Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Selby Avenue Jazz Fest

c0062603_14361820.jpg

9月7日の誕生日の翌日に我が家のスペシャルイベントとして出かけたのがSelby Avenue Jazz Festival
セントポールのSelby Avenueを通行止めにしてベンダーたちのテントが並び、ストリート上に設営されたステージではあらゆるジャンルのジャズが演奏される。
もっとも音楽に、しかもジャズというカテゴリーの中に細かなジャンル分けは重要なことではないのかもしれない。
朝から夜遅くまでのフェスティバルだったが、夫の出勤時間は早朝3時過ぎなので、午前中に出かけた。
当然、夜遅くなればなるほどステージは佳境に入り、最後はその日のメインステージとなるのだが、朝のステージだってかなりレベルは高い。
高校生から市民ジャズバンド、プロのミュージシャンまで次々と登場して楽しませてくれた。

c0062603_14363774.jpgc0062603_14364919.jpg
c0062603_143708.jpgc0062603_1437101.jpg
c0062603_14372172.jpgビッグバンドは市民ジャズバンド。
かなり活動しているようで、年間スケジュールはいっぱいだそうだ。
青空の下で聞くビッグバンドのスイングジャズは気持ち良い。
随分若い子達もジャズをやってるんだなあと思ったら、何と高校生のバンドだそうだ。
ミネソタの高校や大学の音楽教育はかなりクオリティが高いと聞いている。
なるほど、こういうこともその一つなのかと納得。
最近では小学校の音楽の授業でもHip Hopがあるのだという。
予想外に嬉しかったのはBluesを聞けたこと。
右の白いシャツのオネエサンはジャズシンガーだそうだが、左のいかにもBluesという感じのオネエサン、しっかり聞かせてくれた。
通りのベンダーの一人としてホームメイドのキャンディーを売っていたオネエサンはSummertime Bluesを熱唱。
あまりにもステキでキャンディーとともにBilly HolidayのカバーCDを購入してしまった。

c0062603_14373368.jpgc0062603_1437452.jpg
もちろんこういう場では欠かせない一風変わったFoodも並んでいた。
こういうときミシシッピではこのちょいとゲテモノくさい食べ物と一緒に必ずビールも手にするのだが、ここはやはりミネソタ。
こういう場でのアルコールは絶対禁止だ。
JazzやBluesにアルコールがないのは、ちょっと淋しい気もするけど、ま、昼間だしね。

なかなか聞かせる高校生のJazzと、朝から気持ちよくBluesに酔わせてくれたオネエサンのステージをこちらでほんの少しだけ…



*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2012-12-29 22:30 | Music | Trackback | Comments(2)

Birthday in MN 2012

c0062603_185320.jpg
It will be a two years soon since we moved in Minnesota.
ミネソタで暮らし始めてもうすぐ丸2年になる。
けれども最初の年の誕生日はたまたま日本で迎え、今年の誕生日がミネソタで迎える初めての誕生日になった。
もう誕生日を祝うような年でもないけど、でもその日がなければ私はここにこうして存在していないわけで…

c0062603_191019.jpgc0062603_192367.jpg
c0062603_193456.jpgc0062603_194317.jpg

今年の誕生日は我が家の近くにあるフレンチカフェPardon My Frenchで食事をした。
普通のレストランだと食べきれないほどのボリュームでせっかくの食事も「お持ち帰り」になることが多いのだが、ここはほどよい量で私にはちょうどいい。
夫には物足りないかもしれないが…
毎週金曜日にはライブもあり、心地よいジャズに耳を傾けていたのだが、何しろ朝4時から勤務をしている夫にとっては午後8時ごろになると、早くも睡眠モードになる。
この日は食事を終えて早めにカフェを後にし、翌日のジャズフェスティバルへとバースディイベントは移っていくことになった。

c0062603_110134.jpgc0062603_1101167.jpg

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2012-12-27 10:45 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Baloon Vine and my mom

