Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Starting a family

c0062603_1273299.jpg

雨でも降っていない限りは、必ず園庭で遊びながら私の迎えを待っていた。
時には仕事で迎えが遅くなることもあった。
ひどいときには迎えに行くことすら忘れて、
保育所からの電話で慌てて行ったこともある。
迎えに行くと、「おかあしゃ~ん!」と駆けてきて腕の中に飛び込む彼からは
いつだってお日様の匂いがした。
いつまでもいつまでもそのお日様の匂いを嗅いでいたいと思った。
毎朝、起きなければいけない時間のちょっと前に、必ず私のベッドにもぐり込んできた。
1分でも1秒でも温もりの中に長くいたいと思う寒い冬の日、
小さな身体はまるでアンカのようだった。
それは私にとって、最も至福の時間だったのかもしれない。
そんな遠い日のことを思い出していた。

6年半前に15歳で私と一緒に渡米した次男は22歳になった。
夫と私がミシシッピに移住するときも、彼はロサンゼルスに残る選択をした。
そのときが、親離れであり子離れのときであったとは思う。
それでも同じ国内にいることはある種の安心感をもたらしてくれた。
日本との時差を気にするようなこともなく、電話で話すこともできたし、共通の話題も多かった。
でも、彼はもうお日様の匂いのする幼児でもなく、腕の中でぬくもりを感じるほど小さくもない。
彼は彼の人生を歩き始めていた。

人生を支え合うパートナーを見つけた彼は、彼女と歩き始めた。
以前、友人が話してくれたことがある。
「子どもというのは神様からの預かりもの。
人生の伴侶を見つけるまで、大事に大事に育てなさいと預けられたんだから、
パートナーに引き渡すまでが親の仕事」と。
私は、彼をちゃんとパートナーに引き渡せるところまでの仕事ができただろうかと
いささか不安ではある。
そのためにはもう少し時間を、一緒にいる時間がほしいなどと口実までつくってみたくなる。
まだ22歳なんて子どもじゃないかなどと思ったりもする。
でも、彼は歩き始めているし、
もしかしたら私などの歩幅よりももっと大きく、もっと早いピッチなのかもしれない。
そしてそんな彼の歩調にピッタリ寄り添っているのが彼女なのだ。

彼らは今年6月に入籍した。
そして新しい生活を日本でスタートさせる。
一足先に日本に帰った彼女の元へと、息子は今日ロサンゼルスを発った。
たくさん、たくさん、幸せを見つけてほしい。
私が彼からたくさんの幸せをもらったように…

来月、彼は父親になる。

*写真はクリックで拡大

ポチッと、応援よろしくお願いします!

こちらもポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/9804544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by candypop-m at 2008-09-27 12:38
読んでいて涙が出ちゃいました
息子さんおめでとうございます
そしてnovaさんも3人のおばあちゃんですね

<神様からの預かりもの
<パートナーに引き渡せるところまでが親の仕事
ですか
うむ~~~
親の仕事を終わらせてあげられるのはいつだろう・・・・私。。。
Commented by NekoMama7 at 2008-09-27 13:07
青年君、お父さんになるのかあ。おめでとう&がんばってね。
家族ができるというだけでも大変なのに
同時に日本で新生活を始めるというのはもっと大変。
でも、未来は無限大。
前を向いて、胸をはって生きてほしい。
Commented by juju3291 at 2008-09-27 13:38
★元気ばば★
子離れのときですね。
成長の証です
子供のほうが親の気持ちより早足で、行ってしまった。
でも、よかったとおもわなければ・・・・
お孫さんもでき、きっと幸せになります。
うらやましい。
独身の息子の母
Commented by genova1991 at 2008-09-27 16:21
青年は日本に帰っちゃったのですか!
なるほど、そういう選択もありですよね。
素適なパートナーと出会えて良かったです^^*
高校の卒業パーティーの画像を見せていただいたのが
つい昨日のように思えますが、そうですか、、、
もうお父さんになっちゃうのね。
おめでとうございます!
新米パパさん、新米ママさん、頑張ってね^^v
Novaさんは新米バーちゃんじゃないから(笑
3人目のお孫さんが楽しみですね~♪
Congratulations!
お幸せに~♥
Commented by ヒゲおやじ at 2008-09-27 16:28 x
画像の大きな樹の様に、枝葉を広げて家族に日陰を作る。
守るものが出来たということは、とても喜ばしい事であるし、知らず知らずに親から受けた愛情を、今度は自分の家族に注ぐ事になるのでしょう。

