Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Feb. 15/Door to Independence

2007年に入ってからの我が家での大きな動きといえば、
夫のMemphisへの転勤が決定したこと。
とはいえ、いつからの勤務になるのかは、連絡待ちといったところである。
そして「もう一つの大きな動きがある」と、この日のエントリーに書いた。
今となっては「動きがあった」と過去形にすべきかもしれない。
息子が家を出たのである。
といっても壮絶なる親子喧嘩の果ての家出ではなく、自立への第一歩を踏み出したというところだ。
夫と私がミシシッピへ移動するに当たって、息子も一緒に行くかどうかの選択権は彼に与えたが、
斟酌する余地もなく、「と~んでもない!」の一言で却下。
現在、消防士を目指してカレッジに通う息子は、このLAを離れる気は毛頭もない。
アメリカでも2大都市の一つであるLAから、
アメリカで最も田舎だともいわれるミシシッピへ行こうとは思わないのが普通だろう。
私が彼の年頃だったら、おそらく同様の選択をしたに違いない。
しかし、夫と私が引っ越した後、このアパートに息子が一人で住むには広過ぎるし、
何と言っても家賃が高過ぎる。
そこでこのアパートでのルームメートを探すか、それとも彼がどこか他のところを探すかと、
昨年の秋頃からボチボチその準備をしていた。
ところが年末から1ヶ月ほど帰国していたために、この件はペンディング状態だったのである。
そして1月末に日本から戻った息子は、再び住まい探しを始め、
あっという間に新しい住処を見つけてきた。
一人暮らしの日本人男性が家主の1軒屋の離れを借りることになったのである。
日本から帰ってきてトランクを開けて片付けた荷物を、
再び1週間かそこらでトランクに詰め直し、意気揚々と家を後にしたのであった。
とは言ってもここから車で10分ほどのところに移っただけで、
ほとんど毎日のように顔を見せてはいるのだが…
アメリカでは高校を卒業すると同時に親元を離れて自立する子が多い。
そしてそれ以降は親元に戻って生活することはない。
日本でも進学や就職で親元を離れる子どもは多いだろうが、
経済的には親の支援を受けての場合がほとんどだろう。
ところがこちらでは家を出て自立するというのは、名実ともに自立することなのである。
多くの学生が学校に通いながらいくつかのアルバイトをして生計を立てている。
しかし、それでは生活していけない学生も多く、
学生ローンを借りる学生が多いのも、アメリカの特徴である。
一人当たりの学生ローンの平均額は200万円くらいだとも聞いたことがある。
息子もバイトをしながら学生生活を送っているが、
甘い母は多少はサポートしてやらなければなどと思うのである。
そして毎日のように顔を見せる息子に、買い置きの食料品や日用品を袋に詰めて渡している。
こういいうことができるのももうあとわずかだろう。
彼の使っていた部屋には、まだ多くの荷物が置かれたままである。
きれいさっぱりと跡形もなくなってしまうのは、もう少し先でいい…
そう思っているのは私だけではないのかもしれない。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5542146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナミ at 2007-02-16 17:37 x
寂しいようであり、頼もしくもありますね。
我が家の息子も、現在、住むところを探査中(笑)
Commented by ミッキ- at 2007-02-16 18:39 x
日本と違いますね~
日本では親と同居していて、生活費はほとんどださなくて
バイトしたお金は、自分の遊び等に使ってますから

そちらは独立心が強いですね
日本は、甘い(汗)
Commented by audrey0502 at 2007-02-16 19:31
そうですかぁ。息子さん、1人暮らしをされるんですね。
消防士を目指していらっしゃるんですか。
日本のより厳しいのでしょうかね。
大変そうですね。頑張ってほしいです。
Commented by mihayashi6 at 2007-02-16 21:53
親離れしてみんな成長していくんですね。
  親も子離れしないことには・・・息子さん頼もしいですね
母親はいつも強いです。
Commented by 長男 at 2007-02-17 02:49 x
あいつは戻ってくるよ。
僕達家族はいずれアメリカに住みたいって野望がある反面
島根の家族と一緒に居たいとゆう願望もある
両親と祖父母、どっちが大事とゆうことはない
だから いずれ が来るまではアメリカの家族にも
元気でいてもらわないと困る

