Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

The Stranger

c0062603_1202488.jpgc0062603_1204652.jpg
寒い、寒いと言いながらも確実に季節は移ろいでいく。
少し前までは午後4時半ころには、もう夕闇の気配がしていたのに、
いつの間にか午後6時でも完全に日が落ちることはなく、ほのかな昼の明るさを残している。
日中の日差しも、風がない日はポカポカと暖かい。
そんな太陽の匂いにつられて、花たちも春の準備を始めている。
家の前の大きな古いピーカンの木の下にはスイセンが日ごとに大きくなっている。
その隣にも春の花が…
いかんせん、花の名前には疎くて葉だけではわからない。
この花は裏庭でも芽を出し始めた。
冬の間に枯葉の下で春に向かって力を蓄えていたのかと思い、小さな感動を覚えて嬉しくなった。
そんな春の息吹をカメラに収めていると、何だかゴサゴソと枯葉を踏む音がする。
それもかなり大きな音だ。
すわっ、怪しいやつが侵入してきたか!?

後ろを振り向くと、そこには…
[PR]
by lanova | 2010-02-28 21:34 | Garden | Trackback | Comments(24)

New Project

そろそろ春の足音も聞こえてくるころだろうと思い、夫とともに野菜作りの準備を始めた。
昨年は気持ちだけはあったのだが、思うように進まなかったのと、
ラグーンの被害にあって野菜作りは途中で頓挫してしまった。
まずは畑の肥やしとなるコンポスト作りだ。
そのために庭中の落ち葉を掃き集めた。
これは私の仕事。
この量が半端ではないため、毎週末、数度にわたってせっせと掃き集めたのだが、
これが意外と全身運動になり、日ごろの運動不足がすっかり解消された。

c0062603_5594334.jpgc0062603_60791.jpg

そして夫は、最も日当たりが良く、水はけのよい庭の中の一等地を、野菜畑に選び、
木材を買い込んできて、苗床作りを開始した。
通常なら2月中には土入れもして、種まき・苗の植え付けの準備をするところだが、
今年は異常気象で低温や降雪が多く、まだ冷え込む可能性も高い。
もうしばらく天気の様子を見てから、土入れをしようということになった。

一週間後…
[PR]
by lanova | 2010-02-21 15:10 | Garden | Trackback | Comments(16)

Scratch Toy

c0062603_14401754.jpgこれ、何だと思う?
あたしのスクラッチ・トイ「ガリガリくん」。
つまり爪とぎ用の道具なんだってさ。
あたしがあんまりカーペットをガリガリするもんだから、いい加減、母さんが頭にきたわけよ。
「もう、ゆきは外に出そうよ!」なんて言うもんだからさ、父さん、あわてちゃって、「こんな寒いときに外に出したらアニマル・アビュース(動物虐待)だ!」って言うわけ。
あたし、それを聞きながら、父さんってなんて優しい人なんだろうって思ったわね。
それに比べ、母さんったら…
でも、父さんも毎日毎日、母さんの文句を聞くのはいい加減、いやになるわけよ。
c0062603_1441294.jpgま、母さんの言い分もわからないではないわよ。
朝起きると、そこらじゅうに引っかいたカーペットのくずは落ちてるし、ドアの下はあたしがあんまりガリガリするもんだから、カーペットの下の土台まで見えちゃってるし…
他人事みたいにいってるけど、、これはあたしの仕業ってことよね。
だから、父さんは一念発起。
あたしがカーペットをガリガリしないように、「ガリガリくん」を作ることにしたみたいなの。
c0062603_14412754.jpg先週の日曜日だったかな、朝から夕方まで1日中かかって作ってたみたい。
珍しく、日曜日なのにお昼寝もしなかったわよ。
父さんが「お~い、できたぞ!」って家の中に持って入ったんだけど、あたし、正直言って興味なかったのね。
なのに母さんが「ほらあ、ゆき、せっかく父さんが一生懸命作ってくれたんだから、これからはこれで遊びなさいよ」なんて言うもんだから、あんまり邪険にするのも気の毒だし、何て言ったって、あたしは父さんに食べさせてもらってるわけだ
c0062603_14415234.jpgから、多少のお愛想はしなくちゃ悪いかなって思ったし、母さんはカメラを構えてるし…
一応、こんな格好やあんな格好をしてみたけどね。
だけど、あたしがこのガリガリくんにタッチしたのはこのときだけ。
だってあたしは別にガリガリしたくてしているわけじゃないんだもの。
ガリガリが目的だったら、椅子だってテーブルだってあるわけよ。
c0062603_1442292.jpgあたしはね、父さんと母さんが寝てる部屋で一緒に寝たいのよ。
ふっかふかの暖かなベッドで一緒に寝たいわけで、部屋に入ろうとドアの下をガリガリするわけ。
それにバスルームも結構おもしろいんで、あたしとしては中に入りたいのね。
だからバスルームのドアの下もガリガリ、ガリガリ…
そこがたまたまカーペットだっていうだけのことよ。
でも、父さんったらあたしが爪とぎ用にガリガリしてるんだと
c0062603_14425083.jpg思ってるみたい。
どうも母さんはそこんとこ、気がついてて父さんに言ったみたいだけど、まあ、父さんは言い出したら頑固だし、多分、こういうのを作るのって父さんの楽しみでもあるみたい。
結局、このガリガリくんは翌日からはキッチンの隅に置かれたままになってるけどね。
やっぱ、少しは遊んであげないと、父さんに悪いかもしれないわね。