幾つになっても親子は親子。
しかし、適度な距離が必要な、大人の関係でなければならないでしょう。
だから、きっと、良い関係が続くと思います。
Commented at 2008-09-27 16:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by geechan at 2008-09-27 16:43
私の記憶の中では
母の近くをちょこまか走り回って
「静かにしてなさい!」って叱られてた元気なやんちゃ坊主の彼だけど…
もうパパになるのですね~!

「子供」って本当に宝物だよね。
それもいろんなこと教えてくれる
自分の姿も見せてくれる

娘たちが私の元を巣立って行く日のことを考えるだけで
(その予定は今のところ全然ないんだけど)
私も涙が出そうになります。

遠く離れていても
心はいつも近くにあるし
そしてお互いの幸せを一番に願ってるのが「家族」

母からたくさんの愛情をもらって育った彼は
きっとステキな家族を作って
幸せに暮らして行くと思うよ!


Commented by popmamy at 2008-09-28 00:05
子供が生まれた時は、もう孤独じゃない!と思いました。でも、段々大きくなって、かかえるものも出来たとき、ちょっと重いなどと思いました。
私の2人の娘達は、見事に親離れをして、惜しげもなく、親元を去り、それぞれの
道を歩んでいます。私は自由になったのか、寂しくなったのか、良くわかりません。
でも年令だけは、積み重なる!
 日本への道!いいなあ。
 外国へ行ても、東京にいても、彼女達の見ているところは、実家や親ではない!
私だってそうだった!
 多分、贅沢な悩みなのですね。おめでとう!!
Commented by susie at 2008-09-28 00:54 x
>たくさん、たくさん、幸せを見つけてほしい。
私が彼からたくさんの幸せをもらったように…

これからは、新しい家族が息子さんに幸せをあげるんですね。さびしくて涙出るけど、やっぱり、おめでとう。
Commented by クマ at 2008-09-28 01:06 x
おめでとうございます うらやましいかな 私もおばぁちゃんになりたい・・・かも

子供が幸せなことそれが親のたったひとつの望みですもの
どこにいても家族がある 最高です

なにより夫婦が基盤ですから2人仲良くが
一番大事なことですね  元気な赤ちゃん楽しみですね
Commented by のぶ at 2008-09-28 10:23 x
 息子は母にとって夫などとは、比べ物にならないほど、大切なものであることを気づかせられた。
Commented by まこと at 2008-09-28 10:50 x
そうでしたか。
おめでとうございます。

日本で暮らすんですね…でも距離じゃないですからね、家族は。

幸せを願っております。
Commented by オードリー at 2008-09-28 11:07 x
おめでとうございま~~す♪
素敵ですねぇ。
人の幸せな姿やお話、聞いているとこちらまでハッピーになります。
ベイビーちゃんも、生まれるのですね!!
日本で暮らすのですね。
ベイビーちゃんにとって、おじいちゃん、おばあちゃんが
アメリカにいるって言うのはすごく素敵~。
Commented by kyk73 at 2008-09-28 15:11
嬉しい話、有難うございます。
日本に帰国、結婚、出産、幾重にも他人事ながら素敵でワクワクする出来事

オメデトウございます。
ベビーの誕生、写真up待っています。
Commented by koukinobaaba at 2008-09-28 19:03
まずはおめでとうございます!

