Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Jan. 30/Saving the Parties

日本時間の1月29日は日本に暮らす長男の25歳の誕生日だった。
そして翌30日は彼の妻の24歳の誕生日。
1日違いの誕生日をきっとまとめて祝ったことだろう。
うっかりおめでとうコールをかけそびれてしまうといういい加減な母ではあったが、
決して彼らの誕生日を忘れたわけではなかった。
夫婦で1日違いの誕生日というのも悪くないだろう。
決してお互いの誕生日を忘れることがないだろうから…
誕生パーティがまとめて1回になるのは、物足りないかもしれないけど、
経費節約には大いに貢献できる。
そういえばウチの家族は、何人かがとても近い誕生日だ。
夫とここで一緒に暮らしている次男の誕生日も近いので、毎年まとめてBirthday Party。
その夫と彼の妹も誕生日は近い。
実家の両親も2週間ほどしか誕生日は違わないし、弟と私にいたってはまったく同じ日なのである。
母に聞いたところでは、たまたま一緒になっただけだというが、
当時は比較的簡単に誕生日操作をできたという。
子どもの頃には1つのケーキでまとめてお祝いというのに、少なからず不満を覚えていたものだ。
でも、こうしてそれぞれがそれぞれの家庭、暮らしを持ち始めてからは、
家族で誕生日を祝うということはほとんどなくなってしまった。
せめてバースディカードだけは贈ろうと、
誕生日には届くようにとカレンダーに書き込んではいるものの、
やっぱり気がつくととうに間に合わない日だったり、誕生日を過ぎていたりする。
長男と義理の娘へのカードもまだ海を渡っている最中であろうし、
義理の妹へのカードはやっと封をしてというところである。
電話やメールは手軽だし、誕生日のそのときに届けることができる。
それでも封筒に入れられて届くカードに祝福の気持ちを託したいと思う。
息子たちが生まれてから毎年誕生日にはカードを書き続けてきた。
長男の手元にもうすぐ届くだろう、25枚目のバースディカード…

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5407864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by audrey0502 at 2007-01-31 18:58
息子さんとその奥様、お誕生日おめでとうございます。
NOVAさん、ずっと息子さんにカード送ってらっしゃるの。
とても素敵ですね。

>当時は比較的簡単に誕生日操作をできた
そうそう、従姉なんてそれで誕生日をクリスマスイヴに変えたんですよ。
と言っても従妹の親が変えたんですけどね。
本人は、クリスマスと誕生日が一緒なのはつまらないと申しております。
Commented by リリマフィ at 2007-01-31 19:22 x
やっと、ここまでカキコできる余裕ができました。
お誕生日、おめでそうございます!
メールはすぐ届くけど、手紙を開封する時のわくわく感は、何にも代えがたいですね!

寒中見舞い、早速書きます!
Commented by lemonodasos at 2007-01-31 19:32
お誕生日のパーティーかぁ、、、やったことがないです。
記念日はいろいろやっています。年齢を自覚させられる日は、こそっと誰にも気付かれないようにしています。
Commented by ナミ at 2007-01-31 19:47 x
いいことですね。
そういえば子供にカードなんて、あげたことなかった。
自分はもらえないとばかり、少し不満に思うことはあったけれど・・・

長男が今春から、社会に出るので、早速彼の誕生日にカードを送ってみよう。
いいことを教えてくれました、ありがとう、NOVAさん!
Commented by ミッキ- at 2007-01-31 20:04 x
カードって嬉しいですよ
なんにつけ、届いたら感激します。
短くても、手書きでコメンとあれば
尚更ですね

何時も実行してるNOVAさん、感心しますよ
Commented by waraneko at 2007-01-31 21:37
誕生日が近いって結構身近にあるんですね。
私と旦那、兄貴とお嫁さん、皆同じ月なのです。
なんでしょうね、なんか感じるものがあってパートナーに選んだのでしょうか。不思議(笑)
我が家では誕生日だけでなくクリスマスも一緒に祝います。
昨年もシャンパンで乾杯しました。
今年はバースデーカードも添えてみようかな。
ちょっと照れるけど。

