Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

カテゴリ:Trip( 240 )

Japan trip in winter time 2017

c0062603_09515862.jpg

c0062603_09520876.jpg今年、年明け早々に高校の還暦同窓会が開かれるという情報が入ったのは昨年の夏のことだった。
高校を卒業して42年、おそらくこの先同窓生が一堂に会するチャンスはそうないかもしれない、そう思い、繁忙期、天候不順のリスクがありながらも昨年12月29日のフライトで帰国した。
日本に着いたのは30日。
急ピッチで新年の準備をするも、おせちを作る余裕はなく、友人の料亭「魚一」でおせちを注文し、父と二人で無事に新年を迎えることができた。
分厚い新聞をながめ、実業団駅伝を見て、おせちをつつき、久しぶりに日本ならではののんびりとした元旦を過ごした。
翌日はその還暦同窓会。
卒業生400人余りのうち約150人が出席。
かなり出席率は高い方じゃないかと思う。
しかし…40年の月日を経て会う旧友たちは思わず「はじめまして」とあいさつしそうになるほど、その面影を感じられない人もいた。
それでも話しているうちに「ああ、あの!」と思い出すことも多く、何のしがらみもない、気の置けない同級生たちとの時間は瞬く間に過ぎていき、1次会、2次会、3次会、4次会と参加し、家に戻ったのは12時間後だった。

c0062603_09522117.jpgc0062603_09523191.jpgc0062603_09524345.jpgc0062603_09525205.jpg
今回の帰国は10日後に夫も来日し、これまで出かけたことのない場所に連れて行ったり、人と会う約束もいくつかあり、3週間余りの滞在はあっという間に過ぎていった。
三が日が過ぎて会ったのはこのブログへの訪問がきっかけで知り合ったKさん。
オハイオ州で同業の日本語教師路をしている人だが、何と出身が隣の鳥取県米子市。
同じ時期の帰国で、「お会いしましょう!」ということになった。
思いのほか暖かな日だったので松江城周辺をぶらぶらと歩きながらご案内。
学年も同じということもあり、話せば話すほど芋づる式に知っている人がどんどん登場。
彼女と過ごした丸一日もあっという間に過ぎていった。
写真は小泉八雲もたびたび訪れたという城山稲荷。

c0062603_09530128.jpgc0062603_09531100.jpgc0062603_09531840.jpgc0062603_09532960.jpg
夫がやってきたのは1月10日過ぎで、同じ時にスイスのチューリッヒから生徒もやってきた。
彼は何度か日本へは来ているが、松江は初めてだというので、これもお決まりのコースで案内。
できれば石見銀山へ連れて行ってほしいとのことだったけれど、その日は午後から雪になる予報で予定を変更して島根ワイナリー、出雲大社と案内し、帰りにはフォーゲルパークで過ごした。
翌日は一日中雪だったのにも関わらず、彼は松江城周辺を歩いて回ったそうだ。
雪が降る中、堀川遊覧にも乗船したそうで、「良かったですよ~!」と言っていた。

c0062603_09534019.jpgc0062603_09534754.jpg
その数日後は、夫を足立美術館へと案内した。
その日は朝から冷たい雨が降っていたけれど、観光バスは次から次へとやってくる。
私もここを訪れるのは20年ぶりくらい。
しかも雪の季節は初めてだったので、久しぶりに楽しむことができた。
c0062603_09535966.jpgc0062603_09540522.jpg
滞在中に雪を楽しんでいるうちは良かった。
さあ、明日はアメリカに向けてフライトだという日。
どうやら雪になりそうだという。
それでもまあ、飛行機が飛ばないほどの大雪にはならないだろうと高を括っていたのが大間違い。
朝起きてみると一面真っ白。
40㎝くらいは積もっていただろうか。
朝からバス会社やタクシー会社に電話するも、どこも「今日は動きませんねえ」という。
でも、航空会社に電話すると飛行機は飛ぶかもしれないという。
しかし、空港まで行けないんじゃその飛行機に乗ることもできない。
結局、空港までの足がなく、翌日のフライトに変更。
変更料金が1人28,000円というのは痛かったけど、背に腹は代えられない。
あれやこれやの新年帰国だったけれど、夫も今回の来日を楽しんだようだし、旧知を温めることもできたし、何といっても一人暮らしの父と一緒に新年を迎え、3週間ほどだったけど毎日一緒に晩酌をし、食事をして過ごすことができた。
でも冬場はやっぱり天候のリスクは大きいということがよくわかった帰国でもあった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-04-24 00:15 | Trip | Trackback | Comments(8)

