Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

カテゴリ:Event( 36 )

15th Wedding Anniversary

c0062603_10342202.jpg

5月3日は結婚15周年の記念日だった。
結婚当初は一年一年の記念日を祝うけれど、だんだん記念日が普通の日に埋もれていく。
ここでは10年目、15年目、その後は25年目が特別な記念日だとされている。
ということは次の「特別」まで10年。
いささか不安がないわけではない。
やっぱり15年目は盛大に祝った方がいいねということになった。
トラディショナルな記念の品は水晶(クオーツ)だそうだが、最近では時計が多いという。
それではちょっと奮発して好きな腕時計を買うことにした。
夫の私もシンプルで時間がはっきりわかるものがいいねと選んだのがこれ。
夫はBoss、私はCoach。
でも二人ともまだ一度もつけていない。
何となくフツーではない、特別の日につけ初めをしたくて…
c0062603_10344227.jpgc0062603_10345618.jpg時計を買いに出かけた後は記念日の食事。
記念の品で奮発したので、食事は豪華なフルコースディナーではなく、近所のお気に入りの韓国料理の店へ。
夫はプルコギ、私はシーフードのチジミ。
でも、韓国料理は前菜がしっかり付くし、ご飯もあるのでたちまちおなか一杯に。
美味しいものは人を幸せな気持ちにしてくれる。
15周年という記念の日に幸せな気持ちになれれば、こんなステキなことはないね。
幸せな気持ちを抱えて家に帰り、二つの時計を眺めながらしみじみと「ずっと時が止まらなければいいね」などとちょっとロマンチックなことを言ってみれば、「多分、3年か4年は電池が持つんじゃないか」と、実に無粋な、否、現実的な返事をする夫なのであった。

c0062603_10350816.jpgc0062603_10352421.jpg
c0062603_10353873.jpgc0062603_10354937.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-20 20:53 | Event | Trackback | Comments(2)

Easter Branch

c0062603_14405480.jpg
およそ1か月前になるけれど、イースターブランチに出かけた。
イースターは復活祭。
クリスチャンにとってはクリスマスよりも重要な意味がある日らしいのだが、すっかりイベント化してしまい、「イースターと言えばエッグハンティングとウサギのチョコレートでしょ」のようなイメージが浸透している。
かくいう我々もそのイベント化に乗じて、近所のビール&ハンバーガーのレストランWyattsの食べ放題ブランチにいそいそと出かけたのである。
夫はバースディーギフトで無料券をもらっていたし、お気に入りのブラッディメリーが飲めるというので行かないはずはない。
というより「行かねば!」という勢いの夫であった。
でもねえ、私にとっては食べ放題で何度もお皿に取ってくるような料理ではないのだね。
写真のお皿が1回目、2回目はもう一度フルーツを取って終了。
朝からこってり系はどうもいけない。
これも年齢のせいかな…
夫はガンガン行きましたよ!
マッシュポテトとグレービーソースは2回もお代わり。
飲み物はもちろん自分で作るブラッディ―メリーとチェイサーのビール。
いやあ、ビールはチェイサーってサイズじゃないんだけど…
私はあまり甘くなくて意外においしかったコーヒーフロート。
たっぷり時間をかけたブランチの後は、穏やかな日曜日の昼下がり、お昼寝タイムとなった。
c0062603_14410921.jpgc0062603_14411999.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-13 01:00 | Event | Trackback | Comments(6)

