Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

カテゴリ:Logbook( 322 )

Hello, my new friend!

c0062603_14070579.jpg

5月の半ばの土曜日のことだった。
最近は自分のブログ更新もブログを始めた12年前のように頻繁にはしなくなったし、ほかの人のブログ訪問も以前ほどマメではなくなった。
でも、ふと訪れたブログ異文化のはざまでのkobewindyさん、なんとミネアポリスに引っ越したと書いてある!
これはwelcomeメッセージをしなくちゃとコメントを残した。
それがきっかけとなり「それならランチでもしましょう!」とあれよあれよという間にデートのお約束。
この時、まだアメリカに来て3週間というkobewindyさんの食べたいもののリクエストは「アメリカン」な食事。
そこで評判がいいと聞いてはいたものの、まだ行ったことのないJensen'sで待ち合わせてランチをすることになった。
アメリカンなレストランだけど、食事の量はアメリカンらしからぬほどほどの量。
kobewindyさんはフィレミニオンを注文。
私はシュリンプパスタ。
これにブリオッシュがつくだけといういたってシンプルな食事。
悪くないね、アメリカのレストランにしては意外と品があるし…
c0062603_14072058.jpg

で、kobewindyさんとは初対面にも関わらず、あれやこれや話が弾んで、これまでのこと、今のこと、これからのことと話が尽きない。
年齢もそんなに驚くほど離れてはいない。
もちろん、彼女の方がずっとずっと若いのだね。
ランチの後は近くのアジアングローサリーを案内し、ナーサリーで花の苗を買い、その後は我が家で夕方までお茶。
私にとってここで日本人の友人と一緒に過ごすというのは本当に久しぶりのことだった。
昨年11月に息子たちが来て以来かもしれない。
近場に日本人がいないわけではないけど…
kobewindyさんも仕事を持っている人だから、たびたびランチをしたりお茶したりはできないだろうけど、時間を作って会う楽しみができた。
でも…私が高速道路の運転が苦手なように、どうやら彼女も得意ではなさそう。
ま、それならそれで一般道で行き来をするのも悪くはないね。
美味しく楽しく気持ちリフレッシュの土曜の昼下がりだった。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-06-03 00:30 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Always sweet

c0062603_11545952.jpg

何とも可愛らしい子猫の寝姿。
思わずピンクの鼻先をちょこんとつついてみたくなる。
でも、これは掌の上に乗る小さなベッドとそこに眠る子猫の人形。
あまりにも可愛いので、ダイニングのいつも座るテーブルの上に置いて、朝に昼に晩にと眺めている。
実はこれは日本語を教えているドイツ在住の夫妻から「ちょっと遅くなったけどイースターのプレゼント」と届いたもの。
中には彼らが住んでいる街の手作りのチョコレート、今はアメリカでもすっかり有名になったHariboのグミ、そして彼らが出かけた先のお城のパンフレット。
嬉しいね。
私がアメリカ以外の国にはどこへも行ったことがないのを知っている彼らは、どこかへ旅行すると必ずその地のパンプレットやガイドブックなどを送ってくれる。
しかも日本語版があれば、必ず日本語版を。
オンラインスクールでのレッスンで、クラスルームのモニター越しに会うだけだけど、長くレッスンをしていると近所に住んでいても会わない知人よりはずっと近しく思えてくる。
彼らは私のふるさと松江にも滞在してくれ、大層気に入ったという。
これもまた嬉しいね。
c0062603_11553596.jpgc0062603_11552094.jpg

そしてそれに相前後して、日本からも嬉しいパッケージが届いた。
母は生前、買い物のたびに私の好きなものや、役に立ちそうなものを買いためては、年に数回送ってくれた。
こちらでも手に入るものでも、母の手を通して箱に詰められて海を渡ってやってきた荷物はことさら嬉しい。
でも、母が亡くなってからはそんな荷物も途絶えると思っていたら、大学時代に一番仲の良かったミワコさんから荷物が届くようになった。
実は彼女ともしばらく音信が途絶えていたのだが、母が亡くなった際に再びやりとりが始まった。
「お母さんがまた会わせてくれたのよ」というミワコさんの言葉を思い出すたびに喉の奥がキュキュッとなる。
今回の荷物は大好きなおかきを数種類とのど飴やらシュガーレスキャンディーやら、そして私たちが十代の頃に飽きるほど聴いていた早川義夫と下田逸郎の彼女の選曲によるCD。
嬉しいね、嬉しいね、ドイツからも日本からも「想い」のつまったギフト。
ここにも幸せがあるのだね。
c0062603_11560921.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-22 22:25 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Finally turned off the heater

