Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Ethiopian Baptism 2

c0062603_11582564.jpgc0062603_11584095.jpgc0062603_11585525.jpg
さて、いよいよエチオピアの伝統的な洗礼式のセレモニーが始まる。
この日の主役はお隣に住むエチオピア一家の末娘ウッジー、12歳。
笑顔の可愛いとても利発な女の子だ。
この近くに住んでいるエチオピアから移住してきた親族をはじめ、アイオワからやってきた親族、家族の友人たちがウッジーの洗礼式に参列していた。
洗礼を受ける前のウッジーと彼女の父、メンギスト。

c0062603_1159822.jpgc0062603_11591763.jpg
湖の畔にある大きな木の下に参列者は全員集まって、牧師の説教を聴く。
英語ではなくエチオピアの言葉。
それもエチオピアには80以上の地域ごとの言葉があり、それらは全部異なっているという。
どうやらかつての部族ごとの言葉がオリジナルになっているようだ。
当然、私にはわからないが、ウッジーは真剣な眼差しで一心に聴いていた。

c0062603_11593287.jpgc0062603_11594356.jpgc0062603_11595242.jpg
この日、ウッジーと共に彼女と同年代の男の子が洗礼を受けた。
牧師の傍らに立つ二人はかなり緊張した面持ちだ。
それでもカメラを向けると、静かな微笑を返してくれたウッジー。
とても12歳とは思えない落ち着いた雰囲気を持っている。
いよいよ洗礼が行われるという直前、彼女の緊張感はピークに達している模様。

c0062603_120722.jpgc0062603_1201879.jpg
牧師と共に二人は湖に向かう。
参列者は岸辺から洗礼式を眺めることになる。
このときビーチで遊んでいた子どもたちも、そっとその場を離れていた。
神聖な儀式の重要さがその場の雰囲気で伝わってきたのだろう。

c0062603_120316.jpgc0062603_12047100.jpg
岸辺から10mくらい行ったところで、いよいよ洗礼式のクライマックス。
エチオピア正教会の牧師によって洗礼者は湖の中に沈められる。
元来は3度、浸水するそうだが、今は1度だけ。
最近では頭を水で濡らすだけという洗礼式が多いそうで、このような伝統的な洗礼式を行うことは多くはないという。
美しい湖や川があってこそできることなのかもしれない。

c0062603_1211227.jpgc0062603_1212277.jpg
無事に洗礼を終えたウッジーが岸辺に戻ってきた。
さすがに真っ白な選礼着の下には水着を身につけるところなどは12歳の女の子。
大仕事を終えてホッとしているのは、ウッジーよりも牧師の方かもしれない。

c0062603_1213965.jpgc0062603_1215831.jpgc0062603_1225750.jpg
岸辺に着いて父親のメンギストに迎えられた直後のウッジー。
心なしか洗礼式の前と後では顔つきさえも違っているような気がする。
それでも父親に声をかけられ、タオルを体にかけると表情が緩んできた。
何よりも父親のメンギストが一番嬉しそうだ。

c0062603_1233254.jpgc0062603_1235372.jpgc0062603_1241320.jpg
さあ、この後は参列者にエチオピアの伝統料理が振舞われる。
この日は二人の若者の洗礼式だったので、料理も二家族分。
湖のほとりでピクニック気分を満喫。
右のパンはエチオピアのパンケーキ、インジェラの酵母を使ったパンで、少し酸味があるがとても美味しい。

c0062603_1243230.jpgこのミネソタにはアフリカからの移住者が多く、特にエチオピアからの移民は多く、いくつかのコミュニティもある。
もちろんそれに比べれば在住日本人はほんの微々たるものだろうし、コミュニティが形成されることはない。
以前暮らしていたLAでさえ、てんでバラバラに住まいを構える日本人はコミュニティを醸成する気持ちすらあまりないのだろうと感じた。
コミュニティがあって、こうした伝統的な行事や儀式も、たとえ異国の地であっても受け継がれていくのだろう。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-09-24 23:20 | Event | Trackback | Comments(6)

Ethiopian Baptism 1

c0062603_14575785.jpgc0062603_1458955.jpg
しばらく諸般の事情によりブログの更新も滞っていた。
その間に、ここミネソタは青かった芝生も枯れ始め、木々も色づき始めて、すっかり秋模様へと季節は移り変わってきた。
ミネソタで過ごす最初の夏には思いがけないイベントや出来事もあった。
その一つが隣に住むエチオピア一家の末娘の洗礼式(Baptism)だった。

c0062603_14581973.jpgc0062603_1458282.jpg
それが行われたのは、我が家からミネアポリスに向かって車で20分ほど行ったところにあるLake Hiawathaという美しい湖の畔だった。
夏とはいえ、空気は乾燥しているし、日差しは強いものの、木陰では爽やかな風を感じる7月の後半の日曜日に行われた。
湖とそれを取り巻く敷地は公園が整備されており、多くの人が散策やサイクリング、バスケットボールなどを楽しんでいた。

c0062603_14583851.jpgc0062603_1458476.jpg
洗礼式のセレモニーにはまだ早い時間に到着し、初めて訪れたこの公園を少し歩いてみる。
と、湖の真ん中辺りに、何やら怪しげな物体が浮かんでいるのが眼に入った。
何となくネッシーのような…でも、まさか…

c0062603_14585636.jpgc0062603_1459792.jpg
近づいてみると…
やっぱりネッシー!
でも、さすがに呼吸はしていないようだ。
湖に備え付けられたニセモノのネッシーだけど、ボートで探検ごっこもできる。
ニセモノとわかっていても近づきたいのが人の心情なのだ。
この日も親子連れがネッシー探検にボートを漕ぎ出していた。

c0062603_14591797.jpgc0062603_14592967.jpg
湖の畔にはビーチも設置され、泳ぐこともできる。
日差しの強くなった午後からは、このビーチで泳ぐ子供たちのにぎやかな歓声が上がっていた。
実際の海からははるか彼方にあるミネソタ州では、このように湖を利用したビーチがいくつもある。
ちなみにミネソタ州は10,000 Lake Stateといわれるほど湖の数が多い。

c0062603_14594181.jpgc0062603_14595257.jpg
さて、洗礼式はこの湖の畔のビーチで行われるという。
初めて参列する洗礼式、それもエチオピアの伝統的な洗礼式だ。
その模様は次回のエントリーで…

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2011-09-24 01:20 | Event | Trackback | Comments(8)