Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Jun. 25/Thank you for your concern

長い間、何の断りもなく不在にし、ご心配をおかけいたしました。
c0062603_1391566.jpg

まさかこんなに長い間、留守にしようとは思ってもいなかった。
健康印が看板のように思って暮らしてきたが、ここで急遽メンテナンスが必要になった。
まあ、それでもすぐに復帰できるものと思っていたのだが…
1月の終わりごろだったと思う。
左手の薬指と小指に痺れを感じ、
それがいつまで経っても消えることがなくて少々気持ち悪かった。
ホームドクターの診察を受け、それから原因を探るために何人かの医者を訪れ、
いくつもの検査を行った。
結局Cubital Tunnel Syndrome(肘部管症候群)と判明したのが、5月のことだった。
できるだけ早く手術をした方がいいということで、日本語補習校が夏休みのなるのを待たずして、
6月9日に手術を受けた。
当初の外科医の話では、よくある症状で、この手の手術はそんなに難しくない。
肘の外側にあって骨の圧迫を受けている神経を骨の内側に移動させる手術で、
30分で終了するし、術後5日目には車の運転もできるでしょう、というものだった。
だからその程度のことなら、わざわざブログにエントリーするほどのこともないと思っていた。
ところが、いくら科学技術が進歩したところで、人間の身体は開けてみなければわからない。
執刀した医師が「これほどまでにダメージを受けた状態は見たことがない!」というほどに
ひどかったらしい。
神経が何箇所もピンチ(よじれた)状態になっていたという。
結局30分のはずが1時間半の手術になり、
5日目には車の運転のはずが2週間のギプスになった。
ギプスが取れたのが一昨日の23日。
しかし、腕を曲げた状態で固定されていたために、左腕は自由に動かすことができない。
今日からリハビリが始まった。
3週間で元に戻す予定だとのこと。
左肘を中心にして20cmの傷跡はまだ青あざやむくみが残り、見るも無残。
しかもこの手術によって、痺れがすっかり消えるまで2年くらいかかるという。
それでも手術をしなければ左腕の機能は完全に失われると言われれば、頷くしかない。
ちなみにこれだけの手術であっても日帰り。
アメリカの健康保険では入院費のカバーはほとんどない。
手術直前、「遺書はありますか?」と言う質問に、
あわてて「どこにしまってある?」と聞いた夫の存在がありがたかったこの2週間あまり。
それでも里心がついたのも事実だった。
「病は気から」とはよく言うけど、「気は病から」も真なりとつくづく感じた。

c0062603_1336115.jpg

このブログもボチボチ再開です。
ご心配をいただき、ありがとうございました。

*写真はクリックで拡大


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/9116393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by genova1991 at 2008-06-26 14:34
大変でしたね。
兎に角目途がたったようでひと安心というところでしょうか?
20日間もギプスだなんて、最初は思っていらっしゃらなかったでしょうから、
状況の把握に気持ちがついていけなかったのでは?
リハビリが大切でしょうから、無理なさらず、気長に乗り越えていって
下さいね。くれぐれもお大事に遊ばしませ。
Commented by かんな at 2008-06-26 15:01 x
お久しぶりです。大変なことになっていたんですね!でもギブスも取れて一息ついてらっしゃることでしょう。でもこれからはリハビリとのこと、ゆっくり焦らず頑張ってくださいね。私も最近手術をしましたから、「気は病から」…なんだか身に染みます。お大事に。
Commented by ヒゲおやじ at 2008-06-26 16:52 x
自分も随分昔に一度だけ手術を経験した事がありますが、兎に角嫌なものですね。
自分は足だったので、暫くは立ってるだけの事が辛かった事を思い出しました。
Commented by ponzu_77 at 2008-06-26 17:34
わーーーーーー!!どえらいことになってたんですなー・・・。
でも無事ギプスが取れてよかった~~~~!

