Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Tom's Farms in Corona 3

c0062603_1721365.jpg

どうしてこのTom’s Farmsには何度も足を運びたくなるんだろうか。
この日撮影した数多くの写真を整理しながら思っていた。
どの写真も今を撮影しているはずなのに、
そこに切り取られた場面は、どれもこれも終わった場面に思えてくる。

c0062603_17221482.jpgc0062603_17223759.jpg
c0062603_1723465.jpgc0062603_1723259.jpg
ここがオープンしたのは1971年。
まさに私が憧れ続けていた「夢のカリフォルニア」があった時代。
多くの人たちが、海の向こうからだけでなく、
東からもこの「夢のカリフォルニア」を求めてやってきた時代だ。
それから30年余りの時が流れ、人々は「夢のカリフォルニア」に何を見たのだろう。
追い求めていたものは手にできたのだろうか。

c0062603_1724847.jpgc0062603_172432100.jpg
c0062603_17245589.jpgc0062603_17251442.jpg
12月だというのに、空はどこまでの青くさわやかな風が吹き抜ける。
陽気な音楽と人々の笑い声、子どもたちのはしゃぐ声。
天真爛漫な南カリフォルニアの気候が、陰すらも忘れさせてしまうのかもしれない。
それでも12月という暦は、思いのほか早い日の傾きを知らせる。
家に戻ってつけたテレビのニュース、
今年初めて、カリフォルニアに流入した人よりも
カリフォルニアを後にした人の方が上回ったと伝えていた。

"I Started a Joke" The Bee Gees


*写真はクリックで拡大

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5171663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by himawari_August8 at 2006-12-20 18:56
太陽が燦々と降り注ぐ場所というのは人々にとって
人生さえも明るくなる場所に思えてしまうのかもしれませんよね。

私にとっては、今もカリフォルニアは憧れの地ではありますが。
Commented by Gloria-x at 2006-12-20 19:06
ステキな週末を過ごされたんですね。
子供の頃イーグルスの「ホテルカリフォルニア」や
吉田秋生の「カリフォルニア物語」にハマったので
「夢のカリフォルニア」って言葉はすごくわかります。
今はN・Yにいる妹がカリフォルニアに住んでた頃、
何度か遊びに行きましたがわたしもCAは大好きです。
Commented by itohimiko1 at 2006-12-20 21:22 x

夢を実現されて今は憧れのカリフォルにお住まいで言うことなしですね☆
novaさんはカリフォルニアのどんなところに憧れましたか?

アンティーク時計の色合いがなんとも古きよき時代(今はもっといい?)を彷彿とさせます。
下段左のベンチのデザインがとてもユニークです。
掛け心地は満点でしょうか?
Commented by itohimiko1 at 2006-12-20 21:28 x
そうそう!アイバーソンはナゲッツに移籍決定しましたね☆
先日の乱闘事件でカーメロの15試合出場禁止のナゲッツにとって、この上ない朗報でしょう。
早く彼のプレーが見たいですね。
因みに、今日もサンズはラプターズを寄せ付けず、
15連勝しました。
力の差は歴然でした。
Commented by ken-sann at 2006-12-20 21:55 x
へぇ~、こんな所があったんですね、知りませんでした。
Coronaと言えば、ギターメーカー「Fender」のファクトリーがある場所です。
次回は絶対行くんだっ!・・・って思いを巡らせる今日この頃でございます。
Commented by ミッキー at 2006-12-21 00:21 x
当地には
明治村、大正村、昭和村という
テーマパークみたいなところがあります
そんな感じの場所なのかな?
Commented by dobozupe at 2006-12-21 03:19 x
Tom's Farmsは1971年から続いているのですね。NOVAさんがおっしゃるとおりとても魅力的なところなんだと思います。自分もカルフォルニアに住んでいたら何度も訪れていることでしょう。
「今年初めて、カリフォルニアに流入した人よりも
カリフォルニアを後にした人の方が上回ったと伝えていた。」
このニュース、何か理由を言っていたのでしょうか。
Commented by kaykay at 2006-12-21 05:09 x
カリフォルニアはよく知らなくて、Tom’s Farmsも初めてです。
写真みると、行ってみたいなぁ。

12月でもこんなに澄んだ空と暖かな気候だと
南部とはいえしっかり寒くなるMSは、慣れるまで大変かもしれませんね。

もうお家完成したのかしら?