Sweet Memories 4

c0062603_04062942.jpg

c0062603_04064999.jpgc0062603_04070801.jpg
セントポールのコモパークでたっぷり歩いた後は、やっぱりビールでしょ!
ということで午後から夕方にかけてはビール醸造所のSummit Brewing Companyへ。
醸造所の中を案内付きで見学した後は、クラフトビールをたっぷり楽しんだ。
この日はTシャツでも大丈夫なくらい暖かな日だったので、秋の日差しの中で何種類かのビールを飲み比べる。
夫とDはホップのよく効いたIPAが好み。
息子と私はスタウトビアが好きと、それぞれに好みのビールが違って面白い。
たまたま車の中に常備していたピーナッツをつまみに、日が暮れるまで話もビールも進む。c0062603_04073653.jpgc0062603_04075205.jpg
翌日は車で40分ほどウィスコンシン州方面に向かったところのStillwaterにあるワイナリーSaint Croix Vineyardsへ。
そう、昨日はビール、今日はワインというわけだ。
Stillwaterは夫も私も大好きな街でこれまでも何度も訪れているが、ワイナリーに行くのは初めて。
ここでも案内付きで見学した後、ワインテイストを楽しんだ。
Dはドライなワインが好き、私はどちらかといえばデザートワインのような甘めが好きと、ここでも好みが分かれるが、それぞれ満足できるワインを見つけることができた。
今回は夫の手作りビール、人気のサミットビール、そして豊饒なワインと呑兵衛の二人も存分に楽しめたのではないかと思う。c0062603_04091458.jpgc0062603_04092906.jpg
もちろん彼らがここで過ごした1週間、毎日毎日飲んでいたわけではなく、しっかり「母ちゃんの味」も作りましたよ!
とんかつ、ギョウザ、ポテトサラダ…息子の好きな料理は一通り作った。
どこに入るだろうと思うほど細身の彼女もよく食べてくれた。
最後の夜はすべてをきれいに平らげてくれた二人に嬉しくもあり、最後の夜なんだなとも思わされ、寂しくも感じ…
1週間は本当に瞬く間だった。
夫と二人のときはそんなにあれこれ話すわけじゃないし、最も毎日一緒にいればそれほど話題があるわけでもない。
でも息子とは母の葬儀以来3年半ぶりだったこともあり、次から次へと話が弾む。
それだけに二人がロサンゼルスに帰った後は、まさに祭りのあとの寂しさ。
次に会えるのはいつかな、同じアメリカでも遠い。
元気でいればまた会えるから、そう言い聞かせても秋風が吹き抜けていく。
彼らがミネアポリスを後にすると、待っていたかのように冬が訪れた。
c0062603_04094803.jpg


*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-03-16 14:45 | Trip | Trackback | Comments(2)

Sweet Memories 3

c0062603_01285371.jpg

セントポールの午後のコースは、セントポール大聖堂とコモパーク。
このセントポール大聖堂は息子のリクエスト。
この大聖堂は1841年にカトリックのガルティア神父によって建てられたという。
その時に「セントポール大聖堂」という名前であったことから、この州都はセントポールというらしい。
現在の建物は1915年に完成。
100年以上の歴史を持つ。
訪れたのが土曜日だったため、ちょうど土曜日のワークショップが行われようとしていた時で、その開始前に静かに静かに中を見て回った。
カトリック教会の建造物は豪華絢爛な装飾が施され、ステンドグラスなどは光の具合で幾色にも変化する。
信者にとっては敬虔なる信仰の場だけれど、建築物としての関心や興味を惹く所として多くの観光客が訪れる場所でもある。
c0062603_01291379.jpgc0062603_01292579.jpgc0062603_01294163.jpg
c0062603_01295348.jpg