*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
by lanova | 2010-02-06 00:18 | Cat | Trackback | Comments(16)

Greenville & Leland

ここに引っ越してきて2ヶ月が過ぎた。
やっと一息つけるようになり、初めての「お出かけ」をしようということになった。
ここからBlues Highway 61をミシシッピ川に向かって30分ほど車を走らせると、
Greenvilleという街に着く。
この街の中心街を抜けると、ミシシッピ川を跨ぐ大きな橋が見えてくる。
橋の向こうはArkansas(アーカンソー州)だ。
c0062603_1124494.jpgc0062603_11254670.jpg
一旦、州境を越えて橋の向こうまで行き、もう一度ミシシッピ州へと引き返す。
アーカンソーに入るときは、州を示すサインがあったのだが、なぜかミシシッピを示すサインはない。
c0062603_11303270.jpgc0062603_11333877.jpg
今、この橋は架け替え工事が進められており、もうじきモダンな橋に架け変わる。
この鉄骨むき出しの無愛想な橋の方がいかにもミシシッピらしいのだけども…

c0062603_11455889.jpgc0062603_11462023.jpg
そしてこの橋のたもとにあるのが、本日の「お出かけ」目的の一つ、カジノだ。
もっともここでギャンブルをしようというのではなく、
カジノには必ずつきもののバッフェ(バイキング)で食事をしようというわけだ。
通常、カジノのバッフェはプレイホールのすぐそばにあり、にぎやかなことこの上ない。
ところがここは、プレイホールから完全に離れており、BGMを聞きながら、
窓の外に広がる風景を楽しみながら、のんびり食事ができる。
値段もTunicaのカジノに比べると、約半額。
お味も満足度も約半分だったけど…
c0062603_11465228.jpg


Greenvilleからの帰路、ふと目に入ったのが、"Highway 61 Blues Museum"の看板。
これは行かないわけにはいかないでしょ!
入館時間は過ぎているだろうけど、とりあえずミュージアムをめざすことにした。
それは、半ばゴーストタウンしたかのようなLelandという町のダウンタウンの端っこにあった。
c0062603_11563934.jpg
c0062603_11575050.jpgc0062603_11582826.jpgc0062603_125138.jpg
かつてここは、モンゴメリーというホテルだったそうだ。
そこでポーターとして働いていたのがJames "Son" Thomasだそうで、
やがてブルーズマンとして、その名を知られていくようになったのだという。
ここに来るまで、名前さえ知らなかったブルーズマンだ。
c0062603_12674.jpgc0062603_1263467.jpg

ミュージアムの壁に描かれたあでやかな絵と対照的に、生活の匂いすら感じられないような町。
ダウンタウンを抜けると、物置小屋かと見紛うかのようなガラクタに取り囲まれた家々が並ぶ。
ミシシッピのこうした小さな町には、どこでも見かける光景だ。
そこには、どこかしら「時代」から取り残されたような空気が漂う。
それが、なぜか魅力的に感じられてならない。
いや、魅力的というのではないかもしれない。
幼いころに見た夕焼けの色とシンクロする。
なぜか気になる…という方がふさわしいのかもしれない。
きっと、またここには足を運ぶだろうな…
c0062603_12135046.jpg
c0062603_1215368.jpgc0062603_12162383.jpg


*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
by lanova | 2010-02-01 21:30 | Trip | Trackback | Comments(16)