Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Apr. 8/Not only Easter but Birthday

c0062603_15152964.jpgc0062603_15162763.jpg
今日4月8日は、Easter(復活祭)である。
今日出会う人には「Happy Easter!」と挨拶を交わす。
本来ならばクリスチャンの行事なのだが、最近では商業的イベントの色彩も強くなっており、
「Happy Easter!」の挨拶とともに、家族や友人で集まってパーティをする人たちも多い。
このEasterは、春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日と定められていて、
毎年その日にちが異なる。
なので今年は4月8日となったわけである。
今日はお釈迦様の誕生日である。
そして我が家には、もう一人、この日に誕生日を迎えるメンバーがいた。
次男である。
21年前の4月8日は、まさに桜が満開だった。
よほどおなかの中が気持ちよかったとみえ、
予定日よりも12日も遅く生まれた彼は、3,441gとビッグだったにも関わらず、
4時間ほどで元気な産声を上げた。
長男の出産のときは真っ白な雪の中だったが、次男はピンク色の桜の中だった。
産院から吉祥寺のアパートに帰る中、はらはらと桜色の花びらが舞う様を、
今もはっきりと思い出すことができる。
長男と同じように、彼にも毎年バースディカードを書いてきた。
次男の顔を見てカードを手渡しできるのもこの21枚目が最後になりそうだ。
引越しのために荷造りをしていて、息子たちのアルバムや育児日誌を目にして手が止まった。
よくある話で一人目のときには、事細かに書き込んでいるが二人目になると杜撰になる。
我が家の場合もご多分に漏れずそのパタンだ。
それでも大事なことはちゃんと覚えているものである。
次男は2ヶ月で首が据わり、3ヶ月では寝返りを打ち、
6ヶ月ではいはいをし、10ヶ月で歩き始めた。
ほとんど手のかからない子だったが、その分、大きくなってからきちんとその借りを返された。
そこのところは平等に手をかけるようになっているのかもしれない。
実は手をかけされるのが、親としての喜びでもあり、楽しみでもあったのだと、
手をかけることがなくなった今、しみじみと思う。
もう手をかけられたくない息子と、まだ手を出したい母親との時間もあと2週間。
せいぜいうるさがられておこう…
Son, since the moment you were born,
you've given so much happiness to the world.
Happy Birthday!
c0062603_1613896.jpgc0062603_1611473.jpg

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5864138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by susie at 2007-04-09 16:50 x
Happy Birthday to your beloved son!
子育てはいつの時点で成功というのかわからないですね。男の子を育てるというのは、なかなか良い人生経験だと思います。あと2週間のうちに母子でたくさん酌み交わしてください。
Commented by lanova at 2007-04-09 18:14
★susieさん_ありがとうございます。私は女の子がいないので、女の子を育てるというのも、またそれなりに興味深いなと思います。どうも青年は私と飲むよりは友だちと飲む方がいいようで…まあだれでもそうかもしれないですよね。
Commented by genova1991 at 2007-04-09 18:20
次男ちゃんのお誕生日おめでとうございます!
良い季節に生まれてくれて、親孝行ですね~~♪
お釈迦様と一緒だとハッピーバースデーの乾杯は甘茶だったりして^^;
(長谷寺で甘茶のティーバッグを売っていましたよ)
立派にお二人のお子さんをお育てになったのですから、
ミシシッピーではご夫妻の生活を十二分にエンジョイなさって下さいね~♪
Commented by ナミ at 2007-04-09 20:34 x
息子さんにバースデーカードですか・・・
そういえば、うちは一度も送ったことがない
息子が一人住まいになったので、今度から送ってあげるようにしよっと!
一緒にいると何だか恥ずかしい気がして贈れなかったなあ・・・
Commented by ひらっこ at 2007-04-09 22:01 x
きゃあぁぁ!!!!!
私の実兄も4月8日です。
なもんで、妙に仏心があるんですよ。
お釈迦様は脇の下からお生まれになったということは、以前から聞いていましたが、お釈迦様ほど偉い人は生まれてくる場所も凡人と違うんですね。
Commented by ConnieWest at 2007-04-10 08:02
次男さま、Happy Birthday!