c0062603_01303404.jpg

次に訪れたのがコモパーク。
ここは家から車で20分ほどで近いこともあり、去年はこの時とその前に5月にも出かけた。
夫に至っては9月にもゲストを案内している。
近いだけではなく入園料はすべて寄付によるものだということも行きやすさの一つだ。
のんびり散策を楽しむにもほどよい広さで、家のもっと近くにはミネソタ動物園があるのだが、そこよりも親しみやすさを感じている。
ここには日本庭園があるのもその理由の一つになっているのかもしれない。
セントポールと長崎市は1955年に日米で最初となる姉妹都市提携をしている。
この日本庭園を造る時にも長崎から造園士を招いて庭造りが行われたという。
例年であれば11月はほとんどの木々は葉を落とし、冬の訪れを感じさせるのだけれど、この時はすべてが息子と彼女の訪問を祝福してくれたかのように暖かく、日本庭園の紅葉も本当に美しかった。
穏やかな秋の午後の日差しはどこまでもやさしい。

c0062603_01304938.jpgc0062603_01310425.jpgc0062603_01311863.jpg
c0062603_01313478.jpgc0062603_01314440.jpg
c0062603_01315808.jpgc0062603_01321064.jpg
c0062603_01322635.jpgc0062603_01323693.jpg
c0062603_01373446.jpgc0062603_01324951.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-03-15 12:20 | Trip | Trackback | Comments(0)

Sweet Memories 2

息子たちと出かけたスモールトリップ、この日はミネソタ州の州都Saint Paul(セントポール)を巡った一日。
ミネソタ州はこのセントポールとMinneapolis(ミネアポリス)との二つが州の中心となっていてTwin Cities(ツインシティ)と呼ばれている。
古き良き時代の香りを残すセントポールと近代的都市のミネアポリス。
私は圧倒的にこのセントポールが好きだ。
ここは見どころ満載で、とても一日では回れないけれどもお薦めスポットのいくつかに出かけた。
c0062603_04462421.jpg

まず出かけたのはMickey's Diner(ミッキーズダイナー)。
ここも私たちは何度か来ているが、いつ来ても大勢の人でにぎわっている。
食事の時間帯ともなれば並んで待つこともしばしばだけど、この日はスムースに席に着いた。
ダイナーというのは移動式の屋台レストラン。
かつては工場などの近くに多くあり、主に東海岸や中西部に多かったそうだ。
今もその当時のダイナーが残っているところは多くはなく、このミッキーズはその貴重なダイナーのうちの一つ。
元々は電車車両だったそうだ。
ここで出てくる料理はもちろん、典型的なアメリカ料理。
これは決して夕食ではない。
れっきとした朝ごはん。
いつもならこんな量の朝ご飯は途中でギブアップなのだけれど、みんなで食べると不思議に食べられるものだ。
小柄なDも残さず完食!
c0062603_04464683.jpgc0062603_04465442.jpg
c0062603_04470841.jpgc0062603_04472013.jpg
c0062603_04473176.jpg
c0062603_04475530.jpg

