Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mar. 15/Thoughtful Gift

c0062603_729714.jpg

少し前のことになるが、そろそろ2月も終わろうとする頃、
日本から大きな段ボール箱が届いた。
日本のスーパーなどで見かける野菜の梱包に用いられるダンボールだ。
差出人の名前を見て、ちょっと驚き、そして嬉しくって、
荷造りテープをはがすのももどかしく箱を開けた。
中から出てきたのは、懐かしい日本の食品の数々。
ミシシッピでは、LAのように簡単には日本食材が手に入らないことを知っているTさんからの
心づくしの品々が詰まっていた。
中に添えられた手紙には、「これなら日本を味わってもらえるかなと、
一つ一つ品物を見ながら買い物を楽しませてもらいました」と書かれていた。
その心遣いが嬉しくて、一つ一つの品物を手に取りながら、喉の奥がキューンとなった。
Tさんとは、このブログがきっかけでお付き合いが始まった。
帰国したときにはお会いして、朝までおしゃべりを楽しんだ。
今ではまるで姉と妹のようなお付き合いをさせてもらっている。
たまたまTさんと知り合うきっかけはインターネットだったかもしれない。
でも、それはほんのきっかけに過ぎない。
わずか10年ほど前には、インターネットで人と人が知り合うなどというのは、
奇異なことに思われていた。
いや、5、6年までもそうだったかもしれない。
でも、たとえば公民館のお料理教室で知り合うように、
大学の同じ講義を取っている中で知り合うように、
インターネットで知り合うのも、一つのチャンスに過ぎない時代になっている。
ただ、直接の出会いでないことが、唯一不安要素を含んでいるのかもしれない。
それも昔、昔に流行った文通で知り合うというのと似通ったところだ。
文通にしてもネット上のメール交換にしても、
やり取りを重ねていくうちに相手の姿は必ず見えてくる。
そこで相手を等身大に見ることができるかどうかなんだろうと思う。
単なるバーチャルな関係になってしまうか、実体のある人と人との関係になれるかの境目は。
夫との最初の出会いも、実は、インターネットだったのである。

*写真はクリックで拡大


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/8454909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by michiko_u_in_www at 2008-03-16 09:49
Tさんも、日本の食材を選びながら、
きっと日本の良さを感じられたことでしょうね・・・。
lanovaさんの人柄が、いろんな人を惹きつけるですね。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-03-16 13:09
人との付き合いって、不思議なものですが、
知己ができるってうれしいものですね。
旦那さんをインターネットでゲットしていたなんて面白い。
裏切られることもあるかも知れないけど
人を信じて初めてできる付き合いですよね。
日本食いっぱい貰ってよかったねー。
今日もスマイル
Commented by のぶ at 2008-03-16 16:02 x
NOVAさんの人柄が人をひきつけるのだと思います。私もNOVAさんとコメントを交わすようになり、誠実な姿を見させていただきました。有難うございました。
Commented by gloria-x at 2008-03-16 19:55
NOVAさんのおっしゃる通り、今やネットでの出会いも多くのきっかけのひとつですよね。
わたしも先日のチャン・チェン来日イベントはブログフレンドの方のお誘いで
初対面でご同行させていただいたんですよ。
クマちゃん様との出会いもネットだったなんて、まさにミラクルですね!
Commented by lanova at 2008-03-17 02:34
★michikoさん_Tさんの心遣いが本当に嬉しいギフトでした。特に日本のお菓子類はまず手に入らないので、私も一つ一つ味わいながらいただきましたよ。
Commented by lanova at 2008-03-17 02:38
★kawazuさん_おっしゃるとおりですね。日本人同士だと物事の考え方、感じ方が基本的な部分で理解できるから、分かり合えることも多いような気がします。だからこそ裏切られたときのショックは大きいのでしょう。外国人だと最初から「違う」という前提があるから、自ずと理解しようという気持ちも大きくなってくるのかもしれません。
Commented by lanova at 2008-03-17 02:39
★のぶさん_いえいえ、のぶさんが頑張っていらっしゃる姿が人をひきつけるんですよ。のぶさんとの最初の出会いもチャットでしたね。
Commented by lanova at 2008-03-17 02:41
★gloriaさん_私はこのブログのおかげで本当に多くの人と出会うことができました。特にアメリカ在住のブロガーさんたちとは随分たくさんの方と実際にお会いできたんです。時々思うんですが、もし日本にいたらブログを始めることもなかったかもしれないなあって…クマちゃんとの出会い、ははは、確かにミラクルかもしれません。
Commented by 蛙太郎 at 2008-03-17 07:27 x
インターネットでのいい出会い、時代ですね。
結婚まで行くのはさらにすばらしいですね。
近所にも東北へお嫁に行った人がいます。
Commented by lanova at 2008-03-17 14:01
★蛙太郎さん_そうですね、インターネットがこんなに世の中を席巻するなんて、ほんの10年前までは想像もしませんでした。きっと10年後はもっと新しいものが生み出されているのでしょうね。こうして海外で暮らすようになって、本当にこのネットの存在に感謝しています。使い方を誤らなければ本当に便利なコミュニケーション・ツールです。
Commented by nee at 2008-03-18 06:21 x
不思議ですよね。
インターネットがなかったら、私達もっと孤立してたでしょうし
海外に暮らす人同士、こうやって知り合うこともなかった。
大人になってからはなかなか友人が出来ないっていうけど
私も海外に来てからネットで知り合ったお友達が出来ました。
実際に会った事のない人もいれば
チャンスを見つけて会えた人もいる。
ありがたいなと思います。

