Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

カテゴリ:Trip( 240 )

LA County Fair 2

c0062603_10323819.jpg


LA County Fairではざまざまなパレードが繰り広げられる。
中でも圧巻なのがこの美しいBudweiser Housesによるパレード。
かつて輸送の中心がまだ車ではなかった時代、
Budweiserはこの専用の馬たちによって運ばれていたという。
まるで毛皮のブーツを履いたかのような足と、風に美しくなびくたてがみ。
重いビール瓶の詰まったいくつもの箱を壊さないように運んだこの馬たち。
力は強いだろう、でもその眼は限りなく優しかった。

America "A Horse With No Name"

[PR]
by lanova | 2005-03-10 22:40 | Trip | Trackback(1) | Comments(6)

LA County Fair 1

c0062603_1028465.jpg


3週間にわたって毎年9月に行われるLA Count Fair
毎日、毎日、多くの人がやってきてお祭り騒ぎを楽しむ。
カリフォルニアの陽気な気候のせいだろうか、みんな実に楽しみ方が上手い。
あちこちでさまざまライブ演奏が行われている。
ロック、カントリー、マリアッチ、R&B…
音楽に合わせて踊りだす人、一緒に歌いだす人、リクエストをする人。
大人も子どももともに楽しむ。
9月といえどもまだまだ真夏。
12時を過ぎてもまだまだ宵の口。

Earth Wind & Fire "September"

[PR]
by lanova | 2005-03-08 23:15 | Trip | Trackback | Comments(2)

Hearst Castle

c0062603_10245435.jpgc0062603_1025584.jpg


Los AngelesとSan Franciscoのほぼ中間、San Simeon小高い丘の上に
「新聞王」といわれたWilliam Randolph Hearstが建てたHearst Castle
200以上もの部屋を持ち、中にはシアターや図書館、大理石のプール、
さまざまなタイプの庭園、かつてはアフリカなどから運んできた
動物たちのいる動物園まであったという。
これはホテルではない。
Hearst氏の個人住宅だ。
贅を尽くした建築様式と世界各地から集められたという調度品の数々。
今は州の所有になり、毎日大勢の観光客が訪れる。
ここで暮らしたHearst氏は幸福だったのだろうか。
いや、幸福であったに違いない、と思いたい。

The Eagles "Hotel California"

[PR]
by lanova | 2005-03-04 22:16 | Trip | Trackback | Comments(4)

Lakeside Rose Garden in Fort Wayne

c0062603_10193535.jpg


4月だというのにまだ冬の名残を残していたこの公園
名前の通り薔薇の季節には、公園全部が色とりどりの薔薇の花で
埋め尽くされるという。
頬を撫ぜる風がまだ冷たい中、一組の親子がのんびりと散歩をしている。
幼いこの子に父親はどんなことを語りかけているのだろうか。
もうじき訪れる春の楽しさだろうか。
それとも昨日一緒に見たアニメの話だろうか。
この子が大きくなってここを訪れたとき、
春まだ浅き日に、こうして父親と公園を歩いたことを、
きっと思い出すことだろう。

Crosby, Stills, Nash & Young "Teach Your Children"

[PR]
by lanova | 2005-03-02 22:57 | Trip | Trackback | Comments(2)

Grace Evangelical Luteran Church in Fort Wayne 2

c0062603_7213999.jpgc0062603_7212399.jpg


まだ小学校に上がる前か、小学生になったばかりのことだと思う。
毎週日曜の朝、近くの教会に通っていた記憶がある。
だれに連れて行かれたのか、我が家は典型的な仏教徒なので、
両親や祖母ではない。
それならば友だちの家族とともに出かけたのだろうか。
そんなに長い期間ではなかったが、日曜の朝に教会まで出かけることは、
幼い私にとって特別な出来事であり、未知の世界へ足を踏み入れることに対する
ささやかな誇らしい気持ちもあった。
しかしおよそ信仰とは程遠く、お話を聞かされたり、歌を歌ったりして過ごし、
帰るときには決まってキャンディーなどのお菓子をもらった。
きっとこれが嬉しくて、せっせと通っていたのだろう。
幼い日、その教会ではどんな歌を歌っていたのだろうか。
Fort Wayneでそんな遠い日のことを思い出した。

Aretha Franklin "Amazing Grace"

[PR]
by lanova | 2005-02-28 22:17 | Trip | Trackback | Comments(4)

Grace Evangelico Luteran Church in Fort Wayne 1

c0062603_716259.jpgc0062603_7163743.jpg


Indiana州Fort Wayne市に建つ古い教会。
つい最近、内装をし直したという。
クリスチャンではないが、教会の中に足を踏み入れ、
外光を淡く透過させるステンドグラスを見上げていると、
敬虔な気持ちになってくる。
この教会がここに建てられてから、
どれだけの人が祈りを捧げにきたのだろうか。
古いこの教会の天井は、壁は、ステンドグラスは、
そんな人たちを見守り続けてきたのだろう。

Al Green "God Blessed Our Love"

[PR]
by lanova | 2005-02-26 22:31 | Trip | Trackback | Comments(0)

Amish

c0062603_7112066.jpg


電気もガスも水道も、すべての文明の利器を排除した生活を送っている
アーミッシュの人々。
携帯電話はもちろん、普通の電話も自動車もない。
この広大な土地での移動に欠かせないのが馬車。
その馬車もお出かけ用、買い物用、雨や雪の日用と、
用途に合わせて、数種類が各家庭にある。
彼らの話すペンシルベニア・ダッチは、中世ドイツ方言と英語が交じり合ったもの。
電気的な音が一切ない、家族団欒の中で話されるその言葉は、
何だか荘厳な響きを持っている。
wantsとneedsを見極めること、それが彼らの「流儀」なのかもしれない。

Lee Oskar "The Promised Land"

[PR]
by lanova | 2005-02-24 17:40 | Trip | Trackback | Comments(6)

Fort Wayne

c0062603_784128.jpg


Indiana州 の北部に位置するFort Wayne。
夏は高温多湿、そして冬は深い雪に包まれる。
時には2mもの積雪があるこの地域の多くの家は、
一冬を過ごせるほどの保存食と収め、外気に左右されない地下室を持つ。
この家も手入れを繰り返ししながら100年という時の流れを経て、
いくつもの冬を越えてきた。
春の匂い、春の音、春の風を待ちわびるのは、
日本もFort Wayneも同じなのかもしれない。

Simon & Garfunkel "April Come She Will"

[PR]
by lanova | 2005-02-22 16:39 | Trip | Trackback | Comments(3)

Chinatown

c0062603_755018.jpg


LAのダウンタウンにあるChinatown
リトル東京よりもはるかに大きく、活気がある。
世界各地にChinatownはあるという。
中でもSan Franciscoのそれは、最も喧騒で猥雑だ。
毎年、大勢の中国人が、あの広大な中国大陸からカリフォルニアに渡ってくる。
彼らはどんな夢を追い求めてやってくるのだろうか。

The Mamas and the Papas "California Dreaming"

[PR]
by lanova | 2005-02-20 22:15 | Trip | Trackback | Comments(12)

Carlsbad

c0062603_712634.jpg


LAからSan Diegoに向かう途中に、瀟洒な家々が海岸沿いに並ぶCarlsbadという街がある。
そこで水平線に沈む夕陽を眺めていた。
ここでは夕陽、日本では朝の光、地球の反対側で同じ太陽を見てるんだ。

Commodores "Sail On"

[PR]
by lanova | 2005-02-19 19:44 | Trip | Trackback | Comments(19)