Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

カテゴリ:Event( 35 )

McCartys Pottery Sale

春を探しにいこうとダウンタウンに出かけたのは、数日前にある光景を見かけたからである。
この町のダウンタウンは一瞬ゴーストタウンかと見紛うほど、人気のない寂れたところなのだが、
たまたま通りかかったら、ダウンタンの中心部のある倉庫を起点に、
折りたたみ式の椅子がぐるりとビルを一周するほどの長さで並んでいる。
その椅子に腰掛けておしゃべりをしている人もいれば、
周辺の空き地にはキャンピングカーも何台か止まっている。
一体何事かと思って尋ねてみると、
この町に住む有名な陶芸家McCartysの倉庫でセールがあるのだと言う。
それに入場するために2日以上も前からこうして並んでいるのだそうだ。
それなら、そのセールが開始されるころにもう一度来てみよう、
チャンスがあれば倉庫の中ものぞいて、気に入ったものがあれば手に入れようということになった。
そして当日、来て見れば…
c0062603_12544469.jpgc0062603_13174658.jpg

この行列が30cm前に進むのに、1時間くらいかかっている。
それでも誰一人文句を言うでもなく、おしゃべりしながら倉庫に入れる時を待っている。
この辺の気長さは、日本人は持ち合わせていないだろうな。
当然、列の最後に並ぶ気にはならなかったけど…
ちなみに翌日もこの列はまだ続いていた。

c0062603_13101875.jpgc0062603_13104082.jpg
通りの反対側では、近所の人がにわかBBQショップを開いていた。
なぜかギターも登場して、少年&青年がギター演奏をしているのだが、
”レイラ”の最初のフレーズを何度も何度も練習していた。
演奏ではなく、おうちの練習をお外でやってみましたというところだろう。
でも、そういうお祭り気分は悪くない。

c0062603_131488.jpgMcCartysのアトリエはこちら。日本の陶芸、陶器にとても興味のある作家だそうだ。
アトリエ内にはガーデンとビストロがあるという。
セールではない日に、ゆっくり訪れてみたいものだ。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
by lanova | 2010-03-22 23:21 | Event | Trackback | Comments(10)

My First Halloween Party

c0062603_14362138.jpgc0062603_14365755.jpg
それは三日月が白く光る風の冷たい夜に開かれたのである。
今を遡ること…
というほど大昔ではないのだけれど、今さらふた月近くも前のことを書くのもどうかなあと、
躊躇しないわけではなかった。
でも、私にとっては初めての体験。
膨大な写真とともにここに記しておこうかと…

c0062603_1441283.jpgc0062603_14413367.jpg
c0062603_1442258.jpgアメリカ生活7年目にして初めて体験したのはハロウィーンパーティ。
お子様ご法度の大人たちのパーティである。
今年の主催者はお隣に住むLarry&Marianne夫妻。
このブログの登場人物として常連さんだ。
「ドレスアップして来るんだよ!」と言われて出かけてみれば、やはりそこはパーティ上手なこの国の人たちの姿に目を丸くするばかり。


c0062603_14544447.jpgc0062603_14552762.jpg
c0062603_14561248.jpgc0062603_14564884.jpg
ハリウッド顔負けのメイキャップもあれば、
そのまま映画の撮影に繰り出せそうな念入りなコスチュームも。

c0062603_1511397.jpgc0062603_1514597.jpg
当然、そこは仮装コンテストの開催となる。
実にいい加減なその場の雰囲気で仮装大賞も決定。

c0062603_1541657.jpgc0062603_1544720.jpg
その合間にはパーティ参加者が持ち寄った料理で腹ごしらえも。

c0062603_1501423.jpgc0062603_155565.jpg
c0062603_1562368.jpgc0062603_156517.jpg
そしてもちろん、パーティーに音楽は欠かせない。
今回は「ちょいと懐かしめの陽気なダンス音楽なら任せなさい」という
ナントかと名前のバンドが登場。
もちろんプロのバンドで、しっかりCDのセールスも行っていた。

c0062603_15111059.jpgc0062603_15115246.jpg
c0062603_15121719.jpgc0062603_15124793.jpg
c0062603_15135039.jpgc0062603_15142363.jpg
c0062603_15145287.jpgそして踊る踊る!
何しろ隣の家まで数百メートルと離れている上に、その隣の家の住人たちもここにいるわけで、
「近所迷惑」の心配をする必要もない。
実に陽気に笑い、飲み、食べ、踊り、歌い…
ハロウィーンの夜は更けていくのであった。
でも、その仮装の内側には、それぞれがさまざまな思いも、やっぱり抱えているのだろうなと、
夜空を見上げて、ふと思った陽気な夜。


見よ、この徹底ぶり!
[PR]
by lanova | 2008-12-20 00:40 | Event | Trackback | Comments(88)

The World Champion!