Belated Husband's Birthday Dinner

c0062603_11191363.jpg

3月23日は夫の誕生日。
今年は家で手巻き寿司でも作ろうかと言っていたのだが、それはそれはひどい風邪を夫は職場からもらってきて、寿司どころか大好きなビールさえ飲みたくない状態だった。
じゃあ、まあ誕生日は元気になってからということにした。
ところが夫がほぼ回復したのと同時に、(当然だろうけど)今度は私が寝込む始末。
ちょっと延期どころか2週間延期のバースディーディナーに出かけたのは4月8日のことだった。
奇しくもこの日はLAに住む息子の誕生日。
彼は彼で彼女や友人に誕生日を祝ってもらったようだった。
さて、今年は久しぶりにDoolittlesで食事をすることにした。
c0062603_11193691.jpgc0062603_11194956.jpg
夫が選んだのはハウスサラダとリブアイステーキ、もちろん付け合わせはマッシュポテトとグレービーソース。
ブロッコリーが花房だけでなく茎も一緒に調理されて出てきたのはちょっとビックリ、
でも、カシカシと固くて食べにくかったけど…
c0062603_11195843.jpgc0062603_11200835.jpg
私が選んだのはチキンのワイルドライススープと、ホタテのガーリックソースのソテー、スイートポテトのマッシュ添え。
ソースがかなりこってりしていて、量はそれほど多くはなかったのに全部は食べきれなかった。
c0062603_11202187.jpgc0062603_11203279.jpg
とはいえ、デザートは別腹。
チョコレートのパンナコッタは、思いのほか上品な甘さで美味しかった。
夫の誕生日なのに、デザートを食べたのは私だけ。
例年、4月8日ごろのミネアポリスはまだまだ寒い。
どうかすると氷点下なんてこともあるのに、この日は気温がどんどん上がり、何と夕方にも関わらず屋外のテラスでゆっくり沈んでいく夕陽を眺めながら食事を楽しむことができた。
この1年、いろんなことがあったなあと、夕陽に目を細める夫の顔を見ながら少々感慨にふける。
フツーの日常をフツーに送ることができるのは幸せなこと、ありがたいこと。
Happy Belated Birthday to my hubby!!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村Doolittles
[PR]
by lanova | 2017-05-11 21:45 | Event | Trackback | Comments(2)

Valentine's Day 2017

c0062603_14213957.jpg

日本ではバレンタインデーというと、「女性から男性に告白をする日」になっているけれど、世界各地でその扱いはさまざまだ。
ここアメリカでは男性女性どちらからも祝うだけでなく、家族や友人からも「Happy Valentine's Day」とお祝いの言葉やプレゼントをあげたりもらったりする。
ロサンゼルスの高校で働いていたころは、生徒からもチョコレートやキャンディーなどをもらったりしたものだ。
今年、夫からはワインとチョコレート、私はギフトカードをプレゼント。
何だか私からのは夢のないプレゼントだね。
これまではValentine Dinnerに出かけることも多かったけど、いつもいつもどこもいっぱいだし、今年は家でディナーをしようと夫の大好きなステーキとコーンサラダ、ワインで乾杯!
ささやかだけどこういうフツーが嬉しい。
c0062603_14215639.jpg

そしてバレンタインデーの翌日、サプライズが!
私たちの好きなチーズやクラッカー、フルーツの入った詰め合わせが届いた。
ところがどこにも差出人の名前がない。
しかも、我々の周りにはこのような気の利いたプレゼントを送ってくれる人も思い当たらない。
でも…添えられたカードに書かれた言葉を読んで思い当たった!
昨年11月に息子と一緒に遊びに来てくれたDに違いない。
連絡してみるとやっぱりそう。
嬉しかったな。
こういう思いがけないプレゼントに思わず、ウルウルっとしてしまって…
ありがとね、D‼

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-07 00:35 | Event | Trackback | Comments(2)

Christmas in 2017

c0062603_09441124.jpg

c0062603_09443190.jpgc0062603_09444286.jpg昨年のクリスマス、料理は決してクリスマス用のパンだけではない。
昨年の料理はこれ。
もっとも毎年代り映えはしないけど…
スモークハム、マッシュポテトとグレービー、グリーンビーンズキャセロール、チーズ(チェダーとカマンベール)とクラッカー、サキイカ(アメリカの普通のマーケットのアジアンコーナーで買える!)、ピスタチオ、そしてスエディッシュ・カルダモン・エッグノッグ・リース(クリスマス用パン)。
朝からせっせと料理はしたけれど食べる時間は30分にも満たない。
夫は会話をしながら食べる方ではなく、黙々と、さっさと食べるので、作った方としてはいつも物足りないのだけれど…
やっぱりイベント時は賑やかな方がいいな。