どうしてんのかなぁ・・・と思ってたところよー。
ゆっくり読書でもして十分に休養してね!
お大事に!
Commented by koukinobaaba at 2008-06-26 18:54
日帰りと聞いていたのに大変なおおごとでしたね。左は普段鍛えていないから弱いです。開けてみないと分からないということはよくありますが、ガンでないから良かったです。くれぐれもお大事になさって下さい。
Commented by 蛙太郎 at 2008-06-26 19:53 x
ご病気だったのですね、こうして記入できるようになり、オメデトウゴザイマス。
これからは熱いでしょうがゆっくり始めてくださいませ。
Commented by susie at 2008-06-26 23:45 x
肘部管症候群、はじめて聞きました。でも放っておくと指がちゃんと伸びなくなるなんて書いてあるので、手術してよかったのでしょう。自然治癒力が旺盛に働いて、傷が早くよくなりますように。
Commented by ConnieWest at 2008-06-27 00:32
そうでしたか。それは本当に大変でした。それでも手術が無事終了して良かったです。手術直前の質問はアメリカならではですね。こんな時にNOVAさんの事を支えてくれる優しいクマちゃんがいてくれて良かったです。どうぞお大事にしてくださいね。

Hope you'll bloom again soon!
Commented by toshiki at 2008-06-27 00:43 x
おばちゃん大丈夫ですか??
リハビリがんばってください!
Commented by lemonodasos at 2008-06-27 01:33
いやぁ、、、たいへんでしたね、、。
海外で手術するのは大変です。
私も最近あちらこちら具合が悪くて病院通いをしています。
傷が早く治ることを祈ります。
Commented by ken-sann at 2008-06-27 02:26 x
うわっ、大変だったんですね~。
でも、ご無事なようで、なによりです。
リハビリ、、、焦らず気長にやったほうが良いっすよ。
しかし、ギプス取ったばかりで、よくこれだけ文章が打てましたね?
ブログなんか放っといて、ゆっくり休んだほうがいいですよ! (笑)
ゆっくりゆっくり、、とね。
お大事に!
Commented by chikomama0127 at 2008-06-27 09:02
おかえりなさい
術後どうされたかな~って思っていました
私も思ったよりも色々あって大変でした
気は病いからって本当にそう思います
ゆっくり休んで元気になって下さい
Commented by lanova at 2008-06-27 13:56
★genovaさん_ご心配いただき、ありがとうございました。単に手術だけのリカバリーだけだったらもう少し、回復も早いんでしょうけど、どうも薬か手術自体の副作用というか、別の症状を併発してしまい、難儀をいたしました。ベッドから起き上がることもできなかった数日間、本当に「ニッポン…」とつぶやくばかりでございました。いやあ、「健康なだけがとりえ」なんて思い上がりも甚だしいものでした。ボチボチ復活してまいりますので、またよろしくお願いしますね。
Commented by lanova at 2008-06-27 13:59
★かんなさん_かんなさんとお電話で話していたときには、既にこの病気のこともわかっていたんですが、まさかここまでひどい状態になっているとは思ってもいなかったんです。クマちゃんいわく、「ドクターにとってはいい経験だっただろう」って…傷跡の無残さにぞっとしてるんですが、医者も看護士も、リハビリの医者までも「悪くはないよ」って…いかにも大雑把でOKのこの国らしいのですが…
Commented by lanova at 2008-06-27 14:00
★ヒゲおやじさん_私もこれまでの人生経験の中では外科手術って盲腸しかなかったもんで、こんなに外科手術がしんどいとは思ってもいませんでした。日にち薬だとはわかっていてもねえ。さて、明日は自分で運転してリハビリに行きます。大丈夫かなあとちょっと不安ですが…
Commented by lanova at 2008-06-27 14:03
★ponzu_そうなのよ~。とんでもないことになってしまいました。まさかこんなに長引くとは思ってなかったし、軽~く考えてたんだけどね。ギプスで固定するのは傷のためにはいいんだけど、筋肉はすっかり硬直してしまいました。これも年齢が関係するんだろうねえ。