このミッキーズと通りを挟んで、個人住宅なのか公共の施設なのかわからないけれど、その前にはにはスヌーピーでおなじみのピーナッツ仲間ルーシーの銅像がある。
セントポールには公園やショッピングモール、一般道路の一角などさまざまなところにこのピーナッツの銅像がある。
実はセントポールはピーナッツの生みの親Charles Schulzの出身地。
彼が亡くなったのは2000年だが、その後、彼を偲んで2003年から街の中にピーナッツの銅像が建て始められたのだという。
息子は大のスヌーピーファンで、どこへ行くのもスヌーピーが一緒だった。
息子の手からスヌーピーが離れたのはいつからだったのだろうか。
そしてそのスヌーピーがどこへ行ったのか、今となっては記憶も薄れてしまった。
当の本人もとっくの昔に忘れているようだけど、案外、懐かしさは内に秘めたままにしているのかもしれないと思うのは母親の独りよがりなノスタルジーかもしれないな。
c0062603_04481433.jpgc0062603_04482547.jpg
c0062603_04483628.jpgc0062603_04484570.jpg
c0062603_04490035.jpgc0062603_04490771.jpg
c0062603_04491816.jpgc0062603_04492515.jpg
*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-03-11 14:30 | Trip | Trackback | Comments(2)

Sweet Memories 1

c0062603_04104510.jpg

昨年11月、ロサンゼルスに住む次男がDと一緒にミネソタに遊びに来た。
彼がミネソタに来るのはこれで3度目。
例年であればミネソタの11月は雪も降るような寒い気候になる。
ところが今年はどうかするとTシャツで過ごせるほどに暖かい。
天気の神様が彼らの訪問を歓迎してくれたのかもしれない。
今回は息子たちが行ってみたいと言っていたSpam Museum(スパムミュージアム)へ。
スパムといってもスパムメールではない。
戦時中に軍隊の常備食として用いられた肉の缶詰。
ロサンゼルスに住んでいたころ、息子のバスケットの試合や練習のリフレッシュメントでこのスパムを使った「スパムむすび」なるものを初めて食べて、「おいしいわっ!」と思ったのを懐かしく思い出す。
肉の缶詰をご飯に乗せるというのは、当然、日本人の発想。
ハワイで作られたのが起源だという。

c0062603_04112876.jpgc0062603_04111035.jpgc0062603_04120799.jpg

c0062603_04122090.jpg

ここに来るのは2回目だが、前回の場所から少し移動し、外観も中もきれいになっていた。
ミュージアムの裏には昔ながらの映画館が。
かつてテレビゲームも、インターネットも、スマホもなかった時代、人々の楽しみといえばボウリングと映画だったのでではないだろうか。
ロマンスがかかれば恋人たちが、ディズニーなら家族連れが、この映画館に足を運んだのだろう。
c0062603_04124283.jpg

スパムミュージアムがあるのはミネソタの南部Austin(オースティン)というところ。
ミネソタ州は湖が10,000湖あると言われるほど湖は多いが、土地の起伏は少なくほとんどが平地である。
多少の丘陵地はあっても山歩きを楽しむような地形ではない。
その平地ならではの光景がこの風力発電。
何もないところを車で行けば、必ずこの光景に出くわす。
遠くから見ている分には「わあ、すごいなあ」だが、近づくとその巨大さと異様な形にギョッとするのは私だけではないだろう。
やはり何もない平原ににょきにょきと風車が立っているのはフツウではないと思う。
c0062603_04125968.jpgc0062603_04131259.jpg
c0062603_04132301.jpgc0062603_04133423.jpg
c0062603_04134394.jpg
c0062603_04141639.jpg

Austinの平地を抜けて到着したのがWabasha(ワバシャ)にあるNational Eagle Center(ナショナルイーグルセンター)。
アメリカ白頭鷲のミュージアム。
ここに来るのも私たち夫婦は3回目。
今回は閉館時間ギリギリだったけど、息子たちはここで保護され飼育されている白頭鷲を実際に見ることができて喜んでいた。
ワバシャという変わった名前の地名は、この地に住んでいたインディアン部族の酋長の名前に由来するという。
博物館前にはそのワバシャの銅像も建てられている。

c0062603_04143660.jpgc0062603_04145667.jpg
c0062603_04150869.jpgc0062603_04151616.jpg
この日は朝早くから出かけて、丸一日ミネソタ州の南部とミシシッピ川沿いを回った。
長距離を運転した夫は疲れた様子も見せず、息子たちを案内してくれた。
柔かな秋の日差しの中で穏やかな優しい時が流れた一日だった。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2017-03-10 15:15 | Trip | Trackback | Comments(0)

