Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Crawfish Party

c0062603_5113465.jpg

Crawfish=ザリガニ
ザリガニというと、水ぬるむにはまだもうしばらくという早春のころのザリガニ釣り。
近所のガキ大将を筆頭に鼻水をたらした小さな子たちまでがぞろぞろと
手に手に竹で作った小さな竿とタモ、バケツを持って田のぬかるみに繰り出したものである。
日が暮れるまで頑張ってもバケツの中はいっぱいにならない…
もっともこんな思い出があるのは、ある年代以上なのかもしれない。
そんなザリガニがドッサリ。
c0062603_5174070.jpg







何とザリガニを料理して食べちゃおうというのである。
これはアメリカ広しといえども、ミシシッピ州とルイジアナ州の2州のみの食習慣だという。
このザリガニ料理を作るのは、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のJerry。
c0062603_5311931.jpgc0062603_531472.jpgc0062603_532641.jpg
まずはこの大きな寸胴鍋にお湯を沸かし、
ケイジャンフード独特のボイル用のシーズニングの大袋を開けてドバッと入れる。
そこにレモンと玉ねぎを入れて、沸々と煮立ったところに生きたままのザリガニを入れる。
「料理名は?」とJerryに訊ねると「Boiled Crawfish(茹でザリガニ)!」
そのまんまなんですけど…

c0062603_538222.jpgc0062603_5384153.jpgc0062603_539859.jpg
ザリガニが茹で上がるまで、子どもらはザリガニ釣りに興じるのではなく、
バギーを乗り回して遊ぶ。
同じ甲殻類のエビもその間にボイル。
いつもだったら豪華なメニューで登場するはずのエビもこの日はちょっと影が薄い。

c0062603_5441438.jpgc0062603_5444573.jpgc0062603_5451748.jpg
この日のパーティは総勢18人。
料理が出来上がってから集まるのではなく、料理を始めるころから三々五々集まってくる。
それぞれにビールを飲んだり、ウィスキーを飲んだりして、
ザリガニが茹で上がるまで火の周りでおしゃべりを楽しむ。
鍋の中にはとうもろこしやマッシュルーム、ニンニクのぶつ切りも放り込まれる。

c0062603_551375.jpgc0062603_551338.jpgc0062603_55205.jpg
さあ、色よくザリガニが茹で上がった。
豪快に鍋をひっくり返し、テーブルの上にドッと広げる。
湯気とともにおいしそうな匂いがいっぱいに広がる。
ちょうどカニを茹でたときのような匂いである。

c0062603_5553535.jpgc0062603_5555826.jpgc0062603_556218.jpg
初めてザリガニを食べると私のために、食べ方指南もしてもらう。
湯気が立っている熱いうちに食べるのが何といっても一番。
ケイジャンシーズニングのスパイシーな辛さに「ヒイヒイ」言いながらも、
次から次へとザリガミを口に運ぶ。
途中で、とうもろこしやマッシュルーム、ポテトなどをこれも手づかみで豪快に食べる。

c0062603_601133.jpgc0062603_603552.jpg
意外だったのがニンニク。
単なる匂い消しかと思っていたのだが、そうではなくてこれもポテトのように食べる。
ニンニク独特の臭みもなく、ジューシーで実においしい。
で、肝心のザリガニはどうだったかというと、
これが「衝撃の旨さ!」だった。
元々カニやエビなどの甲殻類が大好物である私にとって、
このザリガニはまるでその王者の風格さえも思わせたのである。
毎年冬場のとっておきのご馳走だった日本海の松葉ガニを思い出しもした。
Crawfishを味わえる期間はそう長くはないという。
春になるまでにもう一度そのチャンスを得たいものである。

*写真はクリックで拡大
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/8094339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by goldpony767 at 2008-01-28 06:23
元気さんのところからやってきました。おはようございます。
終戦の頃 アメリカザリガニが沢山 川や田んぼで 取れ ゆでて食べました。
現在では 農薬でいなくなりましたから そういうことはありません。
ザリガニの肉でカエル釣りもしました。

