Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Jan. 7/Coming-of-Age Day

まだ世の中をよく知らない十代の頃には、
50歳まで生きられれば十分だなんて、不遜なことを思っていた。
「50年」という長さは100年の半分で、それはかなり長い時間のことのように思えたものだった。
しかし、そんな思いもいっときのセンチメンタルに過ぎず、
いつの間にかそんなことを考えていたことさえも忘れていた。
やがて2人の息子の母親になったときに、再び「50歳説」が私の中で浮上した。
次男を出産したのが30歳のとき。
彼が3歳のときに息子たちの父親と離婚し、両親のサポートを得ながらの子育てが始まった。
そのときに、いつも自分に言い聞かせていたのである。
「50歳まで、50歳までは何とか頑張るんだぞ!」と。
30歳で出産した次男が20歳になると、私は50歳だからである。
無事に次男を育て上げたら、私の役目も無事に終了するだろう、
50歳で人生の終焉を迎えるというのも悪くはないじゃないかと、
ここでもまた随分不遜なことを思っていたのである。
ところが実際に息子たちの子育ては、実に手抜きであったし、
わき目も振らず子育てどころか仕事に没頭する日々が続き、
両親に負うところが多かったのである。
とても十分に役目を果たしているとは、両親や息子たちさえも思わなかっただろう。
それなのに次男が20歳になり、その数ヵ月後に50歳を迎えると、
「よし、これからが私の人生だぞ!」などと張り切ってみたりもする。
「50歳説」などどこ吹く風である。
今日、日本では各地で成人式が行われている。
この日のために年末に次男は帰国した。
今頃、日本での同級生たちと式典に臨んでいるのだろう。
胸を張って、日本人として成人した喜びと責任の重さをしっかり受け止めてほしい。
やっと肩の荷を降ろした安堵感と、もう肩に負ぶさってはくれないだろう寂しさを思いつつ、
海の彼方から祝福を贈ろう。
Congratulations!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5269640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 風のたより ~風が運んで.. at 2007-01-09 07:15
タイトル : 成人した日から はるか・・・
おはようございます 今日は 成人式ですね 少子化の表れで 新成人は全国で139万人 総人口の1.09%だそうです これは平成14年の 丙午の年をも下回り 過去最低の 出生率だそうです(総務省統計局調べ) オババの 愚痴になってしまいますが 私には20歳が 年々幼稚化して見えます 20歳を 成人として認めるのが心許ない と思うのは 私ばかりではないと思うのですが・・・ このごろ好きになった 時代小説などを読んでいると 10歳にも満たないで 奉公に出ても 頑張っ...... more
Commented by ConnieWest at 2007-01-08 13:09
あー、そうか、次男君(名称を変えました)、成人式に出席しているのね!おめでとうございます!(でもって自分の時を思い出したら、なんか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。でもって50歳!今の50歳は昔の50歳とは大違いだし、子育てが終わって、自分の時間を楽しむ余裕があるわけだから、もっと煌めいていますよね。NOVAさんがお引越ししたら、人生の新しい章が始まって、自分としての世界が広がりますね。なんだか私もワクワクしちゃいます。
Commented by 小次郎 at 2007-01-08 16:53 x
1/8が成人式だったね。・・・1/15でないとピリツとしない
成人おめでとうございます
団塊の世代・・・時代を担う団塊ジュニア1973(S48)生まれの人・・・不運な世代?
50歳・60歳(団塊の世代の人)・70歳(私の年代が恵まれているね)
あなた50と私の妹60・私70とあなたの両親・・・・年代の区切りが10歳単位なのですよ
    人生の後半は年月の経つのが早いのが残念。
Novaさんは今からが自分自身の一番充実した人生・・・子供の成長の過程は子供のために真剣に頑張ってきました。
           みんな一緒です。
Commented by genova1991 at 2007-01-08 17:19
Novaさんの「青年」さんも成人式を終えて未成年から本当の成年になられてのですね。
おめでとうございます!
今の成人式って同窓会のようなものらしいので、沢山のお友達に再会出来て楽しいひとときなのでしょう。ひとまず肩の荷が下りてやれやれですね。
Commented by ミッキー at 2007-01-08 18:29 x
50歳から、また新たな挑戦ってところでは?
これからは自分の時間を大事に使ってくださいね^^
Commented by Gloria-x at 2007-01-08 20:56
NOVAさん、エリカ・ジョングの「50が怖い」は読まれましたか?
(わたしは若いときに読みすぎてピンときませんでしたが・・・)
50歳に限らず、若い頃に漠然と思っていた年齢って
実際になってみると大違いですよね。
時代的に今は見た目も感覚も「実年齢マイナス10歳くらい」
の人が増えているとか・・・
50歳って人生の第二章という感じなんでしょうね。
Commented by neko_pen at 2007-01-08 22:28
ご次男のご成人、おめでとうございます。
ほっとされたお気持ちもよくわかります。私も、一番下の子が大学を出た
ときは、肩の荷が下りた、というより、脱力感さえ覚えましたから。
私たちが子どものころ、50歳はおじいさん、おばあさんでした。
(そう見えました)今は、そのころと比べて、10歳以上若いと思います。
環境や食べ物、裕福になったことで、そうなったのでしょうね。
いまや、50歳は「これから!」です。
楽しい人生、ご一緒に(遠く離れて)歩きましょう!(^^)