島根の家族はぼく達に任せればいい
甘い母親は、主と弟を頼むよ
Commented by チェリー at 2007-02-17 04:39 x
子どもの自立って嬉しい事でもあり、寂しい事でもあり、なんでしょうね。
でも、いきなりLAとMSでお互いの新生活が始まるよりも、ワンクッション置けていいのではないですか? 青年くんをしばらくは側で見つめながら、時にはサポートもできるし。お互いの心の準備のためにも10分の距離が役に立ちそうに思えます。
NOVAさん一家、変化の一年となりそう・・・応援してます(^^)。
Commented by dobozupe at 2007-02-17 05:36 x
カナダでもアメリカと同様に、学生たちは親に頼らずにアルバイトや学生ローンで生計を立てて勉学するのが普通のようです。だから、学生たちは卒業時には800万円くらいの借金をしているとのことです。ただ、最近はアジア系の移民の子どもたちが多くなってきて、彼らは親に頼りながら大学へ行っているようです。
ぼくの娘も17歳になり、親元を離れる時期が近づいてきていますが、できるだけ援助してあげたいと思ってしまいます。甘いですね。
Commented by Marrrsan at 2007-02-17 08:40
子供のみになってみれば、自立したい年頃ではないでしょうか。
周りの人が自立していると、さらにそういう気持ちになるでしょう。
日本は親離れ、子離れが下手ですね。
自分で出来ない部分を助けてやれば良いのではないでしょうか。
Commented by ponzu_77 at 2007-02-17 09:15
そっかー息子さん、一人暮らしはじめたのかぁ。
消防士を目指してって、すごいね。USでは国籍がアメリカ国籍じゃないと、
公務員みたいな仕事ができないとかあるの?

スーのジェネレーションは結構、高校が終われば家を出て行くのが
普通だったんだけど、最近では日本みたいに大学出るまで両親と
同居ケースが増えてきてるよ。

でもみんな子は巣立っていくんだね。。。
Commented by もみちゃん at 2007-02-17 10:23 x
子供からすれば、
親元を離れて自分の夢へ向かって意気揚々と毎日を送っているけれども
親としては
『きちんとご飯食べてるかな?』とかって
毎日心配していまして
親離れよりも子離れの方が大変なのかな?

もうすぐMSとLAと離れて暮らすようになるんですね。
我が家は卒業後は海外赴任の可能性大なので
子供の成長を喜ぶよりも寂しさのほうが強いですよぉ。
あぁ~
子供の成長って早いわぁ~
Commented by genova1991 at 2007-02-17 11:35
アメリカンなご次男さんは、自立されるのね~頼もしいわ~と思って、コメント欄を拝見しておりましたら、ご長男さんの「あいつは戻ってくるよ」←先を見据えた発言を発見!!!
「島根の家族はまかせろ」発言も!
いや~おふたりとも頼もしくていいですよね~
母上嬉しい!
困った時だけ助けてあげて下さいね。
男の子はたくましくっていいですね^^
Commented by judy_orange at 2007-02-17 13:47
私は41まで親元に住んでいて、去年の4月に結婚で家を出ました。
今は実家から電車で30分ほどのところですが、それでも母は寂しいと言います。

lanovaさんの息子さんに対するお気持ちが、
今、すごくわかります。
きっと息子さんも寂しいとは思いますけど、lanovaさんのその温かい気持ちを
忘れることは絶対ないと思います。