Indian Island Winery

c0062603_04215310.jpg
ローラ博物館の帰りにはワイナリーに行こうという計画を立てた。
ところが博物館はわが家から車で3時間半。
博物館も見て、ワイナリーにも行って、往復7時間はちょっときつい。
そこで1泊の小旅行をすることになった。
かつては「大草原の小さな家」の撮影場所だったわけだから、近くにはホテルなどの宿泊施設があっても良さそうなのに見当たらない。
ミモザさんにSpringfieldという近くの町のホテルを手配していただき、そこに宿泊することに。
この町、なかなかの古さでまさにSleeping town。
でも、そういうところのほうが落ち着くような気がするのは、身の丈にあった場所、だからだろうか。
地元の人にこの町の評判のレストランを教えてもらい、そこでワインやビールを飲みながらの食事。
夫はここでもやっぱりゾウリステーキ!
でも、さすがに全部は食べ切れなかったようだ。
c0062603_04222009.jpgc0062603_04223583.jpg
c0062603_04225127.jpgc0062603_04230272.jpgc0062603_04231394.jpg
c0062603_04232365.jpg
c0062603_04243996.jpg
翌日、秋晴れの空の下、Indian Island Wineryへと車を走らせる。
かつてはネイティブインディアンの居住地だったそうで、鏃などの遺物もたくさん発見されているという。
どこまでもなだらかな丘陵地が広がり、ワイン栽培には最高の場所。
ともにアメリカ人夫と日本人妻の二組の夫婦でワインテイスティングを楽しみ、その後は外の景色を楽しみながら食事をし、次回の旅の計画を話す。
今度は私たちがワシントン州へ出かけようかという話になる。
実現しますように…
ミモザさんご夫妻のおかげで、初秋の最も気持ちの良い時期にスモールとリップを楽しむことができた。
いつも目先のことに追われている私たち夫婦にとってかけがえのないひと時を持つことができ、チャンスをいただいたことに感謝の旅となった。
c0062603_04242744.jpgc0062603_04240758.jpg
c0062603_04235610.jpgc0062603_04245226.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-12-06 13:50 | Trip | Trackback | Comments(6)

Laura Ingalls Museum

c0062603_05141271.jpg

9月の大きなイベントの一つがワシントン州からのお客様だった。
ブログで知り合ったミモザさんご夫妻がミネソタ旅行を計画なさっていると知り、「ぜひ遊びに来てください!」ということになったのだ。
当初は1泊はわが家で、それ以外はホテルで宿泊という予定でいらしたのだが、会って話をしてみると年齢もほぼ同じ、夫婦の知り合ったきっかけ、お互いに初婚でないこと、ワインもビールも大好きなどなど、あまりにも共通点が多く、すっかり意気投合!
ましてやこの近くに友達と呼べる人はなく、日本語で話すなどというのは皆無の私にとってはかけがえのない時間。
無理を言って結局三泊ご一緒することになった。
今回、ミモザさんのミネソタ旅行の一番の目的が「大草原の小さな家」のLaura Ingalls Museumを訪れることだった。
ここは私も前から行きたいと思っていたのだが、そのチャンスがなかなかなく、ここぞとばかりに同行させてもらうことにした。
なにぶんにも訪れてから1ヵ月半も経っており、メモも何もとっていなかった私の記憶は実にいい加減。
写真を見ても「あれ、何だっけ?」と思うことが多く、ここはしっかりと記載されいてるミモザさんのブログに頼ることとしよう。

c0062603_05142828.jpgc0062603_05144274.jpg
c0062603_05145473.jpgc0062603_05150994.jpg
c0062603_05152151.jpgc0062603_05153587.jpg
c0062603_05154783.jpgc0062603_05155718.jpg

