Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Mar. 21/Every weekend

夫がミシシッピに一足先に引っ越してから2週間が過ぎた。
元々勤務時間がすれ違っていたため、平日はさほどそれまでとは変わらない日々だが、
さすがに夫と一緒に過ごしていた週末は持て余すだろうと思っていた。
しかし、意に反してそうでもないのである。
一人暮らし始めての週末には、
昨年末「日米メディア教会」の会合で知り合ったサンディエゴに住む
どんとこい救急医療!のエスパネ君が、休日を利用してLAまで来てくれた。
彼は日本にいる長男よりも少し年上であり、
パラメディック(救命士)の有資格者として、アメリカで働く唯一の日本人である。
たまたま同じベクトルで学んでいる息子にとっても心強い仲間だ。
夕方から3人で鍋を囲みながら延々と話し続け、
エスパネ君も息子もこのアパートで泊まり、翌朝は納豆ご飯と味噌汁の朝食を用意し、
ほんの少し日本の食卓を味わってもらうことができた。
そして先週末は、Off Line Meeting at LAにも記したように、
LAに住むさむさんと日本からやってきたI君とのオフ会だったのである。
偶然ではあるが、このI君も医療に携わろうとしている青年であり、
今年が最後の大学生活になるという医学生である。
身長190cmの長身を屈めながら、飄々とした雰囲気のI君はとても礼儀正しい青年だった。
LAに着いてから、ずっと持ち歩いていたというお土産を
「これだけはどうしても渡したくて…」と差し出してくれた。
京都に近い高槻市に住む彼は京都のあられを持ってきてくれたのだ。
1週間の道程をラスベガスやサンディエゴなど、彼と一緒に旅してきたあられは
本当においしい日本の味だった。
エスパネ君も年内には日本に帰り、
日本の救命救急医療を変えていきたいという大きな目標を持っている。
そしてこのI君も日本の医療を担っていこうとしている。
若い人たちの希望に満ちた言葉や表情に、背中をまた一押しされる週末であった。
c0062603_13141569.jpgc0062603_13143554.jpg

*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5761009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gloria-x at 2007-03-22 17:54
最近、両親の相次ぐ入院、手術という出来事で
今まであまり縁のなかった病院が身近になりました。
いろいろ問題も多い医療の世界ですが、
現場で働く人たち(特に看護士さんやヘルパーさん)
と接するといつも頭が下がる思いです。
Commented by susie at 2007-03-22 18:28 x
私も最近病院に行く機会があります。看護士、ヘルパーさんなどはもっと高報酬でいいと思います
Commented by genova1991 at 2007-03-22 19:00
素敵な若い方に出会うと未来が明るく思えますね。
夢と希望の未来であって欲しいと思います。
日本の味のおみやげも優しい心が伝わってきますね。
バリバリ、、、バリバリと、楽しく味わってくださいね^^
Commented by オードリー at 2007-03-22 20:54 x
旦那様が引っ越されてもう2週間ですか。早いですねぇ。
京都のあられ、素敵ですね。
舞妓さんの絵とか、パッケージとか京都らしいです。
食べるのがもったいないですね~。
NOVAさんは日本茶もそちらで飲んだりするのですか?
おせんべいにはやっぱりお茶ですよね~。
Commented by mihayashi6 at 2007-03-22 22:05
平凡なようで、いろいろ変化のある日々でなによりです。
若い人の希望に満ちた好青年たちの姿が目に浮びます。
Commented by takatiho62 at 2007-03-22 23:46
NOBAさん、メッセージ有り難う。ブログ、ドキドキの私には、とても嬉しかったです。
なに書いていいか分からないまま、練習のためと思って書き込んでおります。
ご主人お先に、引っ越されたんですね。奥様も後から行かれるんですよね。
最近、日本では産婦人科医が足りないとかで、深刻な問題になっております。
そちらで勉強した若い医学生たちが、帰って来て日本の医療に携わってくださると言う
事は、とてもうれいことです。
Commented by lemonodasos at 2007-03-23 07:14
真面目な人、誠実な人に出会うと。心が洗われるようです。
世の中は年齢関係なく気はあうひとはたくさんいます。
出会いを大切にしたいですね。
Commented by judy_orange at 2007-03-23 11:04
世界中で、自分なりの夢や信念を持って活躍している人が
たくさんいるんですね。
そういう方々に触れるたびに、自分の怠惰な生活を情けなく思います。