ところでミシシッピー川にはなまずが沢山いましたが 食べますか?
Commented by lemonodasos at 2008-01-28 06:33
ザリガニって食べられるものだったんですね。
子供の頃によく小川で見かけました。
でも食べる習慣のない地域に生まれたので、今初めて食べられると知りました。
そんなにおいしいものだったなんて、、、、目からうろこです。
Commented by 元気ばば at 2008-01-28 07:41 x
これまた衝撃のミシシッピの、写真ではありませんか~~~
ザリガニ 食べれると思いますが~~~日本ではね。
養殖しているのかな?
お国変わればデスね。
Commented by かんな at 2008-01-28 08:27 x
あああ~、これ美味しいんですよねっ!! ちょっと泥臭いところがまた美味しい。バケツ一杯でも食べてしまいそうだもの、あれは(笑)。マッシュルームを入れるのって知らなかったです。ザリガニのダシが効いてて美味しいのかな。いいなぁ、いいなぁ。匂いが漂ってくるようだ…。
Commented by ponzu_77 at 2008-01-28 09:34
豪快~~~~~!!こちらでもザリガニ食べるよー。
ヤビーっていうんやけどさ。でもこうやって普段の食卓に上がるところが
すごいよね~!しかも泥臭さを除くための工夫がすばらしいよね!

寒い時にみんなで囲む食卓+火は最高よね~!
Commented by neko_pen at 2008-01-28 10:21
ところ変われば・・・って言うけど、食もまた、ですね。
それにしても、ダイナミックさが気持ちいいです^^