楽しいクリスマスと良い年をお迎えください。
Commented by audrey0502 at 2006-12-21 18:43
はぁ なんて素敵なお写真なんでしょう。
上の四枚はいいですねぇ。白黒がまたとても良いです。
こういう感じ、好きですねぇ。
このお写真は白黒がとても良くお似合いですもん。

下のは、お人形さんがたくさんいると、ちょっと怖いね(笑)
パンかなーとおもったのは、木の椅子ですね(^^ゞ
Commented by dabadabax at 2006-12-22 00:52
楽しそうなところですね。アメリカでは歴史が浅いこともあるけど、こうして古いものを大切にしようというところがたくさんありますよね。アンティークの時計がとてもステキです。
私にとってのカリフォルニアは「怒りのぶどう」でしょうか。豊かなイメージしかなかった中学生のときに呼んだあの壮絶な生活。びっくりしました。ああいう生活があって今の豊かなカリフォルニアがあるんですね。
Commented by lemonodasos at 2006-12-22 02:08
上の等身大のお人形の女性は力強いですなぁ。やはりアメリカの当時に女性は慎み深くてバイタリティーもあったと思いますね。
それからお人形も、時計もたくさんおいてあって、ノスタルジーがありますよ。
Commented by geechan at 2006-12-22 14:17
永年山陰に住んでいて、「気候」と人間の情緒はとても深い関係があるのは肌で感じています。でも年を重ねていくと、どこへ行ってもそれぞれ素晴らしいところはたくさんあるし…。結局は「環境」ではなくすべては「自分」次第なんだ…って思えるようになりました。
南CAではクリスマス気分を盛り上げるため、専門の業者を呼んで自宅の庭に雪をまいてるヒトがいる…というニュースを昨日TVで観ました。「あ~NOVAもここにいるんだぁ~」なんて思いながら映像を眺めていました。
Commented by candypop-m at 2006-12-22 15:24
こうしてnovaさんの写真から 遠きカリフォルニアやミシシッピの日常を垣間見る事が出来 益々そちらにお邪魔したくなってしまいました。^^
旅行では見れない生の生活ぶり 憧れが現実となり生活していく・・・大変ですよね!!
モノクロの写真がさらに古き時代を語っているようで良い感じです♪
Commented by lanova at 2006-12-22 17:59
★himaちゃん_そうですね。特に中西部や東部に住んでいた人たちにとって、西海岸は同じアメリカにありながら、別の国という印象があったようです。それにゴールドラッシュは、まさに人々ひきつける大きな魅力の一つだったんでしょうね。
私の中のカリフォルニア、一介の旅行者と生活者とでは、随分捉え方も異なりました。それについては別の機会にエントリーしようと思っています。
Commented by lanova at 2006-12-22 17:59
★Gloriaさん_<子供の頃イーグルスの「ホテルカリフォルニア」>、ああ、ここのところで年代の差が…Gloriaさんにとっては子ども時代だったんですねえ。我々の世代にとっての「夢のカリフォルニア」とえば、パパス&ママスでした。吉田秋生は私も読んでましたけどね…
Commented by lanova at 2006-12-22 18:00
★itohimikoさん_私が憧れていたカリフォルニアは、まさしく本や映画や音楽の中のカリフォルニアでした。もう30年以上も前のことです。まだまだアメリカが海の彼方の遠くの国だった時代で、そこに行けば何でも手に入るような錯覚をしていたものです。10代の頃、だれもが抱くような憧れであり、それは実現可能などとは思う余地のない、現実味を持たない夢物語でした。実際にアメリカという国に「住みたい」と思ったのは、このブログの最初の方にも書いていますが、10年ほど前のことでした。当時は「コーチの勉強もしたい」なんて大それたことを思ったりもしてたんですよ。
ここの家具屋さんは、古き良き時代のアメリカの匂いを感じさせる家具が揃っていて、見ているだけで楽しくなりますよ。開拓時代の名残も残しています。ベンチは残念ながら座ってないんです。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:00
★itohimikoさん_長くなっちゃったんで、別レスです。アイバーソンの移籍が決まって、スポーツニュースはインタビューを再三流しています。昨日の試合から出場かと思ったら、悪天候で試合が中止になり、少々肩透かしをくらった感じでした。本日はワシントンがサクラメントに勝ったりして、今年の滑り出しは結構面白いですね。OTも多いし、ワンサイドゲームが少ないのが何よりです。私個人としてはKGにもっと活躍できる場を!と思ってるんですけどね。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:16
