Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Off Line Meeting at LA

c0062603_15143031.jpgc0062603_15145282.jpg
LAダウンタウンのリトル東京の中心、櫓の下にブースを設けて水彩画を描きながら、
その絵を販売している日本人男性がいる。
アメリカ暮らし36年になるという「ちょっとシニアチック」のさむさんである。
昨日の土曜日、急遽オフ会を開催することになった。
というのも、島根出身の医学生I君が観光旅行でこのLAを訪れることになり、
宿泊先のホテルについてアドバイスを求められたことがきっかけとなり、
何度かやり取りをするうちに、チャンスがあれば会いましょうということになったからである。
昨日は今、まさにジムに出かけようというそのときに彼から電話があり、
その日の夜の便で日本に帰るという彼と、リトル東京で会うことになった。
もしかしてさむさんにも会えるかもしれないと、
待ち合わせ場所をさむさんのブースがある櫓の下にした。
今まで何度もここを訪れていたのだが、どうもタイミングが悪く、
さむさんのブースが開かれているところには遭遇したことがなかった。
ところがこの日は実にグッドタイミング。
早速さむさんに事情を説明し、せっかくだからオフ会を兼ねて夕食をご一緒しましょうと、
少々強引に誘ったのだが、さむさんは快く承知してくださり、
I君の出発の時間までラーメン屋でしばし歓談。
さむさんのこれまでの軌跡を聞きながら、長男と同い年の若いI君は、しきりに感心したり、
驚いたり、頷いたりしていた。
何しろI君は私ともこのときが初対面、さむさんとも初対面。
それでもLAで人生の半分以上を暮らしているさむさんの人生記録は若いI君だけでなく、
私にとってもかなり刺激的である。
実物のさむさんと初めて会ったのは昨年11月のJapan Expoの会場だった。
今度ゆっくり会いましょうと言いながら、数ヶ月が過ぎていった。
その間に彼は絵描きとしてだけではなく、
テレビや映画などハリウッドでも活躍の場を見出していた。
「ラストサムライ」にエキストラで出演していたさむさんは、「硫黄島からの手紙」にも出演し、
最近はテレビドラマ「Unit」でもその姿を見ることができた。
中でも「SAYURI」ではアップのさむさんにもお目にかかれるし、
パンフレットにも登場している。
何だか嬉しい。
こうして日本ではない国で、「まだまだ!これからが人生」という諸先輩に出会うのは、
どんなに多くの励ましの言葉や、著名人の著作を読むよりも勇気を与えられる。
アメリカ暮らしを決心することになった当時80歳をとうに過ぎ、
2つの仕事を掛け持ちし、フリーウェイを走る友人のお母さんの
「運命に負けてちゃつまんないじゃない!」を思い出させてくれた晩春の一夜だった。

"Respect" Aretha Franklin


*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5743883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by judy_orange at 2007-03-19 16:35
『運命に負けてちゃつまんないじゃない!』
手帳に書きました!
私は・・・運命と戦ってもいないのですが・・・
それでも今の状況である運命に、負けないように!楽しめるように!ですね。

いつもPowerになる言葉を紹介してくださってありがとうございます!

さむさんの絵を見させていただきました。
きっと、心が晴れていて、澄んだ人なんだろうなぁ~と思いました。
Commented by genova1991 at 2007-03-19 19:06
さむさんの出演映画では「さゆり」が一番大きく写るんですよ~~
チャン・ツィイーと一緒に人力車で大阪に逃げるんですもの。
忘れないでねぇ~~
「SAYURI さゆり」のパンフレットにもさむさんの写真が沢山出ていたんですよ^^

又、楽しい出会いがあって良かったですね~!
Commented by lemonodasos at 2007-03-20 05:16
うわぁ、いいなぁ、サムさんに会えたのですね。
いろいろな人と出会うのも、なにか、すばらしいものがあります。
私は、これから出会う人とは、大切にしていきたいと思います。
最近は家と猫しかありませんでした。
Commented by チェリー at 2007-03-20 05:36 x
またまた素敵な出会いがあったのですね!
NOVAさんのお人柄ゆえでしょうね〜。
しかし、ラーメン屋でしばし歓談なんて今のうちですわよん♪
Commented by Marrrsan at 2007-03-20 05:42 x
私はロスのサムさんの豪邸に(笑)3度ほど泊めて貰いました。
Commented by shinia62 at 2007-03-20 06:43
novaさんの巧みな文章で紹介され、時の人に成った気分。嬉しさに鼻の奥がツーンとしてしまいました。同じ内容である筈のぼくの日記が別の出来事見たい。