そういえば私も、この間アトランタに住んでる友人に、草もち貰いました。
あの、NOVAさんの写真にもあるやつです。
おいしかった~。それに春のものですしね。
なによりその友人の気遣いに嬉しかったです。

あ、でも大事にしすぎて消費期限過ぎちゃわないように、ですね。
私はしょっちゅう過ぎちゃって…。
だってもったいなくって、ね。
Commented by lanova at 2008-03-19 07:55
★neeさん_そうだよね。本当にこうしてネットがあるおかげで随分、心細い暮らしから救われている気がします。LA時代は、それでも知り合いを含めた日本人も大勢いたし、いつでも日本を身近に感じることができたけど、さすがにここではそうは行きません。neeさんの住んでるところはどう?日本は身近にある?
このTさんからの草もち、美味しかった!あっという間に一人で食べてしまいましたが…
そうそう、消費期限!私もよくやるのよねえ。もったいなくて、少しずつ食べているうちにとっくに過ぎてしまうってのが…でも「まあ、大丈夫でしょ」って自分言い聞かせて、捨てるなどというもったいないことは、決していたしません。neeさんともいつか会えるといいね。どれくらいかかるかなあ。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-03-22 03:34
ネットでご主人と知り合ったとか。
私の身近にも、同じメーリングリストで知り合い恋愛して結婚した人が1組いらっしゃいます。
心の中を知ることができるメールのやり取り、今はメル友殺人などいやな事件も多数ありますが、本当に心を開いたお付き合いが出来ている人も結構多いと思います。
 私はある旅行ゲームから知り合った7歳年下の農家の人とずっとメールの付き合いをしていて、農産物を送っていただいたりしています。まさかこんな人とお付き合いするなんて、と言う意外性というのがインターネットの付き合いですね。
Commented by lanova at 2008-03-22 07:54
★kurashikiさん_はじめまして!ようこそお越しくださいました。お名前はあちこちのブログで拝見いたしておりました。本当にインターネットの普及は私たち海外に暮らすものにとって、この上なくありがたいことです。ちょっと前は日本語は文字化けするなどということもありましたが、今はソフトもどんどん良くなって、そういうこともなくなりました。どうぞこれからもよろしくお願いします。これもたネットつながりですが…
Commented at 2008-03-23 03:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2008-03-23 14:17
★鍵コメさん_ありがとうございます。そちらの方にコメント入れさせていただきました。袖振り合うも他生の縁とは、まさにこのことですね。
by lanova | 2008-03-15 17:56 | Logbook | Trackback | Comments(16)