Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

I think ...

c0062603_11334699.jpg

オイラ、最近思うんだよな…
よく言うじゃないか、「犬は人について、猫は家につく」って。
あれって本当だと思う?
オイラは生まれた家からここに来たんだけど、生まれた家にはそんなに長くいなかったからなあ…
オイラの家ってここだけって感じなんだよな。
でも、ユキ姉はこの家は5軒目なんだって!
ユキ姉がどこで生まれたかは父ちゃんも母ちゃんも知らないらしい。
そこから父ちゃんと母ちゃんの友達の家に行ったらしんだな。
その友達が引っ越すっていうんで、父ちゃんと母ちゃんがユキ姉を引き取ることになったんだって。
その友達の家と父ちゃんたちの家はすごく近かったんだな。
でも、ユキ姉はその家には帰らなかったんだって。
てことは「猫は家につく」ってわけでもないよなあ。
その後、ユキ姉は父ちゃんと母ちゃんについて3回、引っ越しをしたわけだよ。
オイラはユキ姉を見てると、家は関係ないんじゃないかなあって思うんだな。
特にユキ姉は父ちゃんにべったり!
母ちゃんにはすっごい冷たいんだ。
ちっともスリスリしないし…
ま、ユキ姉は母ちゃんだけでなく、女の人は好きじゃないみたいだけど…
オイラはだれでもいいよ。
ナデナデしてくれる人だったらだれにでも愛嬌ふるまってから…
てわけでオイラが何を言いたいかっていうと、猫だって家じゃなくて人につくってこと。
ユキ姉もオイラも父ちゃんと母ちゃんとずっと一緒にいたいってこと…
でも、叶わない思いもあるんだろうな、きっと…

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-06-29 21:47 | Cat | Trackback | Comments(2)

Breads in May

c0062603_13592416.jpg
5月に焼いたパンは普段使う材料プラスアルファのパンや、どうも焼き上がりがうまくいかなくて焼き直したものも…
形も悪いし、焼き上がりも完ぺきではないけど、「手作りに勝るものはなし」と誰も言ってくれないので自分に言い聞かせて…
c0062603_13594100.jpgc0062603_13595223.jpg
Breakfast Brioche
これは一度焼いたけれども焼き上がりが固すぎて、もう一度焼き直したブリオッシュ。
2回目もふわっとした柔らかさを出すことはできなかったけど、まあ食べられないわけではないし、温めてバターを塗ればそこそこね。
あ、もちろん焼きそこないのパンは捨てはしません。
庭にやってくる野鳥たちにちゃんとご馳走した。
c0062603_14000786.jpgc0062603_14002020.jpg
Plaited Chia Seed Bread
レシピではポピーシードが材料になっていたが、家にあったチアシードを使ってみた。
編みこんで形を作るがちょっとへたくそではあったけど、これはなかなかうまくできたと自画自賛。
生地にうまく空気が入ってサクサクっと柔らかな仕上がりになった。
c0062603_14003522.jpgc0062603_14004850.jpg
Oatmeal and Potato Bread
これはヘルシーブレッドというか健康パン。
オートミールとマッシュポテトを生地に入れ込んで、これは焼きまでブレッドマシンを利用。
捏ねから発酵、焼き上げまでマシンを使うと失敗はないけれど、どう調節しても生地がしまって固めに焼きあがってしまう。
でも、これは焼きまでうまくいき、ちょっと日本の食パンのような食感になって嬉しかった。
「おいしいよ」と食べてくれる夫もいるわけで、とりあえず及第点の5月の手作りパン。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-06-27 00:24 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Canada Goose

c0062603_13520154.jpg
先月の終わりのことだった。
5月にしては珍しく霧の立ち込める朝、夫の「庭にゲストが来てるぞ~」の声に促されて窓の外を覗いてみるとCanada Goose(カナダガン)が2羽、散歩でもしているのだろうか、淡い朝の光の中でそのシルエットが浮かび上がっている。
このカナダガンは北アメリカではごくごく馴染みのある渡り鳥で、特にこの北部アメリカとカナダに多く見られるという。
この鳥の姿を見ると「暖かな季節になったのだね」と確信できる。
毎年9月~11月になると南下し、ここがすっかり暖かくなるころに戻ってくる。
最近は寒冷地でも越冬するのもいるという。
c0062603_13552072.jpg
季節を知らせる渡り鳥ではあるけれど、日本ではずいぶん敵対視されていたようで、2015年には「危険な外来種を根絶できた」とニュースにもなったという。
1985年に日本に持ち込まれたこのカナダガンは、日本固有種のシジュウカラガンととてもよく似ているそうで、一時はその数が増え、シジュウカラガンの絶滅が危惧されたこともあったそうだ。
c0062603_13554760.jpg
大空を矢じりのように三角形の線形を作って飛ぶ姿は美しい。
ギイギイと無く声は時折うるさくはあるけれど…
このカナダガンは一夫一妻制で、ほとんどその生涯はつがいで過ごすという。
稀につがいの片方が死ぬと後添えを取ることもあるそうだが、ほとんどが死ぬまで一つのつがいとして過ごす。
人間よりも情が深いのだね、カナダガンって…
c0062603_13560730.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-06-24 00:15 | Garden | Trackback | Comments(2)