チマチマと狭いところでなく、どこもかも広い場所ならではですね!
にんにくは煮込むと、ほんと、サツマイモのようにホクホクして
臭いも気になりません。
おいしかったようで、またこんな機会があるといいですね!
Commented by のぶ at 2008-01-28 11:14 x
私が幼い頃、ザリガニを確かエビガニと言っていた記憶がある。
Commented by まこと at 2008-01-28 11:44 x
地元のような田舎でも、あまり見なくなったザリガニ。
こうやると、泥臭さがなくなるんですね。
ザリガニはなんでもいいのかな?やっぱりアメリカザリガニが美味いのかな?
Commented by クマ at 2008-01-28 12:57 x
国は違ってもザリガニは同じ?日本でも昔は食べてたんですよね
以前住んでた所は、いっぱい取れましたけど
食べたことありません 料理までスケールが大きいのね~
なんだかすごく美味しそう ビールに合いそう(飲みませんが)
Commented by lanova at 2008-01-28 14:25
★goldponyさん_はじめまして!ようこそお越しいただきました。そうなんですか!日本でも食用にしていた時代があったんですね。こちらでもアメリカザリガニは食用カエルを捕獲するときの餌にするようです。
こちらで魚料理といえばキャットフィッシュ(なまず)というくらい、ナマズは常食されていますが、私はどうも…過去ログでも何度かキャットフィッシュは登場しています。後ほどgoldponyさんのところにお邪魔させていただきますね。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:25
★lemonodasosさん_そうなんですよ!私も驚きました。最初の1匹目は実は恐る恐るだったんです。ところがその美味しさにビックリ!カメラを放り出して夢中で食べましたね。タイでも一般的な料理材料なんだそうです。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:26
★元気ばばさん_いえいえ、これは天然です。ミシシッピ川流域が主な生息地なんですが、ザリガニ採りを職業としている人がちゃんといるんですよ。ま、いってみれば漁師なんでしょうけど、季節が限られているので副業というところなんでしょうね。テレビでも特集番組が組まれるほど人気です。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:26
★かんなさん_ああ、やはりご存知でしたか!Muddy waterにCrawfish、もうこれ以外ににMSを象徴するものはないんじゃないかってほどの存在ですよね。この日(昨日)はお隣さんちのワークショップでパーティだったんですが、今日はワークショップの扉は全開になってました。さすがに匂いは強烈ですものね。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:34
★ponzu_わあ、オーストラリアでもザリガニ食べるのね。ponzuも好き?私はすっかりはまっちゃいました。サザンフード特有のホットでスパイシーな味付けが何ともいえません。この日料理をしてくれたJerryのケイジャンフードはいつも最高!今度はガンボパーティだって!
食べ物もそうだけど、結局はこうして大勢の人を招いてパーティにしちゃうサザン・ホスピタリティっていうのが一番のおもてなしなんでしょうね。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:34
★nekoさん_ほんと、ほんと!実にダイナミックです。せこいことは言ってないでドドーンと大鍋に全部放り込んじゃいましょ!という感じで、レモンも玉ねぎもポテトもそのまま半分にスパッと切ってどんどん鍋に入れました。
にんにくのこのような食べ方は初めてだったので、これも新鮮な驚きでした。もちろん日本料理の細やかな繊細さは素晴らしいですが、それとは全く異なった野趣ある料理も楽しいものです。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:42
★のぶさん_ご名答!エビガニとも言うそうですよ。こちらに詳しく出ておりました。Wikipediaの「アメリカザリガニ」の項に詳しいですよ。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:46
★まこっちゃん_まこっちゃんはザリガニ釣りの経験はあるでしょ?ウチの大青年はよく釣ってたけど、小青年になるとまったく体験なし。そういうザリガニが生息するような場所がどんどんなくなったのと、いても危険だからと「立ち入り禁止」区域にされたりと…どうやら食用はこのアメリカザリガニらしいよ。サイズも大きくて身もしっかり入ってるからでしょうね。
Commented by lanova at 2008-01-28 14:46
★クマさん_クマさんは日本でも食用されてたことをご存知でしたか!私はちっとも知りませんでした。ザリガニ=泥臭いのイメージしかなかったんですもの。そりゃあビールとの相性はバッチリ!グイグイといくらでもいけました!
Commented by ひまわり at 2008-01-28 18:58 x
lanovaさん! おひさしぶりにコメントします。お元気ですか?
私がブログ始めた(昨年3月頃)ころにコメント頂き、とても嬉しかった事を
思い出しております。ミシシッピの方へ引越しをされる記事を目にして
以前ニュウオリンズに旅行した事がありましたので、懐かしくてコメントしましたが
その後しばらくお休みされたようでしたので、御無沙汰してしまいました。
これから時々遊びに行かせて貰いますのでよろしくね。
Commented by オードリー at 2008-01-28 19:15 x
ザ・ザ・ザリガニー 食べちゃうのぉ~~~~。
それにしても、湯気があがっていてホカホカと温かそう。
ザリガニって海老みたいに、だしが出るんですかねぇ。
白ワインが飲みたい。。。
Commented by 小次郎 at 2008-01-28 20:23 x
見事なザリガニだね。
これだけ大漁は日本では・・・最近はぐっと減りました。
夏休みはザリガニ獲りは子供の楽しみ・・なかなか見つからない。
よく子供の仲間でザリガニ獲りします。
ミシシッピーのザリガニは伊勢海老のようです。
      和やかで楽しそうです。
海老一色でNOVAさんの邸宅が少ないね・・・お庭は大きな池はどうなりましたか。
Commented by dabadabax at 2008-01-28 21:39
本当に美味しそうですね。こんな新鮮な魚介類をどーーんとゆでて、みんなで一緒に食する。それが一番楽しいことでしょう。