c0062603_09451026.jpg
クリスマスの飾りつけは、猫たちの標的にならないものを標的にならない場所にシンプルに飾るだけになって久しい。
以前はツリーもしっかり飾っていたのだが、朝起きるとオーナメントはツリーから落ち、無残に引き裂かれたり、壊れたり、秘密の場所に持ち込まれたり…
時にもツリーに登るユキの姿もあった。
ま、猫だものね。
目の前に木があれば登るだろうな。
ということでデコレーションはシンプルだけど、キャンディーケーンのトナカイは今年も登場。
これは結婚して以来、夫は毎年作り続けている。
近所の子供に配ったり、プレゼントに入れたり、職場の人に渡したり…
この後、日本へ帰国したのだが、孫や友達へのちょっとしたお土産にとなった。
c0062603_09452516.jpgc0062603_09453807.jpg
c0062603_09455145.jpgc0062603_09460011.jpgc0062603_09461460.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-03-25 20:20 | Event | Trackback | Comments(6)

Food Truck & Music Festival

c0062603_11522888.jpg
イベント続きだった9月、そのイベントの一つが還暦の誕生日だった。
日本人にとって60歳の誕生日は還暦といって、特別な意味を持つことを夫に説明してみるも、そういう慣習のないところでは「誕生日は誕生日」に過ぎないようで、誕生日は不在だった。
その代わり、週末の「Food Truck Festival」に出かけることにした。
これは我々が住んでいる町で初めて行われるイベントで、50台前後のキッチンを備えたトラックが一堂に会し、さまざまな料理を味わい、ビールを飲みながらバンド演奏を楽しむというもの。
入場料もいらないし、晩夏の夕べを過ごすのにはもってこいとばかりに出かけた。
青い空は気持ちいいけれども9月になると空は高く、夕暮れの風は秋の気配を感じさせた。
日本のような厳しい残暑の9月はここにはない。
c0062603_11525119.jpgc0062603_11531250.jpg
c0062603_11532434.jpgc0062603_11534439.jpg
c0062603_11535883.jpgc0062603_11541168.jpg
c0062603_11542286.jpgc0062603_11543368.jpg
c0062603_11544597.jpgc0062603_11545768.jpg
c0062603_11550916.jpgc0062603_11552085.jpg
c0062603_11553183.jpgc0062603_11554438.jpg
c0062603_11555567.jpgc0062603_11560769.jpg
c0062603_11561938.jpgc0062603_11563351.jpg
一通りすべてのトラックをのぞいて、夫はキャットフィッシュ(ナマズ)のフライとコールスロー、私はインドのカレーを。
ものすごくおいしいというわけでもなく、値段も決して安くはないけど、ま、こういう場所での食べ物だからこんなもんでしょ。
こういうイベントに訪れるのは年寄りか小さな子供のいる家族連れがほとんど。
もちろん我々は前者。
バンドもよく心得たもので、演奏されるナンバーは70年代~80年代のディスコナンバーがほとんど。
これが思いのほか楽しめた。
ステージの前では踊っている人もいて、ちょっとそこに行きたい気持ちもないではなかったけど…
決して特別なお祝いの場ではないけれど、こんな風に穏やかに祝えるのは幸せなことだなあと、そう思った夏の終わり、そして、秋の始まりの夕暮れ。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-12-01 21:00 | Event | Trackback | Comments(2)

Father's Day 2016

c0062603_11155920.jpg

そろそろ1か月前のことになるけれど、写真もあることだし…
今年は母の日に息子から思いがけないプレゼントが届き、とても美味しくて嬉しい日になった。
そしてこれまた思いがけなく父の日にもギフトが届く。
夫は息子にとってStep Father(義父)になる。
それでも中学卒業後の最も多感な高校時代から一緒に暮らしたことで、特別な思いも抱いているのだろう。
もちろんご多聞にもれず、ティーンネイジャーならではのトラブルにも幾度となく遭遇はしたけれど…
夫にとっても、いきなり難しい年頃の子と同居を始めたことは、決して楽なことではなかったのだと思う。
それでもこうして「父の日」にThank you, dad!とプレゼントを贈られて感慨深いものがあるのだろう。
贈られて来たバスケットは数日間は手をつけられないまま、テーブルの上に飾ってあった。
それにしても夫の好みのスナックがよくわかったことだと感心。
できることならこれらをつまみに、一緒にジョッキを傾けたいんだろうな、きっと…
c0062603_11161042.jpg
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-07-11 21:33 | Event | Trackback | Comments(0)

