Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Amish

c0062603_7112066.jpg


電気もガスも水道も、すべての文明の利器を排除した生活を送っている
アーミッシュの人々。
携帯電話はもちろん、普通の電話も自動車もない。
この広大な土地での移動に欠かせないのが馬車。
その馬車もお出かけ用、買い物用、雨や雪の日用と、
用途に合わせて、数種類が各家庭にある。
彼らの話すペンシルベニア・ダッチは、中世ドイツ方言と英語が交じり合ったもの。
電気的な音が一切ない、家族団欒の中で話されるその言葉は、
何だか荘厳な響きを持っている。
wantsとneedsを見極めること、それが彼らの「流儀」なのかもしれない。

Lee Oskar "The Promised Land"

[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/850390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tsurumannen at 2005-02-25 13:28
アーミッシュって現代医療もかからず避妊もしないので8人、9人子供がいる。
斉藤由紀の信じているモルモン教も確かそうだったけど
サザエさんの終わりの歌の漫画じゃないけど
家族みんなで歩いているとまるでカルガモ親子のようだ。
でも アメリカという富んだ西洋社会だから彼らは特別に目立つが
メキシコのマヤ族やブラジルのジャングルには何千年も生活を変えない人々がまだ沢山住んでいる。
メキシコでメキシコ人と言えばスペイン人を中心とした白人との
混血の文化生活を営んでいる人たちを言い、マヤ族やメキシコの人口の4割を占めるスパニッシュをしゃべらない原住民は メキシコ人と呼ばれない。
彼らは未だにマヤ語を話し記録を持たない。
Commented by lanova at 2005-02-25 16:20
アーミッシュの人々がすべての現代文明を否定して生きてるわけではないと思うんです。
実際、私の知っているアーミッシュの人はペースメーカーをつけてるんですね。
つまりここがwantsとneedsの選択なんだと思います。
何が必要で何が要求なのかってことではないでしょうか。
アーミッシュのお宅にお邪魔したとき、その生活は実にシンプルであったけれど、貧しいという印象はありませんでした。
昔小学校の教室にあったのと同じ石炭ストーブが居間に置かれ、その周りに家族が集まっておしゃべりしている光景は、とても懐かしく温かなものでした。
じゃあ実際にそういう生活が私にできるかといえば、きっとできないでしょう。
でも、彼らの生き方に学ぶものは多かったように思います。
Commented by ponzu_77 at 2005-02-26 16:49
NOVAにあって前から興味のあったアーミッシュについて知る機会があるので、めっさうれしいです。馬車にも色々、お出かけ用とかあるのね、しらんかったわー。ペンシルバニア・ダッチかぁ。世界にはいろんなものがあるねんねー。enjoy differenceて感じかなぁ。
Commented by lanova at 2005-02-26 17:00
うん、私もね、アーミッシュのお宅にお邪魔してからすご~く興味が増して、帰ってきてからいろいろ調べたの。
彼らは敬虔なキリスト教徒なんだけど、教会はそれぞれのお家に持ってるんですって。
それからある年齢になるまでは男女で言葉も交わすことはできないって(今もそれが守られてるかどうかはよくわかんないけど)。
だから結婚も本人同士ではなくて、親によって決められるんだそうです。
かれらの服も全部手作りで、ジッパーとかはないのね、全部ボタンです。
でも女の人の服は薄い水色が基調で、シンプルでとってもきれいよ!
写真は写しちゃいけないって言われて、撮影できなかったのが残念でした。
Commented by ponzu_77 at 2005-02-26 21:57
へぇへぇーへぇー。おもろいねー。色んな人がいるもんや、この世の中には。わいはこのアーミッシュの人に会ってみたいのと、ネイティブアメリカンに会ってみたいなぁ。未だアメリカ本土にはご縁がありませんでねぇ。いつのことになるのやら。
Commented by lanova at 2005-02-27 09:31
うん、うん、ぜひ遊びにおいでよ!
一緒にピーターとカノーシャのお家に行こう!
ウチんち多分、もう数年でLAを離れて南部に行くと思うけど、どうも思いっきり田舎らしいの。
アメリカって国がでかいから、国でくくって語れないところがあるよね。
by lanova | 2005-02-24 17:40 | Trip | Trackback | Comments(6)