↓の「運命に負けてちゃつまんないじゃない!」という言葉。
人の運命って、ベースは誰でも一緒で、そこからどう開拓していくか、
そういうことじゃないかと思いました。
勝手な解釈ですが(笑)
Commented by lanova at 2007-03-23 16:15
★Gloriaさん_そうでしたねえ。Gloriaさんちはご両親の入院が続いてたんですよね。日本では入院は普通に行われますが、こちらではよほどのことでない限り入院はありません。出産のときでさえ3日目には退院です。癌の手術も日帰り手術が結構あります。だから日本のように看護士さんが親身になって世話をしてくれるという場面にはあまり遭遇しないのかもしれません。今、、アメリカは看護士が致命的に少ないんです。看護士としての移住だったら受け入れやすいとも聞いています。それだけ過酷な仕事なのでしょうね。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:15
★susieさん_susieさんのところも病院は身近な存在ですね。日本も看護士さんはかなり高収入だと聞いています。こちらの看護士も収入は高いですよ。ヘルパーさんはどうなんでしょうか。医療制度に関してはまだ不明な点、よく理解していない点が多いので、これから徐々に知識を得ていかなければと思っています。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:15
★genovaさん_はい、バリバリ、バリバリと、ほぼ一人で食べつくしてしまいました。戸棚にでもしまって置けばよかったんでしょうけど、籠に入れてリビングテーブルの上に置いていたのがそもそも間違いの始まりでした。「ボク、2袋しか食べてないのに!」と青年がブーブー言ってましたもの。でも久々に本物のあられ、おいしゅうございましたわ。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:15
★オードリーさん_今も日本茶(煎茶)を飲んでいるところです。こちらでは緑茶ががん予防にいいとテレビでも報道されていますので、日本茶は大人気ですよ。ただこちらの人にしてみると中国茶と日本茶の区別がつかないようでしけど…松江はお茶処でもあるので、帰国のたびにごっそりお茶をいただいて、こちらでは冷凍保存をしております。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:15
★小次郎さん_そうですね。自分の気持ちの持ち方次第で平凡に思える日々も是楽しです。幸い平日は仕事をしているので、あっという間に時間が流れていきます。夕方からもジムに行ったりしているとすぐに夜が更けてしまいます。若いときは1日がたっぷりあったような気がしたのに、いつの間にか時計の進み方が早くなったようです。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:31
★takatihoさん_産婦人科医不足のニュースはこちらの日本語放送でも見ました。出産に伴い訴訟問題を恐れてのこととか…こういうことを聞くたびに本末転倒な論理に呆然としてしまいます。そもそも医者は何のための医者なんだろうなと…若い人たちが力を十分に発揮できる国であってほしいものですね。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:31
★lemonodasosさん_そうそう!年齢は関係ないと私も思っています。昔から群れるのはどうも苦手だったので、こうしていろんなタイプのいろんな年代の人と過ごす方が性に合っているような気もします。袖摺り合うも他生の縁ですもの。
Commented by lanova at 2007-03-23 16:31
★judyさん_今はブレイクタイムだと思って、あまり自分を責めない方がいいんじゃないかな。どんなときも人生に「無駄」はないと思います。今、悶々として過ごしているのも、そうすべきときだからなのだと受け入れるとずっと楽になるんじゃないかしら?
よく「運命は変えられない」って言うでしょ。確かに変えられないかもしれない。だからこそうまく行かなかったときに「運命だから仕方がない」と思うよりは「こんな運命に負けてちゃつまんないじゃない!」って思って生きたいなと、私に思わせてくれた大切な一言だったんですよ。
Commented by avocadowasabi-2 at 2007-03-24 05:47
外国に住んでいると、メディアから伝わる日本の様子は悪い面ばかりが目立ってしまって、日本の将来をかなり心配したりもするものですが、目標をしっかり持って頑張っている若者もやっぱりたくさんいるわけなんですよね。
若者だけじゃなく、どんな年代の人だって、夢や目標を持って頑張っている人たちもたくさんいるんだと思うと、私もガンバローー!と元気が出ます。
そうそう、この春、私の姉が59歳で大学院を卒業したんですよ。彼女も、「人生まだまだこれからよー!」と張り切っています(笑)。
Commented by ヒゲおやじ at 2007-03-24 06:48 x
志を持って頑張っている若者達には、是非とも成功して欲しいものですね、いろんな意味で。 身近に居る若者はどういう志を持っているのか、いまひとつ理解に苦しむのですが・・・。

ヘルパーの時給って本当に安いですよね。自分も2級を持っていますが、内実を聞いてとてもじゃないけれど生活出来るレヴェルでは無いと思いました。そもそもパートタイマーで働こうという人達の、受け皿を増やそうというくらいの発想だったのでは?と思ったものです。
促成栽培もいいところのカリキュラムだったし・・・一寸脱線しました、済みません。
Commented by geechan at 2007-03-24 16:47
「今どきの若い子は…」という言葉はよく耳にするけれど、
彼らのように、そうじゃない青年たちもたくさんいるんだよね~!
そういうキラキラした青年に出会うと本当に嬉しくなります。
「世の中まだまだ捨てたもんじゃない」って!
Commented by dabadabax at 2007-03-24 17:56
若い人が頑張って未来を開こうとしている姿は本当に嬉しいですね。
いろいろなことがあるでしょうが、頑張って欲しいです。

