Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Breads and Pie in June

6月半ばに夫は完全に退職。
毎日お弁当(と言ってもサンドイッチだけど)を作る手間はなくなったものの、三度三度の食事を家でとることになったので、パンの消費速度が速い速い!
そんなわけで、6月はいつもよりパンを焼く頻度が高かったけど、美味しくなければなかなかなくならないわけで、「これはウマい!」と食べてくれたのはありがたいこと。
やっぱり捏ねるまではブレッドマシーン、焼くのはオーブンという方がずっと美味しい。
c0062603_14032436.jpgc0062603_14041034.jpg
Rye And Seed Bread
パン用小麦粉、パン用全粒粉、ライ麦粉にココアパウダーとキャラウェイシードを入れて焼いた健康パン。
これは焼くのもブレッドマシーンで、ギュッと詰まった感じの仕上がり。
トーストしてバターを塗って食べる分には悪くはなかった。
c0062603_14045469.jpgc0062603_14052565.jpg
Whole Wheat Yogurt Bread
これも全粒粉とパン用小麦粉にヨーグルトと小麦ふすま(wheat bran)を入れて焼いた健康パン。
こちらもブレッドマシーンで焼いたので、締まった仕上がりになったけど、ヨーグルトを入れた分、柔らかさが加わった。
c0062603_14062585.jpgc0062603_14070910.jpg
Parsley And Chive Cottage Loaf
パセリと庭で栽培しているチャイブをたっぷり入れて焼き上げた。
捏ねるところまでブレッドマシーン。
その後、時間を見ながら発酵させたり成形したりするので手間はかかる。
手間はかかるけど、焼き上がりもオーブンをのぞきながら調整できるし、しっとり柔らかく焼けるのでずっとおいしい(気がする)。
c0062603_14075522.jpgc0062603_14082491.jpg
Cheesy Chive Granary Bread
これも庭のチャイブを摘み取ってきて、4種類のチーズを入れて全粒粉とパン用小麦粉で焼き上げた。
こちらはカリカリっとクリスピーな仕上がりで、食事以外にもワインとともに薄くスライスしてオードブル風にも。
c0062603_14092560.jpgc0062603_14101063.jpg
Fresh Rhubarb Pie
オマケはこれも庭のルバーブを使ったパイ。
今年はルバーブはジャムやソースを作るほどのの収穫はあまりなく、そのままカットしてパイのフィリングに。
素朴な味わいで簡単にできる旬のパイが焼き上がった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-07-28 00:40 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Flowers in early summer 2

c0062603_13544567.jpgc0062603_13551435.jpg
この蕾のような可愛らしい花はハーブの仲間、チャイブの花。
ニラが簡単に手に入らないここではチャイブは時にはニラの代わりにギョウザの中に入ったり、刻んでパン生地に入れて焼いたり、スープの具に加えたりと、活躍の場は多い。
そのチャイブの花はこんなに可愛らしいのだね。
初夏の庭の様子、第2弾。
c0062603_13555997.jpgc0062603_13562921.jpgc0062603_13565395.jpg
今年は新たな花は植えるつもりはなかったけど、ナーサリーに行くとやっぱり手が出てしまう。
夏には蔓物は欠かせないわけで、これまではアサガオやフウセンカズラの種を蒔いていたけれど、今年は苗で購入。
右はBlack Eyed Susan(ヤハズカズラ)。
多年草だそうで、根付けば毎年花を咲かせてくれるだろう。
中はLofos Wine Red(ロフォスペルムム)。
なんとこの苗はサントリーのもの。
鮮やかな赤い花が咲くはずだけど…
左は毎年たくさんの花をつけるクレマチス(テッセン)の蕾。
この1週間後には一斉に花開く。
c0062603_13571012.jpgc0062603_13572343.jpg
バラもそりゃあたくさんの蕾をつけた。
この時点で天敵のマメコガネは姿を見せていない。
写真を撮るたびにひやひやしながら敵状を探る。
このまま蕾が開きますようにと祈るような気持ちで過ごした初夏。
c0062603_13574192.jpgc0062603_13575056.jpg
デッキの下には鳥の巣が二つ。
何の鳥だろうか。
ここで卵を温め、ヒナが孵るのを楽しみにしようとしていた。
なのに…我が家にはとてつもない能力を持ったハンターがいたことを忘れていた。
この写真を撮った数日後、無残にも一つの巣は地面に落とされ、もう一方からは鳥の姿が消えていた。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-07-12 00:15 | Garden | Trackback | Comments(4)

Flowers in early summer 1

c0062603_12520073.jpg

c0062603_12521158.jpgc0062603_12522566.jpgc0062603_12523444.jpg
5月から6月にかけて咲いていた花たち。
まだ次々と花を咲かせるものもあれば、すっかり葉だけになったものも。
左の青い花はアマ(Flax/Linseed)。
一昨年に蒔いたワイルドフラワーは一年草がほとんどなのに、この花壇では翌年も芽が出て花をつけるものがいくつかある。
このアマもその一つ。
普通は一年草だけど、園芸用に多年草もあるので、きっとこれは多年草なのだね。
日本では冷涼な気候の北海道が栽培適地だそうで、なるほどね、だからこのミネソタでも元気なわけだ。
中の黄色い花はキバナオドリコソウ(Yellow archangel)。
これは日本でもよく見かける花で、とにかく強い!
氷点下30度の厳冬を乗り越えて春先には一番最初に新芽をつける。
グランドカバーにふさわしい花。
右の紫のはおなじみアヤメ(Siberian iris)。
いくつも株があるのに、今年もやっぱり花をつけたのは一株だけ。
アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの違い、わかるでしょうか。
アヤメは乾燥地、カキツバタは水中、ハナショウブは湿ったところ。
生育環境が違うんだね。
そして花が咲く順番もアヤメ⇒カキツバタ⇒ハナショウブ。
花や葉にも微妙な違いがあるけれども、ちょっと見にはわからない。
今年は例年よりも花が少ないけれど、それでも心を和ませてくれる。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-07-09 23:05 | Garden | Trackback | Comments(0)

Gig at Long Lake

c0062603_14232183.jpg

久しぶりに、本当に久しぶりに5月の末にライブに出かけた。
ミシシッピに住んでいたころは少なくとも1か月に1回は「生」の音楽に接していた。
ミネソタに引っ越してからは様々な環境、状況から音楽に遠ざかっていた。
そこに異文化のはざまで Somewhere around bordersのkobewindyさんに誘われて、ライブミュージックを聴きに出かける。
サパークラブでのギグに久々に夫も私も酔いしれた。
やはり生の音楽はいい。
ましてプレーヤーとオーディエンスの距離が近く、瞬く間に一体感を覚える。
もっとも、彼らの演奏が素晴らしいからこそだけど…
c0062603_14240221.jpgc0062603_14234213.jpgc0062603_14235176.jpg

こちらでその時の雰囲気を!




ちなみにこちらはギグの前のディナー。
お味もお値段もさすがに一流のサパークラブだった。
c0062603_07295679.jpgc0062603_07300999.jpg
c0062603_07302129.jpgc0062603_07303379.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-07-09 00:43 | Music | Trackback | Comments(2)