Casa de NOVA in Minnesota

lanova.exblog.jp

Oct. 27/Back to Home, but...

c0062603_11304930.jpg現在進行中の家の建築状況を見るためにミシシッピへ出かけたのは、先週の木曜日のことだった。
3泊4日の旅程をこなし、再びLAに戻ってきたのが、日曜の夜10時半頃。
当然月曜の朝からは通常通りの仕事が待っているわけで、荷物の片付けもそこそこにベッドに潜り込んだのだった。
ミシシッピ現況報告が気にはなっていたけれど…
それからあれよあれよと言う間に一週間が過ぎていき、気がつけばもう金曜日。
特に今週は仕事も忙しく、休憩時間はおろか、ランチタイムも10分か15分というハードな日々だったのである。
c0062603_1131751.jpg現在、職場で担当しているのが、Accelerated Reading Programというもので、いわゆる「読書推進プログラム」というようなもの。
生徒一人一人がコンピュータで、リーディングレベルをチェックするテストを受け、それぞれのレベルを測定する。
高校生といっても、そのリーディングレベルはさまざまで、小学1,2年生程度の子もいれば、大学生以上のレベルの子もいるわけで、当然、図書館としてもかなり幅広いレンジで本を用意しておかなければならない。
生徒たちは各自のレベルに合わせて本を読み、読後にはその本のテストを再びコンピュータで受けるというシステム。
c0062603_11303033.jpgテストに合格すると、その本の語彙数に応じたポイントが獲得でき、それによって英語のポイントが上がり、全校のコンテストで優勝すれば、IPodももらえるのである。
ここ、アメリカではほとんどの本に「リーディングレベル」というのがつけられており、それぞれのレベルに合わせた本の選択が容易にできるようになっている。

しかし、このプログラムを円滑に推進するための作業量は膨大なのである。
現在、3,800人弱の生徒がいるが、これらの生徒をクラスごとに登録する作業に始まり、
各蔵書本のリーディングレベルをチェックし、そのラベルを作成、貼り付ける。
また、それぞれの本に合わせたテストの注文もするのである。
実はこの作業、現在は私一人でやっているのである。
そしてその合間にテストを受けに来た生徒の世話をし、時には本探しも一緒に手伝う。
今週はそれが丸一日、4日間続いたため、仕事を終えるとかなりぐったりではあった。
というわけで、ミシシッピ現況報告ログは、しばし先延ばしになりそうだという
何とも長い言い訳なのであった。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://lanova.exblog.jp/tb/4822289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 丸山高弘の日々是電網 .. at 2006-10-28 17:32
タイトル : Accelerated Reading Program
あっちのブログネタ..かな..と、思ったのですが、本音を書きたいのでこっちにしました。 mixiで出会った方からブログの紹介を受け、米国の学校図書館における読書活動推進プログラムの事例を拝見しました。その中に、  Accelerated Reading Program (加速読書プログラム?) というのがあって、まずは読書力測定のパソコンソフトでテストを行ない、自分のリーディングレベルを知ります。その方は高校の図書館だそうですが、リーディングレベルを測定すると小学校低学年から大学生レ...... more
