Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Hnads-down...Manzanar War Relocation Center 2

c0062603_1535475.jpg日本からアメリカへの最初の移民は1869年のことだと言われているが、本格的な移民は1885年にハワイ政府と日本政府の間で合意された官約労働移民に始まる。
ハワイのプランテーションで3年間働いた後、日本に帰る者もあれば、そのまま本土に渡って来たり、新たに日本から直接海を渡ってくる者も多かった。
カリフォルニア、オレゴン、ワシントン州など太平洋側の西部に、日本人は移民として流入し、当初は農園の労働力として働いたが、本来の勤勉さでその力を発揮し、事業を起こす者も現れ始めた。
ところがそれから約半世紀後の1924年に、アメリカ政府は日本人の移民を禁止する法案を発令する(その原因となったという「写真花嫁」については別の機会に)。
その後、日本の移民が復活するのは28年後の1952年のことである。


c0062603_1544770.jpgc0062603_1552096.jpg
その間に第二次世界大戦の火蓋が切って落とされた。
1941年12月7日、日本軍によるパールハーバー奇襲により、日本に住む人だけでなく、日本を離れた人々とその子孫にも想像を絶する暮らしが始まったのである。
前述したように1924年から52年までは、日本からの新たな移民はなく、当時アメリカに暮らしていた人は、移民一世の日本人とその子孫である日系アメリカ人の二世や三世だった。
ところが、このパールハーバー奇襲で、敵性国民と見なされた日本人は強制的に収容所に移送されたのである。
法律的にはアメリカ人である日系人も同様の扱いだった。
当時は日本人とその子孫である日系アメリカ人が全米に約120,000人住んでいたという。
その全員が全米10箇所の強制収容所に送り込まれることになり、このマンザナーには約11,000人の日本人、および日系アメリカ人が送り込まれた。
ここで私たちがきちんと理解しなければいけないのは、日本人と日系人は違うということだ。
確かに顔かたち、髪の色などは日本人そのものだ。
しかし、アメリカで生まれた日本人は間違いなく日系アメリカ人であり、アメリカ人としての教育、文化、慣習、考え方を身につけて育っている。
ところが突然として「敵国日本人」にされてしまったのである。
そこでの戸惑いは、昨日まで日本人だったのに、今朝目が覚めたらいきなりアメリカ人と呼ばれるようなものかもしれない。
いや、そんな単純なものではないだろう。
このとき、同じ敵性国でありながら、イタリア人とドイツ人は収容所送りにはならなかった。
これはパールハーバーを仕掛けたのが日本だからとも、民族的な排斥があったためともいわれている。


c0062603_1555019.jpgc0062603_1561675.jpg
主にロサンゼルス周辺の日本人と日系人が収容されたのが、このマンザナーだった。
砂地にバラックが等間隔に建てられ、軍隊式のキャンプ地が敷設された。
一つの建物に数家族が住み、家族同士の仕切りはカーテン1枚。
シャワーも数人で使い、トイレにいたっては男女ともに仕切りがなく、完全にプライバシーのない生活だったという。
しかし、このキャンプ内では比較的自由に行動もできたといい、収容者がそれぞれの職や特技を生かして、次第にコミュニティが出来上がっていった。
キャンプ内には学校もあり、そこではアメリカ人の教師が教鞭を取った。
当時を振り返って収容者の一人が回想する。
「アメリカ人の先生から民主主義について教わるんですが、何とも言えませんでした」と…


c0062603_1510343.jpgc0062603_1564564.jpg
1945年11月21日、このマンザナー強制収容所が閉鎖になるまでの3年間、ここで暮らした人は、日本とアメリカの国家間の戦いとともに、自己の中での二つの祖国の戦いを強いられていた。
この収容所では、アメリカへの忠誠を誓うことを求めた質問が全員になされ、28の質問に対して86.5%の人がYES(忠誠を示す)と答えたという記録が残っている。
自ら志願して大戦に臨み、命を落とした人もいる。
どんな思いで参戦したのだろうかと思うと、胸が締め付けられる思いがする。
多くの収容者は、収容時に財産を没収され、帰る家もなかったため、閉所後もここで生活したという。
135名がここで終焉を迎え、15名がこの地に埋葬されている。

"I still think this is the best country in the world, hands-down...and it's just up to everybody to see that it stays that way."