Commented by lanova at 2007-02-01 07:16
★オードリーさん_二人に代わってありがとうございます。そうなんです、誕生日とクリスマスのカードです。これまでには経済的に余裕がなくてプレゼントもできない年もありました。それでもカードだけは欠かさずに贈り続けてきました。おそらく彼らがまだ字も読めない頃のものは、まだ封をしたままではないかと思います。
昔は早生まれはかわいそうだからと3月生まれを4月2日にしたという話をよく聞きました。大きくなるとたいしたことではないんですが、小学校入学当時は大きな違いでしたものね。
Commented by lanova at 2007-02-01 07:16
★リリマフィさん_わあ、ありがとう!初コメントですね、感謝!リリマフィさんちのワンちゃんとお誕生日が同じですね。
いつかリリマフィさんともスネイルメイルのやり取りができるようになるといいなと楽しみにしています。40年以上の歳月は大きいなと今さらながらに思ってます。
Commented by dobozupe at 2007-02-01 08:34 x
ぼくは子どものころ、誕生日を祝ってくれることはほとんどなかったので、誕生日をあまり気にしていなかったのですが、娘が生まれてからは妻の影響からか、誕生会のようなことをずっとやってきました。誕生会などこっぱずかしいことと思っていたのですが、娘と仲良くする上でよかったかもしれません。
今回は娘は日本に離れて暮らしているので、愛情のこもったコメントを添えて、バースディーカードを送りました。
Commented by もみちゃん at 2007-02-01 09:47 x
我が家の息子達も9日しか違わないので
毎年同じ日に祝いまして
私と旦那も一週間違いなので
これまた同じ日に........と
まぁ、経費節約というわけです。

この歳になると誕生日の度にだんだん歳をとっていくわけなので
そんなに有難いものではないんだけど
それでもプレゼントを貰ったり
何処かに行って食事をするという事は
嬉しいですねぇ。

Commented by lanova at 2007-02-01 13:59
★lemonodasosさん_どうやら欧米では誕生日とクリスマス(これもキリストの誕生日ですが)は、かなり特別な日のようです。何歳になってもそれぞれに誕生日を祝福します。ウチはお客様を招待してというようなことはありませんが、家族で食事をし、バースディケーキを食べるというごくありきたりなものです。でも嬉しいものですよ、祝ったり祝われたりするのって…
Commented by lanova at 2007-02-01 14:00
★ナミさん_青年たちが小さい頃には毎年同じ場所で誕生日の写真を撮っていました。でも東京を離れたときにそれもできなくなっちゃったけど、カードだけは続けていました。きっとこの先私がペンを持つことができる限り、カードは書き続けていくと思います。
ナミさんのご長男も春から社会人なんですね。おめでとうございます!社会に送り出して、やっとホッと一息つけるって感じがしませんか?
Commented by lanova at 2007-02-01 14:00
★ミッキーさん_そうですよね。手書きの手紙やはがき、カードは本当に嬉しいものです。ことにこうして日本から離れて暮らしていると、郵便受けに日本からの郵便物を見つけたときには、本当に小躍りしたくなるほど嬉しいものです。渡米当初は頻繁にあった日本からの郵便物も今では1ヶ月に1通あるかないかで…その分メールや電話は頻繁になりました。
そういえば、年々年賀状の売り上げが落ちているんだそうですね。Eメール年賀にシフトしているんだとか…
Commented by lanova at 2007-02-01 14:00
★waranekoさん_へえ、waranekoさんちも「お近くバースディ」だったんですね。そういえば弟んちの子どもたちもほとんど誕生日がくっついています。両親、大青年、その妻、義理の妹、甥と姪、全部12月と1月に集中してるんですよ。できればクリスマスもひっくるめて大節約で1回の大バースディパーティでもできればと思っているのですが、なかなかそこまではできそうにありません。ご主人へのカード、きっと小粋なカードに洒落た言葉が添えられるのでしょうね。
Commented by lanova at 2007-02-01 14:08
★dobozupeさん_<愛情のこもったコメント>きっとお嬢さんは喜ばれたことでしょうね。子どもたちは照れて何も言わないかもしれませんが、案外しっかり胸の中で受け止めているようです。お嬢さんもご両親と離れて寂しい毎日を過ごしていらっしゃるのでしょうけど、年内には帰国なさるんですよね。それまでの間、dobozupeさんの撮影された写真でカードを作ってどんどん送ってあげられたらいかがでしょう?
Commented by lanova at 2007-02-01 14:08
★もみちゃん_あらあ、もみちゃんちもSaving the Partiesだったんですね。子どもたちが成長して家から出て行くと一緒に祝うことができなくなりますが、それまでは大いに賑やかなパーティを開いてあげてください。
年を重ねると誕生日を祝われるのは嫌だという人もいますが、私は大歓迎です。日本の元同僚が誕生日を覚えてくれてて、毎年誕生日にメッセージを送ってくれます。これって本当に嬉しいんですよね。
Commented by judy_orange at 2007-02-01 14:33
私も、友人の誕生日には必ずカードを送るようにしています。
それは、自分がもらって嬉しいから・・・。
でも、なかなか親兄弟にはできないんですよね。照れてしまって。
これがちょっと、日本人のいけない照れでしょうか。
反省。
Commented by lanova at 2007-02-01 16:33
★judyさん_お友だちはとっても喜ばれるでしょ?本当はそうして親しい友人にはカードを送るのがいいとは思うのですが、なかなか手が回りません。でも家族の誕生日だけは家族だけの歴史の中にありますから、その日は大切にしたいなと思っています。クマちゃんサイドと私サイドを合わせると結構な数になりますよ。
Commented by susie at 2007-02-01 17:33 x
私は親と子どもに誕生日カードを送るようになったのは、オハイオに住んでからです。それも日を忘れて遅れたり...
今年は1月の義父と2月の母の誕生日を合体させての「ふぐパーティ」を企画しました。よくぞ忘れなかった...
子どもと夫には毎年ケーキ、ごちそうでお祝いしてあげていたのに、自分はあまりしてもらってなかったような記憶が...
Commented by mihayashi6 at 2007-02-01 22:06
人生の一生を振り返りました
生まれた日    誕生日も不思議だ因縁・・・祖母と長女 天皇誕生日 弟と妹 成人式の日
★人生の別れ
父の死は妻の誕生日
4年生姪が「母の死にお別れの手紙くれた子」は今は母親
    その子供は今4年生・・・・義祖父の死は長女の生まれ年・・・

