Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Always sweet

c0062603_11545952.jpg

何とも可愛らしい子猫の寝姿。
思わずピンクの鼻先をちょこんとつついてみたくなる。
でも、これは掌の上に乗る小さなベッドとそこに眠る子猫の人形。
あまりにも可愛いので、ダイニングのいつも座るテーブルの上に置いて、朝に昼に晩にと眺めている。
実はこれは日本語を教えているドイツ在住の夫妻から「ちょっと遅くなったけどイースターのプレゼント」と届いたもの。
中には彼らが住んでいる街の手作りのチョコレート、今はアメリカでもすっかり有名になったHariboのグミ、そして彼らが出かけた先のお城のパンフレット。
嬉しいね。
私がアメリカ以外の国にはどこへも行ったことがないのを知っている彼らは、どこかへ旅行すると必ずその地のパンプレットやガイドブックなどを送ってくれる。
しかも日本語版があれば、必ず日本語版を。
オンラインスクールでのレッスンで、クラスルームのモニター越しに会うだけだけど、長くレッスンをしていると近所に住んでいても会わない知人よりはずっと近しく思えてくる。
彼らは私のふるさと松江にも滞在してくれ、大層気に入ったという。
これもまた嬉しいね。
c0062603_11553596.jpgc0062603_11552094.jpg

そしてそれに相前後して、日本からも嬉しいパッケージが届いた。
母は生前、買い物のたびに私の好きなものや、役に立ちそうなものを買いためては、年に数回送ってくれた。
こちらでも手に入るものでも、母の手を通して箱に詰められて海を渡ってやってきた荷物はことさら嬉しい。
でも、母が亡くなってからはそんな荷物も途絶えると思っていたら、大学時代に一番仲の良かったミワコさんから荷物が届くようになった。
実は彼女ともしばらく音信が途絶えていたのだが、母が亡くなった際に再びやりとりが始まった。
「お母さんがまた会わせてくれたのよ」というミワコさんの言葉を思い出すたびに喉の奥がキュキュッとなる。
今回の荷物は大好きなおかきを数種類とのど飴やらシュガーレスキャンディーやら、そして私たちが十代の頃に飽きるほど聴いていた早川義夫と下田逸郎の彼女の選曲によるCD。
嬉しいね、嬉しいね、ドイツからも日本からも「想い」のつまったギフト。
ここにも幸せがあるのだね。
c0062603_11560921.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-22 22:25 | Logbook | Trackback | Comments(2)

The most favorite place and time

c0062603_12134729.jpg

オイラとユキ姉がイッチバン好きな場所。
どこかわかる?
母ちゃん、もうチョイ、カメラ引いてよ。
c0062603_12140402.jpg

わかった?
そう、ゴロンとカウチに横になった父ちゃんの上。
オイラの父ちゃんは、毎日夕方5時25分くらいに帰ってくる。
5時25分だよ。
うん、それよか、ちょっと早いか遅いことはあるけど、せいぜい5分だね。
父ちゃんは仕事から帰ると、晩ごはんができるまで、こうやってゴロンと横になるんだよ。
母ちゃんに「ご飯ができるまでチョイと休憩」って言って。
すごいんだぜ、オイラの父ちゃん。
ゴロンとなったかと思うと、数分後にはイビキかいてるんだから。
c0062603_12142642.jpg

で、こうして父ちゃんがゴロンと横になると、ユキ姉とオイラもすかさず飛び乗るわけよ。
父ちゃんの上はあったかくって柔らかくって、ベッドよりずっと気持ちがいいんだな。
母ちゃんはご飯作るんで忙しいし、オイラたちのことは構ってられない。
一日のうちで最高に気持ちのいい場所と時間だってわけ。
だって普段は一緒にいないユキ姉とこんな風に父ちゃんを「シェア」してんだからね。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-21 22:27 | Cat | Trackback | Comments(2)

15th Wedding Anniversary

c0062603_10342202.jpg

5月3日は結婚15周年の記念日だった。
結婚当初は一年一年の記念日を祝うけれど、だんだん記念日が普通の日に埋もれていく。
ここでは10年目、15年目、その後は25年目が特別な記念日だとされている。
ということは次の「特別」まで10年。
いささか不安がないわけではない。
やっぱり15年目は盛大に祝った方がいいねということになった。
トラディショナルな記念の品は水晶(クオーツ)だそうだが、最近では時計が多いという。
それではちょっと奮発して好きな腕時計を買うことにした。
夫の私もシンプルで時間がはっきりわかるものがいいねと選んだのがこれ。
夫はBoss、私はCoach。
でも二人ともまだ一度もつけていない。
何となくフツーではない、特別の日につけ初めをしたくて…
c0062603_10344227.jpgc0062603_10345618.jpg時計を買いに出かけた後は記念日の食事。
記念の品で奮発したので、食事は豪華なフルコースディナーではなく、近所のお気に入りの韓国料理の店へ。
夫はプルコギ、私はシーフードのチジミ。
でも、韓国料理は前菜がしっかり付くし、ご飯もあるのでたちまちおなか一杯に。
美味しいものは人を幸せな気持ちにしてくれる。
15周年という記念の日に幸せな気持ちになれれば、こんなステキなことはないね。
幸せな気持ちを抱えて家に帰り、二つの時計を眺めながらしみじみと「ずっと時が止まらなければいいね」などとちょっとロマンチックなことを言ってみれば、「多分、3年か4年は電池が持つんじゃないか」と、実に無粋な、否、現実的な返事をする夫なのであった。

c0062603_10350816.jpgc0062603_10352421.jpg
c0062603_10353873.jpgc0062603_10354937.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-20 20:53 | Event | Trackback | Comments(2)