おせんべい、良かったですね。京都には本当に美味しそうなお菓子がたくさんあるなあと、京都のデパ地下を覗いて改めて思いました。日本の味を届けていただいて、さぞかし嬉しかったことでしょう。どんどん食べてしまうのも大いに納得です。
Commented by dobozupe at 2007-03-25 01:27 x
NOVAさん、ひとりの生活もフットワークよく楽しんでいますね。ミシシッピーへ行かれるまではひとりの自由を楽しんでください。その後はミシシッピーでの楽しみがまっています。
本当にこうした志の高い若者をみるとほほえましいだけでなく、ほっとします。これからの日本も大丈夫なんだなと。がんばって日本の将来を担ってほしいと思います。自分もまだまだ将来を担っていくつもりですが。
日本茶にあられ、いいですね。こちらでは、あられはめったに食べられません。こちらでは、お菓子というと妙に甘いものばかりです。
Commented by winemam at 2007-03-25 13:45
頑張っている若い人達と話をすると、元気やパワーをもらえる気がします。
NOVAさんは、すてきなお友達が沢山いらっしゃって羨ましいです。
あ、そのあられ、おいしいですね。いつか頂いたことがあります。
私は、甘いクッキーよりも「おかき党」です。
Commented by lanova at 2007-03-25 14:14
★avocadoさん_その通り!夢を持つことに年齢制限はないし、夢を実現することにも年齢制限もないんです。avocadoさんのお姉さん、きっとステキに生きていらっしゃるのでしょう。昨秋青年の友人の結婚式に出かけましたが、そのときにお嫁さんのおじいちゃんが日本からいらしていました。80歳を過ぎてから大学に入学されたそうで、はつらつとした大学生でしたよ。こうして日本からの特化したニュースを目にするように、日本にいたときもアメリカの若者の特化したニュースばかりを見聞きしてきました。でもこうして暮らしていると報道されているのはごく一部のことだって気づきますよね。逆も真なりなんでしょうね。
Commented by lanova at 2007-03-25 14:33
★ヒゲおやじさん_<身近に居る若者>ヒゲおやじさんのぼっちゃん、じょっちゃんたちのことでしょうか?意外と自分の子どもたちって親には話さないくせに、他人にはきちんと自分の考え方や今後の展望などを話していたりするんですよね。自分の時を振り返ってもそうかもしれないと思ったりします。
ヘルパーさんの賃金って一律ではないんでしょうねえ、地域によっても異なるんでしょう?アメリカでも一応国としての最低賃金はあるようなんですが、やはり場所によって異なるようです。ここカリフォルニアではすべての仕事で時給$7.90が最低だと聞いています。ところでヘルパーの需要と供給のバランスはどうなんでしょうか?
Commented by lanova at 2007-03-25 14:33
★geechan_いつの時代にも「今どきの若い子は…」という言葉は言われていたんでしょうね。きっと私たちがやんちゃだった頃にも、当時の親や大人たちはそう言ってたんだと思うよ。若い人のことを話すときの枕詞だと思っています。若いというだけで最大の武器と魅力を持っているということだよね。でもって我々の年代には我々なりの武器と魅力があるわけですよ!
Commented by lanova at 2007-03-25 14:33
★dabadabaxさん_dabadabaxさんの周りにも若い人はたくさんいらっしゃいますよね。一緒にいるだけでエネルギーを蓄電させてもらえるような気がしませんか?
<京都のデパ地下>おお、羨ましい!お菓子から漬物から、おいしいものがたくさんありますよね。最近は八橋もありとあらゆる種類があるようですね。時々日系スーパーで日本の物産展が開かれますよ。私は広告を眺めるだけですが…
Commented by lanova at 2007-03-25 15:26
★dobozupeさん_このエスパネ君にも、I君にもdobozupeさんのことを話しましたので、ブログをたずねるかもしれませんが、そのときにはよろしくお願いします。最近、どうも医療関係の方との交流がネット上で多くなってきて、心強い限りです。dobozupeさんもまだまだこれからの人です!どんな人もその長さに差はあれ「これから」なのだと私は思っています。
Commented by lanova at 2007-03-25 15:27
★うさぎさん_こうして日本の外に出ると、今までどれだけ多くの友人や知人に支えられてきたかが、痛いほどわかります。毎日の生活では日本語で話をする人はほとんどいないため、こうしてオフ会でもあると、本当に嬉しくなってしまいます。それもこのLAだからできることだと思っています。ミシシッピに行けば、それこそ新しい土地では唯一の日本人らしいですから!あられやおかきなんて、本場ものでなくてもまず手に入れることはできないでしょうねえ。
by lanova | 2007-03-21 21:30 | Logbook | Trackback | Comments(28)