Mother's Day 2016

c0062603_13195160.jpg

5月8日の母の日、日曜日なのに宅配便が届く。
日本と違ってここでは休日配達はクリスマスくらいしかないから、何事かと思いながら荷物を受け取る。
おっ、今日は母の日、もしや…
いやいや、下手な期待は持つまい、そう自分に言い聞かせながらも包みを開ける手に向かい、「早く、早く!」と催促するわが心。
包みの中から出てきたのは、何ともゴージャスなイチゴのチョコレート包み。
大きなイチゴが丸ごとチョコレートにくるまれていて、さなから「イチゴ大福」の西洋版というところだろうか。
届いたばかりのイチゴのチョコレート包み(本当は何と言うんだろうか)を早速味わう。
少しばかり酸味のあるジューシーなイチゴがチョコレートの甘さとあいまって実に美味。
LAに住む息子からの見た目にも美しい母の日プレゼントだった。
c0062603_13200948.jpgc0062603_13201862.jpg
c0062603_13203380.jpgc0062603_13204441.jpg
c0062603_13210958.jpgc0062603_13211821.jpg
c0062603_13212728.jpg母の日のディナーは夫の手料理。
「BBQをするけど何が食べたい?」というリクエストに「エビ!」と答える。
ポークとエビのBBQ、我が家の庭で採れたばかりのアスパラガスのグリル、そして夫の十八番、ワカモレ。
今までいろいろなワカモレを食べてきたけど、夫が作るワカモレよりも美味しいワカモレにはお目にかかったことがない。
おいしい、うれしい、一日だった今年の母の日。
母でいられることに感謝。
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-06-08 23:44 | Event | Trackback | Comments(4)

Christmas Day 2015

c0062603_14172496.jpg
紅白饅頭ならぬ茶白饅頭のようなユキとトラ。
昨年のクリスマスのニャンコたちである。
いまさら、去年のクリスマスを取り上げるのもなんだけど、「去年」と言えば随分前のことのように思えるが、わずか1か月半ほど前のことである。
こんなにスローな更新だと、1か月半なんて昨日みたいなものだ。
c0062603_14181115.jpgc0062603_14182916.jpg
昨年のクリスマスには例年とは異なり、イタリアンでいってみようと決めた。
買い物は前日までに済ませ、当日は朝10時から支度に取り掛かかった。
我が家のニャンコたちは昼間は寝ていることが多いので、この日もカウチの上だったり、それぞれのベッドの中だったり、惰眠を貪るように眠りこけていた。
ちなみに猫の睡眠時間は1日20時間だとも言われている。
c0062603_14191361.jpgc0062603_14194054.jpg
さて、料理が出来上がったのは午後4時過ぎ。
何と6時間もキッチンでまめまめしく働いていたことになる。
とはいえ、ワイングラス片手にのんびりクッキングではあった。
オードブルはハラペーニョ入りのチーズカードとゴートチーズ、スタッフドオリーブ、夫の手作りワカモレ、これにクラッカーとトルティーヤチップスを添えて。
サラダは生ハムとルッコラ、マッシュルームにパルメザンチーズを薄くスライス。
c0062603_14194974.jpgc0062603_14195871.jpg
メインはトスカーナ風ロースとチキン。
これはしっかりマリネをしてじっくり焼いたので予想以上に美味しく出来上がった。
直火焼きの野菜はバルサミコを使った温かなソースを回しかけて。
c0062603_14200711.jpgc0062603_14202047.jpg