"Imagine" John Lennon


*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5328445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gloria-x at 2007-01-19 23:36
「ピクチャーブライド」って映画ありましたよね、観てないんですが。
そういえば、日系人収容キャンプの映画で地味だけどとてもいい映画がありましたよね!
え~っとメグ・ライアンの元夫(名前ど忘れ)主演の・・・いいかげんなコメントですみません!
Commented by itohimiko1 at 2007-01-20 01:18 x
アメリカの民主主義とは、アメリカに都合の良い民主主義でしょうか・・・。
白人以外への差別意識は案外根強いのでは?

そして“The best country in the world”と思っているでしょう。

“NBA is the best country in the world”は否定しませんが・・・。
Commented by shinia62 at 2007-01-20 10:22
Gloria-xさん、デニス・クエード、タミリン・トミタ主演、Come see the Paradiceの事でしょうか。最近DVDをゲット視ました。Picture Bride も良い映画でしたね。
Commented by dobozupe at 2007-01-20 13:15 x
「このとき、同じ敵性国でありながら、イタリア人とドイツ人は収容所送りにはならなかった。
これはパールハーバーを仕掛けたのが日本だからとも、民族的な排斥があったためともいわれている。」
戦時中は、当然敵国、イタリア人とドイツ人も収容所に送られたり強制送還されたりしていたと思っていました。イタリアとドイツはアメリカ本国に攻撃を加えていないこともあるかもしれませんが。
白人の差別主義は今も根強く残っていると思いますが、人によってかなり温度差があるような気がします。われわれ日本人に対する差別は経済発展のためかかなり和らいできているような気もします。日本人自身が、余裕があるというか、あまり引け目を感じなくなっているようにも思います。
Commented by ミッキー at 2007-01-20 14:49 x
日本では戦争で亡くなった方を祀っていますが
海外でこうやって戦争の影響で辛い思いをした人たちのことは考慮されていません。
歴史の真実として伝えていかないといけませんね

Commented by dabadabax at 2007-01-20 22:45
収容所については本を読んだり、映画を見たり、関心をもってきました。
いくら時代が時代だとは言え、突然のこういう収容所送りは、それまでアメリカ人として暮らしてきた人たちには本当に辛いことだったでしょう。ひどい差別です。
でも日本も韓国人、中国人に対して、もっとひどいことをやっていたわけですから、戦争というのはむごいものです。そして今の日本は完全にアメリカ追随で軍事を強化していて、歴史を繰り返すのではないかと不安です。
Commented by チェリー at 2007-01-21 01:27 x
興味深く読ませていただきました。
多くのキャンプ体験者から色んな話を聞きましたが、予想に反してあまりキャンプ生活を悪くいう人が少ないのに驚いたことを思い出しました。
当時、西海岸に暮らしていた日系人の一部はキャンプに入らず、自分たちを受け入れてくれるコミュニティを探し、自力での生活を営もうとした人々も少なからずいたようです。アメリカ人(白人)も入植しないような痩せた土地を高額で借り、開墾し、そこで一人、また一人と病いと過労で倒れていった人も多いと聞きます。