c0062603_13243900.jpg

今年の冬は気温こそ低かったものの、雪は本当に少なかった。
連続した降雪日も少なく、例年のように根雪もなかったので、雪かきに精を出すこともなかった。
3月に入ってからは気温も少しずつ上がり、もう雪はないかなと思っていた3月12日、ここはミネソタ、やっぱり降った。
でも、きっとこれがこの冬最後の雪なのだろうと思い、カメラに収めた。
その後は少しずつ春の兆しが見えていた。
なのに…気を許してはいけなかったのだね。
5月1日、先週のことだ。
日本はゴールデンウィークの真っただ中、午後から雪が降り始める。
それでも気温は低くないためか、夕方には積もることなく消えていった。
多分、きっと、願わくば、これが最後の雪であってほしい。
それから1週間、もう大丈夫だろうとセントラルヒーティングのスイッチをオフにする。
今週末にはいよいよ種まき、苗植えができそうだ。
天気の神様、サプライズはもう結構ですからね。

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-09 23:30 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Minnesota Beer

c0062603_05523934.jpg
最近では日本でも次々とクラフトビール(ブルワリー)が誕生していると聞く。
ここミネソタ州も2015年のデータだけど105のブルワリー(ビール醸造所)があり、その数はアメリカ50州で16番目だ。
では、どこの州が多いかというとダントツで1位がカリフォルニア州の325、2位がワシントン州で161、3位コロラド州154、4位オレゴン州143、5位がミシガン州の122と続いている。
5位以下はそう大差はないということなのだろう。
ビール好きの夫といくつかのブルワリーに出かけてクラフトビールを楽しんでいるが、最近足繁く通っているのがミネアポリスのダウンタウンにある612Brew
ここのSHERE KHANというビールが夫も私も大好きだ。
Flightで4種類のビールを飲み比べて、行き着いたのがこのビール。
ガラムマサラとサフランを加えたインディアンビール。
独特の香りがのど元を過ぎるとき何とも言えない味わいが広がる。
c0062603_05525653.jpgc0062603_05531024.jpg
このブルワリーの表には店名サインの下で等身大よりも大きなボブ・ディランの写真が出迎えてくれる。
昨年、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランはこのミネソタ州の出身。
でも、ミネアポリスではなくスペリオル湖湖畔のDuluthという町の出身。
c0062603_05532189.jpgc0062603_05533065.jpg
通常、このブルワリーで出すのはビールだけ。
でも週末の土曜日になると表にフードトラックがやってきて、そこで食べ物をオーダーし、中に持って入ってビールと一緒に楽しむことができる。
何度か出かけた週末はその時ごとにフードトラックが異なっていたが、このOutlaw Grillの料理はなかなかのものだった。
メキシカンフードなのだけれど、なぜか下にはカリカリのポテトトッツが敷いてあって、これが旨い!
写真はハレーションを起こしてしまってうまく撮れなかったけど…
ここでわかったのはビールをブルワリーに飲みに行くのって、喫茶店にコーヒーを飲みに行く感覚に似ている。
ビールをどんどん飲んで酔っ払おうという輩は見かけない。
これだけさまざまなビールがあれば、酔っぱらうよりもその味や香りを楽しむ方がずっと楽しいのだから…
こちらはミネソタビールの雑学ナンバー

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-05-08 23:00 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Winter has completely over, I think