Commented by チェリー at 2007-01-09 06:21 x
青年くんの成人、おめでとうございます。
渡米前の同級生たちと賑やかにお祝いされたことでしょうね。
そして、出遅れましたがお母様のお誕生日もおめでとうございました。
ご実家ではWでお祝いですね!

私も両親が50歳の時に成人を迎えました。子どもが成人するまでは元気で・・・と思っていたらしいですが、今では孫が成人するまではと張り切っています。
もちろん、その『孫』は姉の子どもですが。私の子どもについては、最近ではその話題に触れてももらえません〜。どうも、諦められたようです(^^;;。
Commented by もみちゃん at 2007-01-09 14:14 x
お久し振りです!!

冬休み中子供達にPCを占領されてしまっていたのと
クリスマス、年末の忙しさ
更に持病の腰痛の悪化で.........と
自分のブログも更新ゼロ状態が続きまして

遅くなってしまいましたが

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします!!
Commented by susie at 2007-01-09 18:14 x
私も末の子が成人したときは肩の荷が下りた気がしました。「これからが私の人生!」さらに50年、楽しんでいきましょう。
Commented by lemonodasos at 2007-01-10 04:33
息子さんの成人式おめでとうございます。
ギリシャ人で50歳をずっと過ぎて、再び子育てをしているカップルがいます。その奥さんのほうは、児童福祉関係の仕事をしている女性がいます。もうとっくに50は過ぎていましたが、、。その人は二人お子さんがいて大きいです。
ある日ユーゴスラビア紛争後の孤児院視察に行きました。門を入ると中で子供たちがざわざわしていました。小さな女の子が慟哭していました。
中に入ると、その小さな女の子3歳くらいが、走ってきて、ママ、ママというのです。
なんだかわけが分からなかったのですが、誰かがカテリナのママ(おばあちゃんとは言わなかったんですって)みたいな人が来たよ!と言ったので、女の子がすっかり信じてしまったそうです。
それで、結局予定していませんでしたが、その子を連れてギリシャへ帰ってきました。そのことで、ご主人は離婚と騒いだようですが、飛行場に迎えに行って、本当のお父さんと思われて、なんだか嬉しくなってしまいました。今は定年退職して、その子の成長が楽しみなのだそうです。それが生きがいだそうです。もう子供自慢がうるさくて、、。
Commented by audrey0502 at 2007-01-10 07:57
ご次男のご成人、おめでとうございます~。
15日じゃないのが、ピンとこないんですが~。
50歳ってまだまだ若いし、これからですよね!
だって、わたしの同級生、去年出産しましたもん。
まだまだ何十年もがんばれ~~って感じです^^
Commented by avocadowasabi-2 at 2007-01-10 10:06
次男くんの御成人おめでとうございます!!
成人式はアメリカじゃないから、わざわざ帰国されたんですね。
私もついこの前成人式を迎えたように、記憶は鮮やかですけどねぇ~。
早、その歳の二倍以上になってしまいました。
自分たちが若い頃は40や50代って、ほんっとうに年寄りという感じがしたもんですよね。
いまその年代になって、全くといっていいほど年寄り感はないです。
まだまだ人生これからですよね!!
次男君、これからどういう人生の選択をされるんでしょうか。
楽しみですね。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:24
★Connieちゃん_ありがとう!そうなんですよ。「長期で帰国できるのは最後かもしれないから」と言って(毎回そう言ってますが)、クリスマスの翌日にLAを経ちました。23日まで日本ですよ。まあ、成人式ってのは、巨大な同窓会みたいなものだから、とても楽しみにしていたようです。ほとんど実家にもいないようで、毎日のようにとっかえひっかえ友だちと会ってるみたいよ。こちらではまだアルコール解禁の年になってないし、堂々と飲めるのがとっても嬉しいみたいです。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:24
★小次郎さん_そうですね。成人式というと15日という感覚が強いんで、どうも第2月曜というのはピンと来ません。その上、松江市では1日前の7日に成人式が行われたようで、私はてっきり8日だとばかり思って8日に電話をしたら、前日に終わってました。20歳から大人というよりは、やはり高校を卒業して社会との接点が大きくなる18歳で区切りがあるといいような気がします。小次郎さんの頃の20歳と今の20歳の人たちでは、随分異なると感じられるのではないでしょうか。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:24
★genovaさん_こちらでは18歳で未成年ではなくなるので、本人にしてみたらピンとこないかもしれませんが、おっしゃるように懐かしい旧友たちに会えるのが楽しみで楽しみで仕方なかったようです。でも成人式のためにあちこちから帰省してきた友だちも、それぞれの大学や仕事場に帰ったようで、逆に寂しさを感じているのかもしれません。genovaさんのところは後何年でしょうか?
Commented by lanova at 2007-01-10 13:24
