Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

B.B.King's Blues Club Again

c0062603_1413869.jpgc0062603_1415874.jpg
今回もやはり来てしまった。
MemphisはBeale StreetのFriday Night。
訪れた場所は、またしてもB.B.King's Blues Club
前回は昼間だったこともあり、のんびり食事を楽しんだのだが、
今回は何と言っても金曜の夜である。

c0062603_142388.jpgc0062603_143527.jpg
この日のライブは、ベテランのブルーズシンガー、Preston Shannon
実は、私はまったくこのPreston Shannonなる人を知らなかった。
R&BやSoulは聴いても、Bluesに関してはさほど詳しくない。
それでも、他のジャンルの音楽よりは、ずっと身体の芯に響いてくる。
で、このPreston Shannon、グラミー賞に3回もノミネートされてるだけあって、
迫力満点、ノリノリの音で楽しませてくれた。
こういう場だからなのだろうが、
選曲もアップテンポのおなじみのナンバーが多かった。
そこで、じっとしていられなかったのは言うまでもない。
ほとんど芋の子洗いの状態のフロアに下りて、踊る踊る!
年齢も国籍もこうなりゃ関係ない。
と言ってもやはり観光スポットである。
踊っているのは、白人の年配者が多いのは無理なからぬ話だろう。
地元のブルーズ好き、ソウル好きが行く店は、また別のところなのである。

c0062603_1433132.jpgc0062603_1435377.jpg
すっかりハイテンションになった私は、
このPreston Shannonの新しいCD"Be ith Me Tonight"も購入。
直接客席まで売りに来たバンドメンバーに、サインをしてもらい、
写真まで撮るという徹底ぶりなのであった。
しかし、気分良く過ごしたはずのこの夜、飲みほしたワインの量は、
翌日のTunica行きで真っ青になるほどだったのである。

"Goin' Back To Memphis" Preston Shannon


にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/5055227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mihayashi6 at 2006-11-30 22:32
ミシシッピーを満喫していますね。多才でいいですね・・
「愛情物語」のタイロンパワー。
「ピクニック」のキムノバーク・ウイリアケムホールデン
「逢う時は他人」カークダグラス・・・・Etc
       クラシックカーを見て、昔の洋画の思い出を
 私の年代は相当古いね
Commented by geechan at 2006-11-30 23:24
踊ったのね!!ワイン片手に!!
思わず「Earth Wind & Fire」をバックに踊っていた頃を思い出しました!
DISCO世代なんだよね~!私たちって!
Commented by audrey0502 at 2006-12-01 13:11
うわ~~ 素敵なところですね。B.B.King's Blues Clubって。
日本にもこういうところが出来ないかなぁ~~。
ディスコ世代ですか?
あたしもでーーーす!!!(^^ゞ
サインもらえてよかったですねぇ。
Commented by flyingshack at 2006-12-01 15:10
年甲斐もない行動って、そういうことですか(笑) なんだかワインの量が半端じゃないような予感がします。わたしにとって、ブルーズってのはなんだかさっぱりわからんジャンルです。いかにもっ、ってやつはブルーズに聞こえますけど。でもエリック・クラプトンもブルーズなんですよね……? ノリノリの踊れるやつってどんなのなんだろう??? 

Novaさん、いつか初心者対象音楽教室でも開いてください。ついでに料理教室も。
Commented by judy_orange at 2006-12-01 16:36
あぁ~行きたい!行きたい!行きたい!
好きなんです!Black Music。
オールディーズやR&B、ゴスペル・・・
一人秘かに、前世というものがあるとしたら、きっと私は黒人だったんじゃないかと思うくらい、Black Music聞くと血が騒ぎます。
あぁ~、ほんと行きたい!
Commented by lanova at 2006-12-01 16:36
★小次郎さん_古き良き時代の映画をたくさん見ていらしたんですね。小次郎さんはアメリカ映画のファンでいらしたのでしょうか?当時はほとんどモノクロ映画だったのではないでしょうか。あのころは映画と言えば、最高の娯楽だったのでしょう。ビデオやDVDはおろか、テレビすらまだ全家庭にはない時代だったと思います。我が家にテレビが入ったのは、私が幼稚園か小学1年生のころだったように思います。
Commented by lanova at 2006-12-01 16:38
★geechan_そうそう!決してクラブ(平坦に発音)ではなく、ディスコ(もしくはデスコ)の時代ね。松江に初めてディスコができたときは、ちょうど大学生のころで、東京からレコード持参で出かけたものです。あのころはほとんどの踊りにステップがついてて、曲ごとにステップが違ったんだよね。今でも曲が流れるとそのステップを思い出すから不思議です。
Commented by lanova at 2006-12-01 16:41
★オードリーさん_おっと、オードリーさんも同世代ですか?私はてっきり一世代若いんだと思ってました。実はgeechanとは中学高校の同級生なんです。この世に生を受けて半世紀、そろそろ酸いも甘いも経験したというお年頃(?)ですね。オードリーさんはどんなところで踊ってました?赤坂、六本木界隈ですか?
Commented by lanova at 2006-12-01 16:48
★Washyさん_さすが、よいところに気がつきましたね!実は、そうなんです。明らかにボトル1本は軽く開いてました。2本までは行ってないと思うけど…おとなしく座って飲んでりゃいいものを、飲んでは踊り、踊っては飲んでってやってたからねえ。帰りの車の中ではメリーゴーランド状態でした。ははは…
ブルーズってねえ、私もようわからんのだけど、身体、心の内側から出てくる歌って感じなんだよね。英語に堪能でない、まして南部訛りの英語で歌われた日にゃあ、何を歌ってんだかさっぱりわからないけど、響いてくるものがあって、何度何度も聴いてたりするわけよ。クラプトンはかなりブルーズの影響を受けてはいるけど、ブルーズとは言わないんじゃないかな。ま、無理やりカテゴリに入れることもないだろうけど。ぜひ”Lightning in the Bottle”というスコッセシイの映画(ドキュメンタリー)を見てくださいませ。
Commented by lanova at 2006-12-01 16:50
★judyさん_えっ、judyさんもソウルやR&B好きなんですね!こりゃあ嬉しいわ。私のライフログをちょいと眺めてやってください。こういうのが大好きなんでございます。メンフィスのBeale Street、きっとjudyさんも大感激すると思うわ。前回のエントリーのときに詳しく紹介してますので、のぞいてみてください。
Commented by まこと at 2006-12-01 19:56 x
そのうち、凄い濃いライブハウスも行くんでしょうね…。