Commented by dobozupe at 2006-10-28 13:42 x
一人でこれだけの仕事をこなすの大変すぎますね。アメリカの図書館は進んでいますね。日本でこれだけのプログラムをしている図書館はないと思います。とくに子供のころから本を読むのは大切だと思うので、日本も学校図書館などの運営にもっと力を注ぐべきだと思います。
Commented by marrrsan at 2006-10-28 23:40
アメリカの学生の英語のレベルって本当に差が有りますね。
初めてこちらのコミュニティカレッジ留学したときDevelopmental English というのをとらされましたが私は外国人学生のコースかと思ったら
普通のアメリカの生徒も居てというか、ほとんどアメリカの学生なので驚きました。私のほうがさっさとそのコースは終えました。
Commented by neko_pen at 2006-10-29 00:24
おつかれさま。
随分大変なお仕事を、その地でそうやってこなせるということは、
いかに英語力が備わっているか、ということですね。
羨ましいです。
お忙しいけれど、やりがいもあるでしょうし、頑張ってください・・・
Commented by lanova at 2006-10-29 02:45
★dopozupeさん_そうですね、日本の場合は積極的な働きかけができにくい状況でもあると思うんですね。中学・高校はもう受験体制一色です。こちらは日本のような受験制度ではないので、子どもたちの時間の使い方が異なっていますし、各授業で図書館を利用するカリキュラムが組まれているというのも大きな相違点ですね。カナダの学校図書館はどうでしょうか?
Commented by lanova at 2006-10-29 02:48
★ま~さん_そうなんですよ!私も子どもたちのテストに接していて、本当に驚くことがあります。このテストでは本テストの前に練習問題が数問あるんですが、これに全部failすると本テストに入れないんですよ。そうするとレベル測定ができないんで、時々、代わりに答えてやるんですが、彼らは英語が母国語なんです。もっとも日本でも国語がからっきしダメな子はいますけどね。
Commented by lanova at 2006-10-29 02:50
★nekoさん_いえいえ、ほとんどがコンピュータ相手の作業ですから、ほとんど英語力は必要ないんです。子どもたちとのやり取りで多少必要なだけなんですが、これも時々通じなくて四苦八苦しています。
Commented by audrey0502 at 2006-10-29 05:24
長い言い訳になるのもよ~くわかるほど、お仕事が忙しそうですね><;
お体に気をつけて下さいねぇ。。。
IPodってアメリカでもあるのですかっ?
もしや、そちらから日本に入ってきた物なのでしょうか(^^ゞ
そういうのが使いこなせないオードリーです。。。
あへあへ。
Commented at 2006-10-29 12:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by flyingshack at 2006-10-29 12:15
なんだか大変そうな作業ですが、きっとNovaさんがやると、誰より手早いんだろうなあ~と想像してます。子供に本をたくさん読ませる仕掛けって、なんでもいいから必要ですよね。そのプログラムは生徒たちの励みになっているんでしょうね。今後の話も聞いてみたいです。そしてミシシッピの話もね。