★ミッキーさん_私にとっては45歳で渡米したのが、やはり大きな挑戦のときだったとは思います。まだその挑戦は続いているわけで、ただ若いときと違って闇雲には突き進めない自分がいると感じています。ここで暮らしていると50歳なんてまだまだで、これから学校へ行って勉強をして資格を取る人や新しい仕事に挑戦する人もたくさんいるので、頑張れる気になれるのはありがたいですよ。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:24
★Gloriaさん_Gloriaさんはまだまだ50歳には程遠いのでしょうけど、「50歳」ってちょっと憧れの年でもあったんですよ。随分しっとりと落ち着いた感じになるんじゃないかって…ところがどっこい、ちっともそんな感じになりませんでした。きっと外観って内側から変わっていくのでしょうね。アジア人は年齢不詳に見えるようで、ID提示を求められることもあったりするんですが、私にしてみれば白人もかなり年齢不詳に見えるんですけどね。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:38
★nekoさん_ありがとうございます。そうそう!私も子ども時分には50歳の人っておじいちゃん、おばあちゃんという感じに見えたものです。今は60歳だってそうは見えませんよね。私の祖母の70歳と母の70歳を比べても全く同じ年代には思えないですもの。それだけ今はものが豊かになって労働も過激ではなくなったということなのかもしれません。20歳の子たちにとっては、本当にやっと卵の殻を破って雛が孵ったというところではないでしょうか。彼らが夢を失わずに生きていけますようにと祈らずにはいられませんね。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:38
★チェリーさん_Wでありがとうございます。お正月からずっと賑やか続きの実家だったようです。そういうときにその場にいられなかったのが残念でしたが、じいちゃんばあちゃんと孫たちというのも、それはそれで良かったかもしれません。
私が成人式を迎えたとき、両親ともに44歳でした。そしてその数年後には孫が誕生したわけです。考えてみると(いや、計算してみると)、私も48歳でおばあちゃんになってるんですよねえ。そうだよね!今度は孫の成人式を見るまで頑張らなくちゃ!そのときもやっぱり着物姿なのでしょうか。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:38
★もみちゃん_お久しぶりでした。
冬休みも終わっておっついたと思う間もなく、今週末からまた連休に入りますね。
腰の具合がいかがですか?無理しないようにしてくださいね。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。MSへの里帰りはいつごろになりそうですか?
Commented by lanova at 2007-01-10 13:49
★susieさん_そうですね、これからまた同じだけの道のりを行けるかどうかは少々自信がありませんが、意気込みだけは持ち続けていたいですね。案外これからの道のりの方がもっと険しいのかもしれませんが…
Commented by lanova at 2007-01-10 13:49
★lemonodasosさん_ありがとうございます。そしていいお話をありがとうございました。無償の愛ってそういうことを言うのでしょうね。こちらでもアダプションはごく当たり前に行われていますが、そのアダプションによってどの子もみんな幸福に暮らせるかというと、そうではないようです。そのユーゴスラビアのお嬢ちゃんは本当にラッキーだったのでしょう。それも運命なのでしょうか。子どもを育てるというのは、それ相応の覚悟が必要だと後になってから気づきます。今振り返ってもその失敗は数知れずですが、こんな親でも無事にここまで成長してくれたことに感謝しています。
Commented by lanova at 2007-01-10 13:55
★オードリーさん_ありがとうございます。オードリーさんの同級生って、まだ40代の前半でしょ?それくらいで出産する人は多いですってば。先日、こちらでばったり昔の知り合いにあったんですね。知り合った頃(4,5年前)彼女のお嬢さんが結婚したんですが、先日あったときには双子の男の子を連れたんです。「まあ、お孫さんは双子だったのね!」と言ったら、「私が産んだ子たちよ」って…いやあ、こちらもママたちはたくましいですよ!
Commented by lanova at 2007-01-10 14:01
★avocadoさん_ありがとうございます。青年が成人式に帰国してみんなで会うというのは、渡米するときから友だちと交わしてた約束だったようです。他のときは我慢しても成人式だけは帰りたいといっていましたから…彼も今年の5月にはカレッジ卒業です。その後はファイアーアカデミーに進む予定でいます。EMTも無事に終了しました。Firefighterへの道を着実に歩んでますよ。
Commented by wife K at 2007-01-10 22:12 x
(遅くなりましたが) あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
大変ご無沙汰しておりました。お元気ですか?こちらは皆元気にしております。私は子供が一人でごはんを食べていけるようになったらひとまず子育て終了かと思っていましたが、双方の両親は、孫が二十歳になるまでは生きていなきゃと新たな目標を持ちはじめました(笑)。それを思うと、NOVAさんのお母さんはお幸せですね。NOVAさんの今後の人生に乾杯!そして息子さん、おめでとう!
Commented by flyingshack at 2007-01-10 23:44
新年おめでとうございます! わたしは今日遅ればせながら今年のブログ初めです。昨年はお世話になりました。今年もよろしくおねがいしま~す。