c0062603_1331332.jpg
日本の両親が毎年、種から植えて花を咲かせ、実を結ばせる「風船かずら」。
もう10年近くも前に、実家の母がこの風船かずらの種をそっと封筒にしのばせ送ってくれた。
それからというもの、毎年種を蒔いて可愛らしい小さな白い花と、風にそよぐ緑の風船を楽しみ、翌年用に種を採ってはまた蒔くといことを繰り返してきた。
ロサンゼルスのアパートの小さな花壇でも、ミシシッピに建てた家でも、その後に引っ越した家でも、そしてここミネアポリスの家でも…
毎年、風船が終わると種を収穫するのに、今年はそれができなかった。
風船かずらが満開の頃、実家の父から母の体調があまり良くないので帰国してほしいという電話が入った。
とるものもとりあえず、留守になる2カ月間に必要な最低限のことだけをして、日本へと向った。
当然、庭の草木のことは一切手をかけることができなかった。
2カ月後、戻ってきた私を待っていたのは庭のいたるところで茶色くなって枯れた草花の姿だった。
多年草はきっと雪の下の土の中でたくましい生命力を持ち続けて、来年には可愛らしい芽が顔を出すことだろう。
だけど一年草はそういうわけにはいかないから、花が終わった後の手入れが必要だ。
風船かずらも朝顔もこちらで種はいくらでも手に入る。
でも、実家の父と母が育て続けていた「風船かずら」の種でなくちゃ、何だか「風船かずら」ではないような気がして…

c0062603_1332963.jpgc0062603_1334091.jpg
c0062603_1334984.jpgc0062603_134169.jpg
c0062603_13493.jpgc0062603_1341934.jpg

母は私がこうしてブログに庭の様子をエントリーした記事を父がプリントアウトして見せてくれるのを楽しみにしているという。
今さら夏の庭の様子を見せても仕方ないかもしれないけど、ここの冬は雪で一面真っ白だから…
家でも庭を眺めるのが大好きな母は、今は病院で過ごしている。
春になって庭に彩が戻る頃、母がまた大好きな庭を眺めることができるように…
離れて暮らす親不孝な娘は、ただただそれを願うばかりで…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2012-12-20 11:00 | Garden | Trackback | Comments(6)

Minnesota State Fair 2012



8月に出かけたMinnesota State Fair。
ステイトフェアとは州を挙げてのあらゆるものに関する品評会、展示即売会、移動遊園地、屋外食堂、屋台、動物園…つまり何でもありのイベント。
ここミネソタでは約2週間にわたって開催される。

c0062603_283688.jpgc0062603_285117.jpgc0062603_29125.jpg
c0062603_291716.jpgc0062603_293047.jpgc0062603_293969.jpg
c0062603_295318.jpgc0062603_210287.jpgc0062603_2101048.jpg
c0062603_2102422.jpgc0062603_2103356.jpg
c0062603_2104662.jpgc0062603_2105435.jpgc0062603_211442.jpg
c0062603_2112264.jpgc0062603_2113134.jpg
何でもありなので、州内からこぞって参加した人のジャムやらパンやらケーキやらピクルスやらの最優秀賞も決められ、料理よりは手芸という人にはキルト、刺繍、編み物、洋裁と、これもありとあらゆる種類の手芸品が展示され栄えある最優秀賞が与えられる。
もちろん工芸部門もありで、ちょっとした工作なんてレベルではない。
手作りのカヌーもあればチェロまであり、この作品が展示されているホールをゆっくり見ていると瞬く間に数時間が過ぎる。
こういう場ではおなじみの料理器具のデモンストレーションも当然行われていて、そちらに気を取られていようものなら、残りの会場は日を改めてなんていうことにもなりかねない。

c0062603_2123445.jpgc0062603_2125592.jpg
こちらは何をしているかというと会場に来ている人みんなで歌う大カラオケ大会!
立っている人の前にあるポールは実はマイク。
前方に映し出されたスクリーンには歌詞が現れ、それをみんなで歌っている。
このときは確かMichael Jacksonの曲だったような…
青空の下でこんな風に歌うのも豪快でいいな。

c0062603_2131831.jpgc0062603_2133751.jpgc0062603_2135349.jpg
c0062603_214312.jpgc0062603_2145263.jpgc0062603_215963.jpg
c0062603_2152876.jpgc0062603_215425.jpgc0062603_2155837.jpg
c0062603_2161514.jpgc0062603_2163193.jpgc0062603_2164684.jpg
そしてこういうイベントには欠かせないパレード。
ミネソタに関わりのあるものからミネソタでなくてもありのものまで、何でもこいのパレードは、見ている方も楽しいけれどパレードをしている人たちの方がもっと楽しそう。
やはり人はだれでも脚光を浴びる気分は悪くはないのだろう。
昨年はちょうど開催期間に日本に帰国していたため、今回が初めてのフェア。
来年はもう少し的を絞って楽しみたいと思うのだが、最初から最後までミネソタで醸造されているビールを味わうことに余念がなかった夫は、きっと来年も同じコースをたどるのだろう。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2012-12-19 13:30 | Event | Trackback | Comments(0)