こういうことってアメリカの歴史でもあるけれど、日本の歴史でもあるんですよね。私ももっと深く学んで、考えてみたいと思います。
Commented by avocadowasabi-2 at 2007-01-21 06:51
行ってきましたか、マンザナール(英語読みじゃマンザナーですね)。
今まで二回訪ねて、最初の時にはまだ博物館はなかったんですよ。ただの荒涼とした荒地で、冷たい風が吹き抜けていました。
日本庭園跡もあって、空っぽの池のまわりに岩が積んであり、水道のパイプが引いてあったり・・・。厳しい状況の中でも、自分たちが快適に暮らせるような工夫をしていたんだろうなぁと、目頭が熱くなりました。
アメリカ兵として志願した日系2世たちは多かったそうですね。日系人だけの部隊が作られ、彼らの働きはアメリカ人の想像を絶するものだったとか。アメリカ国民としての意地がそうさせたんでしょう。
収容所跡地へ行くと、大和魂をもらえるような気がしますよね。
Commented by ヒゲおやじ at 2007-01-21 16:36 x
 明治維新で顕在化した、欧米列強追従の方針(富国強兵・植民地経営・領土開拓・・・etc)。 やらなければやられるという恐怖・・・それは後に真珠湾奇襲攻撃に始まる、大東亜戦争へと続いてゆく。
 世界が注視する中、日清・日露の戦いを勝ち抜いた日本は、次第に太平洋の覇権をも目論む欧米列強国(特にアメリカ)にとっては、目の上のたんこぶとなってゆく。
 そういう時代背景の中、移民として太平洋を渡った先達。 「誰かが成功するという事は、誰かがその後塵を拝する」訳だから、自分達よりも勤勉で休みも殆ど取らずに、安い賃金でせっせと基盤を築いてゆく少数の異民族達・・・妬みが生じていただろう。

 相手に先に撃たせておいて、大義名分を得てから反撃・勝利する・・・ハワイもフィリピンもメキシコとの境界線も・・・同じやり方のハズ。
 国レヴェルの思惑が絡んだ歴史に翻弄された人々・・・そういった悲劇の一つではなかったか。 蛇足ながら、やはり自国民へのガス抜き的対象にされたとの思いは拭いきれない。
Commented by neko_pen at 2007-01-21 22:09
とても複雑な気持ちで拝読しました。
時代は変わっていても、まだまだ今でも人のこころの底にはいろんな差別もあるし、
いつの時代でも、夢を持つ人、それが叶えられる人そうでない人、そして先人の
夢のあとに、楽して暮らす人・・・
特にアメリカはそういう歴史を越えて、今に至った努力の国ですね。
自分の国のために、信じて戦った人たちの犠牲の上に成り立つ平和も、
一瞬で喪ってしまう怖さもある、情勢が空しいですね・・・
きっと一人ひとりは平和を願っていても。
Commented by menogaia417 at 2007-01-22 14:52
ダニエル・ステールの「無言の名誉」が好きです
移民じゃないですが、第2次世界大戦直前に留学した日本人の女の子の話です
この頃のことがよく分かります
Commented by audrey0502 at 2007-01-22 17:31
強制収容所だなんて、、、
実際ここに行って現地を見たら震えが来ちゃいます。。。
こんな辛い思いをした日系人がいたんですね。
今はもう日系人に対して差別はないと良いんですけど。。。
全世界が平和であることを願っています。
Commented by mihayashi6 at 2007-01-22 22:09
キング牧師の事、最近テレビで見ました。
テロや戦争で心を痛めている時、本当に・・・I have a dream・・・心に響きます。
44年前の事なんですね。・・・・戦争のない平和な世の中でありますように
Commented by lanova at 2007-01-23 15:58
★Gloriaさん_Picture Brideってこの「写真花嫁」のことですよね。私は恥ずかしながらそのことも、このマンザナーを調べていくうちに知った次第なんです。日本でもこのテーマの映画は上映されてるんですね。まずは知ることから始めなくてはとつくづく思いました。
