Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Feb. 11/Letters from Iwo Jima

日本では何かと話題になっていた映画「硫黄島からの手紙」。
アカデミー賞4部門にノミネートされたこともあり、
それまでは特定館でしか上映されていなかったのが、
どこの劇場でも上映されるようになった。
またテレビやラジオでの告知も増えていた。
以前、夫に「見に行こう」と誘ったときには、「戦争映画はなあ…」と乗り気ではなかった。
ところがラジオでの告知がよほど彼の気を引いたのか、この週末に見に行くことになり、
本日の1回目の上映に出かけてきた。
会場には年配の人の姿が多く、日本人、日系人も多かった。
最近、とみに映画を見るときの視線が変わったと感じる。
どうしても「母親」の視点で見てしまう。
以前はストーリーの中心人物に気持ちがシフトしていたものだ。
今日も知らず知らずのうちに、戦場に息子を送り出す母親の気持ちで見ていて、
何度もハンカチを取り出してしまった。
あちこちの映画評でも言われているように、クリント・イーストウッドは、
実に上手い映画づくりをする人だと思った。
日本人よりよっぽど日本の心を知っていると言われている。
おそらく彼のブレーンには秀逸な人がいるのだろう。
また、この映画にはブログ仲間の「ちょっとシニアチック」のさむさんが、
硫黄島の住民で登場している。
映画の上映中、隣に座っている夫は何度もため息をついていた。
2時間あまりの映画を見終わってロビーに出てきた夫が最初に言った言葉は、
「もう戦争映画を見るのはこれで最後にしよう」だった。
「戦争を体験してきた者は、できれば自分の記憶から遠ざけたいから…」
海兵隊としてベトナムに赴いていた夫はそうつぶやいた。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5510534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミッキー at 2007-02-12 20:49 x
やはり、実体験をしてると
映画といっても、見てると辛いでしょうね
忘れていたことがよみがえったり
史実のドラマだと、尚更でしょう

僕は体験が無いけど
あまり見たくないですね

Commented by avocadowasabi-2 at 2007-02-13 02:35
私はまだ観てないんですよ、これ。
話題作だし、というよりも、日本の歴史で知らないことが多すぎるので、観ておきたかったんですよね。
でも、近くの映画館じゃもう上映されてないんです・・・(涙)。

クマちゃんにとっては、単なる映像としては感じられなかったんでしょうね。
大学生の頃、友人達と坂本龍一とデビッド・ボウイが競演して話題になった『戦場のメリークリスマス』のことを嬉々として話していた時に、沖縄出身の子がポツリと「戦争映画は観たくない・・・」と悲しそうな顔をして言ったのを思い出しました。
無知で平和な私たちには、その子の気持ちはわかりませんでしたね・・・。