今の日本って・・・そういう温かい気持ちが薄くなってるような事件が
多々あるので、ほんと、寂しさを感じながら、でも微笑ましいlanovaさんの気持ちを
感じられて嬉しいです。
Commented by 元気ばば at 2007-02-17 17:09 x
我家にも二人に息子がいる、戸籍上はといったほうがいい。大学は関東の学校に行き、そのまま就職、親はせっせと学資を送り続け、卒業したら年1回帰省するのみ。メールも個人パソコンなら知らぬ顔、会社のアドならよんでくれると思い送ったら「くだらんもの送るな」
moeさん宅の息子さんは自立していますよ。
子供はいつか親から離れているのに、母親だけはいつまでも自分の占有物のような気がしてならない。
Commented by 匿名希望 at 2007-02-17 19:59 x
次男はえらい。
とてもえらい。
がんばれ次男。
Commented by geechan at 2007-02-18 01:25
長男もいいぞぉ~!
二人とも頼もしくていい息子に育って
嬉しいよね!母は!!
Commented by かんな at 2007-02-18 08:18 x
おおお、巣立ちですね! 頼もしいですねえ。
子供って…、育ってもらわなきゃ困るし、いつかは自立してもらわなきゃと思うんだけど、いざそういう時が来たら、嬉しいのと同時に寂しいのかなぁとも思います。
私が高校を卒業して、初めてアパート暮らしを始めた時(もちろん生活費は親にみてもらってましたが)、私を送り届けた後、母が涙ぐんでいたと父に聞きました。「だから俺は、”そんな嫁にやるわけじゃないんだから!”(父にとってはこれがキツイんですね、きっと)って言ってやったんだよ。」ですって。
親の気持ち、親になって初めてわかります。 なんて、うちの息子はまだ自立からは程遠いですけどね(笑)。
Commented by Gloria-x at 2007-02-18 18:14
息子さんの独立おめでとうございます♪
わたしも実家を出て一人暮らしを始めた時は
「物理的にも精神的にも二度と戻れない」のが当たり前と思っていました。
まあ、日本は家賃がバカ高いので、地方→都会はまだしも
都会に生まれ育ってしかも女性だと一人暮らししにくいんですけどね・・・
Commented by neko_pen at 2007-02-18 22:37
子どもがひとり、また一人・・・と、我が家を出てから、もうかなりの年月が
経ちましたが、それぞれのその時のことは忘れません。
寂しくて、がらんとした部屋に、立ち尽くしていました・・・
でも、反面いつまでもいられて、自立できなくても困るのですが^^
日本とアメリカでは、自立という形も全く違いますね。
Commented by dabadabax at 2007-02-18 23:28
子どもはいつかは出て行くもの。アメリカ式もいいし、日本式もいいし、世界にはもっと異なる巣立ちもあるでしょう。でもなんとなく、いて欲しいという気持ちもよくわかります。
我が家も息子の旅立ちの春になるかもしれません。アメリカ式から考えれば、遅い旅立ちですが。親も子育てを通して、たくさん楽しい思いもさせてもらえましたよね。
Commented by avocadogohan at 2007-02-19 07:34
いつかは来る子供の巣立ち。
いつも子供のことで手をとられてばかりなので、「みんな早く巣立ってくれぇ~~!」と心の中で叫んでしまう私なんですが、その日が来たら、やっぱり寂しいだろうな。
仕事先では、学生の子達が数人いますが、みんなまだ親元にいるんだけれど、生活費はバイトで一生懸命稼いでますね。
高校生の女の子もいて、その子なんかうちの娘と3っつしか違わないのに、車の修理代だのなんだのって、必死でお金を稼いでる。たくましいですよね。
↑の長男さんのコメント、ジーンときちゃいましたよ。
Commented by susie at 2007-02-19 14:59 x
おめでとうございます。息子さんの自立、えらいですね。でもさびしい気持ちもわかります。うちは長女、長男は大学卒業とともに家を出ました。二女がまだ家に残って3人家族ですが、ちょうどいいからこのままでもいいかな、なんて...