青年君は成人式で帰国だったんですね。なーるほど。それはおめでとうございます!! 成人式なんてどーでもいいやなんて思っていた二十歳のわたしですが、今さらのように節目って大事だよなーなんて思います。成人式の帰国を予定に入れてがんばってきた青年君は当時のわたしより、ずっと大人に見えますよ~。親孝行者!!
Commented by k_soulman at 2007-01-11 15:21 x
ご無沙汰しています!
今年も宜しくお願いします。

人生50年といえば信長が生きた時代では当たり前でしたが、今日先進国は食環境や科学の進歩で20~30年くらい我々の寿命が延びています。

お互いに、これからの人生をまだまたEnjoyしながら頑張りましょう!
Commented by lanova at 2007-01-11 16:25
★wife Kさん_おおっ、お久しぶりでした。あけましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。KさんとBaby K改めKid Kちゃんはお元気ですか?<子供が一人でごはんを食べていけるようになったら>って、行動状況でだとしたら、もうとっくに到達してるんじゃないですか?きっと親のすねかじりを終了するときまでということでしょうけど、Kid Kはかなり親離れが早そうでとっとと独立しそうですから、あっという間に子育て終了ではないでしょうか?終了前にはぜひぜひご家族おそろいでミシシッピに来ていただかなくっちゃ!
Commented by lanova at 2007-01-11 16:28
★Washyさん_おめでとうございます!こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。出雲路紀行の続編を楽しみにしておりますよ。
私も成人式ってどう~でもいいやって思ってたので、当然出席していません。高い着物の準備をしなくてもすんだから親孝行だったなあなんて傲慢なことを思ったりしていました。でも、こうして社会全体での祝い事のない、きわめてインディビジュアルな国に暮らしてみると、日本のあの十把一絡げの行事もそれはそれで趣があったなと思ってしまいます。青年は目下Firefighter目指してまっしぐらですよ。
Commented by lanova at 2007-01-11 16:33
★soulmanさん_あけましておめでとうございます。こちらこそ今年もどうぞウよろしくお願いいたします。
今、ちょうど秀吉、家康の頃の時代小説を読んでいるので、50歳というのが老境の域だという時代を生きていた人と我々の時代の差をかなり感じているところです。家康は50歳過ぎてからの天下取りにかなり焦りがあったそうですね。今では国のトップになるのに50歳じゃまだ若すぎるなどとも言われかねませんよね。
ところでJBが遺族間の相続トラブルでいまだに埋葬されず、サウスキャロライナの彼の家に置かれたままだってご存知でした?
Commented by dabadabax at 2007-01-11 23:58
lonovaさん、息子さんも久しぶりの日本で楽しく過ごしていらっしゃるでしょう。
何年アメリカに住もうと、生まれ育った日本のことはいつまでも残ることでしょうね。
私は50歳になったとき、なんかすごく自由になった気がしました。
一つの区切りですよね。人生後半は楽しいことがたくさんありますように。
Commented by k_soulman at 2007-01-12 09:53 x
JBの遺体、まだ埋葬されていないですかぁ~!遺族間のトラブルがは知っていましたがそんな状況になっているとは知りませんでした。