しんどかったときは本を読む気にもなれなくて、ボーっとテレビ画面を眺める日々でしたが、おかげで随分テレビ番組の時間帯を把握することができました。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:06
★koukinobaabaさん_おっしゃる通りです。左利きでもない限り、左の筋力は弱いので、右以上にリハビリには時間がかかることでしょう。どうも私は左半身がウイークサイドのようで、左肩の腱を2度ほどいため、そして今回の肘の神経です。それも5年周期で…何かあるんじゃないかしらと思ってしまいます。でも神経がピンチしている状態というのは今ひとつ理解できないでいます。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:08
★蛙太郎さん_この半月余りのうちに、庭には陸蛍が光の乱舞を見せ、ねむの木の花は満開になり、昼間はセミが鳴き始めるようになりました。草取りの作業ができない畑はジャングルさながらになり…でも、こうして再び日常生活が送れるようになったことをありがたいと思わなければと思っています。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:11
★susieさん_そうなんです!私も最初は手術をすることに随分抵抗したんですが、医者が言うには「このままだと左腕はまったく機能しなくなる」という言葉に脅かされ(?)、手術を決心しました。診察を受けた段階でもう既に筋力はかなり落ちていたそうです。こんなダメージを受けるほどのことは何もしていないのですが…年齢とともに自然治癒力も低下しているようです。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:15
★Connieちゃん_いやあ、麻酔に入る前に遺書のことを聞かれて、「えっ、もしかしてこのまま目覚めないこともありなの?そうなったら誰にもさよなら言えないじゃない!そりゃあ、あんま…」と思ったところでストンと眠りに落ちておりました。
健康にだけは自信があるなんて、過信もいいところでした。しっかし、こういうときにも英語でやりとりしなくちゃいけないってのは結構辛いものがありましたよ。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:17
★toshiki_ありがとう!toshikiも長い病院生活を送ってきたものね。でも、ここでは入院はしないので、家のベッドの中で唸っていました。toshikiたちとバスケをしていたころのおばちゃん元気をもう一度取り戻さなくちゃね!
Commented by lanova at 2008-06-27 14:19
★lemonodasosさん_そうです!異国での手術は本当に大変です。特にこのアメリカは医療費が高いので、保険でカバーしていても信じられないほどの請求書が届きます。今回の病気の検査費だけで1000ドルを越えましたし、手術費に関しても病院、外科医、麻酔医、それぞれ別に請求書が来るので、今から不安な気持ちでおります。ギリシャの保険制度はどうですか?
Commented by lanova at 2008-06-27 14:23
★kenさん_6月は音楽イベントも目白押しだったのに、それどころではありませんでした。B.B.KingのHomecomingもあったんですよ。まあ、そんなこと言ってる場合じゃないですけどね。実は術後5日目が、日本語補習校の終業式で、何と勤務してきたんです。今思うとありゃあ気力のみでできたことだなあと…身の程知らずってやつですよね。だってその翌日から起き上がれないほどに寝込みましたもの。
Commented by lanova at 2008-06-27 14:25
★chikomamaさん_chikomamaさんはどうかしら?と私も思っておりました。なかなかみなさんのブログにお邪魔できなくて…なかなかしゃきっとしなくて、母は「更年期が重なってるのよ」と言ってましたが、そうかもしれません。お互いに早く健康な身体を取り戻しましょうね!
Commented by de at 2008-06-27 14:41 x
妻から話を聞いて驚いていました。でもキーボードが打てるみたいで嬉しいです。一日も早い回復をお祈りしていますね。
Commented by NekoMama7 at 2008-06-28 04:19
開けてびっくりNOVAのひじ!
痛みっていうのは体が送ってくれるSOS信号なので、無視しちゃいけないですねえ。