人生 瑣事の喜怒哀楽の連続です  日々を大切にしたいものです  
   誕生日おめでとう
Commented by lanova at 2007-02-02 16:09
★susieさん_ふぐパーティ、さぞかしお義父さま、お母さまは喜ばれたことでしょうね。susieさんはいつも細やかな心遣いを忘れずにご家族やお友だちに接してらして、感心するとともに気疲れなさらないかなあとちょっと心配にもなります。母親、もしくは妻というのはいつも祝う準備に奔走する役目を担うばかりだと思っていましたが、ここでは堂々と、というよりも母親、妻の誕生日が一番重きをおいて祝われるようで、なんとも嬉しい限りです。こういうときは素直に祝福された方がいいですよね!
Commented by lanova at 2007-02-02 16:51
★小次郎さん_10人の人がいれば10の物語があります。それぞれが世界でたった一つの物語の主人公ですね。そこに登場する人たちもそれぞれが主人公の物語を持っていて、人と人との交錯する面間がそこで生まれるのでしょう。
お祝いメッセージありがとうございました。無期限ではない人生、毎日を大切に生きたいと思っています。
Commented by チェリー at 2007-02-05 00:11 x
息子さんとお嫁ちゃんのお誕生日、おめでとうございます。
私も一応”嫁”の立場としては義母からのお祝いって、実の両親からのそれとは微妙に違う嬉しさがあると思うんです。遅れて届いても直筆のメッセージはすごく嬉しいものですよね。
それにしても、NOVAさんの長男さん25歳なんですね! 今までのブログを拝見していて、とても落ち着いた感じを受けていたのでもうちょっと上かと思っていました。
Commented by lanova at 2007-02-05 15:41
★チェリーさん_普通だとなかなか義理の娘の誕生日などは覚えられないのですが、たまたま1日違いなので忘れようがないですね。クマちゃんサイドのファミリーにも誕生日には間に合うようにとカードを送っているのですが、時々(いや、しょっちゅう)カレンダーの確認を怠っているため、誕生日に間に合わないことも…その日にわかってもどうしようもないんだよね。2週間くらい前にアラームしてくれるといいんだけど…
by lanova | 2007-01-30 22:55 | Logbook | Trackback | Comments(24)