c0062603_11310132.jpg

3月の下旬、「ミネソタの冬もそろそろ終わりを告げ、春の訪れがそこまで来ている」という記事を書こうと思っていた。
この冬は例年になく雪も少なく、このような雪景色は数えるほどしかなかった。
いつもより春の訪れが早そうで、浮かれてもいたのだけれど…
その3月下旬、夫が職場からひどいひどい、それはひどい風邪をもらってきた。
ほとんど仕事を休むことのない夫も数日間ベッドの中で過ごした。
これは間違いなく移るだろうなあと思っていたら、案の定、最大級の風邪をもらうことになった。
頭痛発熱悪寒関節痛腹痛下痢咳鼻水(風邪の症状って全部漢字で表現できるのだね)、まるで風邪の総合デパート、フルコースを味わう羽目になった。
アメリカで暮らしてこんなにひどい状態になったのは初めてのことで、ほぼ1週間、ベッドの中で過ごした。
当然食欲もなく、1週間で4㎏も体重が落ちるという嬉しいおまけはあったものの、やっぱり辛かった。
ほぼ回復したものの、完全に復調するまでには2週間。
やっとやっといつもと変わらない日常生活が送れるようになったのは今週になってからだった。
いやあ、健康って本当にありがたい。
で、ミネソタの春はどうかというと、この写真のような雪はもうないけれども、今週前半には少しだけ白いものが舞った。
最後の霜は4月末ごろだろうか。
それでも庭の花壇ではあちこちから新芽が顔をのぞかせ始めた。
週末は気温も19℃まで上がるという。
イースターサンデーとともに、ここにもやっと春が訪れそうだ。
ユキとトラの自家暖房(ネコアンカ)もそろそろおしまいになる。
c0062603_11355195.jpgc0062603_11303643.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-04-13 21:50 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Kaiware daikon - Radish sprout

c0062603_11074069.jpg

母は生前、毎朝の食事には必ず10種類(以上)の野菜と果物をサラダにして食べていた。
レタス、キャベツ、トマト、キュウリ、ゆで卵、ワカメ、サラダセロリ、リンゴ、オレンジ、キウイ、バナナ、これが定番であり、時にはその時期の果物が加わることもあった。
これらをすべて食べやすい大きさに切ってタッパーなどに入れておき、朝はササッと皿に盛りつけ、オイルの入っていないドレッシングをかけて食べる。
母が亡くなった後も父はこの母のサラダを自分で用意して毎朝食べている。
母の具合が悪くなり、しばらく日本で過ごしていたときから私もこのサラダを食べるようになった。
そしてこちらでもこのサラダは毎朝の食卓に欠かせない一品となった。
ところがこの品目の中でこちらではどうしても手に入りにくいものがある。
カイワレ大根だ。
一時、近くのアメリカンマーケットでも売られていたことがあったが、きっと購買者は限られていたのだろう。
数か月後には野菜のコーナーから姿を消していた。
しかし、このピリッと辛いカイワレ大根がサラダに入っているのといないのとでは大違い。
何とか毎日食したい。
そこで時々利用しているカリフォルニアの北澤商会からカイワレ大根の種を取り寄せることにした。
どうせ毎日食べることだからと1パウンド(約450g)入りの種を購入。
本当に大袋だ。
これを室内で栽培すると大体1週間で収穫できる。
週に1回、種を蒔き、根付くまでは紙袋をかけて日光を防ぐ。
その後は袋をはずしてやると、あれよあれよという間に艶やかな緑色になってすっくと成長する。
今日も我が家の朝のサラダにちゃ~んと乗っかっているカイワレ大根である。
c0062603_11075710.jpgc0062603_11083040.jpg
c0062603_11081230.jpgc0062603_11084449.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-02-24 20:30 | Logbook | Trackback | Comments(4)

Seasons

c0062603_02154505.jpg
日本の紅葉シーズンといえば、11月半ばから後半にかけて。
ところがこのミネソタでは早い所では9月後半から紅葉が始まり、10月後半にほとんどの木々は葉を落とす。
でも今年は11月になってからも暖かい日が続き、場所によっては11月にも紅葉を楽しむことができた。
この写真は我が家の前の通り。
10月になったばかりのころに撮影したもので、この数日後に強い風が吹き、見事に黄金のカーペットとなってしまった。
1本の木が順々と色を変えていく様もなかなかいいものだ。
ここは空気が乾燥しているので晴れた日の空は透明度が高い。
英語ではCrispという。
日本のように四季はあるけれど、その期間は大きく異なり、春も秋も大体4~6週間くらい。
今年は例年よりもずっと秋が長く、そのまま冬の訪れを先延ばしにしてほしかったのだが、どうもそうはいかなかったようで例年になく厳冬になるという予報。
窓の外では朝から降っていた雨が雪に変わり、音もなく降り続いている。
c0062603_02160837.jpgc0062603_02163478.jpg
c0062603_02164877.jpgc0062603_02170277.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-12-23 11:30 | Logbook | Trackback | Comments(0)