たぶん、うちの母親もこれだと思う。すごい昔、右ひじどっかにぶつけていらい、
右手がしびれて痛みもあって、字を書くこととかかなりきついらしい。
手術すればよくなるって言われたらしいけど、「手術なんていや~~よ」って
だだをこねてるうちに、ばあさんになっちゃった。

医療費高いけど、医療技術のレベルは日本より上だと思うので
無理せずにリハビリがんばってくださいな。

あたしも月曜にまた足のお医者さんで注射打ってもらいにいってきます。
Commented by クマ at 2008-06-28 10:26 x
卒業式に出たの!?なんて無茶な(汗)

頑張りやさんはいつも無理しちゃうのよね
気持ちのパワーはたくさん持ってるからリハビリ頑張って早く
元に戻りますように!
Commented by lanova at 2008-06-28 11:15
★deさん_最悪だったのはmiさんと電話で話した数日後から。他の症状を併発して、思わず911をコールしようかと思ったほどでした。でもね、こうして再びPCの前に座ることができるようになったんでありがたいこってす。バーチャル息子一家の9月の訪問をクマちゃんはとっても楽しみにしています。あ、もちろん、私もっ!
Commented by lanova at 2008-06-28 12:10
★NekoMamaさん_痛みがあればもっと私も深刻になってたんだけど、何しろ痺れてるだけだったんで、「何も手術まで…」って思ってたんだよね。
でもさっぱり原因がわからないのよ。左利きじゃないし、そう駆使した覚えもないんだけどねえ。まあ、したたかにFunny Boneをぶつけたってのは何度か歩けど…
でもさ、本当に医療費の高さにはひっくり返るよね。今回も原因を探すための検査費だけで1000ドル以上かかりました。もちろん保険のカバーがあった上でのこと。手術に関しても、病院、外科医、麻酔医、別々の請求だものねえ。
NekoMamaさんも痛み止めの注射もだけど、根本治療をしっかりね!
Commented by lanova at 2008-06-28 12:20
★クマさん_だって、1学期の成績表を渡さなくちゃいけないし、夏休みの宿題も出さなくちゃいけないし…
今日はリハビリ2日目だったんだけど、かなり順調に回復しているようで、稼動領域がうんと広がりました。自分で運転もできたし…ご心配いただき、ありがとう!
Commented by avocadowasabi-2 at 2008-06-28 13:10
大変なことになっていたんですね!!
ただでさえ病院に行くのは億劫な海外暮らし。それも手術なんて・・・・。
体が弱ると、ホントに気も弱ります。
私も現在重度の貧血の治療中。そして、先週に突然左手の親指の第一関節がなんだか痛くなり、その後ドンドン腫れて来たんです。痛みもすごくて 針で突き刺すような痛みが数日続き、痛み止めを飲まないと寝られないほど。それでも病院には行きたくなくて、シップをしたりしてたら腫れもひいてはきたけれど、いまだにすこーし痛みが残ってます。
NOVAさんのこの記事を読んでいたら、何だか妙に不安になってきました。
でも、回復してるからいいか。
歳をとると、体のあちこちで不協和音が生じますね。メンテは小まめに、ということなんでしょう。しかし、何にも無理をしなくてもこんなにダメージを受けるものなんですか。それか、NOVAさんが頑張りすぎたのかな?
焦らずに大事をとってくださいね。
Commented by winemam at 2008-06-28 14:18
ずいぶん長いこと更新されないと思ったら、大変でしたね~。
うちの主人も、子供のころに腕を骨折したところが神経を圧迫して傷み
手術をしたことがありました。1週間ほど入院して大変でした。
「遺書はありますか」と聞かれるなんて、怖い。
よく頑張りましたね~。lanovaさん。お大事になさってください。
Commented by popmamy at 2008-06-29 00:05
カナダボケが治らず、ボーっとして、久しぶりに来て見たら、大変なことになっていたんですね!目のレーザー手術をしたという人もいるし。お大事に!とにかく、発見され、手術も済んで、ホットしますよね。お大事に!
Commented by lanova at 2008-06-29 00:15
★avocadoさん_もう日本からお戻りになったのかしら…などと思っておりました。お電話しようと思ったのですが、まだ日本かもしれないなあと躊躇するうちのこうしてコメントをいただきました。ご心配いただきありがとうございます。でもavocadoさんも重度の貧血とか…薬による治療でしょうか。もちろん食事療法もなさっているのでしょうね。一家の主婦がダウンするとお家の中は大変ですよね。特にそちらはお子さんがいらっしゃるし…指などの末梢器官に症状が出るときは、さまざまな原因が考えられるそうです。私の場合も手のひら、肘、首と、あらゆる場所のCTやMRIによる検査をしました。費用もバカになりませんが、おかげで左腕の機能不全に陥ることを免れました。一度、しっかり診てもらってくださいね。いやあ、本当に健康あっての海外生活ですね。
Commented by lanova at 2008-06-29 00:19
★うさぎさん_「遺書」は、一応義務的な質問項目なんでしょうけど、やっぱりドキッとしますよね。そんな風には考えてもいないときに言われるわけですから、「もしかしてこのまま目覚めないかも…」なんて思いが頭をよぎるんですもの。今回、麻酔から覚めたらそのまま家に帰りましたが、その日はまだ麻酔が効いててどうということもなかったんです。その翌日からでしたね、「ああ入院していたらどんなに楽だろうか」って…日本の保険制度は世界一だといわれるのが納得できました。
Commented by lanova at 2008-06-29 00:20
★popmamyさん_なかなかみなさんのところにもお邪魔できないでいます。カナダの様子もたくさんエントリーなさっているのでしょうね。ボチボチお邪魔させていただきます。完全に回復するまでには2年くらいかかるそうなので、気長に付き合っていこうと思っています。
Commented by BARMULIA at 2008-06-29 00:22 x
乳ガンと大腸ガンにもお気をつけください
Commented by shinia62 at 2008-06-29 02:50
まだ更新されてないだろうなあと思いながらやって来たら、復活しているじゃないですか。しかもコメントがもうこんなに有って。ここまで復活したのだから焦らずゆっくりリハビリですね。リハビリって患部を徐々に成らして、、、って事だと思うけど。それならブログどんどん更新したら良いリハビリに成るのでは。などと素人の意見でございました。とにかくここまで回復して良かった、良かった、パチパチパチ(拍手)。
Commented by neko_pen at 2008-06-29 10:56
更新されていたのですね。
でもまだ、読んでいるだけでも痛々しそうです。
無理しないで、完治されることを祈ります。
肘部管症候群というところを見たら、私の痛いところと似ています。
もっと詳しく調べてみよう…
術後を、おだいじにね。
Commented by nee at 2008-06-29 16:04 x
大変でしたね。お疲れ様でした。
当分不自由はなさるでしょうが、この際きっちりリハビリしちゃいましょうね。