ザリガニってちょっとシャコみたいじゃありませんか。子どもの頃、リヤカーを引いてよく売りにきていたおばちゃんから買ってもらったシャコを山ほどゆでてもらって食べていた頃を思わず思い出しました。南部特有のお料理がこれから沢山出てくるのでしょう。楽しみにしています。
Commented by sat at 2008-01-28 22:23 x
blog再開しました とりあえずロックオヤジ!!は死に板です アメーバblogで「グレートマッドチキン」という僕のバンド人生、ロック論を語っていきたいと思ってます リンクしといてください!!ロックオヤジより絶対に面白いから
Commented by ken-sann at 2008-01-28 23:05 x
あはは、あはは!
先月NOLAで食ってきましたよ、あはは。
でも、こんな豪快ではなかったです。
スゴイなー、これ。
Commented by Marrrsan at 2008-01-29 01:34
食べるところより、食べないところのほうが大きくてほとんどゴミになる食べ物ですね、これって。すぐゴミの山になりもったいない感じがしますね。大学でも学期の終了時のころコンサートとかの時、学内でボイルして食べていましたね。
Commented by NekoMama7 at 2008-01-29 13:02
昔々にニューオーリンズで食しました。で、あの泥臭いのがだめで、あまり食べなかったような・・・

一度は食べてみる。それでいやならいいけど、食べず嫌いはフェアじゃないということになってるんで、まあ、いいでしょうと、勝手に結論を出しました。(何の??)
Commented by lanova at 2008-01-29 13:55
★ひまわりさん_お久しぶりでございました。覚えていてくださってありがとうございます。ひまわりさんがニューオーリンズに行かれたときもザリガニを食べられたのでしょうか?こちらこそ再びよろしくお願いします。
Commented by lanova at 2008-01-29 13:55
★オードリーさん_はい、とってもいいダシが出ますよ。豪快に手づかみでグワッシと食べるので、ワインというよりもやっぱりビールかな。味もクレオールなんで、結構ホットでスパイシーなのね。だから飲み物は必須です。
Commented by lanova at 2008-01-29 13:55
★小次郎さん_小次郎さんもザリガニを食べられた経験をお持ちですか?この日はお隣でのパーティにお呼ばれでした。我が家の池はまだあのままですが、クマちゃんがもう少し広げたいと言ってまして、その拡張工事を終えたら、魚を放そうかと思っています。今はカメがいるようですよ。
Commented by lanova at 2008-01-29 14:02
★dabadabaxさん_そうですね。食べることもですが、みんなでワイワイ過ごすことにより楽しみがあるんだと思います。これ、一人でゆでて食べてもちっとも美味しくないでしょうね。
このパーティの後は、みんなでサンルームに移動し、おしゃべりの花が咲きました。本当に南部ってゆったりと休日を過ごすんですよ。このお隣さんには、サザン・ホスピタリティをいつもいつも感じさせられます。
Commented by lanova at 2008-01-29 14:02
★satさん_今度コメントをいただくときに、そちらのブログのURLを入れてくださいね。そうするとお名前からそちらのブログに飛んでいけますので。よろしくお願いします。
Commented by lanova at 2008-01-29 14:02
★kenさん_ああっ!もう12月に食べちゃったんですね!そりゃあかなり先物ですね。やっぱりNOの方が気温も高いからかなあ。美味しかったでしょ?ぜひその記事をエントリーしてください。待ってます。
Commented by lanova at 2008-01-29 14:06
★ま~さん_ま~さんはケイジャンフードの本場で暮らしてるんですものね。食べないわけないですよね。確かに4分の3は捨てるわねえ。でもあの殻ごとボイルするから味が濃厚になるんでしょうね。泥臭さが全くないのに大感激でした。
Commented by lanova at 2008-01-29 14:06
★NekoMamaさn_あらあ、泥臭かったですか?実は、私も最初の1匹を口にするまでそれを懸念してたんですが、ところがどっこい、ちっとも泥臭くなかったの!
<食べず嫌いはフェアじゃない>まったくもって同感!
Commented by ひらっこ at 2008-01-30 00:22 x
おいしそうに仕上がっていますね。ザリガニと言わなかったら、まさに海老
ですよ。食してみたいです。
子どもの頃、よくイケズしましたね。
Commented by michiko_u_in_www at 2008-01-30 11:47
ザリガニを食べるのぉぉぉ???
びっくり!
茹でるとエビそっくりだから・・・わからないもないけど・・・
身はあるの??と思ってしまいます。