実は「大草原の小さな家」は本で読んだことはなく、テレビで観た記憶があるだけ。
それも放映されていたのが1975年~1982年までで、ちょうど大学に入学した年からの放映。
東京での一人暮らしが始まり、超多忙の毎日(もちろん学業ではなく)で、「11PM」開始に間に合うかどうかの帰宅だったため、「大草原の小さな家」を毎回逃さず観ていたわけではない。
それでも断片的に記憶が残っているというのは、よほど印象的なテレビドラマだったのだろう。
アメリカという国に憧れ始めたのもこの頃だった。
見ると住むとは大違いというのは、結局後で知ることになるだが…


やたら写真だけは写したので、懐かしいシーンはこちらから。
[PR]
by lanova | 2016-12-03 15:00 | Trip | Trackback | Comments(4)

Summer vacation 2016 No.5

c0062603_05310959.jpg
スモールトリップの終盤は19世紀の後半の牧師一家が住んでいた家。
事務室や訪問客を迎えるための部屋などもあるが、こじんまりとしたサイズの家。
それでも当時としてはかなり珍しい冷蔵庫や子供用の椅子などもあったようだ。
この子供用の椅子は食事の際にはハイチェアになり、低くすると揺り椅子にもなる。
こういうところはアメリカのこの時代がうかがえて楽しい。
今のようにPCもスマホはもちろんテレビもない時代だから、さぞかし家族団らんは楽しい時間だったに違いない。
このころはきっと家族で話をするときもちゃんと目を見ながら話をしたのだろう。
電気もない時代、ベッドに入るまでの時間を惜しむように家族で過ごしたのだろうと思うと羨ましくも思えてくる。
c0062603_05314074.jpgc0062603_05315747.jpgc0062603_05320752.jpg
c0062603_05324700.jpgc0062603_05330287.jpg
c0062603_05332330.jpgc0062603_05333319.jpg
c0062603_05334932.jpg夏の花が咲く庭先を後にして、当時の洋品店をのぞく。
既製服もあったようだが、その多くは女性用の誂え品だったそうで、下着やドレスはもちろん、帽子や手袋、鬘まで作っていたそうだ。
女性がパンツを着用する前、コルセットでぎゅっと腰を絞り、ドレープのあるスカートをはいていた時代だ。
足踏みミシンも懐かしい。
古代から文明は水のあるところに栄えてきた。
今回、訪れたこのThe Landingもミネソタ川の河畔に位置している。
当時の交通機関は川を利用した船がほとんどだった。
そのため毛皮商人を中心としてこの地域に町がつくられていったのだという。
しかし、時代が下がるにつれて輸送機関は船から馬車、やがて鉄道、車へと変遷し、この地域を後にする人々も次第に多くなっていった。
それでもここから臨むミネソタ川は、とうとうと流れている。
時代は変わり、人々の暮らしが変わっても、変わらないものはある。
そんなことを思った今年の小さな夏休みだった。
c0062603_05340229.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-12 14:55 | Trip | Trackback | Comments(2)

Summer vacation 2016 No.4

c0062603_02552432.jpg
引き続き、The Landing(ザ・ランディング)ツアー。
ここは当時の何でも屋というか、総合オフィスというか、百貨店というか…何でもあり。
食料品も売っていれば、毛皮や用品、食器なども扱う。
それだけではなく郵便局としての機能や役所としての機能も持っていたそうだ。
当時の人々はここ1箇所で全ての用事が済ませることができたのだろう。
何もかもが細分化された現代社会より、ずっと便利だったのかもしれない。
c0062603_02553931.jpgc0062603_02555168.jpg
c0062603_02561209.jpgc0062603_02562368.jpg
c0062603_02563547.jpgc0062603_02564625.jpg
c0062603_02565874.jpg缶詰のパッケージは当時のもの。
今よりもずっとキッチュでおしゃれ。
レジスターもなかなかゴージャス。
魔女の宅急便さながらの箒とエプロンもいい。
ハエ叩きは今も昔も、日本もアメリカも変わらないんだなあと妙に感心したりして、ショップを後にした。

