Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

<   2005年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Jul. 31

年甲斐もなく声を上げて泣いた。
朝、起きていつものように朝顔の花を数え、蕾の膨らんでいた花の咲き具合いを見ていた。
そして大きな丸いプランターを見たとき、一瞬凍りついてしまった。
このプランターはInstant Bouqueという種を蒔いていて、16種類の花が咲く。
既に花を咲かせているものもあれば、まだ蕾のものもある。
16種類のうちで最も大きく鮮やかなのがひまわりだった。
昨日、見たときは、「明日には満開の花になるなあ」というほど花は八分咲きだった。
ところが!
その花が、花のすぐ下のところでカットされていたのだ。
ひまわりだけではなく、他にも2、3本の花が同じように鋏か何かで切られていたのだ。
声もなく立ちすくむだけだった。
もし、花が好きな人ならこんな切り方はしないだろう。
茎の下の方から切って、花瓶に生けるのだろうけど、このように花のすぐ下を切ってしまえば、
花もすぐに枯れてしまう。
だれが、何のために…というよりもここまで一生懸命育ててきたのを、
いとも簡単に切って連れ去られてしまったのが悲しかった。
庭があるわけではない。
決して広い花壇があるわけではない。
猫の額ほどの花壇を手入れして、種を蒔き、季節ごとの花を咲かせている。
それでも充分なスペースではないから、いくつものプランターを使って花を育てている。
朝に夕に水をやり、雑草を抜いて、肥料をやって、慈しんで育てている。
それなのに…
悪意のある悪戯か意地悪かわからない。
でも、人の心のわからない人間がやったのだろう。
しばらくして部屋に入ってから、悲しくて悲しくて、声を上げて泣いた。
腹が立つよりも悔しいよりも、ただ悲しかった。
夕方、頭を切られたようなひまわりの茎がそこにあるのがたまらなくて、
茎の下の方から切り取り、たっぷり水をやった。
満開になった花をみてあげられなくて、ごめん…
[PR]
by lanova | 2005-07-31 23:59 | Logbook | Trackback(1) | Comments(14)

Jul. 29

息子の卒業式の訪れた夫の母と妹、私の両親と彼らの友人と過ごした2週間から、
早くも1ヶ月が過ぎてしまった。
そのときに写した写真は優に500枚は超えた。
これを整理してブログにアップしようとしているのだが、
如何せん、私自身の処理能力に限界がある上に、
日々の雑事も決して待ったを許してはくれない。
それにもまして、初めて手にしたデジカメが嬉しくて、
どこへでも持ち歩いては写してくるものだから、
カメラの中にもどんどん撮影済みの写真が溜まる。
毎日、さっさと処理をして、その日のうちにアップしている各々方のブログを訪れるたびに、
賞賛と羨望の思いを強くしつつ、わが身の不甲斐なさを思うのであった。
それにしてもブログというのは、思いのほか時間を取られるものである。
それでもやめないでいるのは、楽しいからにほかならないからなのだけど…
[PR]
by lanova | 2005-07-29 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(10)

On The Way To Grand Canyon

息子の卒業パーティの翌日、6月25日早朝、日米合同ファミリーグループ8名は、
14名乗りの大型バンに乗って一路Grand Canyonを目指した。
しかし、今回は大型バンをレンタルしたこともあってドライバーは夫一人なので、
途中何度かトイレ及び「一服」のための休憩を取りながら
夕陽までにはGrand Canyonに到着しようということでLAを出発した。



c0062603_1330427.jpgc0062603_1330152.jpg
c0062603_1331442.jpg
最初の休憩地はカリフォルニア州HesperiaにあるMc Donald's。
ここの駐車場で見かけたこの花は合歓の木ではないかと思うのだが、
夫の母と妹は初めて見たと花の可愛らしさに大喜びしていた。
またここから西を望めばなんと頂には雪を抱いたMt. Baldyも見える。
カリフォルニアは決してタンクトップとTシャツ、サーフィンばかりのところではないのだ。



c0062603_13322026.jpgc0062603_13311253.jpg
我が家からGrand Canyonに向かうには、フリーウェイの60番、605番、
210番、15番、40番、64番、180番を使う。
道中、古代の火山岩地帯、砂漠地帯などを抜けていくのだが、
果てしなく岩山ばかりが続く。
いつまでも変わらない景色に車内はおしゃべりの代わりに寝息やいびきが…
そしてアリゾナ州に入る直前にコロラド川を越えるのである。



c0062603_1333236.jpgc0062603_1333429.jpg
c0062603_13335290.jpg
そしていよいよアリゾナ州に。
ここまで約5時間のドライブである。
車窓からは何度も大陸横断の長い長い貨物列車を見かけた。
1つの車輌が約60フィート(約18m)の長さがあり、
貨車は多いときは100車輌くらいあるので、
全長6000フィート(約1.8km)という長さになる。
日本ではちょっと想像できない長さだ。
一山ぐるりと貨物列車が巻いているような光景にも出くわす。
道路もどこまでも一直線。
ガソリンスタンドの看板を見ると、思わずホッとしたりもする。



c0062603_13342636.jpgc0062603_1334386.jpg
出かける前の天気予報では、雨模様だということだったが、
日ごろの行いがいいせいか、荒天に恵まれてのドライブだったが、何度目かの休憩場所で、
ふと空を見上げると、よく晴れ渡っている空の彼方に雨雲が見えた。
その雲の下だけ、バケツをひっくり返したような雨が降っているようだ。
その雲が次第に近づき、我々のバンの上にも大粒の雨を降らせた。
しかし、その雲の下を抜けると、まるでさっきまでの雨が嘘のように再び青空が広がる。
広大な大地ならではの体験。
こうしてGrand Canyonに近づいていくのであった。