★ken-sannさん_はい、ここはCoronaの南側15番沿いにあるんですよ。実はCoronaにはクマちゃんがハンガー(飛行機の格納庫)を空港に借りていて、ここのすぐ近くにFenderのファクトリーがあるんです。ハンガーに行くときはいつも前を通ったんです。でも、昨年1月にコロナ空港は大水害にあって、クマちゃんのハンガーも2mの浸水ですべてがなくなっちゃいました。なのでハンガーももう返したし、Fenderの前を通ることもなくなったんですよ。ken-sannさんとは意外と接点が多いんでビックリしています。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:16
★ミッキーさん_ここはテーマパークではなくて、思いっきり現代を商売にしてるんですが、なぜかそこかしこにノスタルジーを誘うものがごろごろしているという不思議な空間です。特に70年代を髣髴とさせるものが多いんで、私には居心地がいいんだと思います。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:17
★dopozupeさん_さすが、dopozupeさん!いいところをつっこんでくれました!流出人口が上回った理由は唯一つ、住宅費の高騰なんです。もちろん地域によってばらつきはありますが、CAの平均住宅価格は何と約560,000ドル(約6,000万円)なんだそうです!とてもじゃないけど高額所得者以外には手が出ないですよね。どこへいくかというと税金のない州への移動が多く、テキサス、アリゾナ、ネバダへの移動が多くなっているとのことでした。また、移入してくるのはご存知のようにもっぱら南米を中心とした移民だということです。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:17
★kayちゃん_きっと、ここはkayちゃんも気に入ると思うよ。
クマちゃんもアンティックの時計を見ながら、kayちゃんのトールペイントにぴったりだと言ってました。
家の様子は、ちょいと前にエントリーしていますので、のぞいてみてくださいな。外壁のブリックまで終了しています。
MSはとっても寒そうだねえ。私も気候に慣れるのが大変だろうなとは思ってますが、元々が寒い所の出なんで、割と順応できるかも…
Commented by lanova at 2006-12-22 18:17
★オードリーさん_ベンチに腰掛けているお二人さんは、もうすっかり塗料も剥げ落ちてたんですが、妙に気を惹かれまして、随分たくさん写真を撮りました。モノクロはコンパクト、カラーは一眼で撮影したものです。
ベンチをパンと見間違えるオードリーさん、ふふふ、さすがです!
Commented by lanova at 2006-12-22 18:35
★dabadabaxさん_その通りです。スタインベックの「怒りのぶどう」に描かれているように、当時の人たちはカリフォルニア(西)に行けば、きっと明るい未来が開けていると信じていたんだそうです。(30年前の私も同じだったように)。でも、このカリフォルニアはただただ広大な土地が広がるだけだったと聞きます。わずか30年ほど前ですら、オレンジ畑だけが広がるところもあったということです。今のカリフォルニアを豊かというのかどうか、豊かさの尺度はどこにあるのか、しばしば思いをめぐらしているところではあります。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:35
★lemonodasosさん_おそらくこのベンチにすわる初老の男女は、古き良き時代であった開拓時代の人をモデルにしているんじゃないかなって思います。私もフロンティア時代の女性像にはかなり心惹かれますね。明治の女性と相通ずるところがあるような気がします。
Commented by lanova at 2006-12-22 18:35
★geechan_気候と人間の精神状態は、実は大いに関係があるんだって!病名は覚えてないけど、曇りの日数が多い地域には発祥数が多いメンタルな疾病が多いと聞きました。それは日本に限らずアメリカでもそうなんだって。まあ、そういう意味では南CAの人は能天気だと皮肉られることも多いけどね。金持ちは自分ち用の雪を降らせんるんだねえ。ここでも、外に出て東を望めば真っ白になった山を拝めるんだけどなあ…
Commented by lanova at 2006-12-22 18:35