c0062603_02572354.jpg
この後に回ったのは、少し年代が下がり、中流から上流の少し裕福な家庭の家屋。
部屋数もぐっと多くなり、2階にはいくつかのベッドルームがあるそうだが、閲覧できるのは階段までで2階に上がることはできない。
フォーマルなリビングルーム、ダイニングルーム、デーンと呼ばれるファミリールームもある。
当時としてはまだ珍しかった蓄音機やオルガンなどもあり、裕福な家庭の様子が伺える。
ほとんどの家庭では屋内に水道設備はなく、外の井戸から水を汲んだというが、裕福な家庭になると家の中に水道設備が整えられていたそうだ。
とはいえ、今のように蛇口をひねると水が勢いよく出てくるわけではなく、くみ上げ式のポンプが台所の中に備え付けられていた。
しかし、冬の寒さが厳しいこのミネソタでは、これほどありがたい設備はなかったのではないだろうか。
マイナス30度にもなる極寒の地でこの時代の人々はどう暮らしてきたのだろうか…
200年前の暮らしに思いを馳せるのも、また楽しい。
c0062603_02573791.jpgc0062603_02575997.jpg
c0062603_02582282.jpgc0062603_02583661.jpg
c0062603_02584834.jpgc0062603_02590191.jpg
c0062603_02591315.jpgc0062603_02592319.jpg
c0062603_02593679.jpgc0062603_02595091.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-10 16:10 | Trip | Trackback | Comments(0)

Summer vacation 2016 No.3

c0062603_03140117.jpg

引き続き、ザ・ランディング。
1800年代前半のごく一般的なアメリカの家は、こんな感じでこじんまりとした清潔感のある家屋。
現在のやたら大きいことが価値があるかのように、その大きさを誇る家よりもよほどぬくもりが感じられるのだが…
でも、家の横にあるバーン(農作業小屋)はやたらと大きかった。
農機具の収納や干草を蓄えておくための小屋は、当時の人々にとって家屋よりも大切だったのかもしれない。
c0062603_03152620.jpgc0062603_03154049.jpg
c0062603_03141891.jpg
この家の正面には学校がある。
当時は全学年がこの一つの校舎の中で学んだという。
正面からの写真は床が傾斜しているのではなく、前から後ろに向かって机のサイズが大きくなるからだ。
日本の寺子屋のような学校だったのかもしれない。
農作業で忙しい両親に代わって子供たちの面倒を見るのは教師だった。
今のように学校と家庭とが分離している時代ではなかったのだろう。
ここで当時の様子を詳しく説明してくれたのは通常は図書館で働いているという女性。
雰囲気が学校の先生そのもので、思わず話に聞き入ってしまった。
c0062603_03172065.jpgc0062603_03175043.jpg
c0062603_03180383.jpgc0062603_03181507.jpg

c0062603_03183965.jpgc0062603_03185159.jpg学校を見た後は、少し時代が下がり家のサイズも大きくなった家屋とその生活ぶりを見る。
台所にある大きなストーブは暖を取るのはもちろん、ここで煮炊きをしたり、盥に入れるお湯を沸かしたり、アイロンを乗せて熱くしたりしたそうだ。
ストーブの上で熱くなった鉄の塊で衣類にアイロンをかけるわけだが、「ちょっと持ってごらん」と言われて持ち上げたアイロンの重さに取り落としそうになる。
こんな重いものをどうやってスムースに動かせたのか、当時の女性はたくましかったのだろうと思う。
古き良き時代のアメリカが感じられ、テレビ番組や映画でしか知らない世界へとふとタイムスリップしてしまうような感覚になった。
淡い色合いのカーテンや調度品にはアグレッシブなアメリカは感じられない。
お人よしの陽気なアメリカ人が窓の向こうから顔を覗かせるようなそんな気がしてくる。
c0062603_03190511.jpgc0062603_03191798.jpg
c0062603_03194043.jpgc0062603_03195237.jpg
c0062603_03200426.jpgc0062603_03201501.jpg
c0062603_03202882.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lanova | 2016-11-01 14:00 | Trip | Trackback | Comments(0)