そちらでは、告訴が多いし色々あるのでしょうけど・・日本のファンとしては、まずは埋葬してから揉めて欲しいと思います。JBが可哀想です。

映画の話しもあるし、まだまだJBには目がはなせないですね・・・。
Commented by lanova at 2007-01-12 14:56
★dabadabaxさん_青年は日本から帰ってきたら市民権取得の手続きに入ります。だからこそ今回の成人式はどうしても出席したかったんだと思います。我々の頃には反体制の動きがまだ強かったし、「成人式なんて!」という感覚が無きにしも非ずでした。それに比べると今の子たちはむしろすんなりと受け入れているような気がします。いや、もしかしたらそういうことは何も考えてないかもしれないけど…後半の人生は楽しいこともたくさんありそうですが、大変なことも同じくらいのボリュームでありそうです。
Commented by lanova at 2007-01-12 15:09
★soulmanさん_そうなんですよ!私も昨日のニュースで見て驚きました。彼には数多くの奥さんがいましたからねえ。一夫多妻制を地で行くような人でした。
いくら冬場だとは言え、普通の家で遺体を2週間以上もそのままにして置くなんて考えられませんよね。温度管理をしているそうですが、それでもひどい状況になるのは想像できますものね。遺族たちの争いはとてもuglyだとニュースでも報道してました。
そうそう、クマちゃんが中学生時代、彼がアルバイトをしていたインディアナ州Fort WayneのコロシアムでJBのコンサートがあったんだそうです。そのときにロッカールームであったJBはとてもやさしくていい人だったそうですが、ドラッグで何をしゃべってるんだかわからなかったそうです。40年も前の話です。
Commented by judy_orange at 2007-01-14 11:41
とてもいいお言葉(気持ち)で、何度も読ませていただきました。
私は、出産も子育てもしたことが無く、きままに過ごしてます。
これまでも、そして今も。
何度成人式を済ませたら、私は大人になれるんだろう・・・。
3回目の成人式(笑)でも、まだ甘ちゃんかも・・・。

いや、それではイカン!
lanovaさんのこのブログを読んで、そう思った次第です!
Commented by lanova at 2007-01-16 16:56
★judyさん_子育てってそのときは、がむしゃらに一生懸命やってるような気がしてるんですが、通り過ぎてしまうと「あれ、何やってたんだろう」って思うことがたびたびあります。特に私は随分私の両親に任せてきたから…成人式を迎えた青年が小さい頃に「僕のお母さんは、洗濯も掃除もお料理もしません。それはおばあちゃんがします。お母さんはお外で働いて帰ります」とクラスで言ってたと聞いて、顔ではヘラヘラと笑ってましたが、心の中では「すまん、すまん」と大泣きしてました。
その子ももう20歳だもんねえ。これからは心底へらへらできるぞ!と思ってます。judyさんの成人式はどんなだった?
Commented by honeybee at 2007-08-27 11:50 x
lanovaさん、はじめまして。
「45歳で渡米」で検索してきました。

私は今大学院で研究していますが、
大学院を出て、アメリカの大学院にいくとなると45歳になりそうなのです。
アメリカで博士課程にいけば、40で渡米になるのですが、
日本で博士課程までいくかどうか、修士課程のいま、考え中です。

