はここでお気に入りの革製のカウボーイハットを見つけて購入。
この先の旅でずっとかぶり続けることになる。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-10-02 22:53 | Trip | Trackback | Comments(0)