でも、郷に入れば・・・だから。ね(笑)。
Commented by lanova at 2008-01-30 14:33
★ひらっこさん_ザリガニ釣りはしたけど、食べなかったよねえ。私が育ったのは周りが田んぼだらけのところだったから、ザリガニは珍しいものじゃあなかったけど、今じゃきっと少なくなったんでしょうね。こんなに美味しいとは夢にも思いませんでしたよ。
Commented by lanova at 2008-01-30 14:50
★michikoさん_コメントの中でMarrrsanも書いてくださってるようにほとんどがゴミになる食べ物ですが、頭をとって、尻尾の先を持ちチュルチュルっと吸い込むように食べるのです。これが実に美味しいのよ。何と言っても生きたままをボイルするんで新鮮だもの。
アメリカ南部へ旅行したら、これとアリゲーターの尻尾は絶対に食べなきゃ!
Commented by itohimiko1 at 2008-01-31 12:46 x
ザリガニって食べれるんですね!?
子供の頃、近くの小川や田んぼでよく見かけましたが父から食べれない、と言われていたので、今の今までてっきり食用ではないと思い込んでいました。
私も甲殻類は大好きなので、〇十年勿体ないことをしたものです。

それにしても、見事に豪快な料理&食べっぷりですね!
カニを食べる時は無口になるっていうけど、このザリガニの時も無口になりますか、それともわいわい大賑わいでしょうか?

Commented by lanova at 2008-01-31 14:36
★itohimikoさん_う~ん、きっと日本のザリガニは食べられないんじゃないかなと思います。これは俗に言うアメリカザリガニで食用にしているのは、このミシシッピ州とルイジアナ州のほかに、フランス料理や中華料理に用いられているそうです。
雑誌などの座談会を設定するときの料理に絶対にカニは出すなと言われるほど、カニは人を無口にしますよね。身を取り出すことに専念してしまうから…これは頭を取って、尻尾の方の身をチュルッと食べるだけだから、ちっとも無口にはなりませんでしたよ。
Commented by グレートマッドチキンsat at 2008-01-31 22:30 x
NOVAさんブログ復活キター!これを待ってたんです!僕もロックオヤジ!!を捨ててアメーバブログで復活の狼煙をあげています 正直マジで作家○○善郎で書いてアクセス増やしてた楽しいブログでした アメブロでは素の僕とプロミュージシャンバンド「グレートマッドチキン」の日常をそのまま書いていきます だから今は意外とダイエットブログになりつつもあり… でもブロガーとしてNOVAさんと交流できるのを楽しみにしています 僕はバンドマン臭いの書きますからNOVAさんはリカアメ臭いブログたのしみにしています!グレートマッドチキンとリンクしといて下さい ロックオヤジ!!は終わったので 里
Commented by lanova at 2008-02-01 14:59
★satさん_今度コメントをくださるときには、そちらのURLを書いてくださいね。
Commented by popmamy at 2008-02-08 22:38
LANOVAさん、popmamy です。ザリガニって、子供の頃、エビガ二って呼んでいたものだと思います。バケツに入れて飼ったりしましたが、食べたことはありません。父が(ワーなつかしい)美味しくないと言ったので。
「にんじん」と言う小説に、ザリガニが沢山出てきました。そのフランス?の小説は、チョッと消化不良を起こしそうな、家族の物語だったけど。
Commented by lanova at 2008-02-11 02:14
★popmamyさん_このコメント欄でのぶさんもそうおっしゃってます。地域によってエビガニって呼んだんでしょうね。これはアメリカザリガニで、昔は日本中どこでもいたようです。今は農薬散布でほとんど見かけないと聞いています。こちらではこのザリガニ採りを職業にしている人もいるんですよ。「にんじん」ってルナールですよね。昔読んだような記憶がうっすらと残っていますが、ちっとも内容は覚えていません。
by lanova | 2008-01-27 15:13 | Event | Trackback | Comments(44)