でもこの国で手術、ちょっと怖いですね。
私の懸案事項は結局先送りになったのですが
どうなるでしょうねぇ・・・。

でも悪い所はさっさと治して仕切りなおしですね。
パソコンもほどほどに(これが難しいんだけど)して
お体労わってあげてくださいね。
Commented by オードリー at 2008-06-29 16:25 x
おかえりなさいっ♪
パソコンは、無理なく打てるのですか?
完全に回復するまでずいぶんと年月がかかるのね(TT)
とりあえずは、無事に手術がすんで、良かったです。
ぼちぼち、のんびり更新していって下さいませ♪
Commented by lanova at 2008-06-30 02:41
★MULIAさん_乳がんは毎年検査をしてるんですが、大腸がんはしてないですねえ。アメリカでは最も多いがんだとか…食生活の影響が大きいんでしょうね。今年の乳がん検診では、要件さでマンモとウルトラの両方を受け、異常なしでした。
Commented by lanova at 2008-06-30 02:44
★さむさん_ご心配おかけしました。タイピングはちょうどキーボードの位置がギプスをはめて腕を固定していた位置に近いもので、腕に対する負担があまりないんですよ。指を動かすのもやっと普通にできるようになりましたし…ただ固定されてた分、腕自体が硬直していて、徐々に筋肉をほぐして筋力もつけていくには、それなりの期間が必要なようです。握力もほとんどないし…ま、力仕事は当分無理ねってことです。
Commented by lanova at 2008-06-30 02:47
★nekoさん_いろいろとご心配をおかけしました。完治するには2年くらいかかるそうで、気長に付き合っていくしかないですね。この病気の特徴は痛みの前に指の痺れがあります。nekoさんも最初は痺れだったのでしょうか?もしそうならよく調べてもらってくださいね。私もこの病気に行き着くまでに、手のひら、腕、首とあらゆるところの検査をしました。調べれば調べるほどに故障が見つかるのは、やっぱり年なんでしょうかねえ。
Commented by lanova at 2008-06-30 02:51
★neeさん_思いもかけず長患いになりました。年齢的にも回復には時間がかかるのでしょう。術後3週間経った今も、傷口を中心に青あざがしっかり残り、まだ周囲は熱を持っています。元々人様に見せるような腕ではなかったのですが、これでますます人目を忍ぶ腕(?)になってしまいました。
おかげさまで2週間ベッドの中にいたときは、あきるほどにテレビを見ました。何しろ腕が使えないので、本を持つこともできなかったんですもの。neeさんも治せる時に治しておきましょうね!
Commented by lanova at 2008-06-30 02:54
★オードリーさん_帰りました!キーボードはちょうどキーボードパッドに腕を置いた角度がギプスをはめていた角度と同じなので、問題なくタイピングできます。でも、術後3日目にどうしてもタイピングしなくてはならないことがあり、右手だけでやりましたが、そのときはしんどかったですね。この病気は神経の病気なので、元の機能を取り戻すにはやはり時間がかかるのだそうです。手遅れにならないうちに手術ができたことを幸いだと思うことにします。
Commented by tonbo55s at 2008-07-01 01:08
ひゃぁ。えらいこっちゃったですなぁ
よる年波には・・・
いや、うをっふぉん