私のところは子供たちが結婚するまで同居していたのです。それも30歳まで、息子など35歳過ぎての結婚ですから親離れ、子離れがまるで出来ていません。今現在も4世代がお互いに密に連絡を取り合っているような喧しい状態ですから、独立精神が養われたlanovaさんの息子さんは感謝しているかもしれませんね。

私が2歳の時に遭遇した早すぎた父の死以外には、男女間であろうと家族であろうと、未だに愛する人とのどんな別れをも全く経験していない私はある意味でカタワ(人間的に未熟)だといわれました。
これはきっと他の全ての悲しい別れを両手いっぱいに携えて父が天国に旅立ったのだと感慨深いものがあります。
Commented by agapi at 2008-09-28 20:01
いいお話です。子供は大きくなって、子供から教わることが大きいですね。
まじめで元気ならばサイコーだと、子供のいない私は思います。
私たちも、若い人に見習って、お互いに元気で、達者で、がんばりましょうね!
Commented by himawari_August8 at 2008-09-28 22:33
ついこの前までティーンエージャーのような気がしていたのに
噂のボクちゃんがもう、一人前の男に成長していたのですねぇ。
母としては、すごく嬉しいけど、ちょっと寂しいですよね。
でも、とにかく新しい出発に心から祝福いたします。