Commented by lanova at 2007-01-23 15:59
★itohimikoさん_日本に民主主義が導入され、しばらくしてから「悪しき民主主義」などと言われたことがありました。人民の意が反映されないようであっては真の民主主義とは言えないでしょうね。
The best country in the world…と言っているのは、マンザナーで暮らした日系人の方の言葉なんですよ。
ここで過ごした人はまさに二つの祖国の中で揺れながら我慢の時を過ごしてこられたそうです。
Commented by lanova at 2007-01-23 16:13
★さむさん_ナイスなフォローをありがとうございました。Farewell to Manzanarはご覧になりましたか?パット森田が宮武東洋役で出演しています。この映画は全米の高校に配布されています。
Commented by lanova at 2007-01-23 16:13
★dopozupeさん_イタリア、ドイツに大してはアメリカ人の民族としての根っこの部分が同族だということと大いに関係があるようです。第2次大戦の前からアジア人に対する移民政策はかなり手厳しいものになっていたようで、ここでも書いていますが、中でも日本だけは移民禁止を言い渡されているほどです。ある意味での怖れを日本人に対して感じていたという説も頷けるような気がします。白人の差別主義というよりもどこかで差別を容認しているのは、白人だけではないように思うのですが、どうでしょうか。
Commented by lanova at 2007-01-23 16:14
★ミッキーさん_日本では日系移民に関しての情報はあまり伝わっていないようです。また、比較論を持ち出して「アウシュビッツほどの収容所でもなかったはずだ、たいした話ではない」とまで言う人もあると聞きました。同じ日本人でありながらと思うと情けない気持ちになりました。私たちは戦争を知りません。だからこそ歴史の中に学んでいかなくちゃと思うのですが…
Commented by lanova at 2007-01-23 16:21
★dabadabaxさん_おっしゃる通りです。間違いを犯したと謝罪したアメリカ政府、そして謝罪を引き伸ばした日本政府。自らの過ちを二度と繰り返さないために子どもたちにあえて犯した過ちを教えるアメリカ、そこには触れずに通り過ぎる日本。未来につながるのはどちらだろうかと考えてしまいます。
Commented by lanova at 2007-01-23 16:21
★チェリーさん_そうですか。キャンプに入らずにすんだ人もいたんですね。東海岸の日本人は定住者というよりは駐在や留学の人が多かったので、そういう人はキャンプに入るんではなく、日本に送還されたそうです。でもLA周辺は移民で定住し、2代3代とすんでいる人が多かったので、強制収容だったと聞きました。キャンプが解散になっても帰るところのない人は多かったようです。
そう、アメリカの歴史でありながら、日本の歴史です。こういうことを日本で学んでこなかったことがとても恥ずかしく思えました。ここで骨を埋める決心をしたからには、ゼロからでも学び直さなくちゃと思っています。
Commented by susie at 2007-01-23 19:44 x
興味深く読ませていただきました。日系人だけ収容所送りにされたのは、一目見てわかる異なる外見のせいもあると聞いたことがあります。アメリカの小学校で使われる歴史の教科書に、このことは誤りだったと書いてありました。
Commented at 2007-01-24 10:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by judy_orange at 2007-01-24 14:46
日系移民のことに関しては、あまり日本では教えられていないと思います。
他国のこと、と済まされているような気がします。