とにもかくにも
お帰りなさぁ~い
Commented by NekoMama7 at 2008-07-01 03:58
傷跡はビタミンEのオイルを朝晩塗るといいみたい。
私も唾液腺の腫瘍の術後、耳のあたりから首にかけて毎日やりましたよ。
あとは、OTCでMedermaっていうクリームがあるけど、ちょっと高い。
ただ、SPFが入っているのもあるようなので、夏場にはいいかも。

左手の痺れっていうと、やっぱりまずは心臓を疑うよね。

もしかしてTV Japanの元をとっちゃったんじゃないのかな?
氷川きよしの番組とかみてたの?
Commented by lanova at 2008-07-01 13:37
★一心さん_一体全体、どうしてこんな病気になったのか、皆目見当がつかないんですけどねえ。一心さんも定期健診怠らないようにね!
渡米してから病気らしい病気もしてなかったんで、過信していたのかも…いい経験になりましたわ。
Commented by lanova at 2008-07-01 13:41
★NekoMamaさん_そうなのよっ!ビタミンEの話、数日前に聞いて、今日のリハビリのときにセラピストに聞いたら、「そうだよ!オイルそのものでもいいけど、Cocoa ButterにはビタミンEがたっぷりだし、匂いもいいし、ウチではそれを使ってるよ」ということだったので、早速リハビリの後、買って来ました。
家でのリハビリの後、このCocoa Butterをつけて傷跡をマッサージするの。何だか美味しそうな匂いに包まれる私。ってだれも食べたいとは思わないだろうけど…
ふふふ、「きよしとこの夜」はもちろんのこと「のど自慢」だってほろりとしながら、ちゃ~んと観たんだから!
Commented by candypop-m at 2008-07-01 13:58
お久しぶり~♪
いやぁ~~ 手術とは大変でしたね
じっとしていられないnovaさんだから お家で療養も辛かったのでは・・?
回復に向かっているとはいえ・・・無理しないでくださいね
用心ですょ!!

私もPCが壊れてnovaさんと時同じくしてお休みしていました
お互い使いすぎはいけませんね ww

あいる びぃー ばっく ^^v
Commented by Lilly at 2008-07-01 23:29 x
Novaさん、大変でしたね。どうかお大事に。
Commented by lanova at 2008-07-02 10:54
★まきちゃん_いやあ、ご無沙汰しておりまして、まきちゃんもアクシデントに見舞われてたのね。本当にほどほどに使ってやらなければね、身体もPCも。
後2週間ほどリハビリを続けますが、そのうちカメラももてるようになるのではないかと思います。まだ左手で支えられないのよ。
おかげで写したかったものを撮り逃がしでしまいましたわ。
Commented by lanova at 2008-07-02 10:55
★Lillyさん_ありがとうございます。もうだいぶ回復してきてますよ、5割がたというところでしょうか。そちらも状況に変化があるころではないでしょうか?
Commented by 元気ばば at 2008-07-02 15:09 x
ブログやめてしまったのかな~
と思っていました。でも安心しました
これから時間もかかりそうですね
長~く無理せずにリハビリしてください
Commented by mihayashi6 at 2008-07-02 16:37
どうしたかなあー・・・心配していました。
私も足がぽんぽんに足が浮腫み、家族や周辺が心配し。
鬱陶しい日々でした。
いつもぴんぴんしているから酷使されています。・・・私が悪いとなると
心配する周囲がたまらんい。
血液検査・・みんなやりました。
みんな以前よりいい数値・・不思議です。
気は病から・・・気分が晴れるとよく働けました。
お大事にして下さい・・・Blogはほどほどに。   健康第一で
   小次郎から
Commented by ひまわり at 2008-07-02 22:23 x
こんばんは。・・お久しぶりです。
長いこと更新されないので、どうされたのかなぁ・・と心配していました。
大変な事になっていたんですね~
ギブスも外れてこれからじっくりと無理ぜずにリハビリ頑張ってください。
Commented by gloria-x at 2008-07-02 22:35
NOVAさん、お忙しいのかと思っていたら、そんなことだったとは・・・
大変でしたね、完治まで長くかかるとのことですが
無理せずお大事に、気長にリハビリなさってくださいね。
Commented by lanova at 2008-07-02 23:28
★元気ばばさん_ご心配をおかけしました。まだ左手にカメラを持つことはできませんが、以前に撮り溜めした写真がありますので、その辺りをエントリーしていこうと思っています。ぼちぼちですが、時々のぞいてやってくださいね。
Commented by lanova at 2008-07-02 23:30
★小次郎さん_ご心配いおかけしました。検査の結果が何ともなくて本当に良かったですね。おっしゃるように日ごろお元気だと、皆さん心配なさるのも当然でしょう。私もまさか自分がこんな病気になっているとは思いもしませんでした。心当たりも全くないし…医療費がひっくり返るほど高いので、安心して病院にもかかれませんが、定期検査は欠かせないなと思いました。
Commented by lanova at 2008-07-02 23:32
★ひまわりさん_ご心配おかけしました。リハビリもあと2週間です。傷口は徐々に癒えていくと思いますが、神経そのものが完全に元に戻るには2年くらいかかるそうです。気長に構えるしかないようですね。健康ってありがたいですね。
Commented by lanova at 2008-07-02 23:35
★gloriaさん_はい、そういうわけだったんですよ。で、左腕の肘を中心に20cmばかりの大きな傷跡ができて、それが見るも無残な状態なんですが、ビタミンEが傷跡にはいいと聞いて、先日セラピストに話したら「うん、その通り!ビタミンEのオイルでもいいけど、ココアバターにはビタミンEがたっぷり入ってるし、匂いもいいからここではそれを使ってるよ」というので、早速ココアバターを購入しました。かさかさのかかともこれをこれをつけたらツルツルになりましたよ!
Commented by miller at 2008-07-02 23:54 x
novaさん
ここのところ更新がなかったから、日本へバケーションかなって思っていました
大丈夫ですか??
びっくりしました。・。。。。   ゆっくりしてくださいね。。。