NOVAさんの思い出の中のボクちゃんと同じように
人肌のアンカと一緒に寝ている私は、もうすぐ離れてしまう時期まで
この温かさと時間を大事にしなくてはいけませんね。
夜な夜な蹴っ飛ばされて痛いんですけど・・(笑)
でも、それも思い出になるのでしょうね。
Commented by lanova at 2008-09-29 00:50
★まきちゃん_ありがとう。そうなの、私サイドでは3人目のGrandkidsですが、クマちゃんサイドと合わせると6人目です。
きっとまきちゃんのご両親は大役を終えて、今は引渡しの日を待っていらっしゃるんだと思いますよ。何となくその日はそこまで来ているような気がするんだけど…
Commented by lanova at 2008-09-29 00:55
★NekoMamaさん_正直言うとこういう展開になるとは、予想してなかったから…とりあえずRe-EntryのPermitを取って出国したので、今度は家族で戻ってきてくれればいいなあと思ってます。でもそれもこれからの彼らの選択だからね。NekoMamaさんの言うように、どこで暮らしていようと誇りを持って生きていってほしいと思っています。
Commented by lanova at 2008-09-29 00:57
★元気ばばさん_そうですね、<子供のほうが親の気持ちより早足で>仰る通りです。長男も次男もさっさと手を振ってくれました。不安な気持ちを抱えているのは、私だけなのかもしれません。来月には3番目(クマちゃんのところと合わせると6番目)の孫誕生です。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:02
★genovaさん_私もね、このエントリーを書く前に昔の写真を眺めていました。そう、あの高校の卒業式からもう3年も経ったんです。ついこの前のことのように思ってたのに…もちろんこの間はすべてが順風満帆だったわけではないし、トラブルも発生しました。それでもこうして新しい家族をスタートさせたことに感謝しなくちゃと思っています。そういうわけで彼らの新生活の場はgenovaさんの近くなので、もしかしたらそこいらで遭遇するかも…そのときにはぜひ「よっ、青年!」と一声かけてやってくださいませ。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:05
★ヒゲおやじさん_この木はLAで暮らしたアパートの前にありました。私たちはこの木が大好きでいつも眺めていました。この木が与えてくれる優しさに知らず知らずのうちに惹かれていたのでしょうね。でもある日、交通の妨げになると言うので伐採されてしまったんです。そのときは本当に悲しかった。
見通しはよくなっても大切なものがそこにはなくて…家族も同じですね。何でもかんでも見通しがよくなればそれでうまく行くってことではないように思います。それぞれがそれぞれの方法で寄りかかれるもの、それが家族なのでしょうね。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:12
★鍵さん_そうでしたか、どうしていらっしゃるかと思っていました。これで調子よくなるといいですね。またSkypeでお電話してみます。データは大丈夫でしたか?たくさんの写真バックアップできましたか?
Commented by lanova at 2008-09-29 01:26
★geechan_本当に20年前のことが昨日のことのように思い出されます。本人はちっとも覚えていないようですが…
こうして離れてしまうと、あれもこれもと懐かしく、センチメンタルになってしまうけど、実際の子育ての場では金切り声も上げたし、正面からぶつかり合ったことも何度もありました。お互いにストライキも起こしたし…それでもいつしか元に戻っていたのは家族だからだね。
geechanのところもそう遠くない日だよ。
贅沢を言えばせめて1年に1度は顔をそろえたいなって思う。でも、それは私の両親にしても同じ思いなんだろうなあ。
決してたやすくはないだろうけど、若い二人だから頑張って歩いてってくれると信じています。いやあ、思い出すよね、そうして歩き始めたあの頃のこと。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:28
★popmamyさん_そうですね、長い目で見ると子どもと過ごす期間って人生のうちの4分の1くらいなものですよね。それなのに気がつくとものすごくたくさんのものをそこに詰め込んでいる。きっと時間ではないのでしょう。家族って自然に家族になるのではない、努力して作り上げていくものだという言葉を耳にしたとき、「ああそうだな」って思いました。今度は若い二人がそうして家族を作り上げていきます。そっと遠くから応援していきたいと思っています。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:30
★susieさん_ありがとう。一度壊れた家族だから、だからこそ家族の大切さを彼も、大青年も知っています。その分、自分の家族を大切にしてほしいと心から願っています。これからはどうぞご近所さんとしてよろしくお願いします。時々チェックもよろしくね!
Commented by lanova at 2008-09-29 01:33
★クマさん_ありがとうございます。きっとクマさんがおばあちゃんになる日もそう遠くないでしょう?
子どもが幸せであるようにと祈る気持ちは、私たちの親も同じなんですよね。両親は私たち子どものこと、そして孫のこと、いつも気にかけて心の休まるときがないようです。そうして心にかけてもらえる家族がいるってありがたいよね。
<なにより夫婦が基盤ですから>そうそう、その通りですね。そこがしっかりしていれば大丈夫だもの。Babyは男の子だそうです。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:35
★のぶさん_息子と夫と天秤にはかけられないけど、ウチは母子家庭の期間が長かったから、余計に母子がしっかりタッグを組んでいたのかもしれません。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:37
★まこっちゃん_どうもありがとう。
当面は日本での生活をしていきます。その後、こちらに戻ることを考えていはいるようですが、状況がどうなるかで変わってくるのでしょう。どちらにしても元気でしっかり暮らしてくれればとは思っています。
まだまだ若い夫婦だから、きっといろんなことあるんだとは思うけど、二人で乗り越えていってほしいものです。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:39
★オードリーさん_どうもありがとう。3番目の孫誕生です。いつか長男一家とこの次男一家でReunionして、ミシシッピのこの家に全員集合できたら嬉しいなと思っています。そのときには私の両親もクマちゃんの母親や子どもたち、孫たちも集まれたら、こんなにステキなことはないなあと夢見ています。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:48
★kykさん_もしかしてkozutiさんでしょうか?
ありがとうございます。赤ちゃんは男の子だそうです。これで女の子と2人、男の子1人の孫ができることになります。みんな一緒になったら賑やかでしょうねえ。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:52
★koukinobaabaさん_ありがとうございます。
できることなら私も家族は近くで暮らしたいと思っています。きっとそれは両親も同じ気持ちだったんだと思いますが、私も弟も離れてしまって…今長男一家が両親とは近いので、時々顔を見せに、というよりもじいちゃんばあちゃんに世話になりに行っているようです。
この次男も父親と別れたのは3歳の誕生日を迎えてすぐのことでした。それから13年間、父親のいない暮らしでしたので、家族への思いはより強いものがあるようです。それぞれが努力をして可読を作り上げていってほしいと願っています。
Commented by lanova at 2008-09-29 01:54
★agapiさん_本当にいつの間にか背丈もどんどん子どもたちに抜かれて、知識も抜かれて、こちらは記憶力も体力も落ちる一方ですが、子どもへの思いはいくつになっても変わりません。元気でいるのが一番ですね。agapiさんはその後体調はすっかり元通りですか?
Commented by lanova at 2008-09-29 01:58
★himaちゃん_そうなのよ。今は嬉しさよりも寂しさの方が勝ってて…昨日も携帯をついチェックしてしまいました。私の携帯電話ってクマちゃんと青年からしかかかってこないから…でももうこの携帯に彼からかかってくることはないんだなって…もう少し子どものままでいてほしかったっていうのは親の勝手な願いですよね。
himaちゃんもボクちゃんとの時間を、どうぞどうぞ大切にね。できればアンカを手放さずにね。せめてボクちゃんの方から「もうお役ゴメン!」と言い出すまでは。
Commented by MILLER at 2008-09-29 05:02 x
22歳の息子さん。
彼なりの人生を歩き始めたんですね。私のこどもはまだ小さいので
予想もつかないけど、きっと母親としては、、、嬉しいような寂しいような。。
今ある時間を一緒に大切に過ごしたいなって思いました。
見守ることも、親の役目なんですよね。。
でも、日本ですかーーー?? 息子さんは日本人の女性と結婚したので
しょう。。? 
幸せいっぱいおとずれますように!! そして元気な赤ちゃんが産まれますように!
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-29 09:19
うちの長男とは年が10歳くらい違いますが、同じ6月に結婚されたんですね。おめでとうございます。もうパパになられるとか、うちは年取ってるのにまだなんでうらやましい。
お母さんの手を離れて、もう立派な大人ですね。気になるでしょうが。
 うちもすぐ近所に住んでいるので夫が、長男が夜遅いとかわいそうがるのですが、舅や姑が余計な口を挟むとお嫁さんとしてはうっとうしいだけ、と思ってそっとしています。
彼らはもう立派な大人よ、と。
少々経済的に苦しかろうと、問題があろうと、彼ら自身で乗り越えて行ってこその大人なんだからと、できるだけ援助もせず、ただ遠く?から見守るだけ、を心がけたいと思っています。
Commented by kozuti-9 at 2008-09-29 09:58
ハイ、同一人物、何時の間にか別のブログに成っているのに気付かず
後で分ったというドジな私ですが、宜しくお願い致します。