あ、そういえば、私の知り合いの子もこの映画に出てるんですよ。体の超でっかい子です。(と言えば、観た人にはわかるかも!?)
どんなシーンに出ているのかは知りませんけどね。
彼は『ラスト・サムライ』にも出てました。
Commented by dobozupe at 2007-02-13 14:09 x
戦争を体験された方の戦争映画を見たくない気持ち、よく理解できます。どうしても戦争の嫌な記憶がよみがえってくるのでしょう。我々にとっては映画の中は現実ではないのですが、彼らにとっては現実なのです。
ぼくも戦争映画はあまり好きではないのですが、話題作でもあり、せっかくなので「硫黄島からの手紙」は見に行こうと思っています。
クリント・イーストウッドの映画は硫黄島での戦争をアメリカ側から見たものと日本側から見たもの二部作だったのですが、ゴールデングラブ賞では前者が作品賞、後者が外国語作品賞だったのに、アカデミー賞では後者のみ作品賞にノミネートされましたけど、なぜなんでしょうね。
ところで、「硫黄島からの手紙」は日本語、英語字幕での上映ですよね。
Commented by キャサリン at 2007-02-13 15:24 x
私はまだこの映画をみていませんが、戦争映画を見たくない気持ちは同じです。
戦争を経験してない世代ですが、どうもこの手の映画は好きになれず、目を覆いたくなってしまうのです。
だから、宮崎駿さんの「ほたるの墓」すらも見たくないんです。
これをみたのは、小学生の時だったんですが、子供ながらに「もう2度とみるものか!」と強烈に感じました。戦争を経験してない私でさえそう思うのであれば、経験者のクマちゃんにとっては、記憶がよみがえってしまう瞬間なのかもしれませんよね。
Commented by susie at 2007-02-13 16:00 x
私の父も戦争経験者ですが、「硫黄島~」を見ました。感想を聞いてもあまり話しませんでした。やはり記憶がよみがえるのがいやだったのでしょうか・・・
Commented by lanova at 2007-02-13 18:04
★ミッキーさん_最初はクマちゃんも見に行くつもりはなかったんですが、イーストウッドが監督だって言うのもあり、海兵隊にとっては「Iwo Jima」は特別の場所だったこともあって、見に行こうということになりましたが、かなり重たかったようです。
ベトナム戦争に関しての映画は絶対に見ようとしないですね。
Commented by lanova at 2007-02-13 18:04
★avocadoさん_私は先日のManzanarのこともあったし、今知ることのできるチャンスがあれば逃したくないなって思ったんです。上映に関しては、グラミー賞ノミネート後に再度上映館が増えたようなので、もう一度チェックしてみたらどうかしら?
映画を見終わったクマちゃんは「なんともタフでシリアスな映画だ」と言ってました。赴任中のこともあまり話しませんしね…
この映画では多くの若い日本兵が登場するので、avocadoさんの知り合いの方もその中の一人だったのでしょうか?それとも重要な役柄だったのかな?さむさんは「芸者」にも出演してますよ。最近はテレビドラマでも姿を見ることができるとか…
Commented by lanova at 2007-02-13 18:05
★dobozupeさん_クマちゃんは「映画は映画、実際の戦場とは違う」といつも言っています。どこがどんな風に違うのかは、やはり私には聞けないですね。彼も語りたくないと言っています。戦争を体験していない私に戦争を体験してきた人の心の奥に眠るものを理解することはできないかもしれません。でもそこで何があったのかを知ることはとても大切なことではないかなと思っています。
おっしゃる通り日本語映画で、サブタイトルが英語です。
Commented by lanova at 2007-02-13 18:10
★キャサリンちゃん_確かにね、戦争映画って殺すか殺されるかという場面が多いし、この作品も凄惨なシーンが次々と登場します。玉砕のシーンなんて息を呑んで、目を閉じてしまいました。それでも私たち戦争を知らない世代は、やはり知らないままではいけないんじゃないかなって思うのね。日系人収容所跡のManzanarに行ったときもそれを強く感じました。アーカンソーにも2箇所の収容所跡があるそうです。私たちにできることはまず知ることなんじゃないかなって思います。
Commented by lanova at 2007-02-13 18:10
★susieさん_susieさんのこのコメントをクマちゃんに伝えました。大きく頷いていました。映画の帰り、車の中で「戦争で得られるgood thingsなんて何一つない」と言った彼の言葉が、映画のすべての感想だったように思います。
Commented by genova1991 at 2007-02-14 10:31
この映画は私が見たときも観客は白髪のシニア男性が大多数で驚きました。普段の男女比とえらい違いです。女性は連れられて致し方なくという方達に思えました。クマちゃんはマリーン出身だそうで、尚更思うことがあふれるようにあるでしょうね。戦争はいいことなんて何もなくて辛いことばかりなのに、どうしてしょうこりもなく人間は闘うのか、ホント猿以下だなと思います。
Commented by ken-sann at 2007-02-15 01:47 x
戦争を現場で体験した人たちは多くを語らないですよね。
ぼくの祖父もそうです。
クリント・イーストウッドが映画を作る前に戦争体験者にインタビューしたそうですが、
そこでひとつ分かった事があるそうです。
それは、『前線で戦っていた人たちは、ほとんどが話したがらない。 自分の手柄のように良く話すのは、決まって後方にいて指揮を取っていたような人間たちだ。』という事です。
なんだかね・・・・やり切れない気持ちです。
まだ映画は観ていませんが、こういう風に色々な事を考える機会を作ってくれるだけでも、良い作品なのかもしれません。
ぼくも見に行こっと!
Commented by チェリー at 2007-02-15 02:57 x
クマちゃんにはまだまだベトナムの記憶が生々しいのでしょうね。
日系人にしても、旧日本軍で闘った人たちにしても、何年も経て出来事を自分なりに消化した上で、後世に伝えるべきだと口を開く方々も多いようです。
できる限りその声(映画でも本でも)を聞いて、悲惨な歴史でも知る事が大切だなぁって思っています。何かを考えるきっかけにもなりますし。

ところで、NOVAさんは『父親たちの星条旗』のほうはご覧になりましたか?
Commented by lanova at 2007-02-15 06:27
★genovaさん_日本人にとっては第2次世界大戦が最後の戦争ですが、ここはいまだに戦時中です。ブッシュ大統領はイラク増兵を決定しました。なぜに同じ過ちを繰り返し続けるのかと問うた私にクマちゃんは「ベトナムの二の舞をしたくないと思ってるから」と言ってました。私が住んでる国は、間違いは間違いときちんと認める勇気のある国だと思いたいです。クマちゃんにとってマリーン出身であることは誇りであっても、それと戦地に赴いたことはまったく別のことなんです。先日から、いろいろと考えることの多い日米の歴史ではあります。
Commented by lanova at 2007-02-15 06:35
★kenさん_そうですか、イーストウッドのその逸話は知りませんでした。でも、大いに納得できる話ですね。手柄話をするのは、決まってそういう人だと思います。クマちゃんも決して当時の戦地でのことを語ろうとしません。ましてベトナム戦争をテーマにした映画は見ません。おそらく内容は知っているのでしょう、現実とはあまりにも違うからだと言ってました。劇場を出たときの彼の表情は本当に辛そうでした。いつもだったら映画が終わって最後のテロップを全部見て、サウンドトラックを最後まで聞いて、しばらく余韻に浸るのに、早く劇場を後にしたかったようです。ただ映画としてはとてもよくできてます。役者さんたちも素晴らしかったですよ。
Commented by lanova at 2007-02-15 06:40
★チェリーさん_そうですよね。まずは知ることから始めなければ、その先がありませんものね。それにしても私はこれまで何を学んできたんだろうということが本当に多くて…恥ずかしい限りです。今すんでいるアメリカのことも、自分が生まれ育った日本のことも知らないことの方が多く、「歴史を学ぶのは同じ間違いを繰り返さないため」というのが、今はとてもよく理解できます。
「父親たち…」は以前から書籍としては刊行されてますし、話としてはよく知られてますよね。マリーンの有名な話で、でもそこには面白いものは何もないとクマちゃん。見に行かないでしょうね。
by lanova | 2007-02-11 22:07 | Logbook | Trackback | Comments(16)