c0062603_857130.jpgc0062603_8573090.jpg
c0062603_933197.jpgc0062603_94989.jpg
かれこれ3ヶ月前のことになる。
今さらエントリーするのもどうかなあとは思ったが、
おそらく今年の我が家の10大イベントの一つに数えられるであろう出来事になるとも思われ、
日本ではあまり知られないアメリカ南部のお楽しみの一つとして記しておくことにした。
今にも泣き出しそうな曇り空の下、出かけたのはミシシッピ川沿いのメンフィス。
リバーサイドと呼ばれる川沿いにずらりと並んだ大小さまざまなテント。
テントの横にはRVが止まっているが、これは決してキャンプサイトではない。
c0062603_859979.jpg
出かけたのはこれ、
Memphis in May International Festivalである。
さて、一体どんな国際フェスティバルが
開かれているのだろうか。
日本からの出場もあるのだろうか。
c0062603_916046.jpgc0062603_9163228.jpgc0062603_917523.jpg
ゲートをくぐっていざ中へ!
次から次へと登場してくるのは、まるでテーマパークの中のアトラクションのような建物。
でも、これらはすべて3日間限りで姿を消す。
ここでは一体何が行われているのだろう。
そして国際大会というからには海外からの出場もあるのだろうけど…
c0062603_9211081.jpg
あった、あった!
トルコからの出場だ。
ドイツやギリシャからの出場もあると聞いているのだが、探し出せない。
c0062603_9241855.jpgc0062603_9244720.jpg
中にはトロフィーがずらりと並んでいるところもある。
世界チャンピオンの証なのだろう。
どうも2位、3位でもトロフィーはもらえるらしい。
こうして並んでいるところをみると、連続出場をしているということなんだろう。
c0062603_92822100.jpgc0062603_929064.jpg
c0062603_9273260.jpgc0062603_9301666.jpg
並んでいるのはトロフィーばかりではない。
こうしてブタさんもずらりと並んでお出迎え。
おっと、最後の写真はブタさんではなく、オバさんの闊歩。

ところでこれは一体、何のフェスティバル?
[PR]
by lanova | 2008-07-29 20:15 | Event | Trackback | Comments(22)

Crawfish Party

c0062603_5113465.jpg

Crawfish=ザリガニ
ザリガニというと、水ぬるむにはまだもうしばらくという早春のころのザリガニ釣り。
近所のガキ大将を筆頭に鼻水をたらした小さな子たちまでがぞろぞろと
手に手に竹で作った小さな竿とタモ、バケツを持って田のぬかるみに繰り出したものである。
日が暮れるまで頑張ってもバケツの中はいっぱいにならない…
もっともこんな思い出があるのは、ある年代以上なのかもしれない。
そんなザリガニがドッサリ。
c0062603_5174070.jpg


このミシシッピでもザリガニ釣りに興じるのかと思いきや…
[PR]
by lanova | 2008-01-27 15:13 | Event | Trackback | Comments(44)

Memphis GRIZZLIES vs Chicago BULLS

c0062603_6102981.jpgc0062603_6105352.jpg
今日という日を数ヶ月前から楽しみにしていた。
バスケットの本場、アメリカに来てからというもの一度も生でNBAのゲームを観たことがなかった。
LAは人気チーム、レイカースの本拠地、チケットも入手しにくく、また高価なため、
常にテレビ観戦に甘んじていた。
ところがここに来て、早くも生観戦のチャンスを得た。
我が家から30分のメンフィスにあるFeDex Forumで
メンフィス・グリズリーズとシカゴ・ブルズの試合である。
しかも取引先の銀行が年間で押さえているブース席での観戦だ。

c0062603_6151169.jpgこんな感じで、それぞれのブースからコートを見下ろす。
このブースを銀行はシーズン中抑えているわけで、
取引先の顧客を招待したりしているという。
ちょっとコートまでは遠いけど、
椅子もゆったりして、かなり贅沢な気分。
c0062603_6153261.jpgc0062603_6155458.jpg
食べ物、飲み物もすべてフリー。
といってもディナーが用意されているわけではない。
ホットドッグやナッチョ、クッキー、ポテトチップスなどのスナック、そして飲み物は何でもあり。
ビールからウィスキー、ジン、ワイン、ソフトドリンクと何でもござれだった。

c0062603_6244719.jpg実はこの日は
Martin Luther King, Jr. Day Celebration Gameだった。
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
1968年4月4日にこのメンフィスで暗殺された。
偉大なる指導者であり、公民権運動の先駆者でもあった
キング牧師の誕生日1月15日に近い第3月曜日が
マーティン・ルーサー・キング・ディに制定されている。
ちなみにアメリカで誕生日が記念日に制定されているのは、
ワシントン、リンカーン、そしてこのキング牧師の3人だけである。
キング牧師については、改めて別エントリーをしたい。
c0062603_6251125.jpgc0062603_6253262.jpg
ハーフタイムには、NBAプレーヤーとして大きな貢献のあった元ピストンズのBob Lanierと
元レイカースのKareem Abdul-JabbarがそれぞれInernational Award、
National Awardの受賞者として紹介された。
かつての名選手である。
Jabbarのプレーはテレビで見た記憶にあるが、Lanierは残念ながら記憶になかった。

c0062603_6583794.jpgc0062603_659694.jpg
c0062603_658112.jpgハーフタイムには、これまた楽しみの一つだった
Boyz II Menが登場。
The Four Topsの往年のヒット曲
"It's the same old song"など
3曲ばかりをメドレーで披露。
「ええっ!これだけ?」と思ったものの、
通常のハーフタイムでは見られない。
スペシャルディならではのお得バージョンだったので、
満足、満足。

c0062603_78267.jpgc0062603_785328.jpg
c0062603_793515.jpgc0062603_7241852.jpg
肝心のゲームの方は、メンフィスが104-90でシカゴに圧勝。
最下位決定戦などと皮肉られながらも、今日のメンフィスは切れのある試合運びではあった。
いつもこうだと応援のしがいがあるんだけどなあ…

*写真はクリックで拡大

まだまだ盛りだくさん
[PR]
by lanova | 2008-01-21 23:59 | Event | Trackback | Comments(42)