お孫さん、3人も素敵ですね。
Commented by lanova at 2008-09-29 11:50
★millerさん_きっとmillerさんはウチの青年たちと同世代なんでしょうね。日本女性との結婚です。millerさんのBabyと同級生になりますね。もう少し、日本との行き来に便利なところで航空運賃が安ければ行ったり来たりが容易にできるんですけどねえ。
Commented by lanova at 2008-09-29 11:54
★kurashikiさん_そうでしたね。kurashikiさんの6月のエントリーにもコメントを書かせていただきましたものね。そのご長男さんのお嫁さんのお母様が私と同郷なんですよね。本当にスモールワールドです。できることなら援助もしたいのですが、援助できる状況ではなく、本人たちはそれも了解の上での結婚でした。でも気持ちのサポートはいつだってしていたいと思っています。家族をつくるということでは失敗しながらも先輩ですもの。
Commented by lanova at 2008-09-29 11:55
★kozutiさん_ははは、やはりそうでしたか。どちらをメインのブログになさっているのでしょうか?両方とも同時進行ですか?
孫たちはみんな日本なので一緒に遊んでやることもできず、寂しい限りです。
Commented by nee at 2008-09-29 13:12 x
おめでとうございます。

いつまでも一緒に生きていくのって無理なのは分かるけど、ちょっと寂しい&でも
おめでたい門出ですね。

若い頃は勝手気ままな私でしたが、今この年になると
親をいとおしいと思う気持ちがふつふつと湧いてきたりします。
親にはそんな事、直接はいえませんけど
昔と違った空気が流れている事は感じているようです。