そっか、21歳なのですね。どんなバースディだったのかしら。きっとお友達と一緒にクラブでガンガン飲んだかな?(笑)

NOVAさんの"もう手をかけられたくない息子と、まだ手を出したい母親との時間もあと2週間。せいぜいうるさがられておこう…"←これ、もう胸キュンですよ。私もそのうちに訪れる子供達とのセパレーションを楽しみにしながら、やっぱり淋しいなと感じています(まだ5年半もありますが)。

そう言えば、家の息子も10ヶ月(正式には9ヶ月の最後の日)に始めの一歩を経験して、歩くのが速かったですよ。だから息子の興味と、歩ける事実の比率が違って、良く転んで鼻血だしてましたっけ(笑)。面白い事を思い出させてくれてありがとうございます。もうすぐ帰宅する息子に教えてあげようっと!
Commented by winemam at 2007-04-10 13:22
そうですね、手をかけなくても良くなった今は淋しいものです。
私も3人の子供がいて、一番上は女、下二人は男です。どの子も、高校を卒業すると家を出て行ったので、もうその時から覚悟はできていましたが・・・。
lanovaさんは、子供さんが生まれてからずっと、お誕生日ごとにカードを贈られていたんですね。素晴らしいことですね。きっと息子さん達にとって、人生の宝物になることでしょう。あと2週間大切に息子さんとの時間を過ごしてください。
Commented by lanova at 2007-04-10 14:56
★genovaさん_青年の家に行き、冷蔵庫を空けたら隙間なくビール缶が並んでいました。まあ、それが彼のしたかったことの一つというのが、何とも可愛らしいのですが…この日は彼の家の大家さんのご招待で焼肉を食べに行きました。日本の焼肉屋さんで、店内で飛び交う言葉はすべて日本語で、しばし私は日本にいるのではないかと錯覚してしまいました。レバ刺も、牛タンもおいしかった!しっかりカメラを持っていったのに、青年の「恥ずかしいからダメ!」の言葉に制止され、がっかりでした。まあね、昨日は彼が主役だったから…
Commented by lanova at 2007-04-10 14:59
★ナミさん_私は何だか面と向かって言うよりもカードの方が気持ちをすんなりかけるような気がします。青年たちが小さい頃、最初の頃の誕生日を親はどんな風に祝ったのか、どんな思いを託しているのかを、いつの日か知ってくれればいいなと思って書き始め、それが今も続いています。今では青年二人に加え、大青年の妻と2人の娘たち、そしてクマちゃんサイドの子どもたちとその数も増えましたよ。
Commented by lanova at 2007-04-10 15:00
★ひらっこさん_まあ、ひらっこさんのお兄様と同じ誕生日だったんですね。1年は365日しかないわけだから、同じ誕生日の人はたくさんいるでしょうけど、知り合いだと何だか親近感を覚えますよね。私はちなみに弟とまったく誕生日が同じなんですけどね。
Commented by lanova at 2007-04-10 15:10
★Connieちゃん_ありがとね!
genovaさんのお返事にも書きましたが、誕生日当日は彼の家の大家さん(この人がまたすごい人でネタがてんこ盛り状態です)にTorranceの焼肉屋さんに連れてってもらいました。クラブは別口で行くようです。
毎日、予定が入っているようで、あまり顔を見せませんよ~。明日はダウンタウンのイタリアンレストランに一緒に行く予定です。
Connieちゃんも今のうちにベッタリベッタリしておくんだよ~!
Commented by lanova at 2007-04-10 15:13
★うさぎさん_3人いらっしゃるんですね。アメリカにいらっしゃるのが一番上のお嬢さんですね。お孫さん誕生は息子さんのところでしたよね。これを機会にお孫さんにお誕生日ごとにカードを書いて差し上げられたら?私も今は孫へのカード選びを嬉々としてやっていますよ。彼女たちにしてみればどこかのおばあちゃんなんだろうけど、それでも残せるものがあればいいかなと思っています。
Commented by judy_orange at 2007-04-10 15:47
なぜかいつも“母”の優しさと強さと深さを感じます。
そういうものは母なら誰しも持っているんだろうけど、
形良く言葉にできるすごさに、改めて敬意を表します。
って、ちょっとえらそうになってしまいました。ごめんなさい。
Commented by ヒゲおやじ at 2007-04-10 16:53 x
母親ならではの、深く細やかな愛情を感じます。 自分のところは、下の娘の誕生日が3月14日だったのですが、父親というのは(というより自分は、ですが)照れくささが先に立ってしまい、ぶっきら棒なメールを送っただけでした。 もう東京に就職して1年が経ち、お互いに時間の早さに驚いてみたり・・・まぁ、多少離れていても元気で居る事が解ればいいや・・・と、幼い頃の顔を思い浮かべながら納得する此の頃です。
Commented by mihayashi6 at 2007-04-12 04:50
長男の出産・次男の出産・・・真っ白な雪の日・ビンクの春色とともに鮮明に子供の誕生日の思い出・・・私には色の思い出はないけど。
私は最近無くなった人を偲ぶことの方が多いです。(みんな長命でした)
4/8日はお釈迦様の誕生日、私はH17.4.8あわや死亡事故直前の間一髪セーフ。
丁度2年前の出来事
紙一重の命(三叉路で一旦停止しなかった車と・見通しのいい場所ほど重大な危険が潜む)
そして義兄の忌明けが4/8日に・・・お釈迦様に感謝する日々が多くなりました。
そんな花まつりの日とは何も知らずに過ごしてきました。
Commented by dabadabax at 2007-04-12 23:34
今日、井の頭公園まで歩いていってきましたよ。桜はもう散っていて、新緑がきれいでした。息子さんが生まれて日は本当に桜がきれいだったんでしょうね。おめでとうございます。