あーーー!



羨ましい(*´Д`)=з
Commented by mihayashi6 at 2006-12-01 21:24
小次郎から
私の家にテレビが入ったのは+20年するとピタリその頃になるね。
グランドティトン・・・「シェーンの舞台になった山」俳優はアランラッド」イエローストーンへ旅行した時に遠くに見えました。
エデンの東・ローマの休日・哀愁・黄金の腕(フランクシナトラ)・草原の輝き(ナタリーウッド)・風と共に去りぬ(クラークゲーブル)
感動があったから記憶にある・・・若い時は感受性が強いのですね。
最近のTVは印象が少ない・・・年齢の精なんだろうか
      『並木物語」』コメントありがとう
Commented by dice_michigan at 2006-12-01 22:41
お久しぶりです。僕も先週の感謝祭にMemphisに行きました。音楽で活気のある街は楽しいですよね。
Commented by susie at 2006-12-02 00:48 x
もしや一人で一晩に一本?プラス踊りまくり?
それではメリーゴーランド状態も無理ないでしょう。ブラックアウトはしなかったですか。
でも楽しめたのはよかったですね。
Commented by lanova at 2006-12-02 03:00
★まこっちゃん_うん、多分ね。でもどっちかというと家の前でギター弾いてるおっちゃんに出会いたいな。
まこっちゃんも楽しんでるじゃない、おしゃれなライブ!
南部への旅を実現してくれる日を待ってるよ!
Commented by lanova at 2006-12-02 03:02
★小次郎さん_本当に洋画がお好きだったんですね。よく覚えていらっしゃいます。昔の名画といわれるものは、世界中の人を魅了したんですよね。やはりいいものは永遠に人に見られ続けられるのでしょうね。
Commented by lanova at 2006-12-02 03:03
★diceくん_ほんとっ!お久しぶりでした。そうだねえ、ThanksgivingのReunionだったんだね。今年は一緒にMemphisで飲もうなんて言ってたのに、私はまだLAだよ~ん。来年こそは!って今から言うと鬼に笑われる?
Commented by lanova at 2006-12-02 03:06
★susieさん_はい、そうです。他の人たちはもっとストロングなヤツをグイグイやってました。普通におとなしく飲んでいるのなら、ボトル1本はたいしたことないんですが、何しろ全身運動をしながらだったので…ブラックアウトはなかったものの、翌日はまさにシックネスでした。
Commented by k_soulman at 2006-12-05 19:17 x
メンフィスといえばブルース、R&B、そしてサザン・ソウルのメッカです。
これからの探索が楽しみですね~♪

あまり飲みすぎないように!ワインの二日酔いはつらいでしょうから・・(笑)
Commented by lanova at 2006-12-06 03:44
★soulmanさん_そうなんです。ミシシッピ移住の楽しみの一つが、この音楽環境なんですね。ラジオも「あの頃」のナンバーばかりが流れてるステーションもあればブルーズばかりのステーションもあるし、ブルーズロードをたどってみたいと思っています。
soulmanさんもいつかぜひお越しください。私はワインですが、soulmanさんはテネシーウイスキーのジャックダニエルを楽しみながら、懐かしのステップを披露してくださいませ!
by lanova | 2006-11-29 21:34 | Trip | Trackback | Comments(20)