ま〜さん
>豪邸に(笑)
の(笑)は余分です。
Commented at 2007-03-20 07:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:20
★judyさん_あの言葉は私にとってはかけがえのないワードになりました。このブログの最初もこの言葉から始まっています。
私も決して運命と戦うようなドラマッチックな人生ではありませんが、「運命だからしょうがない」というスタンスだけは持たないようにして生きていけたらなと思っています。運命は変えられないかもしれないけど、負け人生にはしたくないものですね。
さむさんの絵、私も好きです。新居にぜひ飾りたいんですけど…当分先になりそうです。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:20
★genovaさん_ああ、そうでした、そうでした!「SAYURI」が筆頭作品ですよね。後で記事を直しておきます。第二のパット森田になると張り切っているさむさん、ここのところ本職の絵よりもアクターの方でお忙しいようでした。日本でもさむさん出演のテレビドラマが放映されるといいですねえ。
ところでgenovaさんもさむさんにお会いになったことがあるんでしょうか?
Commented by lanova at 2007-03-20 14:36
★lemonodasosさん_はい、さむさんに会うのはこれで2度目です。2度とも何の約束もなしにです。そういうのって私はとても好きです。ふらっと出かけた先で出会う。日本ではなく異国の地でこういうことがあるだけで、心が弾みます。いつの日かlemonodasosさんともふらっと会えるといいですねえ。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:36
★チェリーさん_ほらほら、アメリカ在住のブロガーさんで会ってない人は残り少なくなりましたよ。でもチェリーさんにはすぐに会えるような予感がしてますから…ラーメン屋ってわけにはいかないかもしれないけどね。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:37
★ま~さん_私もさむさんの豪邸に遊びに行きたいものです。もう一度ランチをご一緒していただけるそうで、楽しみにしています。その次はさむさんが南部にお越しくださるそうなので、そのときは大いに盛り上がりましょうね。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:37
★さむさん_何をおっしゃるウサギさん!約束のない出会いって楽しいですよね。あのI君はさむさんのエネルギッシュな様子に圧倒されていましたよ。なかなか清々しい青年でしたね。San Gabrielの日、楽しみにしております。
Commented by lanova at 2007-03-20 14:37
★鍵コメさん_後ほどそちらにコメントさせていただきます。
Commented at 2007-03-20 20:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mihayashi6 at 2007-03-20 22:46
素敵な「邂逅」ですね。
島根出身の医学生I君・・・若い人はいいです
      故郷の人が訪ねて来ると懐かしいですね。
しかも息子さんの年代とは不思議な縁ですね。
Commented by ナミ at 2007-03-21 00:00 x
素敵なオフカイですね。
息子世代の若い方とお話しするなんてドキドキしてしまいそう・・・
Commented by ミッキー at 2007-03-21 00:32 x
名古屋のFM局で、毎朝海外で活躍する日本人に
電話インタビューしてるけど、登場してもおかしくない
立派な経歴ですね^^
Commented by lanova at 2007-03-21 05:40
★鍵コメさん_インフォメーションありがとう。後ほどそちらにお邪魔いたします。
Commented by lanova at 2007-03-21 05:45
★小次郎さん_話を聞いてみると、このI君のご尊父はなんと高校の先輩でした。といってもちょっと年代が離れているので、同時期に学んだことはないんですが…懐かしいローカル話題で盛り上がりましたよ。
Commented by lanova at 2007-03-21 05:47
★ナミさん_もう少しゆっくり時間があればよかったのですが、ちょっとせわしないオフ会ではありました。私は意外に青年たちの世代の知り合い(友人とは言いがたいですよね)は、多いんですよ。いたるところに息子たちがいるようで楽しいものです。不思議と女の子は少ないんですけどねえ。