"Long Train Running" The Dobie Brothers
[PR]
by lanova | 2005-07-29 23:55 | Trip | Trackback | Comments(8)

Jul. 28

とてつもなく大きなスイカをもらった。
種なしスイカである。
こちらのスイカは日本のスイカよりはるかに大きいが、それでも3人家族の我が家では、
できるだけ小さなスイカを選ぶようにしている。
スイカがあるときに来客があれば、これ幸いとどんどん勧める。
今回は、桁外れに大きい上に、ウィークディでもあり、来客も望めそうにない。
そこでまず4分の1はカットして甘くてジューシーなスイカを楽しむことにした。
次に4分の1のスイカでシャーベットを作った。
これなら量も減るし、保存もできる。
さて、残りのスイカ、今夜のデザートに4分の1をやっつけて、その後どうしよう…
まるで敵討ちをするみたいだ。
c0062603_13252788.jpgc0062603_13253814.jpg
[PR]
by lanova | 2005-07-28 20:10 | Logbook | Trackback | Comments(26)

流星ワゴン

c0062603_11351348.jpg父親と息子の物語である。
人生にはいくつもの分岐点があり、そこでの選択が大きく人生を変えることがある。
その選択がそれほど大きな意味を持つことも知らずにやり過ごしてしまうことだって多い。
この作品は「死んでもいいや」と思った一人の息子であり、父親である主人公が、不思議なワゴンで過去のいくつかの<分かれ道>に戻るというファンタジー。
私は息子になったこともなければ、父親になったこともない。
おそらく、息子と娘、父親と母親、同じ子どもであり、親であっても、微妙に異なるのだろうと思う。
だからこの作品の中に描かれる息子と父親の気持ちが100%は理解できないのかもしれない。
でも、私も人の子であり、人の親である。
両親の子どもであって良かったと思い、と同時にそこにいない私を思う。
息子たちの親であって良かったと思い、と同時にそこで背中を向けたくなる私を思う。
それでも今、この世に生きているということは、私は間違いなく両親の娘であり、息子たちの母親なのだ。
いつの頃からか、誕生日を迎えるとそのときの私と同い年の母のことを考えるようになってきた。
母も私を見て、私と同い年の自分を思い出しているのだろうか。
私の息子たちは、人の親になったとき、自分のことをだれと重ね合わせるのだろうか。

『お父ちゃん。声にはならない。胸の奥で、言った。お父ちゃん、お父ちゃん、お父ちゃん……子どもの頃の呼び方が、「お父さん」に変わった頃から、僕たちはうまくいかなくなった。「親父」をへて、「おじいちゃん」になって、それでも父は僕のことを最初から最後まで「カズ」と呼びつづけていたのだった。』

『親にとってなによりもつらいのは、子どもが悲しんでいるのではなく、子どもが悲しみを自分一人の小さな胸に抱え込んでいることなのだと、僕はやり直しの現実で知った。』

流星ワゴン/重松清(講談社文庫)
[PR]
by lanova | 2005-07-28 19:58 | Book | Trackback(1) | Comments(8)

July 26

日本でも高騰するガソリン代に悲鳴が上がっていると聞いた。
ここアメリカでもガソリン代の高騰が家計に響いている。
私が渡米した3年半前は、1ガロン(約3.785リットル)が$1.70くらいだった。
ところが今は$2.50~$2.70を行ったり来たりしている。
ひどいときはほとんど$3.00などということもあった。
確かに日本に比べれば、かなり安いという感じはする。
しかし、何と言っても走行距離が違う。
夫は毎日、片道35マイル(約56km)、往復で約112kmを通勤している。
以前はピックアップトラックで通勤していたが、ガソリン代が上がるにつれて、
それにかかる費用はバカにならなくなってきた。
アメリカでは日本のような通勤手当のある企業はまずない。
すべて自分で賄わなければならない。
トラックを使った場合、3日か4日に1度は給油が必要だ。
1回に10ガロンで$27.00、月に7回給油すると$189.00にもなる。
その上、我が家はオールドベンツと息子のシビックがあり、こちらにも当然ガソリン代がかかる。
我が家にはそのほかにもBMWとホンダの2台のオートバイがある。
これもピックアップトラック、ベンツ同様クラシックに近づきつつある代物だ。
しかし、燃費がトラックとは、まったく違うということと、たとえ渋滞していても、
ノロノロ運転の車の横をスイスイと走り抜けていけることから、
夫は昨年末頃からオートバイで通勤し始めている。
本当なら休日にツーリングでも楽しみたいのだろうが、
今のところは通勤で心地よい風を感じならが走っているようだ。
[PR]
by lanova | 2005-07-26 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(16)

