Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Before & After Bathroom

昨年の我が家の一大プロジェクトはバスルームの改造、いわゆるリフォームだった。
トイレットボウルやバスタブ、壁、床をすべて取り換えるという(我が家にとっては)大事業。
これを夫は電気工事以外、全部自分でやるという。
夫が器用なのもわかっているし、技術的な点でも問題はないことはよ~くわかっている。
でもねえ、平日、仕事を終えてからと休日だけでこの大事業を一人で進めるのはどれだけ大変なことか…
業者に頼めば数日で終わるであろう作業も相当な日数がかかるのは覚悟していた。
やっぱり…
作業に取り掛かってから一応の完成を見るまでなんと6か月もかかった。
確かに人件費は大いに節約できたのだけど、昨年の夏はどこへも出かけることもなく、ミネソタの一番いい季節を楽しむことができなかったのはちょっと残念だった。
c0062603_12565969.jpgc0062603_12582976.jpg
左は2011年、この家に引っ越してきた際のトイレ。
右はリフォーム後のウオッシュレット、もちろんTOTO。
全体が緑色に見えるのはバスルームの壁をライトグリーンに塗り替えたから。
c0062603_12595579.jpg

c0062603_12572928.jpgc0062603_13005026.jpg
こちらはバスタブのビフォー&アフター。
撮影の方向が反対で、その違いがわかりにくいけど…
c0062603_13013609.jpgc0062603_13020615.jpgc0062603_13031597.jpg
古いバスタブを取り外すのは本当に大変だった。
何しろこの家が建てられたのは30年以上も前で、バスタブも鉄製でとてもとても重い。
いくら夫が一人で頑張ると言ってもこれだけは一人ではできず、か弱き腕を差し出すことになった。
どうにかこうにかやっと取り外したものの、これを外に運び出すのは難しいなあと思っていたところ電気工事に来ていたお兄さんたちが運び出してくれた。
感謝、感謝。
c0062603_13034622.jpgc0062603_13044678.jpg
バスタブの下は水漏れがあったのか、床下にはかなりのダメージが見られた。
そこでまずは床下を補強することから始めたのだが、それによって床をフラットにするのがなかなかうまくいかず、新しいタブを入れてはまた取り外し、ということを何度かやってやっとタブの設置が終了。
新しいタブはFRP(ファイバーグラス)なので、これは私も気楽にお手伝い。
c0062603_13051580.jpgc0062603_13054280.jpg
その後はバスタブの周りの壁の取り付けだが、これも補強材を入れてからしっかり設置。
取り付けてから周囲はシリコンでシーリングする。
これはしっかり手伝った。
初めての作業だったが、思いのほかうまくでき、ほとんど人のことを褒めない夫も、この時ばかりは「結構うまいじゃないか!」と感心した様子。
やればできるのよ、おばさんも!
c0062603_13060032.jpg

というわけで約半年かかったバスルームのリフォームで、それまでの浅いバスタブから日本のお風呂のような深さのあるバスタブに変わり、しかもジャグ―ジー付き。
これが実に気持ちがいい。
寒い寒いミネソタの冬もこのバスタブに浸かっていると天国。
気が付くとウトウト眠ってしまうこともしばしば。
やっぱりお風呂はこうじゃなくちゃね。
よく頑張りました、夫殿!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-03-21 23:45 | House | Trackback | Comments(2)

Cats and more

c0062603_03453403.jpg
ホントはね、あたしは父ちゃんのこの腿の上で、こんな風にくてーっとしてるのが一番好きなの。
できれば朝から晩までこうしていたいわけよ。
だから父ちゃんにも動かないでいてほしいんだけど、どうも人間っていうのは猫みたいに辛抱強くないわね。
2時間もじっとしてられないみたい。
ま、でも父ちゃんはあたしにだけは特別優しいから良しとしてあげるわ。
でもね、11月にここんちの息子たちが来たときは、やたらあたしにちょっかい出して遊びたがるわけよ。
せっかく遠いところから遊びに来てるし、あまりにも無碍にするのもかわいそうだから、ちょっと相手をしてやったわけ。
ところがここんちの父ちゃんと母ちゃんは、あたしとおもちゃではあんまり遊んでくれないのね。
だから久しぶりにおもちゃで遊んでくれたもんだから、あたし、柄にもなく張り切ってしまったわ。
ま、これもサービス、サービス。
で、トラはどうしてたかって?
見てよ、下の写真で彼の横着ぶり!
c0062603_03461846.jpgc0062603_03462909.jpgc0062603_03464304.jpg
c0062603_03481078.jpgc0062603_03482506.jpgc0062603_03483567.jpg
c0062603_03485056.jpgc0062603_03490711.jpg