Super gift, sugarless candies

c0062603_06490491.jpg

母は生前、私の好きなお菓子や日用品、100円ショップの小物などを買い貯めておき、年に数回、ダンボールに詰めて送ってくれた。
こちらでも買えないわけではないけど、やっぱり母の手によって詰められた荷物が海を渡って届くのは嬉しい。
しかい、母が亡くなってからは母の荷物が届くことはなくなった。
でも、その母に代わって日本から「何かいるものな~い?」と連絡してくれ、箱に詰めて送ってくれる人がいる。
大学時代からの友人美和子さんだ。
今回、彼女から届いたのはいつものようにおかき類とシュガーレスキャンディー。
今春、帰国した時に買いだめしておいたシュガーレスキャンディーが底をつき、彼女にいくつか見繕って送ってもらうように頼んだ。
いやあ~、日本にはシュガーレスキャンディーってこんなにいっぱい種類があるのね!
箱を開けてちょっとした感動を覚えた。
こちらでもないわけではないが、キャンディー売り場にあるのはごく限られた種類だけ。
あとは薬売り場に置いてあり、何だか口休めにするという感じではない。
これで次の帰国までは大丈夫。
ありがとう、美和子さん!

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-17 16:00 | Logbook | Trackback | Comments(2)

Having a nice summer day

c0062603_13161967.jpg
いつ言ったのか、はっきり覚えていないのだけど、「ハンモックがほしいなあ」と言ったらしい。
多分、私のことだから近所の家で木と木の間に揺れるハンモックを見て、そう言ったのだろう。
残念ながら我が家にはハンモックを吊るすような手ごろな樹木はない。
だからハンモックはないものと思っていた。
ところが夫は「セールだったぞ!」と設置式のハンモックを買ってきてくれ、早速デッキに置いてくれた。
これがなかなか気持ちがいい。
このデッキは北東に向いているので、午前中は目一杯日が差して暑いが、夕方からは日陰になり、風のある日などは心地よい。
ゴロンと横になって本でも読んでいるとものの数分で夢の中。
もちろん、手元にはビールを置いて…
日本でもご当地ビールが人気のようだが、こちらでもしっかりご当地ビール(中身は一緒だけど)が期間限定で登場する。
まずはミネソタツインズ缶、もっとも戦績の方は芳しくないようだけど…
そして7月4日の独立記念日前後に発売された星条旗缶。
こちらはバドライトなので、ほとんど炭酸水に近いけど、暑い夏にゴックゴックと飲むには最適かも…
イチゴも実が成り出したが、摘み採るほどの大きさと赤さに熟す頃には、さっさと横取りされている。
う~ん、犯人は小鳥だろうか、ウサギだろうか、まさかカメやトラではないと思うけど…

c0062603_13164381.jpgc0062603_13165226.jpg
c0062603_13152994.jpgc0062603_13172881.jpgc0062603_13174487.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-07-12 23:35 | Logbook | Trackback | Comments(0)

It's a beautiful season - May in MN

c0062603_13115611.jpg
4月に帰国した時の滞在記をダラダラといつまでも書いているうちに、季節は移ろい、5月になり6月になってしまった。
ここミネソタが一気に活力を取り戻すのが5月。
冬の間、「ここに住むのは拷問に近い」などとぶつくさ言っていたのが嘘のように「ここで暮らすのは悪くないなあ」などと言ってみたりする。
それだけ冬の終わり、春の訪れが待ち遠しい場所なのだと思う、ここは。
その5月になって我が家の庭に最初に彩をもたらすのが、前庭の木の周りの花壇に植えているムスカリ。
春の訪れを告げる花はいろいろあれど、我が家ではこの花が一番咲き。
c0062603_13122476.jpgc0062603_13123520.jpg
c0062603_13125045.jpgc0062603_13125958.jpg
ミネソタ川の両側に広がる森林も淡い緑に染まり始めた。
この季節の緑は本当に美しい。
それまでの枯れ木色のモノトーンの世界から一気に天然色が広がっていく。
雲一つない青空もいいけれど、こんな風に漂う雲を眺めるのも悪くはない。
緯度の高いここでは5月になると日没はどんどん遅くなる。
この夕焼けも午後8時半ごろ。
宍道湖の夕焼けにはとてもかなわないけど、教会の鐘の向こうが淡い橙色に染まる様子に思わず見とれた5月のある日。
c0062603_13130865.jpg
c0062603_05122336.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-06-05 23:33 | Logbook | Trackback | Comments(0)