Baby's Breath

c0062603_13221545.jpgc0062603_13234683.jpg

今年春先に種を蒔いたBaby's Breathが発芽したものの、途中で枯れてしまったため、
5月に再び種を蒔いた。
今度は順調に成長し、小さなプランターではあるけど、白い可愛らしい花を咲かせている。
ある程度花が咲くと切り花にするのだが、そこから新しい芽が出てきて、
再び花を咲かせてくれる。
プランターで育てているせいか、あまり背丈は成長しない。
あたり一面、Baby's Breathの白い花でいっぱいになるほど広い花畑を眺めるのは、
まだ当分先のことになりそうだけど、欲は出すまい。
毎朝、花たちの成長具合を見るのが、日課になるのはありがたいものだ。
実は、このBaby's Breath、花が咲くまで「かすみ草」のことだとは、露も知らなかった。
[PR]
by lanova | 2005-07-26 23:44 | Garden | Trackback | Comments(2)

Jul. 23

1ヶ月も前の話になってしまう。
息子の高校の卒業式の翌日、夫の家族、私の家族、親しい人たち、息子の友人たちを
招待して、彼の「卒業パーティ」をHilton Garden Innで開いた。
日本人あり、アメリカ人あり、ドイツ人あり、メキシコ人あり、
年配者あり、若者あり、子どもありと、一番苦労したのはメニューの選択。
それでもみんなに喜んでもらえる食事を用意できてホッとした。
息子も集まってくれた人たちに感謝の気持ちを込めて、ちゃんとスピーチできた。
英語でスピーチしたので、日本人側からは「日本語でも!」とリクエスト。
ところが思いっきり短縮した日本語のスピーチになった。
やはり照れがあるのかもしれない。
和気藹々としたパーティではあったが、途中でハプニング発生。
このホテルの隣には公営のゴルフ場があり、スプリンクラーがタイマーでセットしてあった。
パーティの場所がテラスだったため、スプリンクラーはしっかりテラスまでも湿らせてくれた。
それも2度にわたって!
ホテルとゴルフ場の経営は別のため、ホテル側ではスプリンクラーを止めることができず、
あわててバケツでフタをしてもらった。
それでも私たち家族にとって、とても大切なひと時を過ごすことができた。
夫の母にとっては、長年会っていなかった孫と彼の家族に初めて会うこともできたし、
もしかしてこれが最初で最後のReunionなのかもしれない。
素敵な笑顔がいっぱいだったこの日、夫の母の71歳の誕生日でもあった。c0062603_14481321.jpgc0062603_14482465.jpg
c0062603_14483421.jpgc0062603_14484546.jpg
c0062603_14473912.jpgc0062603_14475215.jpg
c0062603_14484969.jpgc0062603_14492315.jpg
c0062603_14503038.jpgc0062603_14492283.jpg
c0062603_14490100.jpgc0062603_14494011.jpg
c0062603_14483869.jpg

[PR]
by lanova | 2005-07-23 23:25 | Logbook | Trackback | Comments(22)

Cosmos & Baby's Breath

c0062603_14373872.jpgc0062603_14363264.jpgc0062603_1438231.jpg
c0062603_1437147.jpg

年中休む暇なく咲いているコスモスと小さなプランターでも
盛んに花を咲かせたBaby's Breath(かすみ草)をガラスの花瓶に入れてみた。
暑い日には目にも涼しく、ほんの少しばかりの清涼感を部屋の中に呼び込んだ。
気温が高いとコスモスの日持ちも、そう長くはないけど、
次から次に花を咲かせるコスモスのおかけで、新しい花を投げ入れることができる。
Baby's Breathの方はそうもいかないので、花の終わり頃にはドライフラワーへと。
決して豪華ではないし、豊富ではないけど、花のある暮らしは心和ませてくれる。
[PR]
by lanova | 2005-07-23 22:56 | Garden | Trackback | Comments(12)

Jul. 22

日本の知人から何ともステキなプレゼントが届いた。
贈り主は知人というよりは、大先輩ともいうべき人。
県立図書館の司書課長を長い間勤め、
今年4月からは県立高校の図書館で司書教諭を務めている。
随分昔、図書館司書の実習でお世話になったのがきっかけとなり、
それ以来ずっとお付き合いをさせていただいている。
レファレンスの大ベテランで、わからないことがあるといつも彼女に助け舟を求めた。
渡米してから年に一度は、季節にちなんだプレゼントを贈ってもらっている。
今週になってから猛暑が続くLAに、涼を呼び込んでくれるようだ。
早速、礼状を書こう。
7月から図書館で働いていることも書き添えて…
c0062603_14334275.jpg

[PR]
by lanova | 2005-07-22 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(10)