Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Getting blooming

c0062603_05284338.jpg
前回アップしたルバーブの蕾、3日後の様子がこれ。
少しだけピンク色がついてはいるけれど、やっぱり花というにはちょっと奇妙な形。

c0062603_05292978.jpgc0062603_05302933.jpgc0062603_05305818.jpg
ルバーブに俄かスポットライトを当ててはいるけれど、我が家の他の花木たちも5月の風の中ですくすくと成長している。
左はビールづくりには欠かせないホップ、今のところJapanese Beetleの被害はないようだ。
中はクレマチス(テッセン)、毎年ほったらかしにしているのに、元気に育ってくれる。
右はアヤメ、これも自力で越冬して花を咲かせるけれど、今年はいくつ花をつけるのだろう。

c0062603_05315876.jpgc0062603_05322904.jpg
お隣のライラックも見ごろだけれど、意外と花の寿命は短く、1週間後には畑の小径が紫色の花びらで敷き詰められた。
バックヤードにある唯一の樹木がこのハナカイドウ(だと思う)。
英語名はHall crabappleで、ミネソタには多種類のCrabappleがあり、日本語では姫リンゴという。
でも、果実が姫リンゴのサイズになるには相当な年月がかかるようで、我が家のは実ができるや否や小鳥たちのごちそうになっている。
年々、花の色が薄くなっているようでちょっと気にかかる。
c0062603_05331383.jpg

c0062603_05334281.jpgc0062603_05342887.jpgc0062603_05345844.jpg
フロントヤード(前庭)にも1本樹木がある。
これは家屋の高さよりもずっと高く、ストームの時などには枝が揺れて屋根や壁を叩くこともある。
この木はWhite Ash(ホワイトアッシュ)で、この辺りではとても多くあちこちで見かける。
5月の前半、若葉が付き始めるころの新緑の時期が一番美しい。

c0062603_05354358.jpgc0062603_05364303.jpg
通りを隔てた前の家にはBridalwreath(シジミバナ)だろうか、白い花が満開になっている。
それにしても英語名のBridalwreathと和名のシジミバナじゃ、ずいぶん印象が異なる。
目を転じてみれば、教会の庭の木々も芝生もすっかり緑色になっている。
一年のうちで一番好きな季節。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-27 16:20 | Garden | Trackback | Comments(2)

What's this?

c0062603_11155115.jpgc0062603_11163789.jpg
この奇妙な花の蕾は何でしょう。
何だかちょっと不気味な感じがしないでもない。
実はこれはルバーブの花の蕾。
ここで暮らして7回目の春なのに、ルバーブの花を見たのは初めて。
きっとこれまでも毎年咲いていたんだろうけど、気が付かなっただけなんだろうなあ…
何で気が付かなかったのだろうか。
見ているようで見ていないのは現実生活でも一緒だね。

c0062603_11172194.jpgc0062603_11183651.jpgc0062603_11180784.jpg
5月の初めは例年を10℃も上回る暖かさで、たった1日で植物はぐ~んと成長する。
左はめきめき葉が大きくなったイチゴ。
中は前日に収穫したアスパラガス畑。
すでに新しい芽がニョッキニョッキ。
右はシャロットとスィートオニオン。
玉ねぎの消費量は半端じゃない我が家では収穫が待ち遠しい。

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-25 21:37 | Garden | Trackback | Comments(0)

The first harvest 2017

c0062603_14272166.jpg
今年の初物、自家菜園のアスパラガス。
この家に引っ越してきた2011年に苗を植え、翌年から収穫し、今年は6度目。
厳しい冬の間、土の中でじっと寒さを堪えて、大きく元気いっぱいのアスパラガスになった。
初収穫のアスパラガスはさっとゆでて甘くて柔らかな素材の美味しさをたっぷり堪能!

c0062603_14274691.jpgc0062603_14275742.jpgc0062603_14280876.jpg
5月になってから俄かに我が家の庭も緑が多くなった。
雑草も決して少なくはないが、それでも固い土から新芽を吹き出ししているものがあっちにもこっちにも。
左は夫が植えたシャロットが芽を出し始めたところ。
中の写真は去年植えた青ネギが越冬して今年も芽を出した。
右はこれも毎年必ず元気に顔を出すチャイブ。

c0062603_14282201.jpgc0062603_14283623.jpg
ここは冬の気温が氷点下30度になることも珍しくない。
外気温はこれほど下がっても土の中は一定の気温が保たれる。
とはいえ、土の中も凍ってはいるけれど…
そんな中で背伸びでもしようとしたのか、ねじれたままに大きくなったアスパラガス。
「いやあ、まいっちゃったな、こんな格好で…」とちょっと照れ笑いをしているのだね、きっと。

c0062603_14284849.jpgc0062603_14290414.jpg
c0062603_14292779.jpg
去年Japanese beetle(マメコガネ)に随分やられたワイン用のブドウもしっかり新芽が出てきた。
今年もJapanese Beetleとの戦いが待っているのだろうか。
Hall crabapple(だと思うけど)も、新葉の先に赤い蕾がつき始めた。
この木は以前の住人が植えていたもので、多分、Hall crabapple(ハナカイドウ)だと思う。
でも、ちょっと花の色が違うような気もする。
大きな枝ぶりが庭のかなりの部分を覆っていたため、夫が剪定したのでダイナミックな花盛りが見られなくなったのはちょっと残念。
ライラックの木はお隣の庭にあるのだけれども、花は全部我が家の庭の方に向かって咲いてくれる。
おかげでこうして春の初め、我が家のバックヤードは鮮やかな紫色で彩られる。

c0062603_14293834.jpg

*写真はクリックで拡大
ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by lanova | 2017-05-25 00:58 | Garden | Trackback | Comments(2)