c0062603_14190618.jpg主食はペンネときのこ類のグラタンを焼いたのだが、もうここまででおなか一杯。
何しろ夫と二人だけなので、そうそう食べられない。
でも、せっかくのクリスマス料理だし、あまり少量で作るのは美味しくないだろうと4~5人分の分量で作ったため、この後数日間はレフとオーバーが食卓に並ぶ羽目になってしまった。
とはいえ、デザートはやっぱり別腹。
ちょっとカロリーは高いけど、ブルーベリーを敷き詰めたパンナコッタは夫が目を丸くするほど美味しかった。
これに加えて前日に作っておいたチョコレートチップクッキー。
手作りクッキーは作り出すと癖になる。
その上、食べるともっと癖になる。
おかげで昨年秋から体重は驚くほど右肩上がりになってしまった。
c0062603_14203950.jpg

ユキとトラにとってはクリスマスだろうが正月だろうが、暖かなベッドと食べ物さえあればいつでも天国。
この日も「今日は朝から何だか騒々しいなあ」と時折薄目を開けて眺めては、とろとろと心地よい眠りの中に戻っていくのであった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-02-10 23:45 | Event | Trackback | Comments(0)

Thanksgiving 2015

c0062603_16113532.jpg
今日11月26日はThanksgiving Day「感謝祭」。
天気予報では雪になるかもしれないと言っていたが、予想通り起きてみれば薄っすら雪化粧。
それでもそんなに気温は低くないので、寒さで震え上がるというほどではない。
家の中でまったり過ごすのにはもってこいの日。
c0062603_16120117.jpgc0062603_16121212.jpg
この感謝祭は日本の元旦にも似ている。
毎年伝統的な料理を食べ、家族や友人たちで集まっては昼から飲んだり食べたりして過ごす。
もっとも最近の我が家では家族や友人が集まることはなく、ひっそりと夫婦だけで過ごすことがほとんどだ。
日本と似ているといえば、この日の新聞にどっさり挟み込まれる広告。
ちょうど元旦の新聞の折り込み広告のようだ。
とりあえず時間をかけて広告を眺め、顔をのぞかせる物欲をなだめながら「これはwants、needsじゃないぞ」と言い聞かせる。
c0062603_16123209.jpgc0062603_16124684.jpg
一通り広告を眺めた後は、つまみの用意。
先日、ファーマーズマーケットで仕入れた山羊のミルクで作ったチーズ。
ほんのり山羊のミルクの味がするソフトチーズはカマンベールに似ているが、それよりももう少しやさしい味わい。
オリーブとクラッカーを添えて、ワインも進む、つまみも進む。
そして感謝祭の料理番は例年通り夫。
今年は私のリクエストに応えてもらい、ターキーではなくスモークハム。
c0062603_16130491.jpgc0062603_16131610.jpg
その間にスタッフィングを作ったり、グリーンビーンズキャセロールを作ったり…
今年はクランベリーソースも生のクランベリーから作っていたが、どうも出来上がりはいま一つだったようだ。
c0062603_16334783.jpgc0062603_16132734.jpg
これらのほかにサツマイモ(これは日本のサツマイモとは違い、オレンジ色で水分も多い)、マッシュポテトとグレービーソースを添える。
これだでもかなりのカロリー摂取になるが、これに加えて定番のパイも焼く。
こちらは手作りではなく、冷凍パイを焼くだけというお手軽なもので、今年はvery berry pie。
c0062603_16133940.jpgc0062603_16142686.jpg
さすがに食後にすぐパイは食べることができず、一休みしてからホイップクリームを乗せて食べた。
しかし、これで終わらないところがコワイ。
昨日のうちに焼いておいたアーモンドクッキーを食べながら夫と二人で、映画「壬生義士伝」を見る。
家族そろってとか、友だちや親戚を呼んでとか、にぎやかに過ごすことのない感謝祭だが、これはこれでいい。
こうして穏やかな日を過ごせることに感謝して、今年も感謝祭が静かに過ぎていった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2015-11-27 01:45 | Event | Trackback | Comments(0)