大丈夫かな、と心配していますけど、lanovaさんが45歳で渡米なさったということで
なんだか、勇気でてきました。

40代女性で、日本に戻ってきても就職は無理そうだから
アメリカで就職できればと思っているのですが。
まだ先の話ですが、いろいろ考えてしまっています。
Commented by lanova at 2007-08-29 08:46
★honeybeeさん_はじめまして。ようこそおいでくださいました。
大学院でのメジャーは何でしょうか?こちらの大学院はもう学校を絞っていらっしゃるのでしょうか?
アメリカは本人のやる気を能力さえあれば年齢はほとんど関係ないところです。夫の友人でも40を過ぎてから(大学との継続ではなく)、大学院に行ってマスターを取った人は多いですよ。私も英語ができれば挑戦したいところではあるのですが…
就職事情も日本のように年齢制限はないし、性差もありません。定年制度もないので、80歳過ぎでも教壇に立っている教師もいますよ。私もミシシッピに移住して4ヶ月経ち、こちらでの就職活動を始めました。ぜひまたこのブログに立ち寄ってくださいませね。
Commented by honeybee at 2007-08-30 15:20 x
lanovaさん

お返事ありがとうございました。
大学でのメジャーは社会医学です。(でも医者ではありません)

アメリカでは、公衆衛生学の大学院に行きたいと思っていますので
ハーバードか、ジョンズ・ホプキンスに行きたいです。。。

渡米するなら、2年後になると思います。日本では博士課程を修了しても
就職先がなく、大変みたいなので、博士課程はアメリカでとって、
永久就職できればいいなと思っています。
もうすぐ40になりますが、残りの人生はアメリカで過ごしたいと思っているのです。

40代からの渡米、若い時と違って大変ですか?
Commented by lanova at 2007-09-07 08:53
★honeybeeさん_返事を読んでくださってありがとうございました。
社会医学というとsocial scienceですか?
着々と留学の準備をなさっていることでしょう。
ミシシッピの大学院に留学なさっている方がいるんですが、彼女は院で学びながら、大学で働いてもいらっしゃいます。
こちらではごく普通に働きながら学ぶということはあるようですが、日本ではどうなんでしょうか?
おそらくその延長で、マスターをとった後に仕事に就くというケースも多いのではないかと思います。
私は45歳で渡米でしたし、honeybeeさんのような確固たる目的があったのではなく、再婚というパターンでしたので、もっぱら生活そのものに順応していくということが課題ではありました。一緒に渡米した息子は15歳でしたが、あっという間にアメリカンになっちゃいました。今ではアメリカ生まれの日系人かと聞かれることもあるようです。おそらく年齢に関係なく、アメリカ社会にどうなじんでいくかどうかということではないかと思いますよ。
Commented by honeybee at 2007-09-07 22:22 x
lanovaさん
お返事ありがとうございます。 
いえ、social scienceではなくてpublic health,
予防医学(またの名を社会医学)になります。

アメリカでドクターを取る前に、
日本で2年間修士課程で基本を学ぶつもりです
修士論文を書いて、それから渡米です。
まだまだ2年以上ありますけど。。。

このまま日本でやっていこうと思って
大学でてから何もたいしたことしてなかったのですが
ちょっとだけ、やる気になりました。
でも45から働いて、65までだとしても、20年しか働けないなぁ。。。

留学している間に、日本で親が年老いているので
何かあったらと心配です。 もし、危篤とかお葬式なんてときは
すぐに帰国したりというのはできるんでしょう???
Commented by lanova at 2007-09-11 08:27
★honeybeeさん_予防医学、これからの日本で最も必要とされている分野ですね。
マスターではなくてドクターなんですね!大変でしょうけど、ぜひ頑張って取得してください!生憎私の周辺には、Master Degreeの人はいてもDoctor Degreeの人はいないもので、情報がなくてごめんなさい。
以前のコメントにも書きましたが、アメリカでは定年制度はないんですよ。だからhoneybeeさんが働こうと思えば、70歳でも80歳でも働き続けることができます。就職の際に年齢もジェンダーも問われません。
緊急時や不測の出来事が起こった場合には、そのときに対処すればいいんじゃないでしょうか?まだ何も起こっていないときに心配しても、何かを解決することにはならないんじゃないかなって思っています。
by lanova | 2007-01-07 19:26 | Logbook | Trackback(1) | Comments(42)