Commented by lanova at 2007-03-21 05:48
★ミッキーさん_へ~、そういう番組があるんですね。そりゃあぜひさむさんに登場してもらわなくっちゃ!他にも登場できそうな人はブログ仲間にもたくさんいますよ!
Commented by dobozupe at 2007-03-21 12:44 x
NOVAさんを含めた(含めてもいいですよね)人生の諸先輩方の生き様の話を伺うのは、本当に勉強になります。
今まで、運命に流されて生きてきたような気がするので、これからは、「運命に負けてちゃつまんないじゃない!」この言葉を肝に銘じて生きて行きたいと思います。人生は長いようで長くないですからね。積極的に老いに向かい、そして楽しめたらいいなと思います。
Commented by ひらっこ at 2007-03-21 14:45 x
さすが!NOVAさん交友関係広いですね。
SAYURIのDVDあるから、見直してチェックします。
ついに、GARY やってきましたよ。
Commented by dabadabax at 2007-03-21 23:42
本当にlanovaさんらしく、交友関係をどんどん広げていらっしゃるのですね。
1回きりの人生なら、自分らしく楽しく送りたいものですね。
さむさんのお話に若いかたもたくさんの刺激をもらったことでしょう。lanovaさんも。
Commented by lanova at 2007-03-22 10:11
★dobozupeさん_いやいや、dobozupeさんもなかなか積極果敢にわが運命に向き合って生きていらっしゃると思いますよ。運命に逆らわず、かといって流されず、時には戦いながら生きていければいいなと思っています。この日に出会った医学生、dobozupeさんのことも話しましたので、コンタクトしてきたらよろしくお願いしますね。
Commented by lanova at 2007-03-22 10:12
★ひらっこさん_ぜひDVDでチェックしてみてください。私は本物に会っていますので、これで十分に満足(?)です。さむさんのブログの映画の裏話も面白いですよ。Gary君のとの日々はいかがですか?ホームスティはどれくらいの期間でしょうか?肩の力を抜いてひらっこさんも一緒に楽しんでくださいね。
Commented by lanova at 2007-03-22 10:14
★dabdadabaxさん_これもLAを去るというのがあってのことと思っています。どうも何かのきっかけがないとなかなか行動に移せないようで…本当はLAではまだまだ見たいもの、行きたいところ、経験したいことって山のようにあるんですけどね。レイカースの試合をStapleで観たかったんですが…
Commented by winemam at 2007-03-22 10:39
オフ会、いいですね。私がネット・サーフィンしててときどき迷い込む、「シニアチック」の方とお友達だったのですね。実際にお会いして、楽しい会話が弾むというのも素敵なことですね。さむさんのブログを拝見して、そのときの雰囲気が伝わってきました。
Commented by lanova at 2007-03-22 13:34
★うさぎさん_あらあ、さむさんのブログには遊びに行かれたことがあるのですね。ぜひ彼のところにもコメントを残してあげてください。さむさんのところで彼の素敵な絵をたっぷりご覧になれますよ。うさぎさんにはいつかミシシピまで足を運んでいただき、マスカダインの自家製ワインを味わっていただかなくては!
Commented by avocadowasabi-2 at 2007-03-24 05:56
私は、宿命は変えられないものだけど、運命は自分でどうにでも変えることができるんだと思っています。
運命、自分で運ぶ命ですもん。どんどん運んでいかなきゃもったいないですよね!
毎年春になると、新芽が出るようにやる気が沸いてくる私です。

さむさん、味のあるお方ですね。
『サユリ』のシーンは覚えてますよー!!
Commented by lanova at 2007-03-25 14:18
★avocadoさん_なるほど、そういう考え方もあるんですねえ。いずれにしてもポジティブに捉えていくということですよね。うまく行かないときに(得てしてうまく行かないときの方が多いのですが)、「こういう運命だから仕方がないのよねえ」って、運命のせいにしてしまうのは、運命に申し訳ないと思いません?
次回、LAにお里帰りの際には、ぜひリトル東京の櫓の下のブースを訪れてさむさんに声をかけてくださいね。
by lanova | 2007-03-18 23:53 | Trip | Trackback | Comments(32)