★まきちゃん_そうだね、旅行者だったときと生活者になってからとは全然違うなって思っています。意外なのは、LAという場所柄のせいなのか、日常生活は日本で暮らしているときとはさほど違いを感じないってことね。言葉の問題だけは別だけど…まきちゃんが遊びに来る日を楽しみに待っています。
Commented by ひらっこ at 2006-12-23 00:48 x
わぁ~いいな!
うらやましい・・・
是非行って見たい!
大道芸人も楽しそう!陽気になりそうだよ。
Commented by ConnieWest at 2006-12-23 03:54
なるほど、カリフォルニアから出て行った人の方が多いのですね。ここの物価や土地価格は桁外れに高いですもんね。なんとなく納得です。昨日モールのお店でカリフォルニアに憧れてる歌が流れていて、アメリカ人にとってもカリフォルニアってのはスペシャルな場所なんだから、ここに住んでいる私はスペシャルなのかも?なーんて自分に言い聞かせていたところです。
Commented at 2006-12-23 04:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by neko_pen at 2006-12-23 08:56
どこの国も、またどこの人も、便利で機能的な今を苦労して得たけれど、過ぎ去った旧い時代を懐かしく思うのは同じなのでしょうね。
モノもヒトもいぶし銀の良さは心に訴えるものがありますね。
うちの娘も、NOVAさんと同じような憧れを持っていたのでしょうね。
20年も前に、夏休みにどうしても、とホームステイをして以来、
CA大好きでした・・・
Commented by lanova at 2006-12-24 02:35
★ひらっこさん_意外と近場でも知らなかったところってあるかもしれませんよ。ここは近場といってもウチから100kmほど離れてるんですけどね。歩いていける範囲には何もありません。一番近くのスーパーだって歩けば30分近くかかるし…これでも市街地なんだけどね。
Commented by lanova at 2006-12-24 02:39
★Connieちゃん_そうなんですよ。この信じられないほど住宅費が高いカリフォルニアで家を持つことができずに、Out of Stateに行く家族の一つが私たちなわけですよ。San Diegoを終の棲家としたいという私の願いは跡形もなく消え去りましたわ…しかもここは、他国からの移入が多く、アングロサクソン系の人が減りつつあるというのも、他州への移動人口を増やす側面的要素になっているようです。
Commented by lanova at 2006-12-24 02:40
★鍵コメさん_OK!タイミングが合えばGoということで…ちなみに26日から青年が日本帰国をするので、お部屋は空いております!
Commented by lanova at 2006-12-24 02:46
★nekoさん_別の機会にエントリーしようとは思ってるんですが、憧れ続けたカリフォルニア、旅行者と生活者では全然、異なっていました。私の中のカリフォルニアはどこにあるんだろう、どこに行っちゃったんだろう…
Commented by judy_orange at 2006-12-25 14:53
光がさす山・・・おもわずうっとりしていまいました。
なんで、いつもキレイな色なんだろ。
その色をとらえられる・・・うらやましいです。

自分用のPhoto Boxには、lanovaさんの写真が
どんどん貯まっていきます。
Commented by lanova at 2006-12-27 15:59
★judyさん_完全な逆光ですが、逆光だからこそ浮かび上がる山のシルエットが何とも言えずきれいでした。早い冬の日暮れを、山さえも惜しんでいるかのようで…
私なんぞの写真をそんな風に扱っていただいて、光栄でございます。ここにはサイズを小さくしたものをアップしてるので、もし必要でしたら元のサイズのものを送りますよ~。
Commented by susie at 2006-12-28 11:36 x
パパス&ママスの歌、大好きです。特にこの季節には詞の気持ちになりますね...
Commented by lanova at 2006-12-28 15:11
★susieさん_我々の年代はどうしても”California Dreamin'"といえばMamas & Papasでしたよね。今もオールドスクールのラジオ局にチューナーを合わせると、日に何度もこの曲が流れます。
by lanova | 2006-12-20 00:55 | Trip | Trackback | Comments(38)