それと、自分も本読まなきゃなあって、今思ってるんですけど…
Commented by もみちゃん at 2006-10-29 12:33 x
ここネブラスカは無いけれども
ミシシッピーでは同じプログラムがありましたが
外人の子の方が、よく頑張っていて
母国語を話すアメリカ人の子の方にレベルの低い子が沢山いるんだから
何か変だなぁ~と思った事もありましたねぇ。


Commented by tsurumannen at 2006-10-29 21:25
おいおい!大丈夫か?
nova? 無理すんなよ~。
忙中閑あり。無理は禁物だよ。
Happy Halloween!
楽しいお休みを!!
ゆっくりね!!  Yoshi
Commented by k_soulman at 2006-10-30 02:21 x
処かわれば・・・ということわざ通り、そちらでは色々なシステムがあるのですね!
NOVAさんが勤める学校図書館の重要性を感じる話しです。

それからミシシッピ旅行の話し楽しみにしています!
ゆるりと書いて下さいね・・・ではまた。
Commented by lemonodasos at 2006-10-30 09:30
私、正直な話、滅茶苦茶な英語で滅茶苦茶なギリシャ語でやっています。
しゃべると、日本語も滅茶苦茶です。なんかまともな日本語もしゃべれなくなりました。
Commented by susie at 2006-10-30 11:51 x
ポイントや賞品につられてでも若い時代にたくさん読書するのはいいですね。とても良いプログラムだと思います。どこの学校でもやればいいのに。そんなお仕事ができるNOVAさん、いいですね!
Commented by lanova at 2006-10-30 15:36
★オードリーさん_IPodはApple社の製品なんで、多分アメリカ生まれだとは思いますが、私も使わないんですよ。IPod派とWalkman派に分かれるみたいですね。結構年配の方でも使っています。どんどん新しいものが登場しますが、どんどん置いてけぼりを食らっています。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:37
★鍵コメさん_これで秘密裡に連絡取れますね。ふふふ…後ほどメールさせていただきます。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:40
★Washyさん_このプログラムは、うんと興味を持つ子と、まったくそうじゃない子に二分しますよ。面白さを感じた子は、毎日のように図書館に来て本を読んではテストを受けます。そうするとそういうことは顔見知りになったりもするんですよね。昨セメスターも最後の方は熾烈な争いが展開されましたよ。
実はこの作業、かなり大変なんですが、意外と苦じゃなかったりしてます。きっと基本的にPCいじってゴソゴソやってるのって好きなんだろうなあ。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:44
★もみちゃん_そっか、MSではこのプログラム導入してるんですね。そりゃあ、良かった!あちらで図書館職を探すのに、よくわかったプログラムを入れているとアプローチしやすいですもの!ウチの高校はラティーノが80%以上なんですが、アメリカ生まれなのか移民なのかは、なかなか判断できないんですよね。私のところにデータは集積してるんだけど、国籍までは把握できないからなあ…でも、英語が母国語であっても、必ずしも科目としての英語がよくできるというわけではないですものね。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:47
★Yoshi_お久しぶりにいらっしゃい!そんなに体力消耗しているわけじゃないから大丈夫よ!ただ、長時間のPC作業は目が疲れるし、肩が凝るなあと…こういうときこそジムに行って身体を動かす方がいいんだろうけど、根が怠け者の私は、カウチでごろりんしています。この週末はクマちゃんはシェビーのピックアップトラックをあれこれいじってました。6000CCのエンジンに積み替えたんだよ。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:50
★soulmanさん_私は現在、勤務している図書館しか実情はわからないんですが、どうも各教育委員会区(学区)ごとでは、同じシステムが導入されているようです。もちろん各図書館ごとの取り組みもありますけどね。先日は、村上春樹を10冊近く購入しました。こちらの高校生がどんな反応を示すか楽しみです。
ミシシッピの話、気を持たせてすんません。ボチボチやっていきますので、よろしくお願いします。
Commented by lanova at 2006-10-30 15:51
★lemonodasosさん_実は、私もこっそりこのレベル判定のテストを受けてみようと思っているんですが、とんでもない結果が出るんじゃないかとヒヤヒヤしているところです。時間制限付きだし…
Commented by lanova at 2006-10-30 15:54
★susieさん_多分ね、日本とアメリカの学校図書館の大きな違いは、国語(英語および日本語)の授業で図書館を利用するかしないかだと思うんです。日本の学校では、ほとんどが教室の机に座っての授業でしょ?それも受験対策用の。こちらは1時間を図書館で過ごすクラスもありますもの。あの「履修問題」もきっとこういうことなんだと思います。
Commented by judy_orange at 2006-11-01 11:35
ちょうど今、日本も読書週間かな???
過ぎちゃったかな。

幼い頃から本が好きな私にとって、
本離れが不思議でしょうがないんですが・・・
その一方で、本が嫌いな理由も理解できたりもします。

日本の読書って、授業・夏休みの宿題っていうイメージが
強いのかも・・・。

すっかり秋になった日本。
お花も少なくなってきたので、こんなキレイな色を見ると
ホッとします。
Commented by lanova at 2006-11-01 17:29
★judyさん_秋だけじゃなくて年中、読書週間だといいのにねえ。
judyさんも本の虫だったんですね、私もご飯食べる時間よりも本を読む時間の方が大事でした。
子どもたちにとって本=読書感想文という図式が定着しているのが大きいと思うんですね。もしかしたら読み始めて途中で興味を失う本だってあるかもしれないのに、読書感想文とう宿命を背負った子どもたちはいやいや最後まで目を通さなければならないわけで…
あ、すんません、この花は夏の初めの頃の写真なんですよ。文字ばかりだと読みにくいだろうなと思って…
by lanova | 2006-10-27 20:12 | Logbook | Trackback(1) | Comments(24)