c0062603_03512045.jpgc0062603_03500920.jpg
c0062603_03502383.jpgc0062603_03504051.jpg
c0062603_03510051.jpg
別にオイラ、遊んでやらないわけでもないんだけど、あいつら自分のペースで遊びたがるだろ?
オイラはオイラのペースで遊びたいわけだよ。
だけど、ま、ちょっとお愛想も大事かなと思って、ちょいと遊んでやったんだけど、何か?
それよりも父ちゃんが作ってくれた段ボールの箱の方が居心地が良くてさ…
でも…オイラ、成長がいいもんで、この中に入るのも結構きついんだよな。
典型的なアメリカ猫ってわけだよな。
ん?父ちゃんに似てるって?
ま、そういうことだ。

毎年恒例の感謝祭の料理は…
[PR]
# by lanova | 2017-03-19 14:25 | Cat | Trackback | Comments(0)

Sweet Memories 4

c0062603_04062942.jpg

c0062603_04064999.jpgc0062603_04070801.jpg
セントポールのコモパークでたっぷり歩いた後は、やっぱりビールでしょ!
ということで午後から夕方にかけてはビール醸造所のSummit Brewing Companyへ。
醸造所の中を案内付きで見学した後は、クラフトビールをたっぷり楽しんだ。
この日はTシャツでも大丈夫なくらい暖かな日だったので、秋の日差しの中で何種類かのビールを飲み比べる。
夫とDはホップのよく効いたIPAが好み。
息子と私はスタウトビアが好きと、それぞれに好みのビールが違って面白い。
たまたま車の中に常備していたピーナッツをつまみに、日が暮れるまで話もビールも進む。c0062603_04073653.jpgc0062603_04075205.jpg
翌日は車で40分ほどウィスコンシン州方面に向かったところのStillwaterにあるワイナリーSaint Croix Vineyardsへ。
そう、昨日はビール、今日はワインというわけだ。
Stillwaterは夫も私も大好きな街でこれまでも何度も訪れているが、ワイナリーに行くのは初めて。
ここでも案内付きで見学した後、ワインテイストを楽しんだ。
Dはドライなワインが好き、私はどちらかといえばデザートワインのような甘めが好きと、ここでも好みが分かれるが、それぞれ満足できるワインを見つけることができた。
今回は夫の手作りビール、人気のサミットビール、そして豊饒なワインと呑兵衛の二人も存分に楽しめたのではないかと思う。c0062603_04091458.jpgc0062603_04092906.jpg
もちろん彼らがここで過ごした1週間、毎日毎日飲んでいたわけではなく、しっかり「母ちゃんの味」も作りましたよ!
とんかつ、ギョウザ、ポテトサラダ…息子の好きな料理は一通り作った。
どこに入るだろうと思うほど細身の彼女もよく食べてくれた。
最後の夜はすべてをきれいに平らげてくれた二人に嬉しくもあり、最後の夜なんだなとも思わされ、寂しくも感じ…
1週間は本当に瞬く間だった。
夫と二人のときはそんなにあれこれ話すわけじゃないし、最も毎日一緒にいればそれほど話題があるわけでもない。
でも息子とは母の葬儀以来3年半ぶりだったこともあり、次から次へと話が弾む。
それだけに二人がロサンゼルスに帰った後は、まさに祭りのあとの寂しさ。
次に会えるのはいつかな、同じアメリカでも遠い。
元気でいればまた会えるから、そう言い聞かせても秋風が吹き抜けていく。
彼らがミネアポリスを後にすると、待っていたかのように冬が訪れた。
c0062603_04094803.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-03-16 14:45 | Trip | Trackback | Comments(2)