生きていく国は違っても、いつまでも家族なんですね。
家族は増えていくんですよね。
いいですね。
Commented by mihayashi6 at 2008-09-29 22:41
おめでとうございます。
私は晩婚でした・・・結婚は若いほうがいい。
すぐに赤ちゃん誕生で楽しみですね。
Commented by lanova at 2008-09-30 14:22
★neeさん_ありがとう。
そうね、こちらは18歳になったら家を出て行く子が多いけど、彼は20歳まで一緒に暮らしたから、それだけでもちょいとオマケがあったんだけどね。
ただ同じアメリカ国内にいるのと、国外とでは随分気持ちの上でも違うものなんだよね。きっとneeさんちのご両親も寂しさをこらえていらっしゃると思いますよ。
いつか青年が家族を連れて戻ってきてくれるといいなあと思っています。
Commented by lanova at 2008-09-30 14:31
★小次郎さん_ありがとうございます。赤ちゃんは男の子だそうで、初めての男の子の孫です。結婚は若い方がいいのか、そうじゃない方がいいのか、難しいところですね。特にだんだん成熟年齢が遅くなっているようなので、本当にちゃんと父親やれるんだろうかと、ちょっと心配になってきます。
Commented by gloria-x at 2008-10-02 11:48
息子さんのご結婚おめでとうございます♪
消防士をめざしてらっしゃった息子さんですよね?
日本での新生活、お幸せに!
Commented by ConnieWest at 2008-10-03 07:25
おぉぉぉぉ!(o^ー゚)/'`*:;,。・★オメデトウございます!☆・:.,;*
そっかぁ、息子さんパパちゃんになるのですね。それにしても若いおばあちゃまだっ!

子供は神様からの預かりもの、そのフレーズ良く分かります。私も子供達が高校生になってしまってからは、毎日毎日そんな気持ちで過ごして最後のハネムーンを楽しんでいます。

NOVAさんの子育ては次の章へ移行しつつありますね。これからも先輩としてイロイロ教えてくださいね。本当にオメデトウございます!
Commented by lanova at 2008-10-03 14:28
★gloriaさん_ありがとうございます。そうそう、あのFirefigterを目指している青年です。その夢はまだ継続中で、こちらに戻れるように手続きだけはすませていますが、なかなか予定通りというか思い通りにはことが運ばないのが人生ですよね。
Commented by lanova at 2008-10-03 14:32
★Connieちゃん_ありがとう!そうなのよ、あのボクちゃん改め青年が、青年改めとーちゃんになるのよ。まあ、ばーちゃんも3人目の孫ってわけよ。クマちゃんルーツを含むと6番目だよ。
Connieちゃんちは今が一番惜しむようにして子どもたちとの時を過ごしているんでしょうねえ。
とりあえずRe-entry permitを取っていったので、帰ってきてくれるといいなあと思いながら新しい家族とのReunionを楽しみにしているところです。
Commented by michiko_u_in_www at 2008-10-06 10:48
好きになって、そして自分を好きになってくれる人に出会う。
このことを大切さと、大変さ・・・。
だから、結婚ってお祝いだし、幸せなんですよね。

子供はいくつになっても子供。
私が41で結婚する時も、母はまだまだ傍においておきたいみたいでした。
親って、そういうもんなんでしょうね・・・。
Commented by lanova at 2008-10-08 08:05
★michikoさん_「結婚」というのは、ある意味でタイミングなんだと思います。彼らにとってこのタイミングが最良の時期であったといえるように家族をつくっていってほしいと願っています。
いくつになっても親は子を思います。私が自分の子のことを思うたびに、私は自分の両親のことを思います。きっとそうやって繰り返されていくのでしょうね。
by lanova | 2008-09-26 22:10 | Logbook | Trackback | Comments(50)