長男も頼もしくてえらいです。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:07
★ナミさん_ナミさんちとはきっと子どもたちの年齢が近いんでしょうね。今はご家族全員一つ屋根の下ですか?一人、また一人と巣立っていくのでしょうね。息子さんはスープの冷めない距離で住まいを探していらっしゃるのかな?
Commented by lanova at 2007-02-19 16:07
★ミッキーさん_そうですね、きっと子育てで日本と一番違うのがこの点でしょうね。ウチも彼が18歳になったときから、個人的な費用は一切自分で賄うようにさせました。携帯電話代、車のメンテナンス、ガソリン代、結構な出費になるようですが、バイトで何とかやりくりしました。
親もきっぱりと手を切る代わりに、老後を子どもたちに見てもらおうという気持ちも一切持たないのがこの国ですね。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:07
★オードリーさん_最近はこちらでも親元を離れない子どもも少しずつ増えてきたようですが、それでも基本的には高校卒業と同時に家を出る子が多いようです。日本の消防士は消防学校にまず入学してというスタイルだと思いますが、こちらはカレッジで一つずつコースを取って、試験にパスすれば次のステップに進むというシステムです。どこの国であっても「命」を救う職業は決して容易ではないと思います。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:08
★小次郎さん_小次郎さんのお宅も、賑やかだった暮らしから今は奥様との二人暮らしになられたんですよね。でもお近くに娘さんご一家が住んでいらっしゃるのは何よりですね。きっと今はお孫さんたちの成長が何よりの楽しみなんでしょうね。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:08
★長男_Thank you!でもねえ、私たちがここに暮らしていれば戻ることもあるんだろうけど、何しろ約2000kmの彼方に引っ越していくわけで…
ミュウとアーサの花嫁姿を見るまでは、何が何でも元気でいなくっちゃと思っているので、せっせと稼いで、娘たちを立派に育てておくれ!甘かったのは決して次男坊ばかりではなかったように思うんだけど…
Commented by lanova at 2007-02-19 16:08
★チェリーさん_そうなのね、ちょうど帰国を終えて日本から帰ってそのまま、Independentしちゃったんで、彼のいない生活がそのまま延長してるって感じなんですよ。そういう意味では寂しさはなかったかも…こちらも引越しの準備やらで結構いっぱいいっぱいだったりしてるし…ただねえ、心配なのは食生活で、一体どんなものを食べていくんだろうかと気になるところであります。10分距離だとサポートできるけど、2000kmはちょっとねえ…
Commented by lanova at 2007-02-19 16:08
★dobozupeさん_世界的に見ると、高校以降の教育に関しては、自分でやりくりしている学生がほとんどだそうですね。そんな中で日本だけは特別だと言われていましたが、最近はそれに追随して、日本以上だと言われているのが韓国です。韓国では子どもたちにアメリカで教育させようと、父親を本国に残し、母親と子どもだけで渡米し、教育を受けさせるのがある種のブームだそうです。最初はまさか…と思っていましたが、まさにその通りの親子がウチのアパートに引っ越してきたので、納得いたしました。それにしても800万円のStudent Loanは大きいですね。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:39
★ま~さん_そうですよね。私も高校3年の時には、いかに合法的に親元から離れることができると考え、それには遠くの大学に行くのが一番だと思いましたもの。でも当時、自分で稼いで生活をしながら大学に行くなんてこれっぽっちも考えていませんでしたし、もしそのまま日本で暮らしてたら、すべての面倒を見ていたでしょうね。青年にしたら随分タフな生活になったことと思いますが、彼にとっては決してマイナスではなかっただろうと思っています。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:40
★ponzu_市民権がないと就けない職業はやはりあるよ。特にGovernment関係の仕事には多いみたい。でも私が所属する教育委員会も公務員ではあるけど、永住権があれば大丈夫だったし…青年はこれからまだまだ長い人生があるわけで、市民権を取得する予定です。
やっぱりオーストラリアもアメリカと似たり寄ったりだね。クマちゃんなんて高校在学中から家を出て、3つも4つもバイトをしながら自分で生活して高校を出たそうです。
家を出たがらない子どもが多くなったのか、子どもを出したがらない親が多くなったのか…
Commented by lanova at 2007-02-19 16:40
★もみちゃん_そっか、もみちゃんちも昨年の秋からお嬢さんはドミトリーでしたっけね。ウチはカレッジなんでドミトリーはないのよね。大家さんが日本人で私たちと同世代の人なんで、友達同士でシェアするよりも彼にとっても私たちにとっても良かったかなと思っています。
そうなのよねえ、もうすぐMSとCAなわけで、ちょっとそこまでって距離じゃなくなっちゃうからねえ。もみちゃんちのお嬢さんは、卒業まではまだ3年ちょっとあるんでしょ?
Commented by lanova at 2007-02-19 16:40
★genovaさん_<困った時だけ助けてあげて下さいね。>そうするとしょっちゅう困ったときになりそうで…青年は案外頑固なところもあるんで、戻りたくなっても戻らないかも…というよりよほどのことがない限り、子どもが戻ってくるということはないみたいですよ。もちろん長期休暇を一緒に過ごしたりはあるようですが、生活の基盤を別にしたら、もうそこからはそれぞれの人生というスタンスですね。本当はね、日本の大青年のこともいつまで経っても心配なわけですよ。「心配は母親の仕事」とクマちゃんにまで言われています。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:40