子どもは大きくなって親から離れたがるけど、親はいつまでも子どもだと思っていたいですよね。我が家ももうすぐ息子がようやく自立します。何だか淋しくなるなあと思います。
Commented by avocadogohan at 2007-04-13 00:07
青年君、21歳になられたんですね。おめでとうございます。

子供が巣立っていくときって、複雑なんだろうなぁ。
うちの長女も今度高校生になります。もしも、卒業して遠くの大学に行ったとしたら(遠くに行けといつも言ってるんですが・・・)、こうやってわさわさと一緒に暮らすのもあと4年なんだなぁ・・・と改めて思い、なんだか不思議な感覚に襲われましたよ。

NOVAさん、しっかりうるさがられておいてください(笑)。
Commented by lanova at 2007-04-13 03:50
★judyさん_いやあ、こういうところではちょいとかっこよく表現できるものです。で、母親としての実態は…同じことを何度も聞くし、言われたことは忘れるし、惨憺たるものですよ。そのためにもこのブログっていい備忘録になりますよね。ああ、この子の21歳の誕生日には私はこんなこと思ってたんだって…
Commented by lanova at 2007-04-13 03:59
★ヒゲおやじさん_<幼い頃の顔を思い浮かべながら納得する此の頃です>ああ、父親の愛情をたっぷり感じます。父親ってそうして目を細めて遠くから息子や娘を見つめているのでしょうね。それはいつの時代も変わらないもののような気がします。私たちの父親がそうであるように…お父さんのちょっと不器用な愛情表現はそのメールできっとお嬢さんに伝わったことでしょう。
Commented by lanova at 2007-04-13 04:41
★小次郎さんにとっては4月8日は特別の日だったようですね。きっと2年前はお釈迦様が命を救ってくれたのでしょう。一日一日を丁寧に生きて生きたいものですね。
Commented by lanova at 2007-04-13 04:48
★dabadabaxさん_井の頭公園の弁天池が桜の花びらでいっぱいになった光景、今もくっきりと思い出します。青年たちを連れて毎日のように遊びに行ったのですが、覚えていないでしょうねえ。
思い出語りをする母のそばで「知らないなあ」という子どもたち。でもそれでいいのかもしれません。日本からは大青年のアルバムを全部ミシシッピに送りました。ここからは青年のアルバムを全部持っていきます。
Commented by lanova at 2007-04-13 05:31
★avocadoさん_ありがとうございます。
きっと今回は特別なんだと思います。私がこのLAにこのままいれば、こんな風には思わなかったのかも…
avocadoさんちはまだまだその後に2人いるし、きっと最後のボクちゃんが高校を卒業するときにぐっと寂しくなると思いますよ。でもその頃にはお孫ちゃんの子守をしてたりして…
by lanova | 2007-04-08 23:59 | Logbook | Trackback | Comments(22)