ハワイでホームステイをしていた頃、パールハーバーでいろんな資料を見たり、
読んだりして、売られていた本を買って読んでみましたが、
当然のこと、アメリカの視点でしか書かれていませんでした。

でも『人間魚雷』という存在をしったのは、その資料館で見たからです。
特攻隊として、自らが魚雷となる。
そういう日本人がいたことを。

クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』がアカデミー賞にノミネートされましたが、
アメリカ人視点から見た日本は、日本人から見た日本よりも、
温かみがあるように感じます。

↓のキング牧師の演説ですが、
私の記憶では、義務教育の間に教わった記憶がありません。
大学が英文学部だったので、興味があって読みました。
lanovaさんがおっしゃるように、たた単純に読むのではなく、
歴史的なことを背景に、ちゃんと読みかえしてみたいと思います。
Commented by lanova at 2007-01-25 05:08
★avocadoさん_この日、本当はCAを南下するはずだったのですが、急遽「ここに行きたい!」というリクエストにクマちゃんが応じてくれました。このあたりもいろいろとエピソードがあるのですが、そこいらは別の機会に…博物館の中をじっくり時間をかけて歩いているうちにこみ上げてくるものがあり、そしてシアターで観たドキュメンタリーは当時の映像も使ってあり、ここでも涙をこらえることができませんでした。今、「Gaman」ということが注目され始めているのだそうです。多くの日本人が持っていた我慢、それは移住後日系アメリカ人として生きてきた人たちにも受け継がれていったのでしょう。もしかして現代の私たち、日本人はとうに忘れてしまっているのかもしれません。もうちょっと書きたいことがあるので、お付き合いくださいませ。
Commented by lanova at 2007-01-25 05:08
★ヒゲおやじさん_初コメントありがとうございます。おっしゃる通り日本人の勤勉さにはアメリカの人は目を見開いて驚いたといわれます。いまだに「日本人は勤勉でしょ?」と聞かれます。どんどん日本の情報が入っては来ない中で、旧態然としたステレオタイプの日本人像が信じられている部分もなきにしてあらずです。ただ、今では「見習うべき姿」に見られているようですが…
パールハーバーの攻撃について、ヒゲおやじさんの言われる説と同じ話を聞いたことがあります。そしてセプテンバー・イレブンでも同じ説を耳にします。でも、そこまで穿った見方は、したくないと。でなければそれで命を落とした人があまりにも辛いと、私は思うのですが…
Commented by lanova at 2007-01-25 05:58
★nekoさん_そうですね。<今でも人のこころの底にはいろんな差別もあるし>それは決して人種だけではないですよね。差別されてどんな思いをするのか、差別する側に想像力がないのか、ふとそう思ってしまうこともしばしばです。国の争いごとに巻き込まれる国民、その国民同士で「どこどこの国の人だから」という感情を持った時点で差別は生じてくるのでしょう。日本で暮らしていても同じですよね。争いの上に勝ち取ったもの、それを「自由」とか「平和」と呼ぶにはつらいものがあります。
Commented by lanova at 2007-01-25 05:58
★menogaiaさん_ウチの図書館でチェックしてみましたが、置いてありませんでした。こちらの人がどんな感想を持つのか、興味のあるところです。ぜひ読んでみたい1冊です。情報をありがとうございました。いつものぞいてくださってありがとうございます。
Commented by lanova at 2007-01-25 05:58
★オードリーさん_ここはもう跡地になっていて、建物は一切ないんですが、それだけに余計に荒涼としていて心が痛みました。場所にもよるようですが、日本人、日系人への差別はほとんどないように思います。それよりも日本人同士の足の引っ張り合いの方が目立つかもしれません。
Commented by lanova at 2007-01-25 05:58
★小次郎さん_日本でもキング牧師の誕生日は報道されましたか?とてもわかりやすい演説なので日本では中学生だか高校生だかの英語の教材になっているそうです。小次郎さんはお読みになったことありますか?いろいろなウェブサイトで読むことができますし、和訳も読めますよ。
Commented by lanova at 2007-01-25 06:53
★susieさん_オハイオにいらっしゃるころには近くには収容所跡はなかったようですね。東側だとアーカンソーに2ヵ所あったようです。というのも東側には移民している日本人より駐在や留学で渡米している日本人が多かったので、収容所に収監するのではなく日本への送還という手段がとられたということです。このことについてのアメリカでの教育は、次回のエントリーで触れようと思っています。
Commented by lanova at 2007-01-25 06:53
★鍵コメさん_いつも読んでいただきありがとうございます。ここにはお出かけになりました?
寒波…ご心配いただきありがとうございます。紛らわしい書き方をしてすんません!Fluにかかってしまった私でした。でも不思議なの!1日で完治しちゃったんだよ。今はすっかり何事もなかったように元気です。
Commented by lanova at 2007-01-25 06:53
★judyさん_どうもそのようですね。私も学校時代に日系移民について教わった記憶がありません。
今、ちょうど「硫黄島からの手紙」の上映で戦争に関しての両国にはそれぞれの見解があると、改めて認識し始めているようですね。
特攻隊にしても映画などでは、美化されたり誇大表現されてたりして、実際の気持ちとは異なるところも多いのではないでしょうか。
外地を経験しているクマちゃんは、「映画は映画、実際の戦争とは全然違う」とよく言います。
judyさんは英文科だったんですね。アメリカで仕事をすること、決して終わった夢ではないと思いますよ。あきらめさえしなければ必ず夢は叶えることができると信じています。
by lanova | 2007-01-18 23:48 | Trip | Trackback | Comments(32)