体は管理しているようで、疲れやいろんな環境で少し疲れてくるときもありますよね
お大事にしてください^^

今度、時間あれば電話をしたいと思います。 よければ、私のプログへ内緒の
ところへカギかっこしてくれれば、私しか見えないので、よかったら
教えてくださいね♪

みらー
Commented by himawari_August8 at 2008-07-03 22:45
NOVAさん、お帰りなさい。大変でしたね。

私も昨年、肘を痛めた際に神経を損傷してしまったのです。
今は落ち着いてますが、冷えると薬指と小指に痺れや痛みが走るんです。
痺れって厄介ですよね。力が入らないし。
どうぞNOVAさんも無理なさりませんように。
Commented by lanova at 2008-07-04 07:36
★millerさん_いやあ、本当に思わず「日本に帰りた~い!」と思ってしまいましたよ。もう2年帰国していません。
お気遣いありがとうね。単に指が痺れているだけで、ちょっと気持ち悪いなあという程度のことだったのに、こんな大事になるとは思ってもいませんでした。
後ほどmillerさんのところにお邪魔します。お電話でお話しするのを楽しみにしていますね。
Commented by lanova at 2008-07-04 07:56
★himaちゃん_ただいま!いやあ、予想以上の大事になってしまいました。
ところでhimaちゃんも肘の神経を損傷したって?ちゃんと検査をして治療をしているのでしょうか?早い段階だと手術はしないで薬で治るようなので、しっかり治療してください。私は神経のダメージ具合からかなり長い間に渡って悪かったみたい。でもちっとも症状が出なかったからわからなかったのね。こういうのが一番性質が悪いかも…キッチン仕事もほぼできるようになりましたが、左腕でお鍋やボールはまだ持てません。
Commented by popmamy at 2008-07-04 23:47
lanovさん、アメリカって本当に医療費高いんですね。私も去年の秋、2週間近く入院しました。請求書は、1日1万円でした、だいたい。それでも、私の夫は、気絶そおうでした。
共済に加入していたので4分の1くらいは、戻って来ました。点滴していただけなのに。数年まえまでは、食費なども、込みになっていたのですが、今ではしっかり、請求されます。
 カナダでは、出産で入院しても、24時間で退院、帝王切開は6日?婿どのが、クローン病と言う病気で、入院、手術したときも、ただ!と、娘が言ってましたが、それは誰がどこでカバーするのか、わかりません。スウェーデンみたいに、税金が高いのでしょうjか?
 日本も、75歳以上の年金受給者には、医療費をより沢山使うはずだから・・・と1率20%?強制的に、天引きしてから、支給されたのですよ!
 厚生年金にしても、国民年金にしても、長い年月、払い続けたから、今受け取っているのにね!
by lanova | 2008-06-25 23:38 | Logbook | Trackback | Comments(67)