★Judyさん_きっと結婚するまでお母様と一緒にいた時間が長かったから余計に寂しさを感じていらっしゃるんでしょうね。
私も大学で親元を離れたときは、それから始まる一人暮らしにワクワクして、親のことを思うようになるのは、しばらくしてからでした。よく言う五月病というのが、その時期ですよね。なので青年も今は新生活にワクワクしてるんじゃないでしょうか。
親子関係が歪んでいるのは、日本だけではないと思いますよ。高校で仕事をしていると驚くような親子関係を耳にします。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:52
★元気ばばさん_きっと元気ばばさんちの息子さんたちはとっくに自立なさっているのでしょう。お母様からのメールも照れがあるのかもしれませんね。ウチも手紙やメールの類にはほとんど返事はありません。困ったときには即連絡してくるけど…息子たちにとっては実際に彼らを育ててくれた祖父母の存在が大きいので、じいちゃん、ばあちゃんを大切にしてほしいと願っています。
Commented by lanova at 2007-02-19 16:52
★匿名希望_これこれ、次男!身元を明かしてコメント残したまえ!ちゃんとご飯食べてるか?洗濯しているか?掃除してるか?早寝早起きするように!
Commented by lanova at 2007-02-19 16:52
★geechan_でもねえ、母はやっぱり昔のアルバムなんかを引っ張り出して眺めているわけだよ。センチメンタルだと言われようが、幼子だった頃の肌の柔らかさと身体のぬくもりは決して忘れられないよね。
Commented by lanova at 2007-02-19 17:04
★かんなさん_そうそう!私も一人暮らしを始めたときは親の気持ちなんてこれっぽちもはかれませんでした。大青年が静岡の大学に行ったとき、彼は家を離れていったわけですが、そのときには私は両親の家で暮らしてましたし、何しろ今回巣立ちをしたこの青年がまだ中学生で家にいましたから、まだまだ賑やかでした。きっとMSに行ってクマちゃんと二人暮らしになったらじわじわと寂しさを感じてくるんでしょうね。こてっちゃんの自立まで後14年ほどですか?きっとあっという間ですよ。
Commented by lanova at 2007-02-19 17:04
★Gloriaさん_LAも家賃の高さは東京の比ではないので、親から独立するといっても、完全な一人暮らしは勤労学生のみでは難しいですね。ほとんどの学生がアパートや家をシェアしています。それでもさまざまな責任を持っての暮らしが始まるわけで、これからいろいろな経験を重ねていくだろうと思います。
Commented by lanova at 2007-02-19 17:04
★nekoさん_nekoさんも同じ経験をしていらしたんですよね。でも何かあると家族全員集まれる距離に住んでいらっしゃるのが何よりですね。こちらで暮らし始めて強く思ったのは、高校までの学校教育は、社会に出て暮らしていくための準備期間であり、そのための教育機関だなということなんです。親や社会がそういうスタンスでいれば、子どもも高校卒業とともに自立するのが当たり前に思えるんでしょうね。
Commented by lanova at 2007-02-19 17:11
★dabadabaxさん_<親も子育てを通して、たくさん楽しい思いもさせてもらえましたよね。>本当にその通りだと思います。私はもし息子たちがバスケをしていなければ、メンバーとしてLAに試合をしにこなかっただろうし、私も当然来てなかっただろうし、アメリカと言う国を住処にするなんて考えなかっただろうし…彼らがいたから、本当にたくさんの物を与えてもらえたと思っています。
Commented by lanova at 2007-02-19 17:11
★avocadoさん_そうですね。こちらの子はたくましいと私も思います。ちゃんと礼儀も社会性も身に着けてて、日本の子とは違うなと感じてはいるんですが、最近はだんだん幼児化してきてるんです。職場でもそのことは時々話題になります。結局は親の育て方なんでしょうけど、子どもが自立できなくなっているのも現実のようですね。avocadoさんちもあっという間ですよ。子どもたちの方ではもう少しずつ準備してたりして…
Commented by lanova at 2007-02-19 17:18
★susieさん_親になって、さまざまな場面を経験して初めて親の気持ちがわかるわけですが、今私たちがこうして話していることも子どもたちは自分たちの番になって、やっと本当にわかるのでしょうかねえ。
息子たちが二人とも気持ちの優しい子に育ってくれたことは、本当に嬉しく思っています。
Commented by candypop-m at 2007-02-20 14:11
凄いコメントの数!!!ですね。
次男くんの旅立ち 嬉しいような悲しいような・・・そんな心境でしょうか!!
でも・・匿名でもコメント残してくれてるから嬉しいでしょnovaさん!!
そんな気持ちがレスにもあらわれてて 良い親子関係だなぁ~と思いました
ガンバレ~☆
Commented by lanova at 2007-02-20 15:33
★まきちゃん_本当にたくさんの方にコメントを残していただいて、嬉しく思っています。私は決してマメに更新している方でもないし、どうかすると1週間に1度がやっとだったりするんだけど、本当にこうして皆さんに来ていただいてありがたいことです。実は青年はさっきまでここにいました。大青年のコメントになにやらブツクサ申しておりましたが、夕食を一緒に食べてわが住まいに帰っていきましたよ。
by lanova | 2007-02